• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2022年10月31日(Mon) ひきこもる女性たち〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは、スタッフの鈴木です。
サポセンの図書コーナーからオススメの本をご紹介します。

お役立ち本画像.jpg

ひきこもる女性たち
「男は仕事、女は家事」という固定観念から、女性は社会から孤立した状態にあっても、家事や育児さえしていれば「ひきこもり」と認識されづらい課題があります。彼女たちの背景には、性被害や家庭内暴力など、他人には打ち明けにくいトラウマを抱えているケースも少なくありません。本書では、女性のひきこもりの実態から、当事者同士が気軽に話せる場の大切さや、新しい働き方について考えます。

筆者の池上さんはジャーナリストとして主にひきこもり問題に関心を寄せ、取材・執筆活動を行う傍ら、ひきこもり支援を行うNPO団体に所属。当事者と当事者家族の交流の場づくりに取り組んでいます。メディアで男性のひきこもりが数多く取り上げられる一方、女性のひきこもりは認識されにくいことに課題意識を持ち、本書では取材活動の中で目の当たりにした、女性のひきこもりについて取り上げています。

本書で紹介されている女性のひきこもり事例の中には、性犯罪や暴行に至らなくても、学校や職場で容姿をからかわれる、家族から自分とは異なる価値観を押し付けられる、一見些細に思える出来事の積み重ねが大きな傷となってしまうケースも多くあります。これは女性に限らず、誰もが経験することではないでしょうか。この本を読んで、誰もが生きやすい社会とは何か、一緒に考えてみませんか。

著 者 池上正樹
発行所 KKベストセラーズ

本 サポセンで本を借りよう!
貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
サポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書の一部を設置しています。閉架資料もご覧いただけますので、スタッフまでお気軽にお声がけください。
サポセン在庫書籍一覧(20220417更新)
2022年10月30日(Sun) manacoの中野先生〜ぱれっと取材日誌〜

   
こんにちは。スタッフの菅野です。
サポセンのニューズレター「ぱれっと」の「ワクワクビト」のコーナーでは、仙台のまちを面白くする人をご紹介しています。10月号で登場したのは、manaco共同代表の中野柊一郎さんです。

2019年春。教育大学4年生だった中野さんは、コロナ禍の中「何かできることはないか」と、同級生3人とmanacoを立ち上げ、活動を始めました。
オンライン上をメインに、子どもが安心して自分らしくふるまえる場づくりをしています。

中野さんが教師を目指した最初のきっかけは、小学生の頃「学校が大好き」と思ったことでした。
友達がいて、一緒に遊べて楽しいから。そして、「その子が何を考えているのか」を大事にしてくれる先生がいたから。中学生の頃には「将来、先生になれたらいいな」と思うようになっていました。
その思いを強くしたのは、受験勉強の最中に「なぜ勉強するのか?」という疑問を抱いた時でした。
「これからの子に、それをちゃんと伝えられる人になりたい」。
今、manacoの活動を通して実践中です。

団体を運営するとか、活動のために異分野を含めいろんな人に会いにいくとか、初めてのことやチャレンジングなことも多いと思いますが、
「団体を立ち上げるのに比べたら、大したことないと思える。
 でも、団体立ち上げは自分一人では絶対にできなかった」
と中野さん。
ひとりではできないことも、力を合わせればできることがある。実感に満ちたお話でした。

DSC08519.JPG
▲表情豊かに、生き生きとお話される中野さん

「ぱれっと」はこちらからご覧いただけます→バックナンバー
2022年10月30日(Sun) 11/12開催!「インターネット安全教室」オンラインセミナーで情報モラル。情報セキュリティを身につけよう!


NPO法人地域情報モラルネットワークより、オンラインセミナーのチラシを頂きましたので、ご紹介します。地域情報モラルネットワークは、インターネット社会における情報セキュリティ対策・情報倫理(モラル)の向上を目指して啓発活動を行っている団体です。

今回、ご紹介するのは、インターネットを安全に使うための基礎的な情報セキュリティを身につけるための教室となっています。

以下、概要です。

20221031163808_00001.jpg

------------------------------------------------
  知ってほしいこと。行ってほしいこと。
  インターネット安全教室
------------------------------------------------


日 時:2022年1112日(土) 14:00〜16:10(受付13:30より)
    ※申し込みは11/10〆切とさせていただきます
参加費:無料
方 法:オンライン (Zoom)にてご参加ください

主 催:
独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
特定非営利活動法人地域情報モラルネットワーク
東北工業大学ICTシステム研究所
後援:宮城県警察

■タイムテーブル■
オープニング
13:30〜14:00 ZOOM接続テスト
14:00〜14:05 主催者代表挨拶

14:05〜15:10 第1講座
「安心してインターネットを使うために」
講師:東北工業大学ICTシステム研究所/工業部情報通信工学科 角田研究室

15:10〜15:20 質問を受け付けます
休憩

15:20〜16:00 第2講座
「サイバー犯罪の被害にあわないために」
講師:宮城県生活安全部サイバー犯罪対策課

16:00〜16:10
質問を受け付けます。アンケートにご協力お願いします。

■エンディング■
地域情報モラルネットワークより

■お申込み■
開催日までに@かA何れかの方法でお申し込みください。
Zoomミーティング参加URLをお送りいたします。
@申込みフォームの場合⇒インターネット安全教室参加申込URL

AQRコードの場合:チラシQRコードを読みこむと、申込フォームにアクセスできます。

位置情報問い合わせ
NPO法人地域情報モラルネットワーク事務局 小松澤・阿部
Email:info★neuis.org(★を@に変えてください)

2022年10月29日(Sat) 来月の活動日は11/6!<働く人のサークルWorKafe>仕事の悩みを1人で抱えず話してみませんか?


こんにちは。スタッフの矢野です。
働く人のサークルWorKafeは、働く中で出てくる様々な悩みや理不尽な出来事など、もやもやした気持ちを気軽に打ち明け、相談し合える座談会を定期的に開催していています。職場で信頼して相談できる人がいない時、WorKafeでお話ししてみてはいかがでしょうか?

以下、概要です。

20221029122742_00001.jpg 20221029122756_00001.jpg

仕事の悩みを1人で抱えていませんか?
働く人のサークルWorKafe ぴかぴか(新しい)

働く人同士で仕事の悩みを打ち明け、共有し、支え合える仲間が集うサークル
問題解決への橋渡しを行っています。

かわいい11月の活動予定日について
11月6日(日) 13時〜16時 @サポセン 研修室1
職場の悩みを語り合う座談カフェの予定ですが、事前に右下のお問い合わせメールアドレス等へご要望いただければ、雇用保険や社会保険、労災、メンタルなどについてカフェ内で教えます♪

会 場:サポセン(仙台市市民活動サポートセンター)
    仙台市青葉区一番町四丁目1-3(地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ)

参加料金:初回無料・2回目以降は1回200円(学生は無料)

主催:WorKafe

お問い合わせ workafe219★yahoo.co.jp(★を@に変えて)

ひらめき職場のこんなことって、何とかなります!ご相談下さい!!
赤字、不景気だからと、給料や手当を減らされた
→交渉次第で減額を無くすことができます。

タイムカードが無くて残業代が出ない
→記録があれば残業代を請求することができます。

損失を出すと弁償、自己負担になる
→限られた条件下でしか弁償は認められない。要相談を。

WorKafeについて 喫茶店
「仕事や家庭で悩んでいるけど、誰にも相談できない」、「先行きが見えなくて辛い、何とかしたい」、「・・・だけど弁護士や労働組合はちょっとハードルが高くて相談しにくい」
同じように悩んでいる人は大勢いると思います。そんな人たちが気軽に集まれる場所としてWorKafeをつくりました。仕事の悩みを打ち明けたり、悩みを共有して支え合ったりできると、気持ちが楽になりますし、弁護士や労働組合との橋渡しをしています。ぜひ一度お立ち寄りください。

参加について
社会人(正社員、パート、アルバイト、派遣・・・)、学生、主婦、主夫、フリーター・・・誰でも参加OKです!

