CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

『ふくしま學の会』

『ふくしま學の会』は「学びの共同体」を志向した有志による学習会で、子どもたち一人ひとりの学びの成立を保障する授業のあり方の研究しています。


第19回『ふくしま學の会』研修会報告 [2018年07月06日(Fri)]
 6月23日(土)須賀川市教育研修センターにおいて、第19回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。茨城県から学びの共同体スーパーバイザーの鴨志田 悟先生をはじめ、県内外の小学校・中学校・高等学校から32名が参加し、充実した研修会となりました。

 田中 知先生(須賀川市立西袋第一小学校)提供の小学校道徳科の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市教育委員会、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_3339.JPG

IMG_3350.JPG

IMG_3349.JPG

IMG_3353.JPG

<参加者の感想>
・田中先生の授業、すべての児童がしっかり考えていた点がすばらしいと思いました。「自分を見つめて成長させる時間」と、道徳の授業について子どもたちから言葉が出される点もすばらしかった。村瀬先生の講話、数多くのことを学ばせていただきました。今回、参加させて頂き本当によかったです。

・リフレクションで、西袋一小の校長先生から、学校として継続的に行ってきた学び合いについての話を伺い、とても参考になりました。悩みが同じであったことに安心すると同時に、継続することの大切さ、継続していていく自信をいただきました。

・道徳の授業をどのようにつくっていったらよいか、教科化に向けて今後の方向性が見えた1日となりました。「考え、議論する道徳」への転換を図るためのヒントをたくさんいただきました。

・「学びの共同体」の視点を取り入れて校内研修がスタートして数ヶ月。本日は道徳における可能性を実感することができました。初めてにもかかわらず、温かくお仲間に入れていただき感謝です。

・本日は、村瀬先生を招いての研修会、ありがとうございました。今年度から道徳の教科化がはじまりましたが、現場、特に小学校ではある意味で高い問題意識があります。田中先生の授業も「考え、議論する道徳」を意識したていねいな進め方でした。「考え合い」の道徳について学ぶことができました。

次回、秋田喜代美先生をお招きしての「第20回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)」は8月11日(土)開催予定です。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ふくしま學の会さんの画像
ふくしま學の会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index2_0.xml