CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

『ふくしま學の会』

『ふくしま學の会』は「学びの共同体」を志向した有志による学習会で、子どもたち一人ひとりの学びの成立を保障する授業のあり方の研究しています。


第24回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2019年06月23日(Sun)]
 6月15日(土)須賀川市教育研修センターにおいて、第24回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から16名が参加し、充実した研修会となりました。

 三瓶 浩美先生(須賀川市立長沼小学校)提供の小学校算数の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市教育委員会、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_4211.JPG

IMG_4215.JPG

IMG_4219.JPG

IMG_4227.JPG

<参加者の感想>

・多様な子どもたちが、みんなで一緒に学ぶとはどういうことなのか。どの子にも満足感・達成感の持たせられる授業なのではないかと考えさせられた。今日は、子どもたちの学びの様子から、改めて一人ひとりの子どもたちの学びを保障し、わからないことを聞き合える学級づくりが前提であるということを学びました。今後も子どもたちの多様な学びに応えられるような授業づくりを追究していきたいと思う。

・「自分でできた」という思いを持たせたいという授業者の思いが、落ち着いて45分間集中し続ける、全員がしっかりとまとめまでノートにかけているという姿に表れていました。すばらしかったです。「学び・探究の密度」を充実させるためのジャンプの課題についての村瀬先生のお話、とても勉強になりました。

・三瓶先生、すてきな授業から勉強させていただき、大変ありがとうございました。村瀬先生の深い洞察には、いつもいつも感動させられます。割り算の深さをすることができ、「道具の学び」という概念も納得しました。

・授業提供してくださった三瓶先生ありがとうございました。授業づくりにしっかり取り組んでこられた姿が、授業のビデオやノートからうかがえました。特に、どの児童のノートもすばらしく、授業のねらいが達成されていました。村瀬先生の講演、とても勉強になりました。今回も大きなヒントをいただけました。来週からの授業で生かしていきたいと思います。

・村瀬先生のお話に今日もまた深まりを与えてもらいました。ジャンプの課題の意味も改めて示唆していただきました。学びの本質を1時間1時間の中に落とし込むことは確かに大変ですが、時に子どもたちの素晴らしい姿に触れることができるとうれしいものです。毎時間そんな授業にできるよう目指していきたいと思います。

・村瀬先生のお話は、自分にはなかった視点を挙げてくださり、これからの授業についての課題が見えたように思いました。すぐにはできませんが、やること・やりたいことに気づくことができたことがとても大きかったです。リフレクションでも、先生方のお話を伺うことができ、とても勉強になりました。大人も学び続けることの大切さ・楽しさを知りました。クラスの子どもたちとの生活をもっと楽しんでいきたいと強く思いました。ありがとうございました。

次回、「第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)」は8月10日(土)開催予定です。
第23回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2019年02月28日(Thu)]
 2月23日(土)須賀川市教育研修センターにおいて、第23回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内の小学校・中学校・高等学校・大学から32名が参加し、充実した研修会となりました。

 榊原 康夫先生(小野町立小野中学校)提供の中学校理科(授業者:北野美代子先生)・中学校英語(授業者:竹川 秀樹先生)の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市教育委員会、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_4107.JPG

IMG_4119.JPG

IMG_4120.JPG

IMG_4125.JPG

<参加者の感想>
・日頃の仕事に追われ、こういった授業研究会に参加できずにいました。今日は、実際の授業場面を見て授業についてじっくり考えることができました。専門の教科ではなかったんですが、だからこそこどもの学びに注目して議論することができました。校内研究もこうあるべきだし、他の若い世代の先生にも多く参加してもらいたいと思いました。次回も参加したいと思います。

・村瀬先生から出された課題、まさに大事なところだなと思いました。心のリフレッシュもできました。

・本研修会に初めて参加させていただきました。改めて、教師と子どもたちとの関係の構造的な転換期にさしかかっていることを実感しました。”考える”子どもたちの姿を実現させるために、様々なアプローチが考えられると思いますが、まずは子どもたちとともに考え、悩み続ける教師でありたいと思いました。

・村瀬先生の鋭い視点(子ども内面から生まれる動線の意義。子ども笑顔から見える授業の質 など)、本当に勉強になりました。またお話を伺う機会を楽しみにしています。

・授業提供者不在でも、「参観者の学び」に主眼を置いた、参観者のための研修スタイルであれば、研究会は成立するのだと実感した。仮に授業提供者が参加していたとしても、「授業者自評」から始まる必要はないとも感じた。「『わからない』『なんで?』と生徒に言わせたらアクティブラーニングは成立している」だから学ぶのですね。手のひらから飛び出す授業を理想にしたい。

