CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年02月16日(Tue) <再確認しよう>地震の揺れが収まった後は何をする?日頃は何を備える?


こんにちは。スタッフの松村です。
2月13日23時08分ごろ福島県沖を震源とする地震がありました。
皆さま、ご無事でしたでしょうか。
一部の地域で停電や断水があったり、家や店舗がめちゃくちゃになってしまったりと、
大変な思いをしている方も多いかと思います。

私は、寝ようとベッドに入ったところで揺れ、恐怖と同時に「次に何をすべきか」とぐるぐると考えを巡らせ、頭の中が混乱したのを覚えています。

仙台市のホームページでは、揺れが収まったあとにすると良いこと、気を付けたいことなどを確認することができます。再確認にお役立てください。

満月地震が起こったら?
http://www.city.sendai.jp/gensaisuishin/kurashi/anzen/saigaitaisaku/jishintsunami/jishin.html

わが家でも、まずガス漏れ確認、出口の確保をしましたあせあせ(飛び散る汗)
また、余震に備えて家具をあらかじめ倒して置いたり、落下しそうなものは床に下ろして寝ました。

満月わが家の防災対策
http://www.city.sendai.jp/kurashi/anzen/saigaitaisaku/sonaete/bosai/index.html

私は、結局なかなか眠れなくて、持ち出しバックの中身もチェックしました。
また、今後ライフラインが止まったら…と、充電池や懐中電灯のチェック、スマホの充電、お風呂に水を溜めたり、飲み水を準備したりしました…。

満月防災・災害対策(まとめ)
http://www.city.sendai.jp/kurashi/anzen/saigaitaisaku/index.html


ひらめきサポセン図書コーナーのご紹介と書籍一覧⇒☆☆☆
また、サポセンには防災・減災の参考になる書籍の貸し出しをしています。
ぜひご利用ください!





2021年02月15日(Mon) 令和3年2月13日に発生した地震により被害を受けた方の罹災(届出)証明について


仙台市では、令和3年2月13日(土曜日)に発生した福島県沖を震源とする地震により住家等に被害を受けた方の「罹災(届出)証明」の申請の受付を2月15日(月曜日)から開始します。

申請について
1 受付場所
 各区役所税務会計課・各総合支所税務住民課
 ※お住まいの区に関わらず、どちらの区役所・総合支所でも受付いたします。

2 受付時間
 午前8時30分から午後5時(土曜日・日曜日及び祝日・振替休日を除く)

3 申請期限
 令和3年4月12日(月曜日)

4 申請手続き等
 お手続きの詳細等は、火災以外の災害による「罹災証明書」・「罹災届出証明書」について」
 をご覧ください。

位置情報お問い合わせ
財政局税制課
仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階
電話番号:022-214-8622
ファクス:022-268-4319

財政局資産税企画課
仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階
電話番号:022-214-4442
ファクス:022-214-8130

2021年02月14日(Sun) 3/15〆切!公益財団法人国際緑化推進センター【2021年度緑の募金事業 海外における森林整備・緑化事業】


こんにちは、スタッフの舞草です。
公益財団法人国際緑化推進センター(JIFRO)より、助成金のお知らせです。

国際緑化推進センターは、内閣府管轄の公益財団法人として長年にわたり海外の森林保全・再生に取り組んでいる団体です。

以下、概要です。
--------------------------------- 
2021年度 緑の募金事業
海外における森林整備・緑化事業 
---------------------------------


国際緑化推進センターでは、「緑の募金事業」のうち「海外における森林整備・緑化事業」について、公益財団法人国土緑化推進機構の委託を受け、公募に関する手続き、応募案件の一次選考等を行います。
本年度は、2021年2月1日〜3月15日までを公募期間とし、以下により応募を受け付けます。

〇助成対象事業

国際協力事業:海外で行う次のいずれかに該当する事業

1砂漠化防止や熱帯林再生のための森林の整備
2砂流出防止・水源かん養・薪炭林造成等のための森林の整備
3公園・学校の植樹等の緑化
4苗畑整備・育苗や緑化推進に資する苗木の配布
5山火事防止等の森林パトロール、被害調査等の森林保全管理
6その他、上記事業に付帯するセミナーや給水施設整備等

〇事業実施期間
2021年7月1日〜2022年6月30日

〇交付限度額
300万円

〇応募方法
今年度より、申請がメールではなくオンラインフォームとなります。
提出書類に必要事項を記入して2021年3月15日までに以下のURLより申請を完了してください。
国際協力事業申請フォーム:https://www.green.or.jp/bokin/apply02/

申請フォームに添付すべき書類:応募申請書(エクセルシート)、以下の添付書類@〜E(@〜Eを一つのPDFにまとめてください。まとめられない場合は、個別でも構いません)を1つのzipファイルに圧縮してください。
※提出書類のファイルにあっては、募集案内にあるファイル作成時の留意事項を必ずご参照ください

提出書類:緑の募金公募事業応募申請書(様式1)1部
添付書類:(各1部)
@事業位置図
A団体の規約(定款)、寄付行為等
B役員名簿
C最新の決算書資料
D最新の活動報告
Eその他活動内容を説明する資料等

〇募集期間
令和3年2月1日(月)〜3月15日(月)
 (オンライン申請のため、締切は3月15日 24:00まで)

〇お問い合わせ先
公益財団法人 国際緑化推進センター
担当 国土緑化推進機構「緑の募金」国際協力公募係 佐野恵美子
〒112-0004 
東京都文京区後楽1-7-12 住友ビル5階
TEL:03-5689-3450 
メール:support-ngo☆jifpro.or.jp (☆を@に変えて)

※応募についての詳細は、下記募集案内をご覧ください
2021 緑の募金 公募事業
2021年02月13日(Sat) 自分たちに必要な「性」の学びを目指して!AROW共同代表の椎野直さんにお話を伺いました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン機関紙「ぱれっと2月号」の「市民活動 突撃インタビュー」では、東北大学の学生サークル「AROW」の共同代表である椎野 直さんにお話をお伺いしました。

ペン2020年12月3日に取材させていただいた際の貴重なお話の中から、「ぱれっと」紙面ではお伝えしきれなかった「こぼれ話」をご紹介します。
↓↓↓↓

かわいいAROW「性を真面目にオープンに」ぴかぴか(新しい)をキャッチフレーズに、学生なら誰でも参加できる学習会を定期的に開催しています。対面とオンラインを併用して開催する学習会では、性に関わるあらゆるテーマについて、事前にメンバーが調べた情報や資料をもとに、参加者同士でディスカッションを行い、思ったことを語り合います。

DSC05260.JPG
▲お話をお伺いした、AROW 共同代表の椎野 直さん

本これまで取り扱ってきた学習会のテーマは、
「性的同意ってなんだ?」「フェミニズムの歴史」「性風俗の仕組みと現状」
「SOGIを学ぶLGBTQ…じゃない?」「結婚を取り巻く規範を考える」
「刑法性犯罪このままでよいですか」「キャンパスセクハラについて」など、多岐に渡ります。

1.jpg 7.jpg 3.jpg
▲学習会テーマごとのイラスト

ひらめき自分たち世代が受けてきた性教育への違和感
AROWの最終目標は「日本に充実した性教育を普及させること」ですが、「そもそも自分たちが、性教育を充分に受けてきていない」という課題意識から、学生同士での学習会を続けています。椎野さんは、これまで自身が学んできた性教育について「生殖に関する生物学的なことや、中絶は恐ろしいといったことしか勉強してこなかった」と振り返ります。

ひらめき口にしてはならない「性」のイメージがもたらす弊害
なぜ自分たちの世代は、自分の人生に深く関わっていく「性」について、身近に感じられないような教育を受けてきたのか?椎野さんは、AROWの学習会に参加するようになってはじめて、日本で性教育は「いやらしい」とバッシング受けてきたことや、現在も一進一退を繰り返していること、地域によって差があることを知りました。「”寝た子を起こすな”という言葉がよく使われますけど、実際は寝ていないですよ。2・3歳で自慰を覚える子もいる」と話し、「自分の体は自分でコントロールしていい。他人の体はだめ、尊重してね。という考えを早いうちから知らなければ、小さな子どもでも性被害の加害者や被害者になり得る。タブー視されることで、被害を受けても余計に言い出せない」と危惧します。

ひらめき自分たちに必要な学びの場を目指して
学習会で幅広いテーマを扱っているのは、生殖のみを指す性教育ではなく、お互いを理解し尊敬し合える関係を築くための学びを模索したいから。椎野さんは「自分たちの今生きる社会の「性」について、正確な情報を集めながら、絶対と言われてきたことに問いを投げかけたい」と話します。

◆「婚姻制度」についての回では、「結婚は女性と男性、1対1のもの?」「生殖と結びつく結婚が当然?」「恋愛感情は誰もが持つもの?」「結婚って誰のため?」「一生を添い遂げることが正しい?」「当たり前だと思っていることって、実は当たり前じゃないよね」など、様々な問いが出ました。それらを考えるうえで、話は戦国時代の結婚についてまでさかのぼり、現在に至るまでの歴史や制度、倫理観を学び合いました。
◆「LGBT」など多様な性に関する回は、テーマの中でも特に参加人数が多く、関心の高まりを感じているそうです。「自分の性について悩んだり、疑問を持っている人が、言い出しやすい世の中に少しづつ変わってきているのかなと思う。だからといって、学習会以外の場では、まだ何でもオープンに!とまではいっていない。メンバー以外の大学の友達からは、多様な性について否定的な意見も聞く」といいます。

ぴかぴか(新しい)新型コロナウイルスにより、対面だけではなくオンラインを併用するようになった学習会には、県外の人や、高校生の参加もありました。「『性を真面目にオープンに』の通り、せめてAROWは普段言えないことでも言える場、言っても変と言われない場にしていきたい」と抱負を語っていました。

位置情報ぱれっと2月号では、性の学びが不足していることで起こる様々な問題について、さらに深掘りしています。他の学習会テーマイラストも掲載!ぜひご覧ください!
>>>ぱれっと2021年2月号はこちらから
2021年02月12日(Fri) エシカルな買い物を<バレンタイン&ホワイトデーなど春のギフトをお探しの方へB>オンラインショップのご紹介


こんにちは。スタッフの松村です。
立春を迎えたにも関わらず、まだまだ寒い仙台ですが、陽が少し長くなったように感じる今日この頃です。

さて、「バレンタイン&ホワイトデーなど春のギフトをお探しの方へ」と題して、シリーズでお伝えしてきましたが、最後はフェアトレードや環境保全、地域経済の応援につながるエシカルな商品を扱うショップをいくつかご紹介します。
---
フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適性な価格で継続的に購入することにより、 立場の弱い生産者や労働者の生活改善を目指す「貿易のしくみ」です。

---

晴れ特定非営利活動法人 アマニ・ヤ・アフリカ(Amani ya Africa)
ケニアと仙台を結ぶ教育と手仕事を支援しているNPOです。
ケニアの人が手作りした商品を適正な価格で買い取り、日本で販売するフェアトレード活動を行っています。フェアトレードで得られた資金で、職業訓練施設の運営やスラムにある小学校「マゴソスクール」の支援をしています。

かわいい特定非営利活動法人 みやぎセルプ協働受注センター
各障害者就労支援事業所で作られているパン、クッキー、お弁当、木工品、手芸品など様々な商品を一度に見ることができますよ。
センターは、売り上げ拡大等のために既成の障害者就労支援事業所の活動の枠を超え商品営業と販売促進支援をしています。

揺れるハート特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会
現在、「フェアトレードバレンタインのススメ」と題して様々な贈り物を紹介していますよ。
南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を、現地と日本国内で行い、「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して、活動しています。

プレゼントクラフトリンク
バングラデシュとネパールで、身近にある素材や暮らしに息づく伝統文化を大切にした物づくりを通じ、生産者の生活向上に取り組む国際協力NGOシャプラニールのフェアトレード活動です。

リボンピープルツリー(People Tree)
オーガニックコットンのウェアを中心としたエシカルファッションとフェアトレード商品専門のピープルツリーの通販サイト。
フェアトレードによってつくられたオーガニックコットンをはじめとした手仕事の商品を通じて、途上国の自立を支援しています。

ハート特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク(やっぺす)
「子育てで孤立するママをゼロにする」を掲げ、石巻のママたちが想いを込めて作るハンドメイドアクセサリーブランドAmanecerを運営しています。
やっぺすは、女性や子どもを始めとする多様な担い手に学びや活躍する機会を提供し、市民ひとりひとりが支えあい、みんなで課題を乗り越えていく社会基盤づくりを行う宮城県石巻市の復興支援団体です。

特別な贈り物選びの参考にしてください。





2021年02月11日(Thu) 2/28まで<フードドライブへご協力をお願いします>賞味期限が1か月以上先の常温保存ができる食品(生鮮食品以外)


こんにちは。スタッフの松田です。
サポセンでは、1階マチノワひろばに「フードボックス」を設置しています。

++設置期間:2021年2月1日(月)〜2月28日(日)++

IMG_0189.JPG

フードボックスとは、家庭や職場などにある、まだ食べられる食品をご提供いただくボックスです。 ご提供いただいた食品 は、「フードバンク仙台」を通じて、被災者・生活困窮者の支援を行っている団体・施設、子ども食堂や子どもの学習支援団体、女性と子どものためのシェルター、炊き出しを行っている団体などに無償提供されます。
このような活動をフードドライブといいます。食品ロス削減の取り組みのひとつです。

食品ロスとは、食べ残し、売れ残りや期限が近いなど様々な理由で、食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことをいいます。
日本の食品ロス量は、年間600万トンを超え、毎日、大型トラック(10トン車)トラック約1,700台分の食品を廃棄しています。(政府広報オンラインより)

ひらめき食品ロスを減らすための小さな行動も、一人ひとりが取り組むことで、大きな削減につながり、また、生活に困る人の支援にもつながります。
この取り組みにぜひご参加ください。

位置情報回収拠点
(1)10月〜令和3年3月末
イオン(仙台店、仙台幸町店、イオンスタイル仙台卸町、仙台富沢店、仙台中山店)、ヤマザワ(住吉台店、中田店)、葛岡リサイクルプラザ、今泉リサイクルプラザ

(2)10月及び令和3年2月
藤崎本館、市役所本庁舎、各区役所、仙台市市民活動サポートセンター、仙台市福祉プラザ

※各施設の閉庁・閉館・休業日を除きます
※回収時間は、各施設の開庁・開館・営業時間となります

電話お問い合わせ:環境局家庭ごみ減量課
仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階
電話番号:022-214-8229
ファクス:022-214-8277

2021年02月11日(Thu) 児童労働のないチョコを選ぼう<バレンタイン&ホワイトデーなど春のギフトをお探しの方へA>ACE


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
バレンタインデーを今週末に控え、今年も恋人揺れるハート友だち同士がチョコレートを贈り合う時期になりました。皆さんも、誰かにチョコを贈る予定はありますか?

好きな気持ち、感謝する気持ちを込めて贈る、甘くて美味しいチョコですが、その原料であるカカオの生産地では、多くの子どもが過酷な児童労働を強いられています。
世界のカカオは、約7割が西アフリカ地域で生産されています。世界第1位と第2位のカカオ生産国であるコートジボワールとガーナだけでも、危険な労働を余儀なくされる18歳未満の児童労働者は、156万人に上ると言われています。

西アフリカのカカオ生産地域では、子どもたちは主に、刃渡りの大きななたを使った農園の開墾や下草刈り、収穫したカカオの実やカカオ豆の運搬といった労働をさせられています。特に子どもの力だけで持ち上げることができないほどの重さの荷物を頭に載せて運搬することが多く、健全な成長の妨げとなる危険労働のひとつとみなされています。
さらに、子どもが家族と引き離されて労働者としてカカオの線産地に連れて行かれるケースもあります。これは人身取引にあたり、国際条約やガーナなど西アフリカの各国の法律で禁じられていますが、実際にはなくならないのが現状です。
(参考:ガーナ・カカオ生産地の児童労働@認定NPO法人ACE

今年は、チョコを買ってプレゼントする時に、ぜひ西アフリカの子どもたちのことを思い出して、児童労働のない、サステナブルな原料を使ったチョコを選んでみてはいかがでそうしょうか。

ほかにも、私たちができる、児童労働をなくす活動を応援する方法を、認定NPO法人ACEが提案していますのでご紹介しますひらめき
以下、ホームページより抜粋します。


main_image_02.jpg
コピーライトマークACE

黒ハートバレンタインにできる3つのこと黒ハート

1ガーナへの支援になるチョコレートを買おう!
ガーナのカカオ生産地で児童労働をなくす活動をしているACEへの寄付になるチョコレートや、「児童労働のない」カカオを使ったチョコレートを購入することで、ガーナの子ども達を支援することができます。
チョコレートを買ったら、ぜひ写真を撮って「#バレンタインは児童労働のないチョコを」をつけてSNSに投稿してくださいね♪

◆コンビニで買える!身近なチョコレートなら
・森永製菓「1チョコ for 1スマイル」キャンペーン対象商品
ダース、カレ・ド・ショコラ、小枝、ミルクココアなど、「1チョコ for 1スマイル」の対象商品を購入すると、その売り上げの一部がACEへの寄付になります。

・yuraku有楽製菓「スマイルカカオプロジェクト」ブラックサンダー
有楽製菓は、カカオ産業の児童労働をなくすために「スマイルカカオプロジェクト」を実施しています。ブラックサンダー等の商品にはココアホライズン (※1) 認証のサスティナブルチョコレートが使用されています。
※1 Cocoa Horizon(ココアホライズン)財団とはカカオ農家の繁栄に焦点を当て、自然と子どもたちを守る自立した農業コミュニティの構築を支援するプログラムです。

◆ちょっと贅沢なチョコレートをお求めなら
・premiumショコラティエ パレ ド オール「ザ・プレミアムガトーショコラ」
ガーナのACEの支援地で収穫された「チャイルドレイバーフリー(児童労働のない)」カカオ豆を使用して、日本を代表するショコラティエである三枝俊介シェフがガトーショコラに仕上げてくださいました。商品1点につき200円がACEへの寄付として、児童労働をなくす活動に役立てられます。

・フェリシモ「幸福のチョコレート」フェリシモ「幸福のチョコレート」
フェリシモの「幸福のチョコレート」全商品には、「LOVE&THANKS基金」がついており、商品価格の約1%がACEへの寄付になります。
※ガーナへの支援になるチョコレートについてもっと詳しくはこちらから


2映画「バレンタイン一揆」を観よう!
映画『バレンタイン一揆』は、2012年にACE設立15周年を記念して製作した映画です。通常は、地域で開催される自主上映会にご参加いただくか、ACEオンラインショップからDVDをお買い求めいただく必要がありますが、期間限定でYouTubeにて無料配信します!この機会にぜひご覧ください。

無料公開期間:2021年2月8日(月) 〜2月14日(日)
※映画「バレンタイン一揆」のご視聴は、上記期間限定でした。無料配信期間は終了しております。


◆映画「バレンタイン一揆」とは
「チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰が作っているのか、あなたは知っていますか」日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実だった。バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のあるチョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。そんな想いを胸に、彼女たちは動き出した。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。果たして、彼女たちの願いはみんなに届くのか。ーーこれは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。[2012年公開:上映時間64分]


3「チョコ募金」で寄付しよう!
日頃の感謝の気持ちをチョコレートに込める代わりに、カカオの国の子どもたちの笑顔のために「チョコ募金」をしてみませんか?
学校の教室でチョコ募金は、ガーナの子どもを児童労働から守るための活動に役立てられます。ガーナは幼稚園から中学校までの義務教育に「授業料」はかかりません。しかし、ノートや鉛筆、制服などの「学用品」は自分たちで準備しなくてはいけません。どうしても学用品を買うことが難しい家庭には、学用品一式をACEが無料で提供し、経済的負担を少しでも減らすことで子どもが学校に通えるようにサポートしています。その他、子どもたちを危険な労働から守り、継続して学校へ通えるようにさまざまな活動を行っています。

・100円は、ノート5冊に! ・500円は、教科書2冊に!
・1,000円は、制服1着に! ・5,000円は、学用品一式に!


◆チョコ募金の詳細はこちらから
http://acejapan.org/support/choco

位置情報ACE(エース)とは? 
「子ども、若者が自らの意志で人生や社会を築くことができる世界をつくるために、子ども、若者の権利を奪う社会課題を解決する」ことをパーパス(団体の存在意義)に掲げ、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。「“働くこと”が嫌なのではなく、教育や自由など権利を奪われたり、精神的・経済的に搾取されることが嫌なんだ」という児童労働をしている子どもたちの声を受け、「Action against Child Exploitation(意味:子どもの搾取に反対する行動)」と団体名をつけました。
インドのコットン生産地とガーナのカカオ生産地で危険な労働から子どもたちを守り、日本で児童労働の問題を伝える啓発活動、政府や企業への提言活動、ネットワークやソーシャルビジネスを通じた児童労働を解決するための活動を行っています。
2021年02月09日(Tue) 2/25(木)必着!<赤い羽根・新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン>中央共同募金会


こんにちは。スタッフの小林です。
コロナ禍の中で地域福祉活動を行うボランティア団体・NPO等に対して、社会福祉法人 中央共同募金会よりお知らせをいただきました。
以下、ご案内です。

応募要項(第3回募集)------------------------------------------------------------
赤い羽根
新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン

withコロナ草の根応援助成 〜これからの活動・組織づくりのために〜
--------------------------------------------------------------------------------------

1.趣 旨
新型コロナウイルスへ感染症への対策が日々変化し、日常生活においては、人と身体的距離をとることによる接触を減らすことなど、「新しい生活様式」が提言される中、地域福祉活動においては今までの対面的な活動やつながり方を見直すなど新たな活動スタイルが試行されています。
そうした中で、本会では「臨時休校中の子どもと家族を支える緊急支援助成」や、経済的に困窮する人たちへ必要な食料を届け、生活を支える「フードバンク活動等応援助成」、「居場所を失った人への緊急活動応援助成」などを展開してきました。これらを通じて、withコロナの社会における草の根の地域福祉活動およびその担い手であるボランティア団体・NPO等の意義は、今後ますます重みを増してくるものとの認識を強くしています。
そこで、withコロナの社会におけるボランティア団体・NPO 等による新たな地域福祉活動への移行や組織づくりを応援するために、「with コロナ草の根応援助成」の第3回募集を実施します。
普段の助成に比べ、手続きをできるだけ簡素にしていますので、できる限り多くの団体にご活用いただくことを願っています。

2.実施主体
社会福祉法人 中央共同募金会

3.応援の対象となる団体
・地域福祉活動を行うボランティア団体・NPO 等 ※1
(法人格を持たない任意団体、一般社団法人、特定非営利活動法人)
・団体の年間予算規模(昨年度総収入額)が概ね300万円未満であること※2
・2020年12月以前に設立された団体であること
・団体として振込口座を持っていること
・団体自らが独自の事務局を持っており、オンライン又はメールで申請ができること
・反社会的勢力 ※3 および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと
・過去 5 年以内に共同募金の助成を受けたことがある団体は、オンラインでの申請が
可能となります。※4、※5
※1今回の助成では社会福祉法人は対象となりません。また、自治会・町内会・マンション等集合住宅の管理組合等、会員同士の互助的な活動を主な目的とする団体も対象となりません。
※2 前年度の総収入が300万円以上の団体は対象外となります。(補助金、委託金、助成金含む)
※3 反社会的勢力に該当する団体とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力が助成対象事業の運営等に関与していると認められる団体をいいます。
※4 過去5年以内(平成 27 年度以降)に共同募金(歳末たすけあい含む)の助成を受けた団体で、そのときの活動内容は問いません。ただし、助成を受けた事実・精算状況等について共同募金会等に確認する場合があります。
※5 臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成、フードバンク活動応援助成等中央共同募金会からの助成は対象となりません。


4.応援の対象となる活動
with コロナの社会におけるつながりづくりやささえあいなど、草の根の地域福祉活動を活
性化するための次のような活動。
・これまでの活動のあり方の見直しと、持続可能な活動のあり方の検討
(例:同一の活動を行う団体のネットワークにおける研修・会議の運営費など)
・新たな活動を展開するための組織運営の見直し
(例:外部助言者の活用にかかる謝金など)
・新たな活動のためのツール・資材等の整備
(例:オンライン会議システムの新規導入費用、手指消毒関連用品や飛沫感染防止フ
ィルム等の感染症予防資材の購入費用など)
・その他 with コロナの社会における活動を活性化するための事業(原則、新規のもの)
応援の対象外となるもの
・本応募要項の応募趣旨に合わないもの
例)従来からある活動で新しい生活様式への対応など新たな要素がみられないもの
助成金対象外経費となるもの
・ボランティア活動保険料(ボランティア行事用保険は助成対象とします)
・団体および団体役員が所有する場所や物の賃借料
・団体の維持・管理のみを目的とした経費
・補助金などの公的費用や他の助成金が充当される経費

5.活動の対象期間
2021年1月〜2021年9月

6.1件あたりの助成金額

・1件あたりの助成金額は原則10万円とします。
・助成総額は3,000万円を予定しています。
※参考:第1回助成 総額1,480万円、第2回助成 総額2,030万円

7.助成の決定
本会において応募内容を確認し、決定します。
決定にあたっては同一地域に助成が集中しないよう地域バランスを考慮します。

8.応募方法・結果通知

(1)応募期間・応募方法
過去5年以内に共同募金の助成を受けたことがある団体は、オンラインでの申請が可能となりますので当てはまる団体は下記 URL から申請してください。
なお、共同募金の助成を受けたことのない団体は、応募用紙withコロナ 草の根応援助成応募書_第3回.xlsx)に記入の上、応募・問い合わせ先まで E メールにて提出してください。

第1回、第2回に応募した団体も第3回に応募できます。但し、第1回または第2回助成を受けた団体については、第1回・第2回助成事業と期間が重複しない場合、または第1回・第2回助成事業と異なる内容の事業で申請する場合については申請可とします。
また、多くの団体に本助成を活用していただきたい趣旨から、助成を受けた回数が少ない団体を優先することがあります。

位置情報オンライン申請・応募様式はこちら⇒ https://www.akaihane.or.jp/news/16926/
第3回応募締切日 2021年225日(木)必着

(2)提出書類
新規応募にあたっては、下記提出書類を E メールにより送付してください。
〇助成応募書
〇助成金振込口座の通帳コピー(通帳の2頁目の口座番号と口座名義が記載されているページ)
〇団体の規約、会則、定款
〇2019年度事業報告書(ない場合は 2018年度)
〇2019年度決算資料(ない場合は 2018年度)

(3)結果の公表・助成金の送金
第3回応募締切分の助成決定は、3月中旬の公表及び4月上旬の送金を予定しています。
(応募書に記載した金融機関の口座に送金)

9.助成決定後のお願い
(1)活動内容の紹介
多くの人たちから寄せられた募金を原資としていますので、今回の助成金での取り組みを、ぜひ団体のホームページや SNS などで発信してください。

(2)事業報告、決算報告書の提出
助成金による活動が終わったら、1 か月以内に所定の WEB フォームより、報告書とありがとうメッセージ(簡単な様式があります)を提出してください。詳しくは採択通知にてお知らせいたします。

10.応募・問い合わせ先
・本助成金についてご不明の点などがありましたら、お気軽にご相談ください。
Eメール:kusanone☆c.akaihane.or.jp(☆を@に変えて)
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部 withコロナ草の根応援助成担当
2021年02月09日(Tue) 誰の中にもある「震災のあの日」の体験談を投稿・閲覧できるサイトProject San-Eleven〜マチノワギャラリー展示紹介〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン1階正面玄関には、市民活動やボランティア活動など、団体の活動をPRできる展示スペースマチノワギャラリーがあります。通りがかりの人やサポセン来館者に皆さんの活動について発信することができます。
ひらめき 今回は、現在展示中のProject San-Elevenによる展示をご紹介します。

DSC05554.JPG

マチノワギャラリー2021年2月4日〜2月28日展示-------------
Project San-Eleven 団体紹介
------------------------------------------------------------
Project San-Elevenは、
「被災者ではないから」「被害が少なかったから」と、これまで自分の震災体験を語ってこなかった人や、東北から離れた場所で震災を経験した人・知った人など、誰でも自分の震災の体験談を語ることができるWebサイトです。体験談は、日本各地をはじめ、海外からも投稿されており、自由に閲覧することができます。
代表の峯村遥香さんは、「『語るまでもない』と語ってこなかった体験談を語ることは、あらためて震災について振り返るきっかけや、ほかの誰かの共感・関心を呼ぶことにもつながる」と、広く投稿を呼びかけています。>>>震災の体験談はこちら

DSC05563.JPG DSC05560.JPG
▲(左)体験談閲覧ページの案内ポスター、(右)団体の立ち上がった経緯を紹介するポスター

リボン「Project San-Eleven」という名前は、震災の日である3.11を、日本語の3(さん)と、英語のEleven(イレブン)を使用し、あえて2つの言語で表現しています。震災に関心を抱き「何かしたい」と行動を起こした留学生や、震災当時は何かしたくてもできなかった世代の人たちが集まりはじまった活動のきっかけと、共に震災を伝えていきたい願いが込められています。

DSC05556.JPG
同時にサイトでは「被災地の今にも目を向けてほしい」と、サイト立ち上げメンバーで旅行し好きになった女川町の店舗や震災遺構を取材し、Web記事にして発信しています。>>>記事はこちら
展示では、女川での写真も展示しています。

位置情報展示は228日(日)まで!サポセンにお立ち寄りの際は、ぜひチェックしてみてください☆
2021年02月08日(Mon) 3/13まで開催<バレンタイン&ホワイトデーなど春のギフトをお探しの方へ@>福祉施設の応援もできる!〜ひだまりのギフト展〜


こんにちは。スタッフの菅野です。
仙台市内の障害者就労支援施設と障害者支援団体が協働で運営している、障害者福祉施設商品のアンテナショップ「小物と焼き菓子のお店 エフブンノイチ」さんより、イベントのご案内をいただきました。

コロナ禍で直接人に会うのを控えている方が多いと思いますが、日頃の感謝や、進級進学就職昇進など春ならではのお祝いといった、どうしても伝えたい思いもありますよね。
思いを込めた贈り物にピッタリな品物が揃ったイベントですよ。
以下、概要です。


アナタとワタシをつなぐモノ。
ひだまりのギフト展


エフブンノイチの扉を開けば、窓辺からのこころよい日の光が、
素敵な雑貨やお菓子たちを照らしています。
ここにそろう商品はすべて、障害のある人がつくりあげたものです。
バレンタインとホワイトデー、はなむけと出会い、日頃の感謝とねぎらい。
春が聞こえてくるこの季節に、思いをつなぎ、馳せる、大切なギフトを提案します。

出店団体(県内12団体)
アトリエソキウス、アート・インクルージョン・ファクトリー、織音、Kamome、希望の星、きゅう、工房しらかば、コッペ、仙台もぐらの家、ぱれった・けやき宮城野、メルヴェイユ仙台、ワークスペースぽぽ

期間:2021年1月27日(水)〜3月13日(土)
場所:小物と焼き菓子のお店 エフブンノイチ
   (旧 神奈川クリーニング錦町店2階)
時間:月〜金 11:00〜15:30(ラストオーダー15:00)
   土   11:00〜17:00(フードなし)
休み:日・祝日、2月17日(水)
詳しくは、エフブンノイチのホームページをご覧ください
https://fbunno1.wixsite.com/home

かわいい          かわいい          かわいい          かわいい          かわいい

DSC05552.JPG
▲サポセンのスタッフにギフト(お土産)を買いました。
 左のギフトパッケージは「点字新聞」を加工したものだそうです。アイディアが素晴らしいですねひらめき