CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「いっしょに作って〜」アンケートから。[2019年11月12日(Tue)]
 参加者7組(6組が郡山市、1組が須賀川市)の方は、初めてお会いした方たちでした。

 そのうち「保養」を知っていた方は5組、知らなかったのは2組。

 知っていた方のうち、保養をしたことのあるのは2組で、うち1組は今年の7月から始めたそうです。

 全7組に尋ねた「今、被ばくついて感じていること」については、次のような答えでした。

○事故から8年経ち、意識が低下してきた。
○不安はほぼないけれど、日々の生活に追われているだけだと
 思うこともある。
○最近は、災害が多く、原発に関する不安はついてまわり、深
 く考えると不安はある。
○空間放射線量は0.1μSv/hを切らない状態の中、もう以前の値
 に戻らないのか、仕方ないのか、この思いはずっと続くのか
 という感じである。
○空間放射線量は、気にしなくなった。気にしすぎていたら公
 園などで遊べないと思う様になった。食べ物は少し気をつけ
 ている。
○甲状腺がんが増えているのに被ばく(原発)との関連性は無い
 という国の考えに不安を感じる。
○今回の水害で街中に汚泥が入り込み影響が気になる。
○浜通りから避難して郡山で暮らしている人がいるので、保養を
 することは考えられない。
○余裕があれば保養を経験したい。
○周囲に保養に行ったことのある人がいないので、その経験した
 話を聞く機会がほしい。
※個人を特定できそうな回答は割愛しました。

 保養を知らなかった方でも、福島県生まれということに対する県外の人の視線や甲状腺がんに対する国の姿勢等について心配をしているということを知りました。
 保養をするしないに関わらず、誰もが不安を抱えているということもあらためて分かりました。

 さて、これから...。
 保養を支援する団体は、これから増えて行くことは無いでしょう。
 福島の人達は、心の奥に不安を抱えたまま暮らして行くのか。

 所詮、当事者ではない、県外に暮らす私たち(私たちも同じ状況になる可能性もある)が、これからもできることは...。

 ふくトマの福島県で暮らすスタッフは言います。
 「子どもを抱える保護者たちが、自分自身で保養を企画実施する団体等を運営することは不可能。子どもに手がかからなくなった世代にやってもらうしかない」

 私は言います。
 「その世代を動かすには、子どもを抱える保護者たちが本気で行動しないとならない」

 考えましょう。
 

スクリーンショット(2019-11-12 5.37.40).png
 2019年11月3日 郡山駅前 値は0.139uSv/h
美味しく楽しく「いっしょに作って、いっしょに食べました!」[2019年11月11日(Mon)]
 11月4日に郡山市中央公民館で行った

「いっしょに作って、いっしょに食べよう!北海道と福島の食材で!」

 なんと、ほぼ定員の、7組18名の参加がありました。

 PRに協力してくださった、郡山市内の報道関係機関、ナチュラルショップ、フェアトレードショップ、飲食店、市民団体、それに過去のふくトマの保養参加者のみなさん、さらに北海道の食材を提供してくださったみなさまに、この場を借りてお礼申し上げます。
 
 本当にありがとうございました。


 この日作ったのは、豚肉のジンギスカン風トンギスカン、アイヌ民族料理のチェプルル(イモ団子入り)、私の母が秋になったら作ってくれた柿入りポテトサラダ、秋元ほなみさんのレシピからスィートポテトスティックシナモンディップ添え。

 トンギスカンの豚肉は苫小牧市のブランド豚肉「B1トンちゃん」、玉葱は美味しいけどあまり出回らない「札幌黄」、もやしは郡山産。

 チェップルルの鮭は、苫小牧のぷらっと港市場内の山本水産の「新巻鮭」、大根等の野菜は郡山産。

 ポテトサラダのジャガイモは北海道産キタアカリ、玉葱は札幌黄、キュウリ、人参、柿は福島県内及び郡山産。

 サツマイモは福島県内産、生クリームはよつ葉乳業。

 昆布、ジンギスカンのタレと塩、こしょう以外の調味料は郡山のとみやさんで揃えました。

 お米は、福島県産にしようと思っていたのですが、直前に私の農業やものの考え方の師匠である厚真町の秋永さんに「持ってけ!」とゆめぴりかをいただいたので、それを持って行きました。

スクリーンショット(2019-11-10 9.18.49).png

スクリーンショット(2019-11-10 9.21.17).png


 食事後は、北海道クイズを行い、正解数の多かった家族から順に「素敵な景品」という残った食材や調味料等をプレゼントしました。

 それから、少ないですが、1組に1袋、ふくトマスタッフのお母様が育てたジャガイモをプレゼントしました。

 来年の5〜6月にまた開催します!


 
「一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その5」[2019年10月29日(Tue)]
 冷蔵庫を開けたら、誰かが高級品の「紅鮭缶」を開けていた!