かわいい活動内容
座談カフェ
仕事や家庭の悩みを打ち明け、共有し合う座談会です。
労働問題に詳しい人からアドバイスをもらうこともできます。

かわいい勉強カフェ
労働法、労働問題発生の仕組み、問題解決の方法、DVD鑑賞会などの勉強会です。参加者の希望でテーマを設定しています。

かわいいイベント
労働問題に関するイベントをします(映画会、講演会、座談会など)

かわいい相談カフェ
問題解決へ向けて、労働組合や弁護士への相談を行います。


HP https://workafe.jimdofree.com/
Facebook https://www.facebook.com/workafe219/
Twitter @WorKafe

----------------------------------------

【関連リンク】
ローカルニュースサイトTOHOKU360とサポセンが協働で行うインターネット配信番組「いづいっちゃんねる」のゲストとして過去にご出演いただきました!
配信報告!いづいっちゃんねる「働く人の保健室」<WorKafe>

第11回サムネ.jpg
2022年10月27日(Thu) 11/17開催!知ろう・しゃべろう・つながろう!情報交換会のご案内<せんだい・みやぎソーシャルハブ>


こんにちは。スタッフの鈴木です。
毎月第3木曜日に開催している、せんだい・みやぎソーシャルハブの情報交換会のお知らせです。

せんだい・みやぎソーシャルハブは「せんだい・みやぎの社会課題」について、課題意識の共有を図り、課題解決に向けた手法や社会システムをみんなで考えていきたいという思いからスタートした企画です。みなさまの近況や「これは地域の課題だなぁ」と思うこと、他地域の注目すべき活動の紹介など、何でもお聞かせ下さい。
会場参加、オンライン(zoom)参加、どちらでも参加可能です。

日 時:11月17日(木)19:00〜20:15

場 所:
1)仙台市市民活動サポートセンター6階 セミナーホール
 (仙台市青葉区一番町4丁目1-3)
2)オンライン(Zoom)

参加費:無料


対 象:興味のある方どなたでも参加できます。
     みなさん意見交換に参加いただきます。

▼こんな方におすすめです
・企業として地域の課題解決に取り組みたい。
・こんなプロボノがほしい。
・仕事の知識を活かして社会貢献したい。
・社会で起きている困りごとを知ってほしい。  など

▼こんな方たちが参加しています
・NPO・行政職員・会社員・大学生・研究者などさまざまな方が参加しています。

主 催:仙台市市民活動サポートセンター

共 催:せんだい・みやぎソーシャルハブ

申 込:申込フォームからお申込みください。
 https://bit.ly/3sbPtVO
 申込の方にZoomアドレスをお知らせします。

11月17日ソーシャルハブ.png
 ▲申込フォーム

・イベント開催時の新型コロナウイルス感染対策チェックリストはこちら
・会場参加は定員になり次第締め切りさせていただきます。
・聞くだけの参加も可能です。途中参加、途中退席も構いません。
・全体の進行によっては、発言時間の制限をお願いするかもしれません。
・批判オンリーはやめましょう。
・記録メモは後日作成・公開予定です。(NG箇所は省きます)

<注意事項>
宗教や政党またはそれに類似した団体等への勧誘、商品の販売、ネットワークビジネスの勧誘等は禁止です。もしも、そのような行為を見かけた方は、スタッフまでお知らせください。


演劇 情報交換会これからの予定

満月 2022年12月15日(木)
満月 2023年 1月19日(木)
満月 2023年 2月16日(木)
満月 2023年 3月16日(木)

時 間:19:00〜20:15(延長あり)

場 所:@仙台市市民活動サポートセンター Aオンライン(Zoom)
    ※変更することがあります。

ソーシャルハブ画像.jpg

せんだい・みやぎソーシャルハブは、市民目線で発掘された社会課題に対し、NPO、行政、企業、志のある個人など多様な主体が力を合わせ、課題解決のために力を発揮する環境をつくることを目的としています。
社会課題の実態をみんなで知って、課題を解決するための方法や、課題が起きないようにする社会のシステムなどを一緒に考えていきませんか?

連携して運営にあたっているのは下記の3団体です。
NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
一般社団法人パーソナルサポートセンター
NPO法人都市デザインワークス

活動内容や情報交換の内容は、Facebookのグループページやnoteにて公開しています。
・Facebookのグループページ
 https://www.facebook.com/groups/1177363749292548/
・note
 https://note.com/socialhub/
2022年10月25日(Tue) 11/3締切<ボランティア募集中>仙台の街角を歌声で彩る市民音楽祭「仙台ゴスペル・フェスティバル」を盛り上げよう!


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
仙台ゴスペル・フェスティバル実行委員会 事務局より、ボランティアスタッフ募集のご案内です。
仙台ゴスペル・フェスティバル』は、初冬の仙台の街角を歌声で彩る市民音楽祭です。「ゴスフェス」の愛称で2002年から市民に親しまれてきました。新型コロナウィルスの感染症拡大状況から、2020年は開催を中止し、2021年は1会場のみでの開催でしたが、今年は仙台市内中心部の5つの会場で開催するそうです。ボランティアスタッフを通じてイベントを盛り上げてみませんか?

以下、概要です。

20221024212013_00001.jpg

『第 20 回仙台ゴスペル・フェスティバル』
 当日ボランティアスタッフ募集中!!

●イベント開催日
2022 年11月5日(土)

●当日ボランティアさんスケジュール
8:50 元鍛冶丁公園(国分町 2-9-13)集合
9:20 各担当会場へ備品を持って実行委員と移動、設営
11:00〜17:30 演奏時間 会場運営
17:30〜18:00 片付清掃 備品を持って元鍛冶丁公園へ
18:00〜18:30 元鍛冶丁公園で解散
(ボランティアできる時間帯だけの参加でも結構です)

●内容:リーダーの実行委員と 1 つの会場を運営
観客を誘導し歩行者通路確保、カンパ募集、チラシ配布、 等

感染症対策:当日朝、体調がすぐれない方や体温 37.5 以上ある方には参加をご遠慮いただいています。マスク(不織布)着用及び手指消毒設置していますご協力お願いします。

●申込:以下をメールでお知らせの上お申込み下さい
氏名・年齢・住所・携帯番号・メールアドレス・
ボランティアできる時間帯(フルタイム or できる時間帯)
※ 個人情報は開催後廃棄します。

メールアドレス gosfes.volu★gmail.com(★を@に変えて)
申込締切 11月 3 日まで

●その他:Tシャツや交通費、昼食の提供はありませんが、お礼に協賛品を差し上げています。
イベント傷害保険に実行委員会として加入します。保険料の負担はありません。

♪♪フェスティバルの概要 ♪♪
◆開催時間 :(ストリートライブ) 11:00〜17:00
◆会 場:5箇所の屋外ステージ
@元鍛冶丁公園
A円形広場(市民広場隣グリーンハウス前)
B定禅寺通りグリーンベルト(夏の思い出像前)
Cアエル 2Fアトリウム
Dアエル広場

◆観覧:無料
◆出 演:公募した45組・総勢約400 名の歌声グループ

◆主催・問合先
仙台ゴスペル・フェスティバル実行委員会 事務局
https://www.gosfes.org/
〒980-0811 仙台市青葉区一番町 4-1-3 仙台市市民活動サポートセンター内レターケースNo.157
TEL 070-1148-0015
gosfes.volu★gmail.com ★を@に変えて(ボランティア専用メルアド)
2022年10月25日(Tue) 11/30まで!<令和版 わがまち緑の名所100選>ガイドブックに掲載する写真・俳句・短歌を大募集中


「仙台の 緑と共に 生きていく」。こんにちはスタッフの矢野です。一句詠んでみました。
みなさんは、仙台の街の自然を意識していますか?
例えば、宮城野区では春には満開の桜が咲く榴岡公園や、青葉区の勾当台通外記丁通では秋にはイチョウ並木が楽しめます。普段の街並みを意識してみるだけでも、杜の都と呼ばれるだけあって、自然豊かなのが印象的ですね。
現在仙台市では、「杜の都・仙台 令和版 わがまち緑の名所100選」ガイドブックに掲載する写真や俳句・短歌を募集しています。あなたのお気に入りの緑の名所の魅力を、写真や俳句・短歌に込めて多くの人に伝えてみませんか?

以下、概要抜粋です。

20221024203303_00001.jpg

「令和版 わがまち緑の名所100選」
ガイドブックに掲載する 写真・俳句・短歌 を募集します


平成12年に、仙台市は市民の皆さまとともに、「杜の都・仙台 わがまち緑の名所100選」を選定しました。それから22年が経過し、時代の変化とともに、仙台市の緑のスポットもさまざまに形を変えています。
今回新たに選定となった「杜の都・仙台 令和版 わがまち緑の名所100選」は、来年4月にガイドブックとして発行いたします。杜の都の素晴らしい緑を広く知っていただくため、ガイドブックに掲載する四季折々の美しい緑の表情をとらえた写真、名所を詠んだ俳句や短歌を募集します。

募集期間:令和4年10月3日(月)〜11月30日(水)

ひらめき「杜の都・仙台 令和版 わがまち緑の名所100選」の一覧はこちら(PDF:163KB)

写真の部
応募作品 
「令和版 わがまち緑の名所100選」に選ばれた場所を撮影した四季折々の写真

応募資格・回数 
どなたでも応募できます。1人で何点でも応募できます。

応募方法
下記のいずれかの方法により応募ください。
•特設ウェブサイトの応募フォームで応募
ウェブサイトの応募フォームから必要事項を入力し、写真データを登録してください。
JPG、JPEGまたはPNG形式、1ファイルにつき2MB以上10MB以内の写真データを登録してください。
• 郵送で応募
「応募用紙」(PDF:367KB)に必要事項を記入し、写真を同封のうえ、下記まで郵送してください。
写真はフィルムカメラおよびデジタルカメラ(スマートフォン可)で撮影し、現像または写真用紙(光沢紙、印画紙など)でプリントしたものに限ります。プリントサイズに制限はありません。
 〒980-8671 仙台市青葉区国分町3丁目7-1
 仙台市建設局百年の杜推進課 名所100選 担当宛

留意事項
写真および写真データは令和元年から応募期間中に撮影したものとします。
写真および写真データには、人物や車のナンバーなど、個人が特定できるようなものは写りこまないようにしてください。
写真および写真データは、応募者ご本人のみにすべての権利(著作権を含む)があるオリジナルのものに限ります。特にウェブサイト、SNS、ブログ等の画像を許可なく使用することは、著作権等の権利の侵害に該当する可能性がありますのでおやめください。
肖像権や著作権のほか、何らかの権利侵害があった場合においても、仙台市は一切責任を負いません。

俳句・短歌の部
応募作品 
「令和版 わがまち緑の名所100選」に選ばれた場所を詠んだ俳句または短歌
※未発表作品に限ります。

応募資格・回数
どなたでも応募できます。1人で何句・何首でも応募できます。

応募方法
下記のいずれかの方法により応募ください。
•特設ウェブサイトの応募フォームで応募
ウェブサイトの応募フォームから必要事項を入力し、俳句または短歌を登録してください。
• 郵送で応募
「応募用紙」(PDF:367KB)に必要事項と俳句または短歌を記入し、下記まで郵送してください。
 〒980-8671 仙台市青葉区国分町3丁目7-1
 仙台市建設局百年の杜推進課 名所100選 担当宛

位置情報募集要項および応募用紙【写真の部、俳句・短歌の部共通】  
募集要項および応募用紙はこちらからダウンロードできます。
ガイドブック掲載作品募集要項(PDF:1,453KB)
応募用紙(PDF:367KB)

次項有詳しくは下記URLの特設ウェブサイトをご覧ください。
https://sendai-midori100sen.jp/
2022年10月24日(Mon) 「地域に根ざした地元企業が取組むさまざまな担い手との協働現場から」動画を公開中です!〈サポセンちゃんねる〉


スタッフの鈴木です。
サポセンは、多様なまちづくりの主体による協働への理解を深める機会作りを行っています。
その取り組みのひとつ「協働の現場トーーク!」は、協働に取り組んでいる方をゲストに迎え、実践の現場のお話をお聞きするトークセッションです。

今回は、お茶の井ヶ田株式会社と学生団体が協働して行う「井ヶ田図書館」の取組みと、農家や地域の活性化を望んでいる地域の人と協働で取組む「秋保ヴィレッジ」の取組みについて、協働相手とのコミュニケーション作りにスポットを当てて動画を収録しました。
30分ほどの動画で、サポセンのYouTubeチャンネル「サポセンちゃんねる」から視聴できます。




●テーマ
「地域に根ざした地元企業が取組む
 さまざまな担い手との協働現場から」


●ゲスト
 お茶の井ヶ田株式会社 石垣直哉さん

カチンコ サポセンYouTubeチャンネル「サポセンちゃんねる」
https://www.youtube.com/channel/UCrtf9Gta-dRq9Ex8SXZ_9xg/featured

ひらめきご紹介するふたつの協働の取り組みは、地域に新たな居場所やつながり、農業やまちの活性化を生み出しています。ぜひ動画で詳しくご覧ください。

1井ヶ田図書館
仙台市が行っている「仙台若者アワード」に学生団体ariが応募したことをきっかけに始まった、小さな図書館を通した地域のみなさんの居場所つくりの取組み。
【関連リンク】
仙台若者SDGsアワード
学生団体ari facebook
サポセンブログ(学生団体と地元企業による協働の取り組み<ちまたのコラボ>〜ぱれっと取材日誌〜)

2アグリエの森
地元農産品の販路作りをきっかけに、農家や地域の人とともに地域の魅力作りや農業・地域の活性化に取組んだ太白区「アグリエの森」の取組み。

------------------------------------------
「サポセンちゃんねる」
 チャンネル登録もお願いします!!


 サポセンちゃんねる.png
2022年10月24日(Mon) 動画配信中!「仙台まちづくり若者ラボ」第2回ワークショップ<仙台市公式動画チャンネルせんだいTube>


こんにちは。スタッフの水原です。
サポセンも協力している「仙台まちづくり若者ラボ」の第2回ワークショップ(8月23日開催)の様子が、仙台市公式動画チャンネルせんだいTubeにアップされましたのでご紹介します。

「仙台まちづくり若者ラボ」とは?
仙台市が主催し、株式会社JTB仙台支店が事務局を務めるこのプロジェクトは、若者自らが「自分ごと」として関われるまちづくりに関するテーマを設定してワークショップとフィールドワークによる実践的なプログラムを実施し、その成果を発信するとともに、まちづくり活動の担い手となる若者の発掘・育成を目指しています。


▲せんだいTubeから、仙台まちづくり若者ラボ 令和4年度第2回ワークショップの様子を配信中!

8月23日(火)は、新型コロナウィルスの感染拡大により、オンラインでワークショップが開催。「もっとこうすれば仙台は面白くなる!」と感じたことに対して、各グループごとに話し合ってきた「具体的なアクション」の情報共有をしたり、ゴール設定をどこにするのか、を共有したりしていました。

各グループが考える具体的なアクションとして、様々な主体への取材活動があります。
今回は、取材のコツを知るために、ローカルニュースサイトTOHOKU360代表 安藤歩美さんから「地域の魅力や課題を発見するために」をテーマにした講演があり、「ネタの見つけ方」「取材相手を探す」のポイントを聞きました。

12月1日(木)の最終報告会に向けて、メンバーの皆さんは話し合い、情報共有し、自分たちにできる「まちづくり」に挑戦しています手(グー)

ひらめき7月2日(土)に行われた、第1回目の初回プログラム「第1回オープニングワークショップ」の様子も、せんだいTubeからご覧いただけます。
仙台まちづくり若者ラボ 令和4年度第1回オープンワークショップ

位置情報仙台市HP<仙台まちづくり若者ラボ>
https://www.city.sendai.jp/jigyosuishin/wakamono/wakamonolabotop.html
位置情報仙台まちづくり若者ラボ Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100067511654766
2022年10月23日(Sun) 11/25開催<地域メディア談話室>ゲストはNPO 法人m.k.baseの皆さんです!


