CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年05月10日(Mon) 「教育機会確保法」を知っていますか?不登校政策の理解を深めるリーフレットを発行<NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク>


こんにちは。スタッフの水原です。

NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワークが、
不登校の政策について、理解を深めることができるリーフレットを発行しましたので、ご紹介します。

NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワークは、不登校・登校拒否について考える親や市民の会、子どもの居場所づくりをしている団体などが交流したり、不登校の状況を変える活動したりするために1990年に生まれたネットワークです。現在は、NPO法人として活動しています。

-----------------------------------------------------------
2017年に施行された大切な法律
「教育機会確保法」を知っていますか?
-----------------------------------------------------------


NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワークでは、「普通教育確保法」や近年の不登校政策の変化をうけて、その理解を広げる2種類のリーフレットを作成しました。

一つは、親・家族の方々に読んでいただきたいもの、もう一つは、学校・行政などの方々に読んでいただきたいものの2種類です。ダウンロードが可能です。

データや印刷したものは、ご自由にいろんな方々にお渡しいただいて構いません。
印刷するときは、A3用紙裏表で、半分に折って冊子状にしてお使いください。

上記、「NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」HPより抜粋

(1)親・ご家族の方向け
ダウンロードはコチラから⇒https://futoko-net.org/info/2021/04/03/974/
確保法ができてどう変わった?.jpg

(2)学校の先生や行政・支援者の方向け
ダウンロードはコチラから⇒https://futoko-net.org/info/2021/04/03/974/
拡げよう!公民連携の輪.jpg

位置情報お問い合わせ
NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク
HP:https://futoko-net.org/
メール:info☆futoko-net.org(☆を@に変えて)

2021年05月09日(Sun) 5/31締切 ニッセイ財団<地域福祉チャレンジ活動助成>のお知らせ


公益財団法人日本生命財団(ニッセイ財団)より、助成金情報が届きました。

以下、概要です。

------------------------------
地域福祉チャレンジ活動助成
------------------------------


地域福祉チャレンジ活動助成の趣旨
従来、本財団は「先駆的事業助成」と銘打って、認知症高齢者へのサービス
開発と支援づくり、在宅福祉サービスの開発・整備等地域包括ケアシステム実現に
向けて時代に先駆けた介護・福祉事業への助成を行ってまいりました。これらの
助成事業の一部は介護保険制度を中心とする高齢者福祉制度に反映され、多様な
事業主体が参入した様々な取り組みが広く展開されてきました。
このような状況を踏まえ、本財団では2013年度より、助成の視点を「先駆的
事業」から「チャレンジ活動」へと変更いたしました。
そして、今、「人生 100 年時代の社会システム・持続可能な地域づくり」へ向
けて何よりも求められていることは、地域包括ケアシステム(地域での継続的自立
生活を支える)の推進、さらには地域の全ての人々が、一人ひとりの暮らしと生き
がいを、ともに創り、高め合う社会の構築です。

ついては、地域包括ケアシステムの展開、そして深化(高齢者を中心に全世代支
援・交流を志向)につながる活動へチャレンジするための助成を行います。

とりわけ、新型コロナウイルス感染症による新たな生活様式のなかで、地域にお
ける新たなつながりのあり方が求められています。今後の地域包括ケアシステムに
活かしていける、先駆的で汎用性の高い活動へのチャレンジに大きな期待を寄せて
おります。


地域福祉チャレンジ活動助成のテーマ
地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる次の5つのテーマのいずれか
に該当する活動です。

1.福祉施設や福祉・介護・保健・リハビリテーション専門職と地域住民の
協働によるインフォーマルなサービスづくりへ向けてのチャレンジ活動
2.認知症(若年性認知症を含む)の人、家族と地域住民がともに行う安心、
安全に暮らせる地域づくりへ向けてのチャレンジ活動(本財団恒久分野)
3.人生の看取りまで含む生活支援*につながる実践へ向けてのチャレンジ活
動 *日常生活支援、身元保証、死後対応等
4. 高齢単身者、家族介護者を含めた複合的な生活課題に対する(家族への)
支援につながる実践へ向けてのチャレンジ活動
5.高齢者、障がい者、子ども等全世代交流型の活動・就労の機会提供、社会
参加づくりへ向けてのチャレンジ活動

チャレンジとは新規の活動または現在実践している活動の新たなステージへの
展開です。


助成対象団体
次の2つの要件を満たしている団体(法人格の有無は問いません)
活動実績のある
@助成テーマにチャレンジする意欲がある団体
A他の団体・機関、住民組織等と協働で活動する実績のある団体(活動の運営組織の構成員に
申請団体以外のメンバーが参加していること。)
※過去10年以内に本財団の「高齢社会先駆的事業助成」、「地域福祉チャレンジ活
動助成」の助成実績がある団体は対象外とします

助成期間と助成金額
2年間、最大400万(1年最大200万)

応募手続
本財団所定の申請書に記入押印し、作成した申請書の原本1部(片面印刷)に
コピー2部(両面印刷)を添付して下記の本財団宛お送りください。
申請書は、
○本財団ホームページよりダウンロードください。
URL:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp
○郵送による請求の場合は、本財団事務局へ送料140円切手を同封して
請求ください。

お問合せ先(申請書の送付先)
〒541-0042 大阪市中央区今橋 3-1-7 日本生命今橋ビル 4F
ニッセイ財団 高齢社会助成 事務局
TEL06-6204-4013 FAX06-6204-0120
ホームページ http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp

詳しくはコチラのリンクをご覧ください。
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/02.html

2021年05月08日(Sat) 第1回は5/23苗植え体験!若林区沿岸部で行う<おいもプロジェクト>参加者募集中


週末は、土と触れ合い、地域の自然に親しむ「さつまいもの苗植え体験」をするのはいかがでしょうか?一般社団法人ReRootsより、「第1回おいもプロジェクト」のお知らせです。

位置情報主催団体である一般社団法人ReRootsは、2011年の震災発生当初から活動をはじめ、現在では「復旧から復興へ、そして地域おこしへ」をコンセプトに、若林区の農業と農村の再生を目指しています。

「おいもプロジェクト」とは、東日本大震災で大きな被害を受けた若林区沿岸で、さつまいもを育てることで、農業をはじめとする地域の魅力を感じてもらおうと始まった企画です。
全3回のこのプロジェクトでは、苗植えやおいもの世話から収穫、できたさつまいもを食べるところまでを体験します。今回はその1回目である、さつまいもの苗植えの参加者を募集中です。

以下、詳細です。

ぴかぴか(新しい)第1回 おいもプロジェクトぴかぴか(新しい)

Ezdtk0JUYAAWyNF.jpg
画像提供:一般社団法人ReRoots

開催日:5月16日(日) (悪天候時は5月23日(日))
参加申し込み〆切:5月9日(日) ※先着40名まで

お申し込み方法:
@参加者全員の名前と年齢
A電話番号
Bご住所
Cアレルギーの有無
D交通手段(※駐車場あり)

をメール、電話でお伝えください。
ご質問等は、ReRootsの公式TwitterアカウントのDMまで!

ひらめきおいもプロジェクトで収穫したさつまいもは「仙台いも工房 りるぽて」にてスィートポテトに加工し販売されます。

<お問い合わせ>
一般社団法人ReRoots
所在地:宮城県仙台市若林区荒浜字今泉59−3
TEL:022−762−8211
メールアドレス:reroots311☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて)
Twitter:@ReRoots311

るんるんReRootsの取組みについて、過去ブログでも紹介しています!ぜひご覧ください。
■2020年12月10日公開_サポセンに恐竜ティラノサウルス出現?! <ReRootsわらアート展示中>
■2020年06月11日公開_6/13実店舗OPEN!スイートポテトを買って地域おこしを
■2020年02月27日公開_若林区沿岸部の農業を支えるReRootsの二木洸行さんにお話しを伺いました〜ぱれっと取材日誌〜
2021年05月07日(Fri) 5/31応募〆切!東北の「今」を伝える写真を募集<UR都市機構フォトコンテスト2021>


こんにちは。スタッフの矢野です。
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、まちが抱える課題を解決する都市再生事業や、賃貸住宅の管理事業などを行っています。大規模災害の発生時には、被災公共団体への復旧支援や、復興市街地整備や災害公営住宅の建設など、被災公共団体の復興まちづくりを支援してきました。

ひらめきそんな未来につながるまちづくりを行うUR都市機構から、東日本大震災から10年が経った東北の「今」を伝えるフォトコンテスト開催のお知らせが届きました。
以下概要です。

20210415120540_00001.jpg 20210415120551_00001.jpg

-----------------------------------------------------------
UR都市機構 フォトコンテスト 2021
-----------------------------------------------------------

くらしがある、笑顔がある。
UR都市機構は、東日本大震災からの復興支援の一環として、東北の「今」を伝える写真をみなさまから募集いたします。それとともに、日本全国のUR団地に住まう人々の「今」を伝える写真も同時に募集いたします。「くらしの中での息づかいや、人々の想い」の詰まった一枚をお待ちしております。

■募集期間
2021年4月12日(月)−5月31日(月) 最終日消印有効

■賞
< 復 興 >
 大 賞[商品券/Amazonギフト券]10万円分 1点
 優秀賞[商品券/Amazonギフト券]5万円分 3点
 入 賞[商品券/Amazonギフト券]1万円分 8点 (キッズジュニア賞も含む)

< 団 地 >
 大 賞[商品券/Amazonギフト券]10万円分 1点
 優秀賞[商品券/Amazonギフト券]5万円分 3点
 入 賞[商品券/Amazonギフト券]1万円分 8点 (キッズジュニア賞も含む)

【 審査員 】(敬称略)
 池邊このみ/ランドスケーププランナー
 大西みつぐ/写真家
 西田司/建築家
 ranran/instagramクリエイター

■応募要項
作品イメージ:下記イメージを想定した作品を募集します。
< 復 興 >
 ・東北の復興を感じる場面
 ・東北での生活がうかがえる場面

< 団 地 >
 ・四季折々のUR賃貸住宅団地の風景 
 ・UR賃貸住宅団地に生活する人々の息づかいが感じられる場面
 ・UR賃貸住宅団地と周辺環境が形づくる風景

■応募資格
どなたでもご応募いただけます。ただし、プロの写真家の方はご遠慮ください。
(写真家として生計を立てていない方)

■応募規定
・作品には、必ず撮影場所(復興で応募:市町村名 団地で応募:UR賃貸住宅名称)を
 示しください。
・応募作品は未発表、または発表予定のないものに限ります。
 他のコンテストや公募展への二重応募とみなされる作品は失格となります。
 また、応募者がすべての著作権を有している作品に限ります。
 ※未発表作品であれば、2021年に撮影した作品に限りません。
 ・作品には必ずタイトル及びメッセージを添えてご応募ください。
 ・フォトは各応募方法につきお一人様4点までご応募いただけます。
 ・フォトに過度の画像加工をした作品は失格とします。
  (トリミング・自然な濃度や色味の調整などは該当しません)

■作品サイズ 
インターネット応募の場合は、デジタルカメラでの撮影は、高画質モードで撮影願います。
(1点あたり 2MB以上5MB以下)
郵送応募の場合は、プリントサイズは2L(127×178mm)サイズを推奨します。
可能な限り高画質でプリントしたものをご応募ください。 

■応募方法
位置情報インターネットまたは郵送でご応募いただけます。
 詳しくは、UR都市機構フォトコンテスト2021のホームページをご覧ください。

位置情報Instagramでも募集中!
@UR都市機構 公式Instagramアカウントをフォロー
A撮影日・作品タイトル・撮影場所・メッセージを記載し、指定♯タグ
 「♯URフォトコンテスト2021 ♯復興 or ♯団地」をつけて投稿
 ※2つ目の♯タグはテーマに合わせてお選びください。
       
<お問い合わせ>
「UR都市機構フォトコンテスト2021」事務局
TEL 03-3644-0031 10:00〜17:00(土日、祝日を除く)
MAIL[復興 ur-pasf☆urlk.co.jp]☆を@に変えて
   [団地 ur-past☆urlk.co.jp]☆を@に変えて


2021年05月07日(Fri) 残り3回募集!仙台観光国際協会から補助金制度のご案内


こんにちは。スタッフの嶋村です。
公益財団法人仙台観光国際協会(SenTIA)より、補助金の情報です。

以下、概要です。

------------------------------
補助金制度のご案内
------------------------------

(公財)仙台観光国際協会では、市民団体のみなさんの自主的な
「国際交流」・「国際協力」・「多文化共生」を推進する活動に事業費の
一部を助成します。仙台市内での事業を計画しているみなさん、ぜひご利用ください!

20210507123723_00001.jpg

申込者の資格
次の要件を全て満たす市民団体が対象となります。
(1)主たる活動の場が仙台市内であること
(2)団体構成員の過半数が仙台市に在住、又は仙台市内に通勤、通学していること
(3)目的、組織、代表者など団体の運営に必要な事項について定めがあること
(4)暴力団等との関係を有していない団体であり、政治活動や宗教活動又は営利を目
的としない団体であること
(5)今年度、公益財団法人仙台観光国際協会から補助金を受けていないこと
(6)今年度、仙台市及び仙台市の関係諸団体から助成を受けていないこと

補助の対象となる事業
申請団体が、国際交流、国際協力及び多文化共生社会の推進を目的として仙台市内又は
国外において自主的に企画・実施し、次のいずれかに該当する事業が対象。
同一年度での補助金の交付は、1 団体 1 事業までとなります。
ひらめき国際交流事業
ひらめき異文化理解事業
ひらめき多文化共生事業
ひらめき国際協力事業
●新事業及び先導的な事業に対して、優先的に交付します
●同一団体が行う同一事業に対する補助金の交付は5回までとなります

補助の対象経費
補助金の対象となる経費は、補助対象事業の全体経費のうち、次の経費です。
ただし、事業を実施する上で必要最小限のものとします。
(1)事業の実施に要する、材料・消耗品費、備品借用料、水道光熱費、宿泊費、運搬費
(2)事業の開催場所に要する、施設使用料、附帯設備使用料及び造作・装飾物費用
(3)事務経費として、広報費、事務用品費及び通信費
(4)*講師等の費用として、交通費、謝礼金及び宿泊費
(5)申請団体構成員以外で事業を手伝う人の交通費一部(事業当日に限る)
(6)海外への派遣事業での、目的地での交通費及び移動に必要なバス借上げ費、交歓会及びそれに準ずる飲食会経費
(7)海外からの受入事業での、仙台市内の交通費及び移動に必要なバス借上げ費、交歓会及びそれに準ずる飲食会経費(但し、仙台市外でおこなう事業にかかる全ての経費を除く)
*講師等にはアルバイト、事業の主目的実現に直接関係しない人(司会者、カメラマン等)は含みません。

2021 年度の募集期間
第 1 期 2 月 1 日 〜28 日 (4 月〜翌年 3 月までの事業)
第 2 期 5 月 1 日 〜31 日 (7 月〜翌年 3 月までの事業)
第 3 期 8 月 1 日 〜31 日 (10 月〜翌年 3 月までの事業)
第 4 期 11 月 1 日〜30 日 (翌年 1 月〜3 月までの事業)

【お問合せ・お申込み】
(公財)仙台観光国際協会(SenTIA)国際化事業部
(受付時間:平日午前 9 時〜午後 5 時半)
〒980-0811 仙台市青葉区一番町 3-3-20
東日本不動産仙台一番町ビル 6 階
TEL:022-268-6260 FAX:022-268-6252
E-mail:kokusaika☆sentia-sendai.jp(☆を@に変えて)
URL:http://int.sentia-sendai.jp/j/

位置情報補助金制度のついての詳細は下記URLをご覧ください。
http://int.sentia-sendai.jp/j/activity/subsidy.html
2021年05月06日(Thu) 5月21日(金)必着!環境に関する活動を支援する<未来プロジェクトin仙台>企画実施団体募集中

FEEL Sendai事務局より、お知らせが届きました。

以下、概要です。
 
--------------------------------------------------------
未来プロジェクトin仙台の企画実施団体を募集します
--------------------------------------------------------

〇概要
「持続可能な社会」の実現に向け、環境に配慮した行動を広げる取り組みを企画・実施する団体を募集します。

○募集部門
1環境の芽部門…環境に関する小さな活動を行う企画(委託額上限1件5万円)
2環境の樹部門…市民・NPO団体・行政などが協働で広げていくことができる、
 環境に関わる取り組みを行う企画(委託額上限1件30万円)

○対象
令和4年2月末までに企画を実施できる、市内を中心に活動する団体
※政治・宗教・営利活動を目的としたものは対象外です。
※その他の要件等、詳細は募集要項をご覧ください。

○募集数
各部門1〜2団体

○選考方法
書類審査及び企画内容の公開発表会

○応募方法
応募用紙に記入のうえ、必要書類を添えて、杜の都の市民環境教育・学習推進会議事務局(仙台市環境共生課)あて、持参または郵送でご提出ください。

〇応募締切
令和3年5月21日(金)(必着)

※応募のお考えの方は事務局において事業説明をお聞きください。
 日程調整を行いますので、下記事務局までご連絡をお願いします。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、事業を延期又は中止する可能性があります。

FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12MSビル二日町5階
電話 022-214-0007 FAX 022-214-0580
E-Mail  feel_sendai☆city.sendai.jp(☆を@に変えて)

ひらめき募集要項、詳細についてはコチラのリンクをご覧ください。
https://www.tamaki3.jp/blog/?p=29866
2021年05月05日(Wed) コロナ禍で生まれた差別と偏見をなくすことを目指す「シトラスリボンプロジェクト」を知っていますか?


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
新型コロナウイルス感染症の流行はなかなか収束せず、各地で拡大を見せています。コロナ禍によって、人々の命や暮らしが脅かされているだけでなく、ウイルスに感染した人や医療従事者に対する差別と偏見も生まれています。

その差別と偏見をなくすように、感染してもだれもが地域で笑顔の暮らしを取り戻せるようにと、2020年4月からはじまった「シトラスリボンプロジェクト(Citrus Ribbon Project)」をご存じですか?取り組みをはじめたのは「ちょびっと19+」という愛媛県の有志グループです。現在、このシトラスリボンプロジェクトは、全国的な広がりを見せています。
プロジェクトに込められた思いに賛同する方は、シトラスリボンをつくって身に着けたり、SNS で発信してみたりすることで、気軽にプロジェクトに参加することができます。

以下、概要です。

ロゴマーク.jpg

画像提供:シトラスリボンプロジェクト


ただいま、おかえりって言いあえるまちに
みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト。

当たり前と思っていたふだんの暮らしを揺さぶっている covid-19。
たとえウイルスに感染しても、だれもが地域で笑顔の暮らしを取り戻せる社会に。
そんな願いから。「シトラスリボンプロジェクト」は生まれました。
「ただいま」「おかえり」。そう心から言い合える空気を、つくりませんか?
「ただいま」「おかえり」って言いあえるひとの輪を、ここ愛媛から。

シトラスリボン1.jpg
画像提供:シトラスリボンプロジェクト


シトラスリボンプロジェクトとは
コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

ひらめき賛同していただける方へ
1シトラスカラー(柑橘をイメージした色)のリボン・紐などを準備します。リボンの色や材質はあなたの創意工夫で。

2その材料で「地域・家庭・職場(or 学校)など」を示す「三つの輪」をつくれば、「シトラスリボン」のできあがり。 結び方は「飾り結び」「総角結び」などと呼ばれるものを参考に。

3この「シトラスリボン」を身に着けたり、おうちの玄関や郵便受けなどに掲示してみたりしてください。 「元気ですか?」「また会いましょう!」のことばとともに贈りあうのもよいかもしれません。

4リボンの画像をSNS で発信することも、このプロジェクトが広まるきっかけになります。
 #ただいま  #おかえり #っていいあえるまちに #citrusribbonfromehime

位置情報Facebook シトラスリボンfromエヒメ

位置情報ツイッター @citrusribbon_e

位置情報インスタグラム @chobit19plus 

ひらめきシトラスリボンのつくりかた

シトラスリボンプロジェクトHPより


<お問合せ>
シトラスリボンプロジェクト
https://citrus-ribbon.com/
問い合わせフォームはこちら
2021年05月04日(Tue) 5/19(水)第1回講座開催!<七北田宿ガイドボランティア養成講座>受講者募集のお知らせ


こんにちは。スタッフの小林です。七北田宿研究会主催の特別講座のお知らせをいただきました。
以下、概要です。

20210425130101_00001.jpg

「七北田宿研究会 特別講座」受講者募集
----------------------------------------------------------------
生きがい元気講座 七北田宿の開宿400年記念
「七北田お散歩ガイド〜七北田宿場めぐり〜
七北田宿ガイドボランティア養成講座」

仙台市泉区まちづくり活動助成事業
【名義後援】仙台市長・仙台市教育委員会教育長・河北新報社・
朝日新聞仙台総局・毎日新聞社仙台支局(予定)

----------------------------------------------------------------

年間6回開催
修了者「七北田宿ガイドボランティア」認定書授与!


〇伊達政宗は、仙台藩の交通政策の一環として奥州街道の「直線化・平地化」整備を行い、元和年間(1615〜1624年)に本七北田(現、野村)から今の七北田宿に駅を移し、七北田宿が元和9年(1623年)に開かれました。江戸時代の七北田は多くの旅人や荷物が行き交う宿場でした。七北田宿の開宿の経過を絵図や古文書から辿り、往時の七北田宿の姿を「七北田の街あるき」で学習しましょう。

…七北田宿開宿400年を記念して、「七北田お散歩手帖(MAP)」を1万部作成致しました。
政宗が整備した奥州街道、宿場町だった七北田宿を400年前に遡って思い起こして七北田宿をガイドしましょう。「宿場は宿駅・驛馬・町場とも呼ばれ、@荷物を継ぐための場所『駅』であり、A宿泊・休憩施設のある場所『宿』であり、B商品を売買する場所『町』であるという複数の重要な役割を担っていました。(平成13年2月4日第23回市史講座。仙台市博物館市史編纂室)」…

ぴかぴか(新しい)5月19日(水)第1回講座ぴかぴか(新しい)
午前10:00〜12:00(要申込み:先着順定員15名)

第2回:7月21日、第3回:9月15日、第4回:11月23日
第5回:1月19日、第6回 3月16日(修了式)

参加費無料
■会場:泉区中央市民センターなど(予定)泉区市名坂東裏53−1
■お申込みは、こちらへ→ (携帯)090−2566−4765 森田
■主催:「七北田宿研究会」(旧、郷土史サークル いずみのふるさと)
■協賛:シニア・ワーカーズコープ仙台(シニア・ワーカーズ) 生きがい元気講座「百歳塾」
2021年05月03日(Mon) 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)のご案内<低所得の子育て世帯対象>仙台市


仙台市より、子育て世帯生活支援特別給付金のお知らせです。

仙台市では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、収入が減少したひとり親世帯の生活を支援するために、特別給付金を支給します。給付額は児童一人あたり5万円です。対象、申請方法など詳しい情報は以下をご確認ください。
以下、概要です。


低所得の子育て世帯に対する

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)のご案内

目的
新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、子育て世代の雇用動向が悪化しており、失業や収入減少の中で子育ての負担も担わなければならない低所得のひとり親世帯は、心身等に特に大きな困難を抱えています。新型コロナウイルスの影響による失業や収入減少の中で、食費等による支出の増加の影響を受け、低所得のひとり親世帯の家計の経常収支は大きく悪化しています。このように新型コロナウイルス感染症の影響を受けて損害を受けた低所得のひとり親世帯を見舞う観点から、特別給付金を早期に支給するものです。(低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金は全国一律の制度です。)

ひらめきひとり親世帯の方のうち、遺族年金や障害年金などを受けている方、令和2年2月以降の収入が一か月分でも減少した世帯の方は対象となる可能性があります。

20210501174215_00001.jpg 20210501174230_00001.jpg

支給対象者
次の@〜Bのいずれかに該当し、令和4年3月末時点で18歳以下(障害がある場合は、20歳未満)となる児童を監護する方が対象となります。
※児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。
※事実婚に該当する方などは対象になりません。

@令和3年4月分の児童扶養手当が支給される方
※令和3年3月末までに認定請求をして、認定されている方が対象となります。
※なお、令和3年3月末で児童扶養手当の資格を喪失した方は給付金の対象になりません。

A公的年金等を受給していることで、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていないひとり親家庭の方
※公的年金等:遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など。
※公的年金等を受給していることにより児童扶養手当が受給できないため、児童扶養手当の認定を受けていない方も対象となります。
※令和3年3月末時点で、ひとり親かつ平成31年(令和元年)の収入または所得が定められた基準額未満であることが必要です。

B新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変し収入が減少するなど、令和2年以降かつひとり親になって以降の収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている、申請時点でひとり親の方
※扶養義務者の収入が減少した場合も対象となります。
※令和4年2月2日以降にひとり親になった方は、ひとり親になってから申請期限までの期間1か月に満たないため、1か月分の勤務実績による収入額が算定できないことから、本給付金の対象となりませんので、ご注意ください。

支給額
児童1人につき5万円

給付金の手続き
令和3年4月分の児童扶養手当受給者の方(@に該当する方)
右向き三角1給付金は、申請不要で受け取れます。
右向き三角1令和3年4月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みます。
(仙台市では、令和3年4月23日に支給)

上記以外の方(AまたはBのいずれかに該当する方)
右向き三角1給付金を受け取るには、申請が必要です。
右向き三角1申請書に振込先口座などを記入して、必要書類とともにご提出ください。
右向き三角1申請受付後、給付金の支給要件に該当する方には、1か月程度で振り込みます。
申請書は、仙台市ホームページからダウンロードできます。

●申請書の添付書の例※申請する方によって必要な添付書類は異なります。
・戸籍謄本(原本)など※児童扶養手当の認定を受けている方は不要です。
・給与明細書や年金振込通知書などの写し
・申請者ご本人の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
・振込先口座を確認できる通帳やキャッシュカードの写し

申請書の配布先・提出先
〇お住まいの区の区役所・総合支所の児童扶養手当担当窓口
〇郵送、または直接持参でご提出ください

申請受付期間
令和3年4月23日(金)〜令和4年2月28日(月)必着

お問い合わせ先
仙台市 子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター
TEL 022-200-2723
受付時間:全日8:00〜18:00
※このコールセンターは令和3年7月31日まで開設しています。

位置情報詳しくはこちらをご覧ください。
仙台市ホームページ 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)


2021年05月02日(Sun) 5/14〜毎週金曜日開催!「楽になりたい子育て講座」<キャプネット・みやぎ>


こんにちは。スタッフの矢野です。
「子育てがつらい」と感じている人に寄り添うことで、子どもへの虐待を未然に防ぐことを目指し活動している「キャップネット・みやぎ」から、講座のご案内です。
以下、概要です。

20210501180513_00001.jpg 20210501180533_00001.jpg

かわいい第22回 キャップネット・みやぎ
『楽になりたい子育て講座』〜学びと練習〜ぴかぴか(新しい)

10時〜12時 6セッションで一つのプログラムです

日程/内容・場所
2021年
5/14(金)@「しつけ」って怒らないで できるの?(第4研修室)
5/21(金)A子供の問題行動って減らせるの?(和室)
5/28(金)➂子供の良い行動って 増やせるの?(第4研修室)
6/4 (金) C前もって教える方法(第4研修室)
6/11(金)D「してほしいこと」の練習(第4研修室)
6/18(金)E自分も「子ども」も落ち着くにはどうしたらいいの?(第4研修室)
          
場所:仙台市福祉プラザ
対象:子どもとの関係に自信を持ちたいお母様、お父様、どなたでも
講師:キャップネットみやぎ トレーナー
定員:10名程度 定員になり次第締め切り
託児:1回1名につき500円 場所:3階託児室
生後6か月以上7歳未満(予約が必要です)
定員5名 5月6日(木)締め切り
兄弟姉妹2名の場合は1回1名400円です
料金:2800円(テキスト代)

主催:キャップネット・みやぎ
申込み:申込用紙にご記入の上FAX、または電話、
Eメール zimukyoku☆capnetmiyagi.org(☆を@に変えて)
(件名に『子育て講座』と明記願います)

※次回は10月に開催の予定です。

ひらめき参加者の感想より
・躾についての意識が変わりました。
・怒らないで伝える方法を具体的に見ることで勉強になりました。
・夫もとても良かったと一緒に頑張ってくれています。
・子どもも親も問題行動が減りました。
・褒める回数が増えました。
・これまで子どもの行動にイライラして怒るばかりでしたが、すべての
 スキルを試す価値があり、これから少しづつトライしてみます。

--------------------------------------------
子ども虐待防止ネットワークみやぎ
キャップネット・みやぎ

〒980-0812
仙台市青葉区片平1-5-20-5F
弁護士 松村敦子気付
Tel&fax022-265-8867
--------------------------------------------
| 次へ