 で、それを使った朝飯。

 辛い大根おろしの上に紅鮭を載せ、醤油をかけ回し、そこに海苔を散らし、さらに醤油をまわしたもの。
 ゴージャス!

 具沢山の味噌汁とお代わりは納豆+鮭缶で、ナイス!

スクリーンショット(2019-10-27 21.30.50).png

 新聞に「マラソンは札幌開催」と。
 そもそも、あの時期に東京でやるのが「   沙汰」だったからなあ。
 札幌や北海道がたいした費用負担しないのならOK です。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png


チラシはコチラ→
issyonitukutte2.pdf
「一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その4」[2019年10月28日(Mon)]
 「いっしょに作って〜」のPRのために、なぜかうちの食事まで公開しています。

 露出癖あるのかなあ、俺。

 北海道はサンマが獲れなくなって、今はイワシです。

 イワシの刺身。
スクリーンショット(2019-10-27 21.01.38).png

 手前は、同じイワシの刺身を、自家製のガリの浸け汁に30分浸けたもの。
 軽い、〆イワシですね。

 カミさんの作るガリは、超おいしく、市販のものはもちろん、寿司屋のも不味い部類に入ります。

 豆腐。

 厚真町に行ってきたので、お土産に豆腐を買ってきました。

 厚真産の大豆を皮ごと粉にして作ったもの。

 おからが出ない。

 DSCF0931.JPG

 やっこで。

DSCF0934.JPG

 ちょっとざらっとした感じもありますが、気になるほどでない。

 美味しかったですよ。

 酒は、久しぶりに出羽桜。
スクリーンショット(2019-10-27 21.01.22).png

 私の日本酒の入り口は「出羽桜桜花」でした。
 今となっては、私には吟醸香が強すぎて吞めない酒になりましたが、これは、冷やでも燗でも美味しい落ち着いたお酒です。
 持っているのは、小さなご飯茶碗です。


参加者募集中!
いっしょに作って、いっしょに食べよう!
issyonitukutte.png


チラシはコチラ→
issyonitukutte2.pdf
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」再度のお知らせ[2019年10月27日(Sun)]
 さて、およそ一週間後に迫った「いっしょに作って〜」です。

 当日のメニューを、カミさんの監督のもと、もう一回、作ってみました。

スクリーンショット(2019-10-27 8.36.13).png

 美味そうでしょ?

 苦手なポテトサラダもこのとおり。
スクリーンショット(2019-10-27 8.36.38).png
 パセリがでかい...。

 チェップルルはジャガイモをイモ団子にしてみました。
スクリーンショット(2019-10-27 8.36.54).png

スクリーンショット(2019-10-27 8.37.13).png
 トンギスカンは今回、野菜にジンたれ(ジンギスカンのタレ)で味付けをしないでみましたが、当日はどうしようか迷ってます。

スクリーンショット(2019-10-27 8.37.33).png
 あ、失礼、コレは付きません!
 美味しいんだあ、焙煎生ビール♡

 それはさておき、絶賛参加者募集中です!

 郡山市は大変な状況にある方も多いと聞いています。

 迷いましたが、やっぱり行います。

 こどもに食事を作る楽しさを知って欲しい方、

 自分で作るのが好きな方、

 北海道の食に関心のある方、

 美味しい物が好きな方、

 申し込みお待ちしています!!

issyonitukutte.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
平和のつどいin苫小牧に参加しました。[2019年10月26日(Sat)]
 10/20に苫小牧市民会館で行われた

「9条を未来へつなぐ!! 第27回 日胆地区9条連 平和の集いin苫小牧」

 これに参加して、25分の講演機会をいただき、ふくトマについて紹介してきました。

スクリーンショット(2019-10-24 22.27.01).png 

 今回は、「平和」がテーマになっているので、活動の様子より、考え方についてお話ししてきました。(活動の紹介は、会場横のパネルに展示して)

 ふくトマが、幅広い団体や個人(例えば、政治的に言えば保守から革新まで)から支援を受けている理由は、「原発爆発事故後の子どもの被ばくは、豊かさを享受してきた大人に責任がある」という反省と、「子ども達の未来のため」という一点のみの目標によるものと思っています。

 また、今後は、福島の人達が、それぞれの人生や社会環境の違いから生まれる現状の被ばくに関する考え方の違いを越えて「保養」を、「一般的なこと(する人もしない人も居て当たり前)」として考えられるように働きかけたいということもお話しました。

 後者は、とっても小さい働きかけしかできないんですけどね。

 でも、福島の人達が自身で保養を企画・運営できる様な環境を創りたいと思っているんです。

 ところで、会場では運営資金の募金を募り、9057円ものご厚志をいただきました。

 カミさんと二人で募金箱を持って立ちましたが、講演の最後で募金を呼びかけたときに「夫婦で立ちますが、募金額が少なかった方が、今晩の食事と風呂掃除の当番です」と言ったら、カミさん5947円、私3110円で、カミさんの圧勝でした。やっぱりね。

