CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 【2007年】バックナンバー | Main | 【2009年】バックナンバー»
最近の定例会報告
最新コメント
ネットワーク事務局
つなぐ 【59号】 (01/25)
【バックナンバー】つなぐ
リンク
https://blog.canpan.info/fukushinetwork/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukushinetwork/index2_0.xml
【第36回】定例会報告 [2008年12月19日(Fri)]

【開催日時】 2008年12月19日(金)午後2時-4時 
【開催場所】 いきいきプラザ多目的講座室
【参加者】 5名

男の子女の子交流

「3年間やってきて印象に残ったったこと」
障害者を廻る現状


「福祉ナビ」完成
1. ナビを配達して回って、施設を探し、人とお会いし、カンパや会費をいただけた。
2. 校正ミスあり。次回に向けて直してゆきたい。
3. 今回不参加の会員に次回に向けて参加の動機づけになったのでは。1年間かけて集めたい。

今後-改善の余地多々あり。役に立つものにしてゆきたい。

見学をし合えた。
1. 百聞は一見に如かず、お互いに見学しあえて、良し悪しにつけて参考になった。
2. 「ぜひ見学したい」と意欲を持っての参加者が増えて良かった。

今後-見学先として、なんでも工房、福祉事業センター、精神の方のGH(みのり荘)など

講演会実施
1. 助成金が先に有りき・・・・でテーマと講師の選定・・・のパターンだった。
2. 参加型のT.N先生のワークは面白かった。

今後-来年度の助成金の関係もあり、開催は未定。

その他
1. 報告のアートビリティが良かった。
2. 情報交換が出来た。GHの件など。「絶対に作らない」と市が言っていたのに、作ることに。びっくり。

今後-「平等にやって欲しい」と言っていっても良いのでは。

3. 事務局メンバーのチームワークが色々な活動を進める中でできてきた。

今後-自立支援法実施の中で困難が増し、事務局メンバーでも例会への参加は難しくなっている。定例会の日を土曜日・夜間・とかの検討へ。

障害者の起こす事件
障害者全てが怖い存在・・として見られがち。何とか垣根を低くすることはできないか。

提案-地域通貨などを取り入れてホームレスも巻き込んでの動きを作れないか。

薬で解決
問題行動にすぐに薬を飲ませてしまう・・どうなのか。
小学校でも多動の子に投薬・3時間持つ。午後にも飲ませる。

べてるの家
その人のやった行動について話し合う。人格は否定しない。すぐ薬に行かない。


鐘運営会議

今後に向けて


目に見える活動作りへ
障害者雇用促進法での実施として、東村山福祉ネットワーク方式と言えるような場を作り、全国に発信してゆきたい・・

今このことが困っている・・の問題解決が連なって型になってゆくのでは。

白十字ホームからの雇用の申し入れ
白十字ホームから障害者雇用についてお申し入れあったのをきっかけに、当会として仕事を請負い参加団体でプロジェクトを組むなど実現できないか。白十字ホーム、ホーム長のNさんをお招きして、具体的にお話を伺う。1月の例会で実現に。

お話のエッセンス 
特養は保険、税金の活用によるもの。地域に障害者の働く場を作ってゆきたい。
仕事のありよう、受け入れ態勢、安心できる働き場として、福祉施設の持つ条件の良さがある。
必要なのは、継続して働くなら、長く働き続けられる条件作りがひつようである。
障害のある人が、現場にポンと入るのは難しい。それを支援する態勢を、支援のある中で作り上げるにはどうしたらいいか。一緒に考えたい。
市内の老人福祉施設連絡会とも関連して、お年寄りと障害者の接点としての職場づくりも視野に。


メモお知らせ

今後の日程
定例会 1月23日(金)2時〜4時 いきいきプラザ4F多目的講座室 
白十字ホーム長 N氏と交流

---------------------------------
東村山福祉ネットワーク事務局 
〒189-0024 
東村山市富士見町5-5-44こすもす内 
【TEL/FAX 】 
042-392-2936/042-394-4805  
【メール】 
左欄のメールフォームよりご送信下さい。 
---------------------------------
【第35回】定例会報告 [2008年11月28日(Fri)]

【開催日時】 2008年11月28日(金)午後2時-4時 
【開催場所】 長期宿泊ホームDoppo(自立援助ホームまんぼう隣)
【参加者】 7名

ビル見学・交流

自立援助ホームまんぼう/ショートステイDoppo」

プレゼント>お話・コーディネーター Fさん

経過
16年前、福祉作業所「お弁当くらぶ」の仲間の余暇活動、宿泊体験の場として「自立援助ホームまんぼう」がスタート。東京都地域福祉財団の助成金を得て身体、知的障害者の利用多数。ここから自立生活に入った人も、特に身体障害の仲間に多く見られる。

10年前から、長期宿泊ホームDoppoが長期宿泊体験の場として財団に認可される。まんぼうと同じアパートにスタート。同助成金により先駆的、制度にない事業として評価される。2008年1月よりショートステイ機能がDoppoに認可される。(自立支援法下)

現況
助成金、会費、利用料で運営。会員外も利用可。

宿泊目的
・息抜き(家から離れる体験・母親との相性悪い・施設入居者の社会体験)
・家庭の事情(慶弔、介護者入院など)月12日くらい利用者があればOK。

利用料金
まんぼうDoppo―年会費15000円+利用に応じての料金(余暇活動支援等)

宿泊時―基本料(宿泊経費、スタッフ費)5,500+食費、他

ショートステイDoppo―自立支援法により、3000円程度(1,500円+食費、他)

活動目標
余暇活動、自主性主体性を尊重、゛規制・管理゛ではなく、一人一人の個性、思いに応じて柔軟対応。ひきこもり、うろうろタイプの居場所にもなれば。

宿泊―別荘や修学旅行に行くように使ってもらえれば。「利用者が親の意見でなく、自分の意志で泊まってね」

生活身辺の自立⇒心の自由
レクリェーションの遠出―団体券は買わない。一人一人で切符を買って改札入場するのが大切。

企画運営
月1回、会員とスタッフで話し合い決めてゆく。行事の内容は活動の中で、メニューを3〜5つ出して、皆の支持を聞きながら決めてゆく。スタッフの遊び心が大切。

問題点
財団からのDoppoへの助成金が来年度で打ち切り。今後どう進めてゆくか。(ホームレスまんぼう・ゲリラ宿泊・・の声もあり。でも決まった場所へのこだわりも強いので、できれば動かしたくない。)

スタッフ―不足している。約20人のメンバーに宿泊予約の同宿を頼むのだが、皆、各々の仕事もあり、難しい。特に男性スタッフ。

家族―本人を手放したくない傾向が強い。宿泊体験のその後の段階のGHが作れない市の状況の中で、体験の意義が薄くなっている。本人も母親に依存の傾向あり。
この町で親なき後の障害者は生きられるのか。

男の子女の子交流・情報交換

範囲は?
東村山市を中心に、東久留米市、など、他市からの問い合わせもあるが、実現につながりにくい。事前に2日ほど来てもらって、関係づくりなどをする。

大切な場
・一人一人に合わせる。
・ルーズとも言える。どこまで融通性を持たせるか。
・役所からみると余計なことをやっている!となる。
・法律・制度からこぼれ落ちる部分をやっている。

Doppo助成金打切り
今後自主的運営に向けて、財力とスタッフをどう確保するかがテーマ。
K事業所・・80人利用中自立希望60人。説明会には10人参加のみが現状。
100人中10人利用でOK。

他の自治体では
江戸川区・・支援法で、月に32日間分利用可。2施設出入り同日利用可。
八王子市・・5人入所のグループホーム7か所作った。来年度は30人を目指すという。

白十字の仕事
食器洗い、除草などの障害者の仕事提供の申し入れあり。どうすすめるか。


メモお知らせ

【PR】木蔭舎ギャラりー OPEN!
木蔭舎個展会場として野口町にギャラリーオープン。障害のある人優先。

今後の日程
定例会 12月19日(金)2時から4時 いきいきプラザ多目的ホール
テーマ・参加団体交流、運営会議他

---------------------------------
東村山福祉ネットワーク事務局 
〒189-0024 
東村山市富士見町5-5-44こすもす内 
【TEL/FAX 】 
042-392-2936/042-394-4805  
【メール】 
左欄のメールフォームよりご送信下さい。 
---------------------------------
【第34回】定例会報告 [2008年10月24日(Fri)]

【開催日時】 2008年10月24日(金)午後2時-4時 
【開催場所】 愛の園食堂
【参加者】 10名

電球報告・交流

「グループホーム グリーンハイツ」

プレゼント>お話・Kさん(世話人同席)

グループホーム(以下GH)「グリーンハイツ」に住み、山鳩作業所に通所。目に障害。1級。
GHは6人、女性のみ(27歳から63歳)入寮。当番制で掃除、料理(メニュー希望出せる)はカロリー制限。
入寮して16年。その前はさやま園に21年。GHは自由に外出出来る。
買い物、散歩、映画、病院、接骨院など。体調によってガイドヘルパー利用。

作業所
バスと歩きで通所。職員Uさん好き。駅で電話などすると「待っているよ」と言ってくれる。元気がでる。仕事は、封入、箱折、働くの楽しい。もっと難しい作業やりたい。シール貼り、バーコード等。

対人関係
気の合う寮生、主治医の先生握手してくれる。作業所通所仲間のKくん好き。U君相性いい。

お給料
皆勤、出来高制、多い月で3万以上。給料が上がると支援法でO市からのGH入寮補助が減った。自立支援法に移行すると、そこから、利用料として引かれてしまう。(これが自立支援と言えるのか・・の声多い)

寮費など
グリーンハイツは32,000円/月

やってみたいこと
他のグループホームに宿泊してみたい。好きな人と温泉とか旅行したい。

交流
・GHだとひとりで自由に外出できて良い・・・入所施設職員として心にひびいた。
・働きに行って、職場の使用料をとられるってあり得ないこと。(自立の要の働く意欲がそがれてしまう。)

児童施設
・自分の施設は加齢児が2/3以上。GHが必要。でも市は作らない・・・と言い続けている。
 「どうしろ」ということなのか、市の考えを聞く場を設けたい。


鐘運営会議

これからの活動にむけて
・さおりの織布を活かせないか。あちこちの作業所などで作ってたまっている。
 プロの起業家集団とすすめると良い。企業はエコと福祉が1つの目的になっている。
・商品・戦略・消耗品・在庫がきく。
・布として、各々が値段をつけて、展示販売会が良いかも。
・なんでも工房作品、愛の園作品をみせてもらった。(良い感じ!!)

11/1講演会にむけて
11月1日(土)当日11時事務局集合。打ち合わせする。
他のメンバー1時集合準備へ。


メモお知らせ

今後の日程
定例会 11月28日(金)2時から4時 
会場:自立援助ホームまんぼうショートステイDoppo(本町3−19−57エクセレンス澤崎B102)
テーマ:制度にないレクリェーションと宿泊訓練の場とはどんなところ?
お話してくれる方:まんぼうコーディネーター Fさん

---------------------------------
東村山福祉ネットワーク事務局 
〒189-0024 
東村山市富士見町5-5-44こすもす内 
【TEL/FAX 】 
042-392-2936/042-394-4805  
【メール】 
左欄のメールフォームよりご送信下さい。 
---------------------------------
【第33回】定例会報告 [2008年09月26日(Fri)]

【開催日時】 2008年9月26日(金)午後1時半-4時 
【開催場所】 清瀬特別支援学校 
【参加者】 8名

ビル見学・交流

「清瀬特別支援学校」

校長先生のご説明のあと、高等部の先生のご案内で全校を見学させていただきました。

概況
築30年の校舎。必要に応じて増築、高等部今年から新校舎。生徒272人増える傾向。
(参考資料・・見学者に配布・・「清瀬のなかま」参照)

クラス編成
都の規則の中で工夫。しばりがある。障害の軽重、障害のタイプ別(自閉クラス)、能力の高低で教師の配置、人数を決める。能力のある子にはそれを伸ばしたい。

教室内配置
低年齢児の教室内の区分け。ロッカー、着替え、トイレ、勉強道具、学習の場、机、イス、黒板の配置、口に入れそうなものをおかない。
学年があがっていくと、教室らしく変化。
1日の予定など、絵カード、写真などで表示。(教師各々の努力、まちまちなので統一したい)

教員配置
高校、教師の人数限られている。美術の教師、2つのクラスを同時間にかけもち。

母親の関わり
過保護傾向あり。母が送迎、スクールバスに頼るなどの結果、高等部になって電車にのれないが理由で一般就労のチャンスを逃す例もある。
ちゃっかり傾向あり。親が迎えに来るべき場面に出てこないでサービスを便利に使う。

男の子女の子感想
開校時、T先生が東村山福祉園の園長で、児童受け入れを学校に要望した。
その流れで現在福祉園からの通学児多数。歴史に立ち会っている!!

鍵、エレベーター
緊急時のみ使用。鍵が必要。校門・玄関ドア・教科室など鍵。
あとからきた見学者「受付に行くまで大変だった」。


鐘運営会議

11月1日講演会
当日役割分担、事前準備確認・ポスター配布

冊子ナビ配布
次の冊子作りに向けてご意見を。カンパ1冊につき300円受付中。
Iさん、Hさんで回る。スタート。次回9月29日30日で完了の予定。反響あり。
市役所秘書課、障害支援課、企画課、幼児相談室・社協るーと、他参加全団体へ配布。

今後に向けて
福祉への疑問提起-Kさん 今後の当会の活動も含めて話し合おう。

活動予定
10月定例会 10月24日(金)当事者に聞く Kさん 
11月定例会 見学・・11月28日(金) 自立援助ホームまんぼう・ショートステイDoppo
12月定例会 12月19日(第3金曜日)忘年会を兼ねて、久し振りに情報交換の懇談会をしましょう。


