• もっと見る

チャレンジドの「地域で生きる」を考える

このブログは、スウェーデンのニイリエが障害者の地域生活の在り方について分かりやすく示した「ノーマライゼーション八つの原則」の考え方を基本的な理念として、チャレンジド(※)の地域での普通の生活がごく当たり前になり、共生社会が実現することを目指した具体的な行動や行事・事業・研修・提案・要望等の活動について、福市繁幸が(社会福祉士・精神保健福祉士・NPO佐賀県地域生活支援ネットワーク代表理事、佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会会長の立場で)記録しています。
年間行事の「チャレンジドフォーラム」「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修(基礎・実践・更新)」についても案内しています。
※チャレンジド=障害者を表す米語。障害者・難病の方々・自閉症/発達障害など地域生活をするにあたり様々な挑戦をする機会が与えられた選ばれた人たちの意。


<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
祭り終了 (02/25)
第40回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会佐賀大会 [2007年03月30日(Fri)]
今年、日本財団の寄付を受けて実施するビックイベント全国大会佐賀大会の開催要領を紹介します。
インターハイの興奮冷めやらぬ佐賀県唐津市で、満を持して開催されます。乞うご期待。


第40回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会佐賀大会
第23回九州ブロック肢体不自由児者父母の会佐賀大会
(日本財団助成事業)

開 催 要 綱

趣 旨
平成17年10月31日「障害者自立支援法」は、可決成立した。
 1割負担が法制度化されたことから、今後は介護保険との統合問題がクローズアップされることとなる。 地域福祉の充実を目的とした自助・互助・公助の制度設計は、日本の財政事情を考慮すると一定の理解を示すべき時にきているものの、特に重症心身障害児者(重心)が家族にいる当組織としては、障害者自立支援法施行後一年が経過した現在、どのような問題が現場で発生しているのかについて検証することが極めて重要であると考えている。
 第40回全肢連全国大会(佐賀大会)が、障害児者の地域生活の一助となることを期待してこの大会を開催する。


名 称   第40回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会佐賀大会
       第23回九州ブロック肢体不自由児者父母の会佐賀大会

主催  社団法人 全国肢体不自由児・者父母の会連合会
 九州ブロック肢体不自由児者父母の会
 特定非営利活動法人 佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会


期 日   平成19年9月22日(土)〜23日(日)

会 場   「大会会場」  唐津市民会館
       唐津市西城内6−33  TEL 0955-72―8278

       「情報交換会・宿泊会場」唐津シーサイドハイツ

参加者   各都道府県父母の会会員、関係機関・団体所属者及び大会開催趣旨に賛同する 一般参加者


特別参加者  韓国脳性麻痺福祉会、中国残疾人聯合会


後 援  厚生労働省、文部科学省、日本肢体不自由児協会、全国社会福祉協議会、全国心身障害児福祉財団、全国特別支援教育推進連盟、全国肢体不自由養護学校長会、全国肢体不自由養護学校PTA連合会、全国肢体不自由児施設運営協議会、佐賀県、唐津市、佐賀県市長会、佐賀県町村会、佐賀県社会福祉協議会、佐賀県肢体不自由児協会、佐賀県立金立養護学校、佐賀県立北部養護学校、他(予定))

協 賛 コカ・コーラボトラーズ、コカ・コーラウエストジャパン梶A佐賀県電気工事業工業組合、佐賀県電業協会、唐津ロータリークラブ、唐津ライオンズクラブ、名鉄観光サービス


大会テーマ   「地域で普通に暮らす」を当たり前に

大会日程
【第1日目】 9月22日(土)

10:30〜    受 付(唐津市民会館)
12:00〜12:45  アトラクション    多久揚琴(予定)
13:00〜14:00 開会セレモニー

大会式典
         
開式のことば   全国肢体不自由児・者父母の会連合会副会長  
大会委員長挨拶 佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会会長
主催者挨拶  全国肢体不自由児・者父母の会連合会会長
開催地歓迎挨拶 唐津市長  坂井俊之
来賓祝辞   厚生労働大臣      
〃      文部科学大臣              
  〃         日本肢体不自由児協会理事長       
〃     韓国脳性麻痺福祉会会長         
  〃      中国残疾人聯合会主席団主席          
来賓紹介    佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会副会長
祝電披露    佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会副会長
基調報告 全国肢体不自由児・者父母の会連合会 事務局長 
閉式のことば 全国肢体不自由児・者父母の会連合会 副会長

14:10〜15:00      基調講演
         テーマ「福祉・保健の今後の方向性」
          講師:厚生労働省障害福祉課長 蒲原基道 

15:15〜17:30     シンポジウム
         テーマ「障害者自立支援法施行後、1年を経過して」

司 会  芹  田洋志 しょうがい生活支援の会すみか 
シンポジスト 古川 康 佐賀県知事 
蒲原基道 厚生労働省障害福祉課長 
下山直人 文部科学省特別支援教育課特別支援教育調査官
戸枝陽基 社会福祉法人ふわり理事長 
古賀敏久 佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会副会長

質疑応答(会場より)

17:35〜  閉会のことば 佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会副会長

19:00〜21:00 情報交換会 「唐津シーサイドホテル」

【第2日目】 9月23日(日)

9:30〜11:00     シンポジウム
           テーマ「組織の活性化を目指して」

司 会     戸枝陽基 社会福祉法人ふわり理事長
シンポジスト  松友 了 全日本手をつなぐ育成会常務理事<佐賀出身>
          全国肢体不自由児・者父母の会連合会役員 
         佐賀県肢体不自由児者父母の会連合会役員  
             
   〜11:30 質疑応答

11:30〜     大会決議文    佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会副会長

開催地謝辞  佐賀県肢体不自由児・者父母の会連合会会長
次期開催地挨拶 広島県肢体不自由児(者)父母の会連合会
            九州ブロック協議会開催県(福岡県)

〜12:00 大会終了宣言 全国肢体不自由児・者父母の会連合会副会長




重度重複障害者の地域生活支援にはどのようなシステムが必要なのか、この大会を通じて少しでも明らかにできたらいいと思います。

また、障害者自立支援法の抱える全体的な問題を議論することでチャレンジドにとってどのような問題点を抱えているのかについて明らかにできたらいいと思います。

皆様のご協力とご理解が不可欠です。

特に全国の父母の会の皆様。いままでとは違う全国大会をお届けしますので、佐賀県唐津市へ是非おこしください。

玄海のイカのいきづくりも美味しいしいですよ
【県肢連の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
ブログを作成するのは初めてですので、不安は多いですが、がんばってレポートできるようにしたいと思っております。

日本財団の皆様には、今後ともお世話になります。
Posted by:福市です  at 2007年04月06日(Fri) 00:08
こんにちは、日本財団の山田です。
この度は、Canpanブログの開設、おめでとうございます。

これから、Canpanブログで佐賀県の取り組みを読むことができるのを楽しみにしております。

私も助成担当者として、微力ながらお手伝いさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
Posted by:日本財団 山田  at 2007年04月05日(Thu) 19:36
プロフィール

福市繁幸さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/fukuichi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukuichi/index2_0.xml