 主催者様からも寄付をいただきました。

 みなさま、ありがとうございました。

スクリーンショット(2019-10-24 22.26.26).png

スクリーンショット(2019-10-24 22.26.01).png

スクリーンショット(2019-10-26 8.33.05).png

「いっしょに作って、いっしょに食べよう!北海道と福島の食材で 2019秋」
参加者募集中!
issyonitukutte.png

 チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
『一緒に作って、いっしょに食べよう!2019秋 番外編その3」[2019年10月24日(Thu)]
 10月16日のブログの記事のイクラは、とっくの昔に食べちゃったわけですが...。

 一応、その模様。

DSCF0907.JPG

 イクラは高いので、すごく少なく盛ってます。(泣)

 コレは味噌おでんの味噌。

DSCF0909.JPG

 小樽の従兄弟が、海の家をやっていたおばあちゃんの味噌おでんの味噌の味を、そのまま継承しています。

 店では、串に刺したコンニャク、さつま揚げ、卵のおでんに、この味噌をかけて出すんだけど。

 味噌、砂糖、生姜がベースで、これに旨味調味料と酒だろうか。

 うまいです。

 海の家のおでんだよ、コレが。

 シャケはしょっぱそうでしょう〜。

 新物の新巻を、家で切り身にしてチルドルームで1週間熟成させたもの。

 しょっぱいけど旨味が強くなって美味しかったよ〜。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png
 
チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
ココラジに出ました♬[2019年10月22日(Tue)]
 ちょっと古い話ですが...。

 9月30日に、「いっしょに作って〜」のPRのため郡山市に行きました。

 そのとき、郡山のコミュニティFM「ココラジ」さんに出させていただきました。

 数年前、家族で広島に行った時、見学に行った賀茂泉さんというに酒蔵に、ちょうど地元のTV局が取材に来ていて、「北海道から来た見学者」として出演した(5〜10分出てたから出演って言っていいしょ)ということがありましたが...、ラジオは初めて。

 月曜のひるココ。

 パーソナリティは、小林恵さん。

 「リクエストは?」っていきなり聞かれて、E,W&Fを選んだけど、違うのにすれば良かったと後悔...。

 なぜ、郡山に出張してこのようなイベントをするのか...話そうと思っていたことより、踏み込んだ内容をお話ししました。

 さすが、パーソナリティのワザですねえ。
 あそこまで話したことで、フッきれた気がします。

 楽しくて充実した時間でした。
 小林さん、ココラジスタッフのみなさん、ありがとうございました!

スクリーンショット(2019-10-22 8.34.18).png
 小林恵さんと。三人めがね。

スクリーンショット(2019-10-22 8.34.56).png 


「いっしょに作って、いっしょに食べよう! 北海道と福島の食材で 2019秋」
参加者募集中!

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
 
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」のさらに番外編の2[2019年10月18日(Fri)]
 豚汁に入れるイモってさ、じゃがいもが当たり前って思ってたら、本州じゃ里芋なんだってね。

 去年、知ったんだけどさ。

 ジャガイモが当たり前すぎて、福島の人と話をしていて、

「ええっ!?」「あ〜、でも、そうかー!」って。

 
 さて、イモの子汁。
 父が山形県酒田出身の俺のおふくろは、里芋をイモノコと呼んでいた。

 薄切り豚肉と、舞茸、椎茸等の旨味が凝縮して、うまかった!

スクリーンショット(2019-10-13 6.25.05).png

 あー、写真のオランダモルトは、北海道のコンビニの王者「セイコーマート」が扱う発泡酒。
「いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋」さらに番外編の1[2019年10月16日(Wed)]
 鮭が去年よりは獲れている。
 
 生筋子も去年より200円くらい安い(特売日で)。

 で、去年は作れなかったから、今年は思い切って買った。

 それでも一昨々年迄と比べて100円以上高い。


 では「いっしょに作って〜」のさらに番外編の1。

 イクラの作り方。

 生の筋子。
スクリーンショット(2019-10-13 6.22.32).png

 塩水で洗い、塩を溶かしたぬるま湯に浸ける。
スクリーンショット(2019-10-13 6.23.07).png

 すぐにそのまま手で薄皮から外しつつバラしていく。
 多少乱暴にしても割れません。
スクリーンショット(2019-10-13 6.23.22).png

 醤油と日本酒で味を整えます。
 今回の場合は、筋子650グラム:酒20CC:醤油30g
 出汁は使いません、二味になりくどく、まずくなります。
 安い回転寿しのイクラなんて、出汁というか旨味調味料の味がするね。

 この酒と醤油を入れたばかりの写真。
DSCF0902.JPG

 写真では液が多い様ですが、かき混ぜると見た目に液は無くなります。

 あとは、次の日から食べれます。

 高いんで、たっぷりとはかけられない。
 こんな感じ。

DSCF0904.JPG

 うまかったあ。

 昔の様に、たっぷりとかけたいなあ。

 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!
issyonitukutte.png

 チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
https://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml