CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 決算 | Main | 2016保養の様子 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2015保養の様子 最終回 & 本日、2016保養受付開始!![2016年06月04日(Sat)]
 2015保養の最終回...の前にお知らせ。

 本日9時から、フクとま保養の申し込み受付を開始です。

 詳細は、5月31日の記事←クリック!


 では、2015保養最終回の記事。

 
8月8日(土)
《主な活動等》
○藍の生葉染め
○見送り。

 いよいよ、最終日。
 苫小牧発祥の地、
勇払へ行って、藍の生葉染めです。

 染めたハンカチは、そのまま苫小牧での思い出に。

 これが藍
スクリーンショット(2016-06-02 20.40.32).png

 生葉染めは葉を摘んでから、
葉も揉んで色素を取り出し、
布を浸けるまでのスピードが命。
スクリーンショット(2016-06-02 20.41.31).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.43.12).png

 染めたら、お日様の光と空気中の酸素で発色します。

スクリーンショット(2016-06-02 20.44.30).png
 キレイですね〜♪                                  
             
 この後、苫小牧市科学センターを見学しました。
スクリーンショット(2016-06-02 20.54.07).png

 さあ、フェリーターミナル。
 いよいよお別れです。

 毎年思うのは、この出会いが、 
子どもたちの心の中に、
小さな輝きとして残っていてほしいということ。

 それが、いつかきっと役立つと思うから。

スクリーンショット(2016-06-02 20.55.42).png

 黄色いバンダナをつなげて見送っていたら...
スクリーンショット(2016-06-02 20.56.48).png

 向こうでもバンダナをつなげて振ってくれました。
スクリーンショット(2016-06-02 20.56.16).png

 本当に、本当に嬉しかった。

 いつか、また。

 
 福島では気を使わなければできない「子どもたちの普通の遊び」。

 フクとまは、それを提供する事で、
親たちの心の負担を少しだけでも減らしたいと思っています。

                      
2015保養の様子 その3 & 保養相談会のお知らせ[2016年06月03日(Fri)]
 昨日の続き...の前にお知らせ。

 先日もお知らせしましたが、

 保養相談会が以下のとおり開催されます。

 フクとまも参加します!

 会場でお会いしましょう!!

 
 2016夏・ほよ〜ん相談会
   ◆6月4日(土)13:00-16:40
       中通り相談会(福島県郡山市 緑が丘地域公民館)
   ◆6月5日(日)11:00-15:00
       浜通り相談会(福島県いわき市 生涯学習プラザ)

 詳細→うけいれ全国HP



 では、2015保養の続き。

8月7日(金)
《主な活動等》
○北星公園(アロマキャンドル作りに変更)
○送別会
 
 さて、苫小牧滞在も今日を含めて後2日です。
 今日は、あまり天気がよくなかったのと、
子どもたちにも疲れが見えるので、
室内遊びに変更です。
 アロマキャンドルを作ってみました。

スクリーンショット(2016-06-02 20.08.29).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.09.20).png

 さて、この後はお昼ごはんを食べて、近所の公園で遊んできました。

 普通の児童公園。

 ここで遊ぶのも今日で最後。
 
スクリーンショット(2016-06-02 20.11.32).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.12.19).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.13.10).png

 そして、最後の夜は送別会。
 
 和食中心と言っても、
最後はやっぱりジンギスカンだね。

 増えすぎて大問題になっているエゾシカ肉も出ました。

 天敵のエゾオオカミを絶滅させたからこうなったんで、
絶滅させた人間が責任もって、食って減らさないと。

スクリーンショット(2016-06-02 20.13.44).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.16.32).png

スクリーンショット(2016-06-02 20.17.14).png
 
 最後の夜の絵本です。
 おやすみなさい。

 おまけ。大人だけの送別会です。
スクリーンショット(2016-06-02 20.18.14).png

 では、明日で最後。

                        
2015保養の様子 その2[2016年06月02日(Thu)]
 昨日の記事の続きです。

8月4日(火)
《主な活動等》
○ボランティアによるヘアカットのサービス。
○ハンドマッサージ
 
 2回目の保養からご協力くださっている、
苫小牧の美容師さんのボランティアグループ「ピース053」。
 ピース053自身も、
2012年から毎年、
東日本復興支援の「つなぐ」というイベントに取り組んでいます。
 今日は、毎年大好評のヘアカットの日。
 10名もの美容師さんが駆けつけてくださいました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.38.43).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.36.37).png

 カット終了後は、子どもたちと遊んでくれました。

 午後からは、お母さん向けにハンドマッサージ。
 講師は村上友美さん。
 お母さんたちの心も和らげてくれます。
スクリーンショット(2016-06-01 6.41.40).png

 その間、子どもたちはスタッフと近所の公園で外遊び。
 カットしたての髪に草花で編んだ王冠を飾る子も。
 キレイだね。
スクリーンショット(2016-06-01 6.42.12).png          

8月5日(水)
《主な活動等》
○錦大沼で自然体験

 今日は錦大沼公園で自然体験です。
 案内は、毎年お願いしている「樽前山ろく森学舎」さん。
スクリーンショット(2016-06-01 6.44.18).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.44.53).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.45.25).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.45.47).png

 この日は、滞在中で、一番よい天気になって気温も上がり、
北海道らしい夏を感じる日になりました。
 この後は、温泉に真っ直ぐ行って、夕ご飯を食べて、
素敵なお話を聞いて...おやすみなさい。


8月6日(木)
《主な活動等》
○ママタイム
○子どもタイム

 苫小牧に来てから4日目となりました。
 家事等を一緒にすることで、
かなりそれぞれの距離が縮まった事でしょう。
 また、お母さんたちには、
予想していなかったハードな毎日だという声もちらほら。

 そこで、この日の午前中は子どもたちと完全に離れ、
近くの喫茶店「ピエロ」さんで、
お母さんたちだけで過ごす「ママタイム」。
 普段の生活など、様々な思いをゆっくり話していただきました。

 その間は、子どもたちのところには、
きらきらっ子のみなさんと
バルーンアートの竹内ひとみさんがいらしてくださって、
スタッフも交えてたっぷり遊んでました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.57.41).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.56.23).png

 では、続きは明日。

2015保養の様子 その1[2016年06月01日(Wed)]
 昨年の保養の様子を掲載します。

 昨年は、3年ぶりに苫小牧市内で実施し、
町内会館を借用して行ったのでした。

保養日程
 8/ 1(土) 参加者・随行者仙台港発(仙台港集合)
 8/ 2(日)〜8/8(土)苫小牧市内滞在
          ※8/8苫小牧港発
 8/ 9(日) 参加者仙台港着 解散

8月1日(土)福島(仙台港経由)〜苫小牧
《日程等》
 ○利用フェリー  
   太平洋フェリー「きたかみ」 出港19:40
 ○集合時間    
   出港1時間前迄に、仙台港フェリーターミナルに集合。
 ○その他     
   自宅〜フェリーターミナルまでの交通は自分で手配。
   利用客室はB寝台。

hukutoma .png
 スタッフが即席で作った、非公認(笑)キャラクター                           
  
8月2日(日)苫小牧港着
《主な活動等》
 ○苫小牧港到着  11:00
 ○苫小牧港フェリーターミナルの一角で、歓迎セレモニー
 ○宿舎到着後昼ご飯
 ○オリエンテーション、子どもは外遊び
 ○入浴(ゆのみの湯)
 ○歓迎会
 ○読み聞かせ.
 ◎宿舎  錦西・すずらん会館

 みんな元気に苫小牧港到着です。
 フェリーターミナルの一角で、
出迎えスタッフによるこじんまりとした歓迎セレモニーです。 
toutyaku.png

               
 宿舎で昼ご飯、そして大人はオリエンテーション、
子どもたちは早速、近所の公園で外遊び。
スクリーンショット(2016-06-01 5.56.28).png

 ささやかに歓迎会。
ホッキ、唐揚げ、ちらし寿司…みんな北海道産。
スクリーンショット(2016-06-01 6.01.03).png

 毎年恒例、スマイリー千葉のマジックショー。
スクリーンショット(2016-06-01 6.02.01).png

 去年から導入した、お休み前の読み聞かせ。
 今年は「きらきらっ子」のみなさんにお願いしました。
スクリーンショット(2016-06-01 6.04.33).png

8月3日(月)
《主な活動等》
○北星公園で外遊び

 今日は、近くにある大きな公園、
北星公園での外遊びがメイン。

スクリーンショット(2016-06-01 6.07.00).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.08.19).png

スクリーンショット(2016-06-01 6.08.56).png

 フクとまが初めて保養に取り組んだのは2012年の事。
 その年の会の名称は
「福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会」。
 一回目の保養は、
「北海道まで来たんだから、連れて行きたい!見せたい!」と
スケジュールはパンパンでした。
 しかし、苫小牧に到着した翌日、
朝から自然体験を予定していましたが、
スズメバチが出現しそれは中止になりました。
 代わりに何をしようかスタッフが相談していた時、
参加者のお母さんが駆け寄って来て、
スタッフにこう訊いたのです。
「砂遊びさせていいですか?」
 子どもたちはとても楽しそうでした。
 それを見ているお母さんたちは本当に幸せそうでした。
 私たちは、そこで気付いたのです。
 お母さんたちが何を求めてここに来たのかを。
「砂遊びさせていいですか?」という一言、
これがフクとまの保養の基本になっています。

 この続きは明日。
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml