• もっと見る

チャレンジドの「地域で生きる」を考える

このブログは、スウェーデンのニイリエが障害者の地域生活の在り方について分かりやすく示した「ノーマライゼーション八つの原則」の考え方を基本的な理念として、チャレンジド(※)の地域での普通の生活がごく当たり前になり、共生社会が実現することを目指した具体的な行動や行事・事業・研修・提案・要望等の活動について、福市繁幸が(社会福祉士・精神保健福祉士・NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク代表理事、佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会会長の立場で)記録しています。
年間行事の「チャレンジドフォーラム」「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修(基礎・実践・更新)」についても案内しています。
※チャレンジド=障害者を表す米語。障害者・難病の方々・自閉症/発達障害など地域生活をするにあたり様々な挑戦をする機会が与えられた選ばれた人たちの意。


<< 2023年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
祭り終了 (02/25)
第18回チャレンジドフォーラムinさがを開催します。 [2021年09月24日(Fri)]
新型コロナウィルス感染への不安がなくならない中、参集型のフォーラム開催は今年も断念し、ズームウェビナー(ウェブセミナー)を使ったフォーラムを開催することとしました。
ズームミーティングとは違い、ウェビナーは講師しか画面にでませんので、入退室も気兼ねなくされて構いません。

期日 11月6日(土)10時半〜

インターネット環境とパソコンorタブレットor携帯があれば全国どこからでも参加できますので、全国からのお申し込みをお待ちしています。

サービス管理責任者研修、児童発達支援管理責任者研修を受講されようとされている全国の事業者の皆様も、連携、チームアプローチ、危機管理、地域共生、地域開発など管理者としてのスキルアップの一助ともなりますので是非参加お申し込みください。(※NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク主催サビ児管基礎研修・更新研修受講者<令和元〜令和3年10月受講者>は参加費負担金は不要です。)
今年は、負担金不要の「招待者」の範囲を広げましたので、チラシを確認してお申し込みください。

申込は、メールで@氏名(必須)、A所属(任意)、B振込名(カナ※必須)をお知らせいただき、入金(1,000円)確認後、ズーム入室方法をメールでお知らせする流れです。
※メール送信先 sagachiikinet2015@yahoo.co.jp
※11月6日当日まで受付します。(メールのみ)
※チラシにあるQRコードを携帯のカメラで読み込むことで、簡単に申し込むことができるフォームを利用することができます。

・フォーラムの案内チラシ申し込み方法です。PDFです。
18thチャレンジドフォーラム チラシ・申込方法.pdf

・チャレンジドフォーラムホームページです。

さがふくし応援団ホームページもご覧ください(チャレンジドフォーラム生みの親の古川康代議士のこれまでの歩みについても情報提供しています)。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

福市繁幸さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/fukuichi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukuichi/index2_0.xml