• もっと見る

『ふくしま學の会』

『ふくしま學の会』は「学びの共同体」を志向した有志による学習会で、子どもたち一人ひとりの学びの成立を保障する授業のあり方の研究しています。


第36回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2022年10月10日(Mon)]
 10月9日(日)須賀川市立第一小学校において、第36回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内の小・中・高・大学から約20名が参加し、充実した研修会となりました。

 横田 亜紀先生(須賀川一小)提供の小学校算数科の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、庄司 康生先生(埼玉大学)から指導・助言をいただきました。

 今回は、タブレット端末とヘッドホンを使って授業動画を視聴することにより、気になる場面を繰り返し見たり、子どもの声を聞き直したりすることができました。
 タブレット端末とすばらしい会場を提供・準備していただいたの須賀川一小のみなさま、参加いただいた先生方、ご助言してくださった庄司先生、本当にありがとうございました。

image3.jpeg

<参加者の声>

○横田先生のクラスの子どもたち、本当に見ごたえのあるものでした。関わりあおうとして関わりあっているのではなく、魅力的な教材によって知らぬ間に結びついていく、関わりあっていくのを強く感じました。自分の問いを追求していくと、一人でやりたくなってしまうこともありますが、その時間は確保されているのだけども、アンテナはほかの子どもたちにも向いていることを感じました。お互いの必要性は(言葉にはしないかもしれませんが)子どもにとって当たり前なんだなあと見ていてうれしいなあ、素敵だなあと強く感じました。庄司先生が横田先生の大事にしてきたことを過程も含めてお話ししてくださったことで、なぜ今回の授業のような教室が育っていったのかわかることができたように思いました。

image5.jpeg

○グループ・全体の中の子どもたちの学びに向かう姿が素敵でした。課題に没頭し、互いにアドバイスしたり補い合ったりして一人ひとりが解決に向かっている。私の所属する学校は、複式学級ありの小規模校ですが、今日の授業を見せていただき、自校でも実現できる可能性を見いだしました。ついつい、話し合いが「発表し合い」「(できる子の)教え合い」といった一方向のものになりがちで、学びあうという姿とは遠いものになってしまいます。まず、小さな声もつぶやきも「聴く」「聴ける」「聴き合える」学級づくり授業づくりを意識していきたいと思います。

image2.jpeg

○鍛えられていて、自分たちで学び合いが上手にできる子どもたちだと思いました。全体に対して説明できる力もすばらしいし、大切で目立つ(目に見えやすい)力だと思いますが、グループ内で互いを支え合う姿に感動しました。リフレクションによって、多くの学びを頂くことができました。先生方の努力をお聞きし、チャレンジする姿が印象的でした。自分がこれから向かう方向を見ることができた気がします。庄司先生のお話によって、今回の提供授業が積み重ねを経て、磨きをかけてこられた足跡を確認できました。また、学び合いのポイントをいつもわかりやすく示してくださり勉強になりました。

image1.jpeg

○学び合う授業の実現が難しく、少しでもわかるようになりたいと思って参加していますが、こんな方法があるのか、これもいいのか、と毎回学ぶことがあります。「聴く」、これを子どもたちに伝えていくことも大切だなあと思いました。三連休の中日に、これだけの参加者が集まるのを見て、自分もがんばろうと思いました。

image4.jpeg

○今回初めて研修会に参加しました。横田先生のすばらしい授業、そして庄司先生の講話を聴き、とても良い刺激を受けることができました。今までの自分の授業を振り返るとともに、今回得たものを持ち帰り取り入れていこうと思います。

次回、佐藤 学先生をお招きしての「第37回『ふくしま學の会』研修会」は1月29日(日)開催予定です。次回も参集しての開催を予定していますので、ご参加お待ちしています。
第36回『ふくしま學の会』研修会 駐車場について [2022年10月05日(Wed)]
10月9日(日)開催の第36回研修会の駐車場のご案内をいたします。
下の地図を参考にご利用ください。

第36回研修会会場(須賀川一小)駐車場.pdf
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

ふくしま學の会さんの画像
ふくしま學の会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index2_0.xml