CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年11月19日(Thu) 11/23実施!コロナで困っている方のための電話相談【Covid-19 Consultation Hotline on Nov 23rd!】


こんにちは。スタッフの于 楽(う らく)です。
新型コロナウイルスに関する様々な困りごとを電話で受け付ける「コロナ・ワンストップ電話相談」のご案内が届きましたので、ご紹介します。
以下、概要です。

20201118135617_00001.jpg 20201118135601_00001.jpg

フリーダイヤルコロナで困っている方 何でも相談

11月23日に「コロナ・ワンストップ電話相談」を実施します。
雇用、医療・介護、倒産・廃業、事業者への各種補助、住宅確保、生活保護申請、食料支援、ローン・借入など、なんでも相談に乗るホットラインです。
労働、医療などの幅広い分野で活動している県内の各支援団体が相談に対応します。外国人、学生の方を含めて、コロナで困っているすべての方が対象です。
ぜひ気軽にご相談ください(相談無料・秘密厳守)。

電話番号:0120−378−060
相談受付日:1123日(祝・月)
受付時間:10時〜18
対  象:コロナで困っているすべての方
相談参加団体:宮城県労連宮城県民主医療機関連合会反貧困みやぎンネットワーク
       フードバンク仙台、ほか

お問い合わせ先:みやぎ県民センター
仙台市青葉区大町2丁目6-10-305
TEL:022-399-6907  FAX:022-399-6925
E-mail:miyagi.kenmincenter☆gmail.com(☆を@に変えて)

A hotline “Covid-19 One Stop Telephone” for consultation related to covid-19 will be
available on November 23rd. If you have any issues (on health care and nursing care,
securing housing, public assistance application, employment, support for business,
bankruptcy and closing a business, food assistance, loans and borrowing money, etc.)
due to covid-19, please feel free to call. Supporting organizations in various fields
including labor and medical care which are operating in Miyagi Prefecture will provide
consultation and advices. Those who are suffering from problems related to covid-19,
including foreigners and students are welcomed to use the consultation.
Consultations are free and will be kept confidential.

Phone number: 0120−378−060
Available on November 23rd, for ANYONE who have issues related to covid-19
Operating time: 10 am. to 6 pm.
Inquiry: Miyagi Kenmin Center
TEL: 022-399-6907 FAX: 022-399-6925
E-mail: miyagi.kenmincenter☆gmail.com(Please replace ☆ with @ in the address When sending an E-mail)


2020年11月18日(Wed) 12/13<ASD当事者と交流するカフェ(ASDカフェ)開催>脳の多様性のためのデザイン研究会


こんにちは。スタッフの舞草です。
脳の多様性のためのデザイン研究会より、イベントのお知らせをいただきました。
自閉症スペクトラムに馴染みない方や、少しだけ知っているよという方、当事者の方の参加も歓迎とのことです。

以下、HPより。
喫茶店-------------------------------------------------------------
ASD当事者と交流するカフェ(ASDカフェ)
-------------------------------------------------------------喫茶店

ASDとは自閉症スペクトラムという発達障害の一種です。
私たちは、ASDカフェという名前で、ASD当事者とその他の市民の会合をおこないます。ASD者にとって優しい空間を体験していただけます。

会合では、私たちはまず会議用ソフトウェアZoomの部屋に集合し、小部屋に分かれて少人数のグループ交流をします。その後、各グループが通話用ソフトウェアDiscordに移動し、小部屋に分かれて、チャットの交流をおこないます。この時、参加者各自の部屋の照明を弱くする、雑音が入らないようにするなど静穏な環境を作ります。

ASD者にとって、臨機応変の対応が求められる発話によるコミュニケーションは、情報処理の困難を来たしやすいのですが、チャットではこの問題を解消できるかもしれません。ASD者が苦手な、表情を読んだり相手の眼を見て会話したりする場面も避けることができます。ASD者が過ごしやすいオンライン空間を立ち上げることで、ASD者にとって快適な環境を、広く市民の皆さんにも実感してもらうことを目指します。

交流の際、話題の中心はASDの感覚過敏やコミュニケーション困難についてが良いと考えます。ただし、場合によって他の困りごとやそれぞれ生活上のイベントを自由に語り合ってください。ASD者にとってくつろぎやすい空間が、発達障害者だけでなく、そうでない人にとっても快適であることを知っていただけると思います。


日時:1213日(日)13:00〜15:00
場所:オンライン
対象:一般(ASDに馴染みがない方や、ASDを少しだけ理解している方)/ASD当事者の方
定員:25名(5名×5部屋)
事前申込:フォームよりお申込み下さい
申込〆切:12月10日(木)定員になり次第、募集を締め切らせていただきます
参加費:なし
問い合わせ先:yokomichi_m☆kpu.ac.jp (横道誠)※☆を@に変えて

企画・運営:脳の多様性のためのデザイン研究会

申込フォーム
https://forms.gle/U7rBrEkCPUqMHQ8VA

「脳の多様性のためのデザイン研究会」(SDN :Society of the Designs for Neurodiversity)は、会社員の川口、大学教員の横道誠、大学生の國富太郎を中心とした研究会です。発達凹凸のある人たちにとって住みやすい社会を目指しています。


2020年11月17日(Tue) 11/26開催<仙台若者アワード2020公開プレゼンテーション@オンライン>


こんにちは。スタッフの松村です。
学都仙台には、社会や地域の課題を解決しようとする若者主体の活動が数多くあります。「仙台若者アワード」は、そんな若者たちの活動を多くの人たちに広め応援しようと、仙台市コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社一般社団法人ワカツクが協働で実施してきたイベントアワードです。
2020年も最終審査のための公開プレゼンテーションの日がやってきました。
頑張る若者を応援したい方、若者の地域活動に興味がある方、若者と一緒に地域活動に取り組みたい方など、どなたでも参加できます。

以下概要です。

ぴかぴか(新しい) 仙台若者アワード2020 映画
公開プレゼンテーション@オンライン


社会や地域の課題解決に寄与する優れた取り組みを行っている、仙台市内の若者団体を表彰する「仙台若者アワード」。
4回目となる今年は、新型コロナウイルスの感染予防対策として、オンラインで配信します。
日頃の活動はもちろん、コロナ禍の中でも工夫して行われた活動や、コロナ禍によって新たに見えてきた課題に対する活動など、困難な状況にあっても前を向く、今年ならではの若者たちの奮闘や葛藤の記録を、ぜひ生配信でご覧ください。


開催日時
1126日(木)18:00〜21:00

参加無料・事前申込不要
当日は、YouTubeで生配信!⇒https://sendai-y-award.qloba.com/

20201117115511_00001.jpg

イベント内容
・表彰部門の最終審査プレゼンテーション
書類とヒアリングによる一次審査を通過した、ファイナリスト10団体がプレゼンします。
審査委員会による審査を経て、最優秀賞・優秀賞団体が決定。また会場共感賞は、配信をご覧のみなさんによるオンライン投票で決まります!

・協働部門の中間発表
今年新設!地元企業×若者団体の協働で、新たなプロジェクトを創出する取り組みについて、途中経過を発表します。

主催:仙台若者アワード実行委員会
(構成団体:仙台市コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社一般社団法人ワカツク
協力:仙台市市民活動サポートセンター

事務局(問い合わせ):一般社団法人ワカツク
〒980-0023 仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル内
TEL:022-721-6180
FAX:022-721-6181
MAIL:musubaru☆wakatsuku.jp(☆を@に変えて)


ひらめき「仙台若者アワード」は、三者協働の取り組みとしてサポセンニュースレター「ぱれっと(2018年2月号)」成果冊子でもご紹介しています!
2020年11月15日(Sun) 11/26(木)トークイベント開催<ハマスカ知っとかNight!!>


スタッフの大坪です。
宮城県利府町にある浜田・須賀地区で住民が主体となって活動している「ハマスカ未来会議」よりトークイベントのお知らせが届きました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハマスカ知っとかNight
〜あなたもハマる?利府の海ってどんなとこスカ?〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大丸2️そもそもハマスカって?
宮城県利府町の海の玄関にあたる浜田・須賀地区を指す呼称=ハマスカ。
日本三景松島の一角をなす表松島の穏やかな海が魅力であり特徴です。仙台市内からのアクセスも良く週末ちょっとお出かけする先としてはサイコーのスポット!『ハマスカ知っとかNight!』では地域の住民や事業者の方々が登壇し、地区の魅力や今後の可能性についてアツく語っていただきます!

大丸2️日時
2020年1126日(木)19:00〜20:30
参加無料

大丸2️イベントの流れ
・利府町観光大使夢乃さんから歓迎のごあいさつ
・プロモーション動画の初公開&制作裏話
・ハマスカの魅力&最近の活動
・キープレイヤーが語るハマスカの可能性
 登壇者
 <司会>
  利府町観光大使 夢乃
 <ゲスト>
  浜田地区 本間圭
  稲庭うどん瀧さわ家 瀧澤崇
  民宿ハーバーハウスかなめ 櫻井保
  ビデオグラファー 岩村和哉
・参加者との交流(感想シェアとQ&A)

おすすめポイント
@ 初公開のプロモーション動画でオンライントリップ
A アンケート回答者限定の素敵な特典!
B enspace 来場者には食の魅力でおもてなし

20201115150701_00001.jpg 20201115150711_00001.jpg

大丸2️参加方法
@オンライン(Zoom)で参加する
お申込いただいた方には、Zoomのイベント用URLを送付いたします。

Aオフラインで参加する
イベントの模様は
・enspace(定員20名)
・浜田地区避難施設(定員15名)※
にて、パブリックビューイングが可能です。
会場では新型コロナウイルスの感染対策の一環として定員を設けさせていただきます。その他、マスクの着用、手指の消毒、換気などを徹底し、感染拡大に努めて開催致します。
※イベントにはご自宅からご参加いただけますが、浜田・須賀地区にお住まいの方々でスマートフォンなどをお使いで無い方のために参加が可能な会場をご用意致しました。

大丸2参加申込
いずれかの方法でお申込をお願いいたします。
@フォーム
下記URLに必要事項をご記入ください。
https://share.hsforms.com/1e84qrDuWRNmD8Y_mVPinkQ3jhno

Aメール
件名は「ハマスカイベント参加申込」と記載。本文は「お名前」「電話番号」「参加要領(オンライン又は参加会場)」を明記の上、「info-will☆mkto.org(☆を@に変えて)」までメールをお願いいたします。


晴れ詳細はこちらをご覧ください⇒https://www.facebook.com/events/361256441611266/


大丸2️主催・協力
主催:ハマスカ未来会議
協力:利府町
運営:株式会社MAKOTO WILL

大丸2️問い合わせ先
株式会社MAKOTO WILL
TEL:022-352-8850
MAIL:info-will☆mkto.org(☆を@に変えて)
担当:佐藤、島越
2020年11月14日(Sat) 「中高生によるチャリティームービープロジェクト 」動画公開中!寄付は2021/1/18まで受付中


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
みなさんは寄付をしたことがありますか?
NPOにとって寄付とは、活動を行うために重要な資金です。その資金をもとに、それぞれの団体が課題解決のための活動を展開し、「社会がこうなったらいいなぁ」というビジョンを実現しています。

私たちは、「社会がこう変わったら良いのに」とか、「何か役に立ちたい」という思いを寄付という形に託すことによって、活動に参加することができます。

コロナ禍で生活に困窮してしまったり、高齢になり住み慣れた街で暮らすことができなくなったり…。活動によって支えられるのは、「かつての自分」であったり、「未来の自分」であったりするかもしれません。

現在、動画公開・寄付を受付中の「中高生によるチャリティームービープロジェクト 」は、5つのNPO団体について、中高生が制作した動画を通して理解を深めたうえで、寄付という形で活動に参加することができます。

動画を観て、自分事に思えたり、共感したりする活動があったら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
以下、概要一部抜粋です。

CMP_お知らせバナー-1024x576.jpg
▲クリックできます

ぴかぴか(新しい)中高生によるチャリティームービープロジェクト ぴかぴか(新しい)
−コロナに負けるな!NPO支援−


かわいい動画一覧
中高生が主役となり、コロナ禍で奮闘するNPOの動画を制作、寄付を集め応援するプロジェクトです。
中高生がNPOを応援するため、オンラインで寄付や活動について学び、その魅力を伝える動画を作成しました。それぞれの形でNPOへの熱い想いを込めた動画をご覧いただき、“寄付”というエールをぜひお送りいだけたら幸いです。

■スケジュールについて
11月9日(月)特設サイトにて動画公開・寄付受付開始
12月5日(土)15:30〜16:30 オンライン公開イベント開催
1月18日(月)寄付受付終了

■応援するNPOについて
NPO法⼈アスイク【活動分野】こども、貧困(宮城県仙台市)
NPO法⼈移動⽀援Rera【活動分野】障がい者、⾼齢者(宮城県⽯巻市)
NPO法⼈ポラリス 【活動分野】障がい者、まちづくり(宮城県⼭元町)
認定NPO法⼈多摩草むらの会 【活動分野】福祉、障がい者(東京都多摩市)
認定NPO法⼈⽇本クリニクラウン協会 【活動分野】こども・教育(⼤阪府⼤阪市)

中高生によるチャリティームービープロジェクト −コロナに負けるな!NPO支援−
主催:公益社団法⼈⽇本フィランソロピー協会
協賛:株式会社ジェーシービー、
   ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ、
   株式会社ブリヂストン
協⼒:東京経済⼤学・藤井ゼミ⽣(Project Based Learning)、
   NECソリューションイノベータ株式会社、
   サントリーホールディングス株式会社、株式会社電通アドギア、
   華為技術日本株式会社

位置情報問合せフォームはこちら
2020年11月13日(Fri) 自分の望む政策実現のための方法の1つ「ロビイング」で社会を変える〜サポセンブックレビュー〜


icon_palette_book.jpg

スタッフの舞草です。
サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します。
今回、ご紹介する本はコチラです。

誰でもできる ロビイング入門 社会を変える技術

【ロビイング入門】ブログ画像.jpg

「ロビイング」とは、新しい法律や制度をつくってほしい時など、自分の望む政策実現のために国会議員や官僚に直接働きかけることです。
本書でいうロビイングは、業界団体等による利益を目的としたロビイングとは異なる、弱者やマイノリティの権利擁護などを目的としたもので、「草の根ロビイング」と記されています。
中学生の時にいじめを受け自殺未遂をした経験から、「いじめ対策」「自殺対策」のロビイングを実践している筆者をはじめ、5人の社会起業家や活動家が、それぞれの事業で実践したロビイングの実例を紹介しています。

政治への関わり方は、自らが政治家になる、自分の望みに近い政策を打ち出した議員に選挙で投票する、デモに参加する、などを思い浮かべる人が多と思います。
私たちの生活にあまり馴染みのないロビイングですが、社会を変えるには最も有効な技術であると筆者は話します。議員へのアプローチ方法から要望書の書き方のコツまで、ロビイングを学びたい人へおすすめの1冊です。

-----------------------
著 者 明智カイト
発行所 光文社新書
-----------------------

ひらめきポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

本サポセン貸し出し図書一覧はこちらから→☆☆☆
2020年11月12日(Thu) 「フードボックス」へのご寄付、ありがとうございました!


スタッフの松田です。
2020年10月1日〜11月1日の期間中、サポセン1階「マチノワひろば」に設置していたフードボックスへの食品寄付にご協力いただきありがとうございました。

お菓子、乾麺、調味料など、様々な食品が集まりました。
回収を開始してから2週間ほどはほとんど食品が集まらず、ボックス設置が周知されることの難しさを感じていました。

しかし、日が経つごとにじわじわと食品が集まりはじめ、最終週にはボックスに納まりきれないほどの食品が持ち込まれ、、段ボール2個を追加したほどでした。

EldcfHoVkAALqcK.jpg ElssaGyVcAEERs1.jpg
▲総計13.65kg 集まりました!

次回のフードボックス設置は2月を予定しています。
ひらめき師走の大掃除の際に整理した非常食用の缶詰やレトルト類、年末年始の特売でまとめ買いした食品、お歳暮のいただきものなど、是非ご協力をお願いいたします!手(グー)ぴかぴか(新しい)

※【フードボックス】とは
家庭や職場などにある、まだ食べられる食品をご提供いただくボックスです。
ご提供いただいた食品 は、「フードバンク仙台」を通じて、被災者・生活困窮者の支援を行っている団体・施設、子ども食堂や子どもの学習支援団体、女性と子どものためのシェルター、炊き出しを行っている団体などに無償提供されます。 このような活動を“フードドライブ”といい、食品ロス削減の取り組みのひとつです。

※【食品ロス】とは
食べ残し、売れ残りや期限が近いなど様々な理由で、食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことをいいます。 日本の食品ロス量は、年間600万トンを超え、毎日、大型トラック(10トン車)トラック約1,700台分の食品を廃棄しています。(政府広報オンラインより)

食品ロスを減らすための小さな行動も、一人ひとりが取り組むことで大きな削減につながり、また、生活に困る人の支援にもつながります。
2020年11月10日(Tue) スポーツの感動を届けてきた「せんだいスポーツ映画祭」展示開催中!〜マチノワギャラリー〜


皆さんこんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン1階正面玄関には、市民活動やボランティア活動など、団体の活動をPRできる展示スペース「マチノワギャラリー」があります。通りがかりの人やサポセン来館者に皆さんの活動について発信することができます。
今回は現在展示中の、一般社団法人SC.FIELDによる「せんだいスポーツ映画祭」の展示をご紹介します。

-----------------------------------------------------
マチノワギャラリー2020年11月4日〜11月30日展示
テニスサッカーせんだいスポーツ映画祭野球バスケットボール
-----------------------------------------------------

DSC05062.JPG

映画仙台は、野球、サッカー、バスケットボールの、3つのプロスポーツチームを有する街です。
「仙台スポーツ映画祭(SSFF)」は、そんな”スポーツの街”仙台で、スポーツを題材にした映画を上映することで、スポーツの楽しさ、興奮、感動、アスリートの思い、支える人々の思いなどをより広く深く伝えたいと始まったイベントです。
 実行委員は仙台を盛り上げたいと考える市民有志により構成されています。前身は2015年から始まった「センダイフットボール映画祭」です。「サッカーだけでなく、野球やバスケットなどの映画も上映してほしい」との声を受け、2018年からは様々なスポーツ映画を上映しています。

ひらめき今回の展示では、今月の11月13日(金)〜14日(土)に開催予定の「せんだいスポーツ映画祭2020」のチラシ、ポスターをはじめ、過去に開催された「せんだいスポーツ映画祭」での写真やゲストアスリートのサイン入りグッズなどが展示されています。

DSC05074.JPG DSC05065.JPG

演劇サポセンマチノワギャラリーでの展示は1130日まで開催中です。
サポセンにご来館の際は、ぜひご覧ください。
↓↓↓そして、映画祭へもぜひ足をお運びください↓↓↓↓


ぴかぴか(新しい)せんだいスポーツ映画祭2020ぴかぴか(新しい)
1113日(金)〜14日(土)
開催場所:@せんだいメディアテーク7階「スタジオシアター」
     A仙台フォーラス6階

位置情報「せんだいスポーツ映画祭2020」のプログラム、最新情報・お問合せは下記HPからどうぞ!
https://www.sendai-ssff2020.com/

20201109135134_00001.jpg 20201109135150_00001.jpg
主催/仙台スポーツ映画祭実行委員会
共催/仙台市・スポーツコミッションせんだい
協賛/ミヤギオート株式会社・株式会社 M-one

2020年11月09日(Mon) 12/3開催<仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座>参加者募集中!


こんにちは。スタッフの小林です。
仙台市ボランティアセンターから、仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座のお知らせをいただきました。
災害はどこでも起こります。より一層、ボランティアによる支え合い・助け合い活動の必要性が高まっています。是非この機会に、受講してみませんか!
以下、概要です。

ひらめき参加費無料!------------------------------------------------------------------------------
災害時の支え合い・助け合いをサポートするための資格
仙台市災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座ペン
-----------------------------------------------------------------------------------------------
被災地の復旧や復興、被災者の生活再建や自立支援を目的に設置される災害ボランティアセンターの理解者を増やし、災害時の支え合いや助け合いを支援していただく人材を育成することを目的として開催します。

運営サポーターとは?
災害時、以下3つの役割について、「できることを、できる範囲で」行動していただく災害ボランティアセンターの支援者です。
@災害ボランティアセンターを広める
A災害ボランティアに参加する
B災害ボランティアセンターの運営スタッフに参加する

20201109152019_00001.jpg

【日時】令和2年123日(木)13:30〜15:00
【会場】仙台市福祉プラザ1階プラザホール
(仙台市地下鉄南北線「五橋駅」下車、南1番出口より徒歩3分)

【対象】市内にお住まいか通勤・通学している高校生以上の方(先着50名)
【内容】災害ボランティアセンターの運営支援について学びます。
 ・講義
  災害ボランティアセンターや災害ボランティアによる被災者支援の目的、
  運営サポーターの役割などを学びます。
 ・体験(災害ボランティアセンターのシミュレーション)
  ボランティア役と運営スタッフ役に分かれ、それぞれの立場を体験します。

【申込方法】
チラシ裏面の申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはEメールにて送信
・Eメールでの申し込みの場合は、メール本文に申込書に記載の必要事項を入力のうえ、送信してください。
・FAXまたはEメールをご利用にならない方は、お電話でお申し込みください。

位置情報お申込先・お問合先
仙台市ボランティアセンター(社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会)
〒980-0022 仙台市青葉区五橋2丁目12-2 仙台市福祉プラザ4階
TEL:022-262-7294 FAX:022-216-0140
Eメール:sendai-vc☆poppy.ocn.ne.jp(☆を@に変えて)

2020年11月08日(Sun) 動画公開中<みやぎ文化芸術応援事業「トモシビプロジェクト」>宮城の多様な文化芸術に触れよう!


スタッフの大坪です。

宮城県の文化事業
の受託として公益財団法人宮城県文化振興財団が行っている、宮城県内のアーティストを対象とした、みやぎ文化芸術応援事業「トモシビプロジェクト」に選定された動画作品が公開されています。これは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、活動の自粛を余儀なくされた芸術家たちを支援する事業です。

音楽や演劇をはじめとした多様な文化芸術コンテンツに触れることができますよ!


晴れみやぎ文化芸術応援事業「トモシビ・プロジェクト」 動画作品一覧晴れ
http://miyagi-hall.jp/foundation/archives/1986

TV 動画サイトにへのアクセス るんるん

スクリーンショット 2020-11-06 112323.png


みやぎ文化芸術応援事業「トモシビ・プロジェクト」とは?(HPより)

文化芸術の灯を絶やさないための対策として,活動の自粛を余儀なくされたプロのアーティストやスタッフ等の方が制作した動画作品をWeb上に掲載・発信する機会を設けることにより,アーティスト等の活動を支援するとともに,在宅でも県民が文化芸術に触れられる機会を提供します。
※申請受け付けは8月に締め切っています。