CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年05月22日(Fri) 相談を受付けます!新型コロナウイルス感染拡大による労働・貧困問題について<NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)>

こんにちは、スタッフの舞草です。

新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃は、私たちの生活や働き方に大きな影響をもたらしています。多くの労働者が解雇や減収を余儀なくさせられている今、生活困窮者の増加が社会問題となっています。

今回は、コロナ不況の中で労働問題に幅広く対応しているNPO法人POSSE仙台市支部(仙台POSSE)をご紹介します。

NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)は、宮城県、仙台市を中心に労働相談・生活相談を行っている団体です。

新型コロナウイルス感染拡大により、仙台POSSEには「会社から休業手当が支払われない」「内定が取り消しになってしまった」などの相談が数多く寄せられています。このような状況を受け、4月にはコロナウイルスによる労働問題に直面している方向けに、労働問題に詳しい弁護士による法律セミナーイベント「コロナ不況に立ち向かう労働・貧困運動」をオンラインで開催しました。

休業に関する助成制度は存在するのに、会社が制度を利用しないことで従業員に補償が行き届かないなど、会社の不十分な対応の影響を受けている労働者が数多く存在します。
お話を伺った仙台POSSEの担当者は「あきらめないで相談してほしい」と、泣き寝入りをせずに一緒に活路を開きたいと話します。

コロナウイルスによる労働問題に直面している方、それ以外でも労働や生活のことでお困りの方、一人で悩まずに、仙台POSSEに相談をしてみませんか。


以下、NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)ホームページより
-------------------------------------------------------------------- 
仙台POSSEでは、正社員・非正規・派遣・パート・アルバイトなど雇用形態を問わず、仙台市・宮城県を中心に東北地方全域から、労働相談を電話やメールにて無料で受け付けています。事務所(仙台市内)の近くにお住まいでご希望があれば、お電話等でご予約の上、直接お会いする形での相談も受け付けています。

ひらめき労働相談はこちら
●相談TEL:022-302-3349
(平日17時〜21時、土日祝13時〜17時、水曜日定休)
お電話がつながりにくい場合は、下記メールアドレスにご連絡ください。
メール相談は年中無休
●E-MAIL:sendai★npoposse.jp(★を@に変えて送信)

ひらめき相談フォームはこちら
https://sendaiposseblog.wordpress.com/rodo-soudan/


位置情報NPO法人POSSE仙台支部(仙台POSSE)
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601
2020年05月22日(Fri) 助成金を公募!コロナ給付金寄付プロジェクト<コロナ給付金寄付実行委員会>団体や企業、個人を支援

こんにちは、スタッフの水原です。

公益財団法人パブリックリソース財団から、
助成金のお知らせが届きましたのでご紹介いたします。

コロナ給付金寄付プロジェクト」は、ヤフー株式会社、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク、公益財団法人パブリックリソース財団、専門家有志とともに発足しました。

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として政府から一律給付される10万円を、資金的援助を必要としている団体や企業、個人を支援したいと考えている方にご寄付していただきます。それを原資とし、公益財団法人パブリックリソース財団が助成金の交付を行います。


<助成金の公募情報>

第1回助成の公募情報を公開中です。本プロジェクトでは、4つの基金をご用意しております。該当する基金を選択してください。

■第1回助成 公募期間:2020年518日(月)〜 525日(月)

〇医療分野助成基金 詳細はコチラ→
〇福祉・教育・子ども分野助成基金 詳細はコチラ→
〇文化・芸術・スポーツ分野助成基金 詳細はコチラ→
〇経営困難に追い込まれた中小企業助成基金 詳細はコチラ→

以下の詳細については、コチラからご確認ください
・支援の内容と対象
・応募要件
・審査方法と審査基準
・応募手続き
・応募要項ダウンロードとお問合せ


位置情報問い合わせ:公益財団法人パブリックリソース財団


ひらめきコロナ給付金寄付プロジェクト」は支援を必要とする人と
支援したい人とつなげるプロジェクトです。
支援したい人について、詳細はコチラをご覧ください→★★★

↓↓↓

ひらめきサポセンブログでもご紹介しました。
本当に支援が必要な人々のもとへ<新型コロナウイルスに伴う支援>特別定額給付金寄付プロジェクト他







2020年05月21日(Thu) 本当に支援が必要な人々のもとへ<新型コロナウイルスに伴う支援>特別定額給付金寄付プロジェクト他

こんにちは、スタッフの舞草です。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
感染症緊急経済対策として国から一律に10万円の特別定額給付金が給付されます。
この定額給付金を、本当に困っている人へ届けたいという方々が多くいらっしゃいます。
そこで、新型コロナウイルス感染拡大への対応を支える各種団体の寄附・基金情報をご紹介します。


満月あなたの思いをあしたの支援に〜コロナ給付金寄付プロジェクト

―支援を必要とする人と支援したい人をつなげる―
「寄付したいが、どこに寄付していいかわからない」という声にお応えするため、
ヤフー株式会社、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する
株式会社トラストバンク、公益財団法人パブリックリソース財団、
そして心ある専門家有志のみなさんとともに「コロナ給付金寄付実行委員会」は発足し、
2つの寄付サイトを公開することとなりました。

「医療」「福祉・教育・子ども」「文化・芸術・スポーツ」「経営困難に追い込まれた中小企業」の4分野から選択し、寄付を行うことが可能です。

寄付金額:クレジットカードは100円から、Tポイントは1円から寄付が可能
受付期間:1年間は継続公開し、受付予定。それ以降は実行委員会で協議の上、終了時期決定

寄付・詳細はこちらをご覧ください→☆☆☆

位置情報コロナ給付金寄付実行委員会



満月ピースウィンズ・ジャパンの新型コロナウイルス緊急支援事業
―新型コロナウイルスと闘う日本の医療を守る!―


ピースウィンズ・ジャパンでは人びとの命を守るために全力を尽くされている医療従事者への支援を実施しています。政府などの支援が届きにくい中小のクリニックや、診療所にも支援を届けています。

クレジットカードでのお振込
下記URLにアクセスの上、必要事項を入力してください
https://krs.bz/pwjpr/m/onlythistime?e_1107=35

郵便局でのお振込
最寄りの郵便局で、窓口に設置してある「払込取扱票」または「郵便振替払込請求書兼受領証」に必要事項をご記入の上、お振込みください。
ご記入いただく事項は、下記の通りです。
口座番号:00160-3-179641
加入者名:ピースウィンズジャパン

@金額:ご寄付いただきます金額をご記入ください
A通信欄:特定の支援地への寄付をご希望の場合は、地域名をご記入ください。また領収書が必要かどうかをご記入ください(なお、1000円未満のご寄付については、原則として、領収書は発行しておりません)
※また、通信欄に「新型コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。
Bご依頼人・払込人住所氏名:
必ずお名前、電話番号、郵便番号、住所をご記入下さい。

銀行でのお振込
PWJ活動全般へのご寄付
銀行名:三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義:特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン広報口
トクヒ)ピースウィンズジャパン コウホウグチ
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。
お振込み後に、下記HP問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://krs.bz/pwjpr/m/contact

詳しくはこちらから→☆☆☆

位置情報ピースウィンズ・ジャパン



満月ひとりじゃないよプロジェクト〜コロナ危機で困っているシングルマザーと子どもに支援を!〜

私たちは、困窮する女性や子どもの支援活動をしている団体を支え、広く寄付を呼びかけることが急務だと考えました。政府からの給付金などの寄付を考えている人もいるでしょう。その思いを、困っている女性や子どもの支援につなげられればと思います。(プロジェクトHPより)

寄付方法:「活動団体」のページより団体のURLをクリックし、各団体のHPよりご寄付ください

支援活動団体情報はこちらから→☆☆☆

位置情報ひとりじゃないよプロジェクト


2020年05月19日(Tue) 年度内随時募集!<新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金>


公益財団法人ウェスレー財団より、新型コロナウイルス感染拡大による特別活動支援金のお知らせです。
以下、概要です。

-------------------------------------------------------------------------------
ウェスレー財団では、新型コロナウイルスの感染拡大により、
今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

〇趣旨
ウェスレー財団の設立目的である「キリストの博愛の精神に基づき、国際相互理解を深め、教育を通して国民の心身の健全な発達に寄与し、社会福祉の増進に寄与する」ため、支援金事業を行っています。新型コロナウイルスの感染拡大により、今回特別に緊急救援ならびに人道支援活動に対して支援金を交付いたします。

〇支援対象・期間
新型コロナウイルスの感染拡大により生じる緊急救援、ならびに人道支援(社会的弱者に対する支援、社会福祉向上、児童又は青少年の健全な育成など)に取り組む活動で、2020年4月1日〜2021年3月31日に国内で実施される事業を支援対象とします。

〇申請期間
2020年4月13日〜締切無し2020年66日締切※応募多数のため締切を設けることになりました(6月2日現在)(ただし、2021年3月31日までに実施される事業であること)

〇申請条件
・日本国内で活動する団体(学校を含みます。法人格の有無は問いませんが、すでに支援金申請分野において1年以上の活動実績があること)
・日本の公益に寄与することを目的として、活動の成果を日本国内に還元できる活動
・特定の宗教や教派の布教活動や特定の政治団体の理念に立脚した活動でないこと
・営利を目的とする、またはその結果が直接営利に結びつく活動でないこと
・反社会的な勢力とは一切関わりがないこと

〇支援金額
1件100万円を上限とします。
*申請団体と雇用関係にある人の人件費や通勤費等は申請できません。
*報告時に支出の内容を確認するため、支援金を含めた事業全体の経費について領収書の写し等、証憑書類の添付が必要となります。

〇申請方法
@ウェスレー財団HPより申請書類をダウンロード、固有名詞など必要なところ以外は日本語で作成してください。
A団体の規約、役員名簿、会計報告、事業報告、申請事業予算に関する見積書などの資料があれば添付してください。
B申請書類を当財団に郵送及びメール添付で提出してください。
C申請書類の返却はいたしかねますのでご了承ください。

申請条件や応募の詳細は、申請ガイドをご参照ください。
申請ガイドはコチラ
https://wesley.or.jp/program/Covid19Grants_Guideline.pdf

・特別活動支援金申請書(記入例)
https://wesley.or.jp/information/Covid19Grants_ApplicationForm_HowtoWrite.pdf

・特別活動支援金事業実施報告書(記入例)
https://wesley.or.jp/program/Covid19Grants_Report_HowtoWrite.pdf

事業終了後、報告書をダウンロードし提出してください。

申請書郵送先
〒107-0062
東京都港区南青山6-10-11ウェスレーセンター301ウェスレー財団支援金事業係

〇お問合せ先
下記メールアドレスまでお問合せください
grant☆wesley.or.jp(☆を@に変換)
担当者:生原(はいばら)

申請書フォームや詳細については、コチラをご覧ください。
https://wesley.or.jp/program/news/post-17.html
2020年05月17日(Sun) <せんだい豊齢学園>仙台のシニア世代から動画メッセージ「コロナに負けるな!」


こんにちは。スタッフの小林です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、不要不急の外出自粛や人と一定の距離を保つ「ソーシャル・ディスタンス」など、いろいろな取り組みが行われています。
そのような中で、せんだい豊齢学園事務局からお知らせをいただきました!

以下、概要です。
----

せんだい豊齢学園は、シニア世代がいくつになっても生きがいを持ち、
心豊かに安心して暮らしつづけることができる社会の実現を目指して
平成4年から開講しています。
ともに学び、ともに考え、ともに実践していく生涯学習の場として、
学園生が知識の習得、仲間づくりに励んでおります。

令和2年度せんだい豊齢学園は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、
4月に予定していた入学説明会、入学式は延期。イベントや催事等も中止しています。
そのような中で、この度、豊齢学園生・修了生・豊齢ネットのみなさんのご協力をいただき、
YouTube動画をアップいたしました。

まだ事業再開の見通しはたっておりませんが、これからもみなさんを元気づけ、
感染症拡大防止につながるメッセージを伝えていきたいと思います。
(第2回以降も作成予定です)


手(グー)せんだい豊齢学園・せんだい豊齢ネットワークのYouTube動画手(チョキ)
今回は「コロナに負けるな!」をテーマに作成しました。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=1FBaRPncYvo&feature=youtu.be

hqdefault.jpg

右矢印1『せんだい豊齢学園チャンネル』で検索してもご覧いただけます。




※せんだい豊齢ネットワークとは、少子高齢化が進む中、“シニアの力で仙台を元気にしよう”と各種活動を行っているシニアのグループが集まってできたネットワーク組織です。
加入グループ同士の交流や活動の活性化、加入グループ全体での各種活動のサポートを行っております。

<お問い合わせ> せんだい豊齢学園事務局
(シルバーセンターいきがい推進課いきがい支援係)
TEL022-215