• もっと見る

チャレンジドの「地域で生きる」を考える

このブログは、スウェーデンのニイリエが障害者の地域生活の在り方について分かりやすく示した「ノーマライゼーション八つの原則」の考え方を基本的な理念として、チャレンジド(※)の地域での普通の生活がごく当たり前になり、共生社会が実現することを目指した具体的な行動や行事・事業・研修・提案・要望等の活動について、福市繁幸が(社会福祉士・精神保健福祉士・NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク代表理事、佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会会長の立場で)記録しています。
年間行事の「チャレンジドフォーラム」「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修(基礎・実践・更新)」についても案内しています。
※チャレンジド=障害者を表す米語。障害者・難病の方々・自閉症/発達障害など地域生活をするにあたり様々な挑戦をする機会が与えられた選ばれた人たちの意。


<< 2023年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
祭り終了 (02/25)
第20回 チャレンジドフォーラムinSAGA(佐賀)〜4年ぶりリアル開催を嬉野で〜 [2023年08月20日(Sun)]
節目の20回目となるチャレンジドフォーラムを令和5年10月28日(土)13時から嬉野市の大正屋(〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276-1 )の3階ホールで実施いたします。
第39回九州ブロック肢体不自由児者父母の会佐賀大会と同時開催いたします。
4年ぶりのリアル開催ですが、新型コロナウィルス感染症が最も少ない時期の開催としました。

参加負担金は3,000円です。

意見交換会も同会場で実施しますが、参加負担金は10,000円となりますので希望する方のみの参加としました。

参加申し込み方法は、簡単に申込ができる「申込フォーム(下記チラシ)」のみでお願いします。

今年も昨年に続き、障害者総合支援法のサービス利用対象者である難病患者や障害者ご本人の方々など招待の対象となる方々(※下記「招待者」)は「負担金を免除」して最新情報の提供をすることにしました。

※招待者(受講料免除対象者)
@障碍者・難病患者ご本人、A行政職員、県・市議会議員、BNPO 佐賀県地域生活支援ネットワーク主催のサビ児管基礎研修・実践研修・更新研修受講生、CNPO 佐賀県地域生活支援ネットワークへのふるさと納税者、D佐賀県肢連・佐賀市父母の会会員

申込受付期間は9月1日〜10月25日です。※申し込みが多い場合は繰り上げて締め切りすることがありますのでこのブログの確認をお願いします。

・広報、申込用のチラシです。※内容に追加、変更がありますので確認をお願いします。「申込フォーム(QRコードをスマホカメラで読み込んで申込フォームに所要事項を入力してください。)」※受講者ごとにスマホからお申し込みください。 
A20thチャレンジドフォーラムプログラムチラシ.pdf

こちらをクリックして申込むことも可能です。

◆フォーラム概要・・・・・

・又村あおいさん(全国手をつなぐ育成会連合会常務理事)の基調講演では「親なき後、地域生活の維持は本当に可能か。拠点・GH・一人暮らし・権利擁護etc」についてお話しいただく予定です。

・厚生労働省障害保健福祉部の江口満企画課長のご登壇がかない基調講演として「障害福祉・医療の方向性について」最新情報をお話しいただく予定です。

・シンポジウムには国土交通大臣政務官で移動手段についても担当されている古川康代議士、参議院議院運営委員長や自民党厚生労働部会長を歴任された福岡たかまろ参議院議員そして厚労省江口企画課長にご登壇をお願いしました。佐賀の現場からはフォーラムの梶川ゆり子代表が就労支援事業所や強度行動障害者の支援のあり方や第5回フォーラムで発表した「がばい八策」について意見を述べます。進行は又村あおいさんにお願いして議論していただく予定です。

・元一億総活躍担当大臣の衛藤晟一参議院議員には障害者の権利に関わる話と少子化対策への提言をお願いしています。
プロフィール

福市繁幸さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/fukuichi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukuichi/index2_0.xml