• もっと見る

チャレンジドの「地域で生きる」を考える

このブログは、スウェーデンのニイリエが障害者の地域生活の在り方について分かりやすく示した「ノーマライゼーション八つの原則」の考え方を基本的な理念として、チャレンジド(※)の地域での普通の生活がごく当たり前になり、共生社会が実現することを目指した具体的な行動や行事・事業・研修・提案・要望等の活動について、福市繁幸が(社会福祉士・精神保健福祉士・NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク代表理事、佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会会長の立場で)記録しています。
年間行事の「チャレンジドフォーラム」「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修(基礎・実践・更新)」についても案内しています。
※チャレンジド=障害者を表す米語。障害者・難病の方々・自閉症/発達障害など地域生活をするにあたり様々な挑戦をする機会が与えられた選ばれた人たちの意。


<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
祭り終了 (02/25)
平成30年度 サービス管理責任者研修・児童発達支援管理責任者研修について [2018年09月22日(Sat)]
今年度もNPO佐賀県地域生活支援ネットワーク主催で、10回目となるサービス管理責任者研修を実施することとなりました。
障害者の地域生活を支えるコーディネーターとなるサービス管理責任者と児童発達支援管理責任者の資格要件となる研修を県の指定を受けて実施するものです。なお、分野別の研修は今年度限りとなります。

締め切りは、1月21日までですが、要綱をよく読んで、早めに郵送で申し込んでください。(受付は郵送のみ)

なお、2019年度からのサビ管研修は、分野別の受講ではなく共通の研修受講となり、実務経験3年目に基礎研修、2年の実務後、実践研修と2度の研修を受講し初めてサビ管・児発管となることができる予定です。
2019年度は、既にサビ管、児発管となっている方の更新研修6hも開催しますので、平準化のために国が通知で発出する受講時期に受講するようにしてください。

なお、今年度までの分野別研修を受けておくと、新制度の実践研修まで修了したものとみなされる予定ですが、正式には、間もなく出される告示を確認する必要があります。

2019年度からの制度改正の概要を改めて整理してお知らせします。
実務経験5年の場合でいうと、実務経験3年で基礎研修(分野の区別なし)を3日間受け、研修の内容を現場で2年間実践し、実務経験5年で実践研修(分野の区別なし)を受けてはじめて現在のサビ管、児発管と同じ要件を満たすこととなる予定です。
したがって、基礎研修は31年度から実施され、実践研修は33年度にはじめて実施されますので、2年間は、正式なサビ管、児発管はでないこととなります。

このため、新規立ち上げの場合に限り、基礎研修を受けた人をみなしサビ管、児発管として立ち上げることができるようになるそうです。また、基礎研修を受けた人は、60人を超えて配置する2人目のサビ管になることもできるようにするそうです。

2019年度からは、1日の更新研修が新設され、5年以内に旧制度のサビ管等は受講する必要があり、受講しなかった場合は、実践研修を受けることで新制度のサビ管等と認められるようになる予定です。

2019年度から分野別がなくなりますので、最後の旧制度のサビ管等研修を今年度に受講される場合は、「複数の分野を受講する必要はない」ことが多いと思いますので、その点、注意して受講申し込みをしてください。

様々な制度改正についての告示や通知の改正は近日中に発表となる予定とのことですので厚労省の発表に留意ください。

厚生労働省主催のサービス管理責任者等指導者研修において情報提供があった資料をお知らせします。告示が出されたら、お知らせします。
サビ管等事業の改訂について 厚労省指導者研修資料H30.9.pdf

佐賀県庁ホームページにも研修案内が出されましたので確認をしてください。

◆開催通知
@H30ネット主催サビ管研修開催通知.pdf

◆日程表
AH30 ネット主催佐賀県サビ管研修日程 公表用.pdf

◆募集要項(よく読んでください)
BH30ネット主催佐賀県サビ管研修募集要項.pdf

◆申込書PDF
BH30ネット主催佐賀県サビ管研修 受講申込書.pdf

◆申込書ワード
BH30ネット主催佐賀県サビ管研修 受講申込書.doc

◆問答集
CH30ネット主催サビ管研修問答集.pdf

※受講決定通知でお知らせする内容は下記のとおりです。適宜ダウンロードしてください。
なお、事前課題のうち、演習事例については、共通講義修了後にお渡しする予定です。

@研修会場 PDF
A略図表裏 H30佐賀県サビ管研修会場略図.pdf

A事前課題 PDF
B2頁表 H30佐賀県サビ管受講決定通知 事前課題.pdf

A事前課題 ワード
B2頁表 H30佐賀県サビ管受講決定通知 事前課題.doc

Bサービス・事業所一覧 エクセル
C2頁裏 障害福祉サービス・事業所数一覧.xlsx

※共通講義で使用する資料をアップしますので、事業所での伝達研修に御利用ください。
障害者総合支援法・児童福祉法とサビ管・児発管の役割H30年度.pptx

サービス提供のプロセスと管理H30年度研修資料.pptx

サービス提供者と関係機関の連携及び支援提供職員と関係機関の連携H30年度.ppt

※分野別研修の座学資料を順次アップしますので、参考にしてください。
・就労分野
就労基本姿勢(講義 2019.2.21.pptx

・介護分野
サビ管研修 介護H30年度 監査対策プラス.ppt

・地域生活分野(知的・精神)
地域生活・知的精神 基本姿勢.pptx
アセスメントの視点と課題整理のポイント 全員配布.ppt
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

福市繁幸さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/fukuichi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukuichi/index2_0.xml