• もっと見る

チャレンジドの「地域で生きる」を考える

このブログは、スウェーデンのニイリエが障害者の地域生活の在り方について分かりやすく示した「ノーマライゼーション八つの原則」の考え方を基本的な理念として、チャレンジド(※)の地域での普通の生活がごく当たり前になり、共生社会が実現することを目指した具体的な行動や行事・事業・研修・提案・要望等の活動について、福市繁幸が(社会福祉士・精神保健福祉士・NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク代表理事、佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会会長の立場で)記録しています。
年間行事の「チャレンジドフォーラム」「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修(基礎・実践・更新)」についても案内しています。
※チャレンジド=障害者を表す米語。障害者・難病の方々・自閉症/発達障害など地域生活をするにあたり様々な挑戦をする機会が与えられた選ばれた人たちの意。


<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
祭り終了 (02/25)
介護付デマンド交通について [2014年12月24日(Wed)]
「介護付デマンド交通」については、三年前にチャレンジドフォーラムで提案して3年目となり、「継続は力」と信じて今年も提案をしましたが、フォーラムの取材をされていた読売新聞の記者さんに取材を受け記事にしていただきました。

第11回チャレンジドフォーラム参加者にお願いをしてアンケート調査を実施したところ、下記の通り回答を得ました。利用者側の期待はとても大きいことを改めて実感することとなりました。
国土交通省の地域交通維持改善事業費補助金を活用する提案ですが、介護者は「バスの添乗員」として現在も補助要綱に残っているものを活用できると考えていますし国土交通省の担当者もフォーラムでそのように発言されました。

移動の厳しい方々の公共交通を県域で取り組むことは、地方を応援する戦略予算を使い「第三の矢」の象徴的な取り組みになるのではとも思います。

県の取り組みが起爆剤となり、市町主体のデマンド交通の取り組みも、さらに広がりを見せるものと考えるのですがいかがでしょうか。
新しい佐賀県知事が、この「介護付デマンド交通」を全国に先駆けて実現してくれることを切に祈っています。

IT活用型福祉デマンド交通事業 11forum資料.doc

<アンケート結果>
■利用者側としての意見は、
・地域でたくさん の人にふれる機会が増えいいことだと思います。
・義母の通院介助をしていて腰を痛めてしまいました。是非導入してほしい。
・タクシーは高いので、500円程度なら大変助かります。
・特別支援学校の登下校で使いたい。(複数)
・就労のための交通機関として使いたい。
・子供の習い事送迎に使いたい。
・とても大切な取り組みだと思います。
・2日に1回人工透析で使いたい。スマホは使えないので、アナログでも利用できるように御配慮ください。
■利用頻度としては、 
・平日毎日4名
・月5〜8回4名
・月2〜4回6名
■事業者側は、
現在のところ個別に聞いたタクシー1社、福祉有償運送事業者が1事業者の方が「事業がスタートしたら受けてみたい。」と担い手の確保もかなうことがわかりました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

福市繁幸さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/fukuichi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukuichi/index2_0.xml