メモお知らせ

東村山福祉ネットワーク主催講演会
ケースワーカーみたいな弁護士さんに聞く
「障害のある人が事件事故に出あったとき」
日時:11月1日13時30分から 
会場:スポーツセンター会議室

成年後見法を中心のお話がきけます。まだ余裕がありますので、ご参加ください。
実際の事例から後見法をどう利用するか、困ったときはどうするか、家族はどうすればいいか、実に詳しい資料がN弁護士から届いています。

講演後の懇親会は和民で行います。会費4000円程度です。こちらも奮ってご参加ください。
お酒の好きな講師から楽しいお話が伺えそうです。

今後の日程
定例会 10月24日(金)2時から4時 
会場:旧福祉センター内 愛の園実習室(食堂)
テーマ:「当事者に聞く」
お話してくれる方:Kさん 山鳩作業所利用者、グループホーム グリーンハイツ居住者

---------------------------------
東村山福祉ネットワーク事務局 
〒189-0024 
東村山市富士見町5-5-44こすもす内 
【TEL/FAX 】 
042-392-2936/042-394-4805  
【メール】 
左欄のメールフォームよりご送信下さい。 
---------------------------------
【第32回】定例会報告 [2008年08月22日(Fri)]

【開催日時】 2008年8月22日(金)午後2時-4時 
【開催場所】 社会福祉センター
【参加者】 12名

電球報告・交流

「地域支援センター るーと」

プレゼント>お話・地域支援センター るーと職員 Tさん

支援状況
3障害(知的、精神、身体)対象。年間220件を二人で対応。
電話相談、同行、同席、問題対応解決。5年目。

事例発表
(資料参照)

困難
1. 生活管理
・薬、ごみ分別、体調具合がわるくてもどうしたらいいか分からない。
・お金が月末に足りなくなる。

2. こだわり
・洗濯を夜中でもやる。すきなものを食べたい。
・新しいことへの対応苦手・・・ヘルパーさん利用をイメージできず、受け入れを納得できない。
・繰り返し、経験や体験ができれば、身に付くことも。

3. パニック
・変化/人間関係/緊張/不安

4. その他
・郵送された行政の書類が難しすぎて読めない。
・生活全般を家族のように見守る人がいない。
・友人とおしゃべり飲み会などのリラックスした楽しみがない。

男の子女の子交流
・人が必要。
・身近で、見守り、声をかけてくれる人をどう作るか。
・お弁当や宅配人と顔見知りに。 
・おやじクラブを使ってはどうか。
・引っ越ししないで生まれ育った地域で住み続けたほうが知り合いが増える。
・交流と出会いの場になる食事をするスペースがあれば・・。

地域の連携
やってもらうばかりでなく、本人たちも参加する互助会を作っては。
(自分のところは)365日、24時間やっている施設なので、連携できれば・・。

行政施策等
一人ひとりをトータルにみるケアマネージャー的な人が地域に必要。全体像を見る人。
「この人のどこの部分でどう役立っているのか?」

普通のこと
居酒屋へ行った人「こんな楽しいことなのか」と大喜び、でも声がかからない。
職場の声「早く親の所へ帰さなくっちゃ」と声をかけない。

人間関係
職場で周囲の人が入れ替わる。理解のない人が来たりする。

相談
本人より周囲の人や会社から入ることが多い。


鐘運営会議

「福祉ナビ」見本1冊回覧
予算100冊 13万円(1冊約1300円)
売ってはどうか。アドバイス「無料だけど、カンパ500円」というと出してくれやすい。

仕上がり
8月下旬 どう配布するか

講演会
ケースワーカーみたいな弁護士さん N氏に聞く
「障害のある人と向き合う弁護」 
日時:11月1日 会場:東村山市民スポーツセンター

講師から依頼
「どんな立場のひとがどんな思いでくるか知っておいて、講演したい。」
ホットな話題になりそう。申込書に立場、年齢、住所、障害についてなどの記入欄を作る。

イベント
「何かおもしろいことをやろうヨ」


メモお知らせ

今後の日程
事務局会・・8月26日(火)1時 愛の園(食堂)にて

定例会・・9月26日(金)清瀬特別支援学校(旧養護学校)見学1時半より
@西武池袋線清瀬駅下車 南口から徒歩15分
A久米川駅南口より清瀬駅南口行きバスで20分、東京小児病院下車 徒歩5分
BJR中央線武蔵小金井駅北口から、西武バス清瀬南口行きで30分 保育園入口下車 徒歩10分(0424−94−0511 清瀬特別支援学校)

---------------------------------
東村山福祉ネットワーク事務局 
〒189-0024 
東村山市富士見町5-5-44こすもす内 
【TEL/FAX 】 
042-392-2936/042-394-4805  
【メール】 
左欄のメールフォームよりご送信下さい。 
---------------------------------
| 次へ