談話室3アイコン_2.png

こんにちは。スタッフの小田嶋です。
第3回「地域メディア談話室」を開催いたします。

ひらめき「地域メディア談話室」とは?
地域の情報発信に取り組むゲストとワークショップを通じて気軽におしゃべりしながら、情報発信に関する知識・経験・悩みを共有できる場です。ゲストや他の参加者と一緒に、まちの魅力や地域の課題を発信するためのヒントを見つけてみませんか?

日 時:2022年11月25日(金)18:30〜20:00

ゲスト: NPO 法人 m.k.base


ゲスト写真web用.png

代表理事 齋藤 愛さん     副代表理事  満園 依李さん

満月トーク
ママをひとりぼっちにしないつながりを 生み出すメディア
転勤家族のママ2人が出会い、つながりがない・ 土地勘がない・情報がない状況から「自分たち が欲しい今をつくろう」と活動を開始。仙台市 泉区で暮らす子育てママのための情報誌『mama BE style!』の発行や、親子で参加できるイベ ントの開催、宮城のママがつながる情報サイト 『mama BE online!』の運営を行っている。

満月ワークショップ
ローカルメディアコンパスをみんなで一緒にやってみよう!
ローカルメディアコンパスは、情報発信の現場で起きた「困ったこと」「うれしかったこと」「迷ったこと」など、様々なエピソードをもとにつくられたカードゲーム型のワークショップツールです。(発行:NPO法人森ノオト
正解はありません。カードに書かれたテーマをもとに、「私の時はこうだったよ」「自分ならこうしたい」など、参加者それぞれの意見・経験をシェアしながらお話ししていく中で、自分なりの情報発信の指針(コンパス)を見つけていきます。

目こんな方をお待ちしています!
・ゲストの活動に興味がある方
・地域のためにこれから何か発信してみたい方
・地域の情報発信について、関心があり情報交換をしたい方
 などなど…

会 場:仙台市市民活動サポートセンター地下1階 市民活動シアター
    (〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3 )

定 員:10名程度

参加費:無 料

かわいい 過去の「地域メディア談話室」開催の様子は、下記のブログからご覧いただけます。
第1回目 https://blog.canpan.info/fukkou/archive/3775
第2回目 https://blog.canpan.info/fukkou/archive/3828

お申込み・お問合せ:
仙台市市民活動サポートセンターまで、お電話、メール、窓口にて受付しております。
メールでお申込みの際は、件名を「メディア談話室」として、氏名、電話番号をお送りください。
TEL 022-212-3010
Mail  sendai★sapo-sen.jp(★を@に変換してお送りください)

☆チラシダウンロードはこちら→ 地域メディア談話室11月25日(PDF)

※当日は新型コロナウイルスへの感染対策を行いながら実施いたします。
イベント開催時の感染防止策チェックリスト
※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、会場の変更もしくは中止になることがあります。

<注意事項>
宗教や政党またはそれに類似した団体等への勧誘、商品の販売、ネットワークビジネスの勧誘等は禁止です。もしも、そのような行為を見かけた方は、スタッフまでお知らせください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
まちを面白くするのは 私かもしれない

仙台市市民活動サポートセンター(サポセン)では、「伝える」ことで自分たちの暮らす地域をもっと良くしようとする人たちを応援しています。令和4年度は、そんな皆さまと地域で情報発信を行っているゲストとが、気軽におしゃべりできる場をつくっていきます。

★☆彡 今後の談話室オープンデー★☆彡
次回の開催情報は はホームページ内「イベント・講座」に随時UPしていきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−–
| 次へ