次回、「第24回『ふくしま學の会』研修会」は6月15日(土)開催予定です。
第22回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)報告A [2019年01月31日(Thu)]
<参加者の声>

・実際の授業を見て、子どもたちの関係を見ていると、とても感動しました。子どもたちの将来を見据えた本当の学びになるように、探究の授業を取り入れていきたいと思います。佐藤先生のお話も、非常にわかりやすく参考になるお話でした。ぜひ、また参加させていただきたいです。

IMG_4038.JPG


・授業記録の視聴では、ジャンプの課題に向き合う子どもたちがとても生き生きしていて、そこに至るまでのテンポや課題提示の仕方、学習形態の考え方など、とても勉強になりました。「できない子は『これ、どうする?』ばかり考えている。それを『これ、どういうこと?』に変えていきたい」「学びが保障されれば関係性が変わる」など、とても心に残るお話がたくさんありました。月曜日からの指導に生かしていきたいと思います。

IMG_4007.JPG


・教師を目指す上で、貴重なお話が聞けてたくさん学ぶことができました。今後に生かしていけるよう努力しようと思います。

IMG_4019.JPG


・佐藤学先生のお話を聞き、自分自身のなかで再考するきっかけとなりました。一度お話を聞いてみたかったこともあり、とても貴重な機会でした。「そもそも学びとは?」という根本的な部分がアップデートされたように感じます。人間の学びは、動物の学びと違い「自分で活動し、自分で表現し、自分で構築・意味づけをする」というお話から、自分自身の考えの甘さにハッと気づかされました。今日の学びを今日だけのものにせず、もう一度整理して自分のものにしたいと思います。

IMG_4030.JPG


・初めての参加でしたが、参加して良かったです。早く到着したので駐車場係をしたり、お弁当配りをしたりして楽しかったです。そして何より、授業について、子どもたちの学びについて話ができるって本当に楽しいと思いました。なぜ学ぶのか?子どもたちがこれからの社会を創り、生きていけるように、自分は何をすればいいのか改めて考えました。完成はないからこそ魅力がある仕事だと思いました。

IMG_4010.JPG

・福島県の先生方の熱い思いを肌で感じることができました。2つの授業からも、子どもたちのすてきな学びの姿を見ることができました。学先生のお話も、とても学ぶことが多かったです。福島県の先生方に負けないよう、私たちも地道に取り組んでいきたいと思います。

次回「第23回『ふくしま學の会』研修会」は2月23日(土)開催です。
第22回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会) 報告 [2019年01月29日(Tue)]
 1月19日(土)二本松市福祉センターにおいて、第22回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)を開催いたしました。岩手県や栃木県など福島県内外から約80名が集まり、充実した研修会となりました。特に、今回は現役学生の参加が目立ち、「学び」について深く学ぶ意欲持つ人の熱さを感じることができました。

IMG_4001.JPG

 早川雄一郎先生(福島市立鎌田小学校)提供の小学校算数科・二瓶裕一先生(天栄村立天栄中学校)提供の中学校英語科の授業DVD視聴とそのリフレクションを行い、その後、佐藤 学先生(学習院大)から指導・助言をいただきました。

IMG_4037.JPG

 最後に、佐藤 学先生の講演を行い、学びの共同体を志向した授業づくりや質の高い学び、子どもたちの可能性などについて改めて確認することができました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた二本松市、参加いただいた方々、本当にありがとうございました。

 ※研修会の様子や「参加者の声」は今後アップしていきます。

次回「第23回『ふくしま學の会』研修会」は2月23日(土)開催予定です。
第21回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2018年12月10日(Mon)]
10月6日(土)天栄村「文化の森てんえい」において、第21回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から多数が参加し、充実した研修会となりました。

 安藤 友恵先生(天栄村立天栄中学校)提供の中学校理科の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、庄司 康生先生(埼玉大学)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた天栄村および天栄中教職員の皆さま、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

〈参加者の声〉
・庄司先生のお話は、今担任している目の前の子どもの姿と直結する、大変有意義な内容でした。今回の学びを子どもたちに還元できるよう楽しく苦しみたいです。

・小集団学習について、庄司先生から深いお話を聞くことができたとともに、自分自身も深く考えることができました。自力解決、小集団、学習課題、同僚性など、お話がたくさんお聞きできて、とても勉強になりました。

IMG_3877.JPG

・安藤先生の挑戦的な授業、特にグループで実験方法を考える学びなど多くのことを学ばさせていただきました。また、庄司先生から学びについて考えるポイントを踏まえての授業の見方・考え方をわかりやすく勉強することができました。

IMG_3878.JPG

・普段の研修では、中学校理科の授業を見せていただく機会があまりないので、とても勉強になりました。小学校でも「条件制御」は大切な理科の見方・考え方であり、指導者が意図を持ってしっかり身につけさせなければならないものです。ですから、小学校と中学校の教科指導を更に積極的に繋いでいかなければならないと思いました。小・中・高の授業を互いに参観する機会を多く持って、議論を深めるとすばらしい授業がもっともっと創造されると思いました。

次回、佐藤学先生をお招きしての「第22回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)」は1月19日(土)開催予定です。
第20回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)報告 [2018年09月19日(Wed)]
 8月11日(土)郡山市立橘小学校において、第20回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)を開催いたしました。岩手県や東京都など県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から多数が参加し、充実した研修会となりました。

 滝田 弓子先生(郡山市立橘小学校)提供の小学校道徳科・川村 国央先生(福島盆地の桃づくり)の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、秋田 喜代美先生(東京大学大学院)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた郡山市立橘小学校の教職員の皆さま、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

〈参加者の声〉
・一つの机に児童同士が寄り添う姿、相手のペースに併せて指で本文をなぞっている姿、さりげないやさしさあふれる子どもの姿を見ることができました。協同的な学びの大切さを改めて感じました。
IMG_3630.JPG

・2回目の参加となります。参加するたびに学びの多い1日だと感じています。リフレクションでは、授業後のリフレクションでは、子どもたちの実際の姿をもとに語られることで、自分の見方の偏りや見えにくさに気づかされました。今一度、立ち返って子どもたちの学びを共に創っていきたいです。
IMG_3577.JPG

・先生方の実践を拝見させていただくことで、毎回刺激になっております。秋田先生のお話のなかで、「子どもを協同させたいなら、教師も協同しなければならない」という言葉が胸に響きました。学校全体で協同的な学びをしていきたいです。
IMG_3609.JPG

・秋田先生のお話を聞くことができ、とても勉強になりました。子どもたちが学び合う学び、そのことを教師が学ぶ。教師は授業の見方を知らない。学んでいないことの話しから、そこをなんとかできるようにすることが子どもたちのためだと再認識しました。より良い授業・子どもの深い学びを追い求めたいと思います。
IMG_3600.JPG

・滝田先生の授業からは、役割演技や思考ツールなどの学び合いを深めるための工夫を、川村先生の授業からは、子どもたちに学びをゆだねることの大切さを学ばせていただきました。
IMG_3579.JPG

次回、庄司康生先生をお招きしての「第21回『ふくしま學の会』研修会」は10月6日(土)開催予定です。
第19回『ふくしま學の会』研修会報告 [2018年07月06日(Fri)]
 6月23日(土)須賀川市教育研修センターにおいて、第19回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。茨城県から学びの共同体スーパーバイザーの鴨志田 悟先生をはじめ、県内外の小学校・中学校・高等学校から32名が参加し、充実した研修会となりました。

 田中 知先生(須賀川市立西袋第一小学校)提供の小学校道徳科の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市教育委員会、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_3339.JPG

IMG_3350.JPG

IMG_3349.JPG

IMG_3353.JPG

<参加者の感想>
・田中先生の授業、すべての児童がしっかり考えていた点がすばらしいと思いました。「自分を見つめて成長させる時間」と、道徳の授業について子どもたちから言葉が出される点もすばらしかった。村瀬先生の講話、数多くのことを学ばせていただきました。今回、参加させて頂き本当によかったです。

・リフレクションで、西袋一小の校長先生から、学校として継続的に行ってきた学び合いについての話を伺い、とても参考になりました。悩みが同じであったことに安心すると同時に、継続することの大切さ、継続していていく自信をいただきました。

・道徳の授業をどのようにつくっていったらよいか、教科化に向けて今後の方向性が見えた1日となりました。「考え、議論する道徳」への転換を図るためのヒントをたくさんいただきました。

・「学びの共同体」の視点を取り入れて校内研修がスタートして数ヶ月。本日は道徳における可能性を実感することができました。初めてにもかかわらず、温かくお仲間に入れていただき感謝です。

・本日は、村瀬先生を招いての研修会、ありがとうございました。今年度から道徳の教科化がはじまりましたが、現場、特に小学校ではある意味で高い問題意識があります。田中先生の授業も「考え、議論する道徳」を意識したていねいな進め方でした。「考え合い」の道徳について学ぶことができました。

