CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 福島県本宮市〜その2 | Main | 南三陸町と山元町〜その2 »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
南三陸町と山元町〜その1[2018年12月17日(Mon)]
 11月12日は東日本大震災の起きた年にボランティアに行った、南三陸町と山元町に行きました。
 両方とも、電車の便が悪く、南三陸町に行くのは今回はあきらめていたのですが、親戚が車を出して運転手もしてあげると言ってくれ、2カ所に行くことができました。
 感謝です。

 最初に行ったのは南三陸町。
 震災の年、私は、11月7日にここに来ていました。
 ちょうど7年前ですね。

 私は、歌津地区と志津川地区で活動しましたが、特に印象に残っているのは歌津。
 あの時の歌津は、こういう風景でした。
 minamisanriku1.png
 左側に見えるのは、防災庁舎です。
 下が今の様子。
minamisannrikunoima1.png
 土地のかさ上げが進み、護岸も高くなり、防災庁舎が沈んだ様に見えます。
 私が行ったとき、プレハブで乾物屋さんが開いてました。
 油麩とかをお土産に買ったような記憶があります。
 もちろん、今はありません。

 今は、歌津駅から海を望む。
 この白い建物はマリンバンクだったと思います。
 ここから海に向って奥が商店街になりました。
 あの時は、私たちボランティアにも「ここは商店街になるらしいよ」って情報が入り、頑張らなくちゃという思いと、ここに商店街ができてどうするんだろうかという思いが交差したような気がします。
minamisanriku12.png

 今です。
 あの白い建物は無くなり、奥に商店街があります。
 ここは、かさ上げされてないんですよね。
minamisannrikunoima2.png

 歌津駅です。
 ここは確かに朽ちてきているけど、時間が止まったようでもあります。
minamisanriku10.png

minamisannrikunoima3.png
 ちょっと分かりにくいけど、奥のトンネルには駅の下側から登ってくる舗装道路が繋がっています。だから、ここにはもう電車は通らない。

 ボランティア作業の休憩中、私はしばしばこの駅から海までを眺めていました。
 ボランティアには、石巻市(半日)、七ヶ浜町(1日)、山元町にも行ったのだけど、もう一度立ちたかった「場所」はココ。
 周囲で繰り広げられている工事が終わった頃、また来たい。
 
 オリンピックも万博も要らない。
 一瞬の経済効果なんて、国全体で見れば虚しい。
 早く、静かに、落ち着いて暮らせる様にして欲しい。

 次は、山元町に行きます。


(付記)
 胆振東部地震のブログでは写真が無いのに、ここでは使っています。
 街の変化を知っていただきたくて、使いました。
 心を痛めている方がいらっしゃいましたら、お詫びします。
    
この記事のURL
https://blog.canpan.info/fukutoma/archive/170
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml