CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年10月22日(Thu) 11/8開催「あなたの身近にある依存症」NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会


スタッフの大坪です。
NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会より講演のお知らせが届きました。
福島県郡山市での開催で、なぜ依存をしてしまうのか、身近なものへの依存について、またコロナ禍での依存症の変化について学ぶことができます。

以下概要です。

--------------------------------------------------------------
令和2年度文部科学省委託事業 依存症予防教育推進事業
福島教室
あなたの身近にある依存症
--------------------------------------------------------------

開催日: 令和2年118日(日)14:00~17:10
会場:郡山ユラックス熱海 2F大会議室 
福島県郡山市熱海町熱海2丁目148−2
参加費:無料
定員:120名


〇参加について  
ご協力よろしくお願いいたします!
☆参加者のコロナ感染予防対策として、参加申し込み先着120名様迄とさせていただきます。
☆当日はマスク着用や消毒、検温等ご協力いただくとともに37.5度以上の方は同伴者と共に入場を控えていただきます。
☆緊急の事態が発生した場合は中止等判断しますのでhttps://isonyobou.jimdofree.com/にてご確認ください。
☆開催日以前2週間以内に発熱、咳くしゃみ等具合の悪かった方、また感染拡大地域や国への訪問歴が14日以内にある方は参加をご遠慮ください。

〇新しい依存症予防教育(令和2年度文部科学省委託事業)
依存の問題は、薬物アルコールだけでなくインターネットゲーム等幅広い分野に広がっています。この教室は薬物・アルコールとネット・ゲーム依存をテーマに、私たちのとても身近にある依存症について、一緒に考える教室です。
コロナ禍の中、依存症問題にも新たな問題が出始めています。
ハマってしまう背景に何があるのか、予防には何が必要なのか。みなさんと一緒に考える予防教室です。地域で予防や支援にかかわっている方はもちろん、依存症当事者や家族、そして依存症って何?と思っている方に参加を呼びかけます。

応募フォーム・講演の概要については以下のページをご覧ください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeo14lIJsZC7-VcxQmZU8VG4Di1TfOllVTJOfqW_gW9Uau4WA/viewform

20201021151727_00001.jpg 20201021151736_00001.jpg

〇プログラム詳細
14:00〜 開会あいさつ
14:05〜 薬物依存症当事者(磐梯ダルク)
14:20〜 ネット・ゲーム依存症当事者
     (一般社団法人 グレイス・ロード・ナイトケア事業施設長) 
14:35〜 薬物依存症者の家族(郡山家族会)
14:50〜 「ネット・ゲーム依存とはーコロナ禍での変化」
     (本間史祥 子どものネットリスク教育研究会副代表)
15:25〜 休憩
15:35〜 「薬物依存症とはーコロナ禍での変化」
     (小林桜児 神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
16:10〜 トークセッション  登壇者や関係者等
     (司会・近藤京子一般社団法人オンブレ・ジャパン代表理事)
17:05〜 アンケート記入・閉会(17:10終了予定)

後援団体
福島県、福島県教育委員会、郡山市、郡山市教育委員会

お問い合わせ
TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827 
または、E-mail:yakkaren☆ck9.so-net.ne.jp(☆を@に変えて)

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207



2020年10月21日(Wed) 東日本大震災で被災したキリンビール仙台工場を取材しました〜令和2年度「まいぷろ」の活動に同行しました〜


スタッフの小田嶋です。
宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習支援事業「まいぷろ」では、大学生や高校生の若者が、地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を創っています。
昨年に引き続きサポセンでは、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いしています。

今年度は、宮城野区の沿岸部を中心に「知られざるまちの魅力」などを取材し、「情報発信」を行います。新型コロナウイルスの影響により、活動のスタートが遅れたり、予定していた内容や日程の変更を余儀なくされたりしましたが、現在、グループごとの取材が着々と進んでします。

かわいい10月17日(土)は、尚絅学院高等学校インターアクト部の生徒3名で
キリンビール仙台工場を取材しました!

IMG_6323.JPG
▲今回取材を行った、まいぷろ部員3名

IMG_6294.JPG
▲工場内の機械の大きさに圧倒されながらも、情報発信のための写真の撮影に奮闘しました。

IMG_6296.JPG
▲ビールの缶でなんとWELCOMEという文字が!これはうれしい!

IMG_6321.JPG
▲東日本大震災により、工場内にある大きな貯蔵タンクが被害を受けたと説明していただきました。

IMG_6329.JPGIMG_6322.JPG
▲震災時の様子(左:展示パネルより)と現在の様子(右)

IMG_6308.JPG
▲工場見学ツアーでは、ビールのもととなる麦汁(アルコールは入っていません)の試飲も行いました!

IMG_6314.JPG
▲しっかりリポートするために、どんな味と伝えれば良いか考えながら飲むまいぷろ部員。

IMG_6325.JPG
▲記事にするために、案内員の方に一生懸命質問をしていました。

ひらめき今日の取材が、いったいどのような記事になるか楽しみです
今後もサポセンブログで「まいぷろ」の活動の様子を配信しますのでぜひご覧ください。

位置情報これまでの活動はこちらから→☆☆☆
2020年10月20日(Tue) 12/11〆切!2021年度「POSC社会貢献活動支援のための助成」


スタッフの舞草です。
一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構(POSC)より、助成金情報が届きました。
以下、概要です。

------------------------------------------------------
2021年度「POSC社会貢献活動支援のための助成」
------------------------------------------------------


助成条件
<一般助成>
1.パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決に取り組む事業・研究への支援
2.子どもの健全育成支援
3.昨今の社会情勢により生活に困難を抱えている若い世代(親子を含む)への支援
4.障がいを持つ子どもたちや孤立する高齢者に対する支援
5.日本国内各地の災害被害者の支援や被災地復興のための支援

<特別助成>
1.パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決に取り組む研究機関への、研究成果周知に対する支援

助成対象事業・助成限度額
一般助成 助成限度額1件200万円
特別助成 助成限度額1件300万円

助成対象団体
助成の対象となる団体は、以下の団体に限ります。
〇民間の非営利組織であること(法人の有無や種類を問いません)
〇日本国内に事務所・連絡先があること
〇政治、宗教活動を目的とせず、また反社会的勢力とは一切関わりがないこと
〇金融機関に申請団体名義の口座があること
※個人が単独で運営・実施する事業は対象となりません

対象期間
原則として2021年4月〜2022年3月に展開する事業に対して助成

事業費
〇申請事業の総事業費は100万円以上
〇総事業費には申請事業に要する経費のみを計上(申請団体の職員等の人件費、事務所の貸借費・
水道光熱費などの維持経費は含めない)
〇申請額は総事業費の80%以内(総事業費の20%以上を申請団体が確保する)
〇物品購入費、工事・改修費は、それぞれ申請額の20%以内

提出書類
応募にあたっては、以下の資料を提出してください
必須提出書類
@申請書No.1、No2、No3
A申請団体の概要(役員名簿及び財務状況が分かる財務諸表等含)が記載された資料
任意提出資料
B上記A以外で参考となる資料

申請方法
1.@押印した原本を郵送し、同時にのデータ(Excel)を事務局宛にメールに添付して送ってください。
2.A「申請団体の概要」及びB任意提出資料を原則メールに添付して送ってください。メール添付が困難な場合郵送でも受け付けます。

申請書送付先
〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町16 市ヶ谷見附ハイム103
一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構 事務局
E-mail:josei-jigyo☆posc.or.jp(☆を@に変えて)

問い合わせ先
E-mail:josei-jigyo☆posc.or.jp(☆を@に変えて)
FAX:03-5227-1049
(問い合わせはメールまたはFAXのみ受け付けています)

申請期間
2020年11月9日(月)〜2020年1211日(金)15:00 原本及びデータ必着

2020年度助成金募集要項は、下のリンクからダウンロードできます
https://posc.or.jp/subsidy/2021年社会貢献活動支援のための助成要領.pdf

位置情報2021年度助成金申請書は、下のリンクからダウンロードできます
https://posc.or.jp/subsidy/application.html#download

位置情報一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構HP
https://posc.or.jp/
2020年10月19日(Mon) 会計業務を楽しくスムーズに<NPO会計支援センター>公式テキスト販売中


こんにちは。スタッフの小林です。
NPO会計支援センターより、知識とコツをしっかりおさえて会計を楽しくスムーズに、組織運営に役立てられる、本の発行のお知らせをいただきました。
そもそも、「NPOの会計って?」「NPOも税金を支払うの?」ということから、「お金が合わないときはどうすれば?」「ボランティアにお礼を支払いたいけどどう処理すれば?」「決算ってどういうこと?」「助成金で車を購入したときの処理は?」などなど、具体例を綿密に提示しています。
活動の現場で役立ててみてはいかがでしょうか。

以下、概要です。

---------------------------------------------------------------
「会計がちゃんとできてる」ってどういうこと?
NPO法人会計力検定公式テキスト 発売中!

---------------------------------------------------------------

知識とコツをしっかりおさえて会計を楽しく、スムーズに!組織運営に役立てよう!
目指そう!NPO法人の会計力&信頼度の底上げグッド(上向き矢印)
・会計現場の実務マニュアルに!
・理事やスタッフの勉強会のテキストに!

テキストのレベルは3段階あります。
法人の規模や事業内容、会計担当者の経験等にあわせて幅広くご活用いただけます。

20201012202058_00001.jpg 20201012202108_00001.jpg

●まずはここから!「入門編」
(レベル)NPO法の基本理解、NPO会計に関わる際に必要とされる初歩的な知識の理解
右向き三角11冊1,500円+税(送料別)

●目からうろこの発見がいっぱい!「基本編」
(レベル)継続的ではないが比較的活発に単発の事業を実施しており、人の雇用は発生していないNPO法人において、会計に携わる人が基本編に知っておくべき会計実務に関する簿記3級導入レベルの実践的知識
右向き三角11冊2,000円+税(送料別)

●実務に自信が持てる!「実践編」
(レベル)継続的な収益があり、人の雇用がある一定規模以上のNPO法人において、会計に携わる人が知っていることが望ましい会計実務に関する簿記3級応用レベルの実践的知識
右向き三角11冊1,200円+税(送料別)
全巻6冊セット 6,000円+税(送料別)まとめて購入するとお得です。
*2020年リニューアル!6冊に分かれ、持ち運びやすくなりました!

■ご注文はメールでお願いいたします。
⇒ infok☆npokaikei.com (☆を@に変えて)担当者:松岡宛て
ご注文の際は、以下の内容をご記載ください。
氏名(ふりがな)、申込書籍[入門・基本・実践(分冊1〜6、または全巻セット)]、各冊数、送付先の住所、電話番号、メールアドレス、請求書の宛名(お申込み氏名と違う場合)

≪ 発行:NPO会計支援センター ≫
〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町2-10-26-1111
TEL:0797-26-6535 FAX:0797-61-7385
NPO会計支援センターHP:https://www.npokaikei.com
NPO法人会計力検定HP:https://npoatt.org/

2020年10月18日(Sun) 死にたいほどつらい気持ち、ここで“そっと”おろす「そっとの森」開催!参加費無料


こんにちは。スタッフの小林です。
東北自死・自殺相談センター(とうほくsotto)より、ほっとできる心の居場所「そっとの森」開催のご案内をいただきました。
以下、概要です。

喫茶店--------------------------------------------------------------------------
あなたの死にたいほどつらい気持ち、ここで“そっと”おろしませんか?
ほっとできる心の居場所「そっとの森」開催!

--------------------------------------------------------------------------喫茶店

「そっとの森」は、あなたの死にたいほどつらい気持ちを、そっとおろして休めるやさしい森のような場所を提供いたします。

お茶とお菓子をいただきながら、ゆっくりとした時間を過ごします。
一人で過ごすのも良し、スタッフと話をするも良し、お茶やお菓子を楽しむのも良し。
あなたにすこしでもほっとして過ごしてもらいたい。それが「そっとの森」の願いです。

※参加にあたって
・今般の事情を鑑み、参加者は必ずマスクを着用して下さい。
・マスク着用が難しい事情のある方は、事前にご相談下さい。
・熱のある方、体調不良の方の参加はご遠慮ください。
・「そっとの森」ではスタッフの感染対策指示に従って頂きます。
※コロナウィルス感染症流行の状況によっては、中止と判断する場合があります。
その際は、開催一週間前までにご連絡致します。



日時
1028日(水)・1212日(土)・2021年224日(水)
14時〜16時まで(受付開始13時半)

20201017204251_00001.jpg 20201017204300_00001.jpg

・対象:死にたいほどつらい気持ち、苦悩を抱えている方(定員10名)
・参加費:無料
・場所:浄土真宗本願寺派仙台別院教化センター
・住所:仙台市青葉区支倉町1-26
 *仙台別院さまの駐車場をお借りすることが出来ますが、
  車でおいでの方は事前にお伝え下さい。

・参加申込はあだ名やニックネームや仮名でも構いません。
・下記連絡先まで、事前に参加申込をお願い致します。

<参加申込み・問合せ先> 東北自死・自殺相談センター(とうほくsotto)
・事務局 大野 080-3193-7726
・代表 高橋  090-4880-1203
 FAX:0228-52-3483 (電話、FAX受付時間:9時〜19時)
 MAIL:tohoku.sotto☆gmail.com(☆を@に変えて)
 HP:https://www.facebook.com


2020年10月17日(Sat) 11/1オンライン開催<新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛生活と依存症>薬物依存症を正しく知ろう


スタッフの于楽です。
新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛の中、自宅でついつい飲みすぎたり、 ゲームをしすぎたりしていませんか。様々な状況下で不安やストレスを感じている人もいるかと思います。このようなとき、薬物やギャンブルなど特定のモノや行為にのめり込んでしまう依存症が心配です。

NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会(薬家連・やっかれん)からイベントのお知らせが届きましたので、ご紹介します。

やっかれんは、薬物依存症者を抱える家族・家族会や、薬物依存症者の回復・社会復帰施設を支援している団体です。行政にも、薬物問題対策について提言しています。

以下、イベントの概要です。


2020やっかれんフォーラム----------------------------------------
コロナと依存症 偏見のない社会を
―正しく知って、正しく恐れよう―

---------------------------------------------------------------------

開催日時:111日(日)14:00〜16:00
開催場所:オンライン開催(Zoomミーティング、YouTube配信)

20201015184929_00001.jpg

プログラム:
14:00 開会挨拶
14:10 基調講演
『薬物乱用防止教育とスティグマ「ダメ、ゼッタイ。」からの脱却は可能か』
嶋根卓也氏(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 心理社会研究室長)
14:50 休憩
15:50 トークセッション
    加藤武士氏(木津川ダルク施設長)
    高嶋至氏(東近江ダルク施設長)
    林敦也氏(富山ダルク施設長)
    林隆雄氏(愛知家族会理事長)
    横川江美子氏(薬家連理事長)
    司会:近藤京子氏(オンブレジャパン代表理事)

16:00 閉会

お申し込み・お問い合わせ先
NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会

Tel:03−5856−4824
FAX:03−5856−4827
Email:yakkaren☆ck9.so-net.ne.jp(☆を@に変えて)
2020年10月16日(Fri) コロナ禍で困窮する仙台の路上生活者はいま<TOHOKU360>いづいっちゃんねる


こんにちは。スタッフの松村です。
サポセンは、ローカルニュースサイトTOHOKU360と協働で、インターネット配信番組「いづいっちゃんねる」を制作しています。

いづいmainのコピー.png

毎回ひとつの社会課題をテーマに、仙台市を中心に県内で課題解決に取り組んでいる団体をお招きし、現場で活動する人たちの生の声をお届けします。
「しっくりこない」「居心地が悪い」「モヤモヤする」など、社会のちょっと「いづい」ことにみんなで気づいて、解決に向けた小さな行動を起こすきっかけを見つけられる番組です。


001-thumbnail2.png

8月21日にNPO法人萌友の代表、芳賀 隆太朗さんをお招きして配信した、『路上生活者支援の現場から』を受けて、TOHOKU360編集長の安藤歩美さんらが記事をまとめています。

ぜひ、ご覧ください!

ぴかぴか(新しい)東北の今をみんなで伝える住民参加型ニュースサイトTOHOKU360------------
コロナ禍で困窮する仙台の路上生活者はいま
---------------------------------------------------------------------------------ぴかぴか(新しい)

私は、「ホームレスの問題は、我々と地続きです」という芳賀さんの言葉に、どこか自分ごととして考えていなかった自分に気づかされました。
動画も合わせてご覧いただき、仙台の路上から見えてきた社会の「いづいこと」に触れてみてください。
また、「何か自分にもできないか」と思った方は、記事中やサポログ@仙台から自分に合ったアクションを見つけてみてください。


手(パー)小さなアクションのすすめ(サポログ@仙台)
第1回いづいっちゃんねるLive配信「路上生活支援の現場から」何かしたいという方々へ情報をまとめました

手(チョキ)「何かしたい!」活動に関するご相談
サポセンで随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
TEL 022-212-3010

手(グー)動画を視聴した市民ライターが感想を寄せています。
ホームレス支援の現場の声を聞き、感じたこと<市民ライターレポート配信企画>平塚千絵さん
2020年10月16日(Fri) 10/25 全国一斉ゴミ拾い開催!参加者、イベント主催者も大募集!!


こんにちは、スタッフの水原です。
書籍をツールに、国境を越えた環境活動をしている「つなぐ図書」より、全国一斉ゴミ拾いイベントのお知らせをいただきましたのでご紹介します。

「つなぐ図書」は、「子どもたちの未来に何を残していくか」 をテーマに、環境問題の根本解決に向けた取り組みをしている団体です。

以下、概要です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
SEA DREAM DAY
〜国内史上最大超ゴミ拾い大作戦〜
全国47都道府県一斉ゴミ拾い!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひらめきSEA DREAM DAYとは?
10月25日は、SEA DREAM DAYです。全国各地でゴミ拾いイベントが開催されます。
全国各地で、ゴミ拾いの写真と一緒に「#つなげビニーのゆめ」をつけてSNSに投稿。オンラインで繋げて一つの大きなムーブメントを創ります。

◆日 時:1025日(日)
◆実行者:各自
◆場 所:自由
◆参加方法:ゴミやゴミ拾いの写真を撮って、SNSに「#つなげビニーのゆめ」で投稿

◆参加の仕方は3通り
@全国各地のイベントに参加してゴミ拾いをする。
Aゴミ拾いイベントを自分で企画して開催する。
B個人で、自由な場所で、自由な時間に参加することも可能。

◆参加条件
SEA DREAM DAYへの参加条件はたったの一つ!

『SNSに「#つなげビニーのゆめ」とつけてゴミの写真やゴミ拾いの写真を投稿すること』

これだけです!
これさえすれば、この企画に参加したことになり、ムーブメントを創る一員になれます。

>>>推奨SNS<<<
Twitter・Instagram
〈対応SNSと注意〉
・Twitter…#をつけて投稿してください。
・Instagram…ストーリー、投稿、どちらでもOKです。
・Facebook…投稿でお願いします。
・YouTube…#をつけてアップロードしてください。
・TikTok…#をつけて投稿してください。
・LINE…#をつけて全員に公開で投稿してください。
※鍵アカウントや非公開アカウントの場合、キャンペーンの対象外になる場合があります。

かわいいイベント主催者大募集中!!
10/25にゴミ拾いイベントを主催してくれる方を募集しています!全国どこでもOK!年齢職業何でもOK!個人団体なんでもOK!30分からOK!自由に企画やアレンジOK!
※気候マーチという形でも、ハロウィンイベントという形でも、どんな形であっても開催可能です。その際主催者様から必ず「#つなげビニーのゆめ」とつけてSNSに投稿するお願いをよろしくお願いします。

かわいいどう開催する?
1 集合時間と集合場所、開催時間と開催場所を自由に決める。
  ※面白い企画を考えてみるのもありですね!
2 応募はコチラから⇒★★★
  ※応募後に、イベントページを主催者側で制作し、宣伝の協力を行います。
3 あとは人集めを好きなようにやる(人は集まらなくても開催可能です) 。
4 当日集合時間前に集合場所にゴミ袋を持って行く。
5 集まってくれた人にSNSへの投稿の仕方を説明。
6 ゴミを適切な場所に責任もって捨てたら終わりです。

位置情報詳しくはコチラからご確認ください⇒★★★



2020年10月15日(Thu) 「人事のプロ」であり「地域活動家」多彩な顔を持つ、前川 雅尚さんにお話をお伺いしました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
サポセン機関紙「ぱれっと」では、仙台の街をワクワクさせる人「ワクワクビト」を紹介しています。
ぱれっと11月号で登場するのは、hito-koto代表の前川 雅尚さんです。

DSC04666.JPG
▲画面左が前川さん、右がスタッフ小田嶋

9月1日、換気やマスク着用など、新型コロナウイルス対策をとった上で取材を行いました。

かわいい前川さんは、企業の採用戦略を考えるサポートや、働きやすい社内制度づくり、人事業務の改善など、人事業務に関するあらゆる課題解決を行うフリーランス事業hito-kotoを手掛けています。

また、自身の事業の傍ら、地域の様々な活動にも取り組んでいます。
ローカルニュースサイトTOHOKU360では、通信員として記事を投稿。さらに、TOHOKU360とサポセンが協働で行うインターネット配信番組「いづいっちゃんねる」では、インタビュアーも務めて下さっています。
そのほかにも、働く同年代同士の交流会を企画しているONE TOHOKUのメンバーとしてイベントを開催したり、荒町のファンを作ることを目的とした荒町エリア発信隊として商店街動画を制作したりするなど、幅広く活躍されています。

ひらめき前川さんはなぜこんなにも多様な活動に取り組んでいるのでしょうか?
・地域での活動は、前川さんの人事に関する事業と関連しているのか?
・どうして活動を続けているのか?  …などなど
これまで「いづいっちゃんねる」を通じて前川さんと関わってきたサポセンスタッフも実は疑問に思っていた、様々な質問にお答えいただきましたー!

そこから見えてきた「活動に取り組む理由」は、「人事を支援する事業を立ち上げた理由」と、つながっていることがわかりました。それは一体何だったのでしょうか?
ぱれっと11月号をお楽しみに!

位置情報ぱれっとバックナンバーはこちら→☆☆☆
2020年10月13日(Tue) 11/27オンライン開催<NPO法人に関わる税金について学びましょう!>


こんにちは。スタッフの小林です。
みやぎNPOプラザより、NPO法人に関わる税金についての講座開催のお知らせをいただきました。
以下、概要です。

11/27(金) オンライン開催!−−−−ふくろぴかぴか(新しい)ペンメモ
NPO法人のための税金基礎講座

NPO法人に関わる税金について学びましょう!
この講座では、NPO法人に関係する税金の概要、税金に関する必要な手続きをはじめ、ポイントをわかりやすく学びます。
納税や減免は、自ら申告や申請をしなければなりませんので、「積極的に知ること」がとても大切です。是非、この機会に、税金の基本を押さえましょう!

20201010162210_00001.jpg

●日時:1127日(金) 13:30〜16:30
●開催方法:Zoomによるオンライン講座
●内容:
・NPO法人に関係する税金の概要
 (法人税、消費税、法人市町村民税・法人県民税の均等割 …など)
・法人税が課税される事業とは?
・源泉徴収が必要な謝金とは? …など

●講師:脇坂 誠也さん
 (税理士/脇坂税務会計事務所 所長/認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 理事長)
●定員:30名
●参加費:1,000円(税込) ※お支払い方法は、お申込み時にご案内させていただきます。
●対象:
宮城県内で活動をしているNPO法人及び市民活動団体の代表者、役員、会計担当者など ※パソコンからのメールの送受信可能な方、及びZoom使用可能な通信環境で受講可能な方とさせていただきます。
Zoom初心者の方もサポートいたしますので安心してお申込み下さい。

●申込方法:下記連絡先まで、団体名・参加者名・電話番号・E-mail・Zoomの使用などをご記入いただき、FAX、メールにてお申込みください。
電話での申込みも受付いたします。

●お申込み・お問合せ:みやぎNPOプラザ
〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えて)

≪主 催≫ 宮城県(みやぎNPOプラザ)/ 企画・運営:(特活)杜の伝言板ゆるる