次回、秋田喜代美先生をお招きしての「第20回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)」は8月11日(土)開催予定です。
第18回『ふくしま學の会』研修会報告 [2018年02月18日(Sun)]
 2月17日(土)須賀川市立第三中学校において、第168『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から18名が参加し、充実した研修会となりました。

 佐藤貴史先生(須賀川市立第三中学校)提供の中学校国語科の授業(前任校である福島大学附属中学校にて実践)DVD視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市立第三中学校、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_3114.JPG

IMG_3123.JPG

IMG_3122.JPG

IMG_3131.JPG

IMG_3137.JPG

<参加者の感想>
・いつもながら、村瀬先生のお話は奥が深く、しかしとても分かりやすく、とても勉強になりました。今日も来て本当によかったです。

・文学作品とどのように出会っていけばいいのか自分なりの考えを持つことができて、とても良い研修会でした。ありがとうございました。

・佐藤先生のレベルの高い授業実践を見ることができました。吟味された学習展開・的確で機をとらえた発問・ねらいを持った学習のつみ重ねにより、子どもたちの思考がどんどん深まっていく様子がすばらしかったです。

次回「第19回『ふくしま學の会』研修会」は6月23日(土)開催予定です。
第17回『ふくしま學の会』研修会報告A [2018年01月24日(Wed)]
<参加者の声>

・1年目の私ですが、これからの教師生活がワクワクするような貴重な授業と講演を見聞きすることができました。授業のビデオが子どもの様子(具体的に何を話したり書いたりしているか)を捉える上で、もう少し鮮明であってほしいとは思いました。今日の学びを目の前の子どもたちに還元していこうと思います。

IMG_3048.JPG

・2つの授業ともに学ぶことの多い実践でとても勉強になりました。学先生の話は、これからの実践につながる内容だったのでとても参考になりました。宮城で、また、できることをやっていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

IMG_3052.JPG

・高校でもどのように取り組めば良いか考えながら参加させていただきました。また、このように小・中で学んだ子どもたちが、高校に入ってくるのだと思いながら参加の先生方と交流させていただきました。これからもっと勉強します。

IMG_3055.JPG

・子どもの学び・子どもが学ぶことについて考える機会となりました。いつもリフレクションの時間は少し緊張しますが、それは、自分が子どもを見ることに自信を持てないからかもしれません。しかし、それこそ、みなさんと協同で学ぶことで(子どもたちと同じように)、少しずつ自分を確かにしていくという行為なのだなあと改めて思いました。

IMG_3053.JPG

・子どもを支えるのは子ども、その関係を支えるのは教師。この理念は学び合いの必要性・必然性をさらに感じさせられた。学びの共同体を構成する4つの視点(尊厳・互恵・信頼・共同)を意識し、子どものためとなる授業づくりにむけ、精進していきたい。素晴らしい研修できた。

IMG_3060.JPG

・とても勉強になりました。グループでの学習というものがどういうものなのか、自分が考えていたものと全く違っていたので驚きました。今回の学びを生かして、さらに学び続けていきたいと思います。(学生の参加者)

次回「第18回『ふくしま學の会』研修会」は2月17日(土)開催予定です。
第17回『ふくしま學の会』研修会拡大大会報告 [2018年01月24日(Wed)]
  1月20日(土)二本松市福祉センターにおいて、第17回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)を開催いたしました。二本松市教育長小泉裕明様をはじめ、福島県内外から100名近くが集まり、充実した研修会となりました。特に、今回も県外や現役学生、高校からの参加が目立ち、「学び」について深く学び合う仲間の広がりを感じることができました。

 鈴木裕子先生(二本松市立渋川小学校)提供の小学校算数科・大宮武幸先生(いわき市立好間第三小学校)提供の小学校算数科の授業DVD視聴とそのリフレクションを行い、その後、佐藤 学先生(学習院大)から指導・助言をいただきました。

 最後に、佐藤 学先生の講演を行い、この1年間の授業改革の広がり、アクティブラーニングの可能性と危険性、、すべての子どもの学びを保証する重要性などを改めて確認することができました。

IMG_3058.JPG

IMG_3068.JPG

IMG_3067.JPG

 すばらしい会場を提供・準備していただいた二本松市、参加いただいた方々、本当にありがとうございました。

 ※研修会の様子や「参加者の声」は今後アップしていきます。

次回「第18回『ふくしま學の会』研修会」は2月17日(土)開催予定です。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ふくしま學の会さんの画像
ふくしま學の会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index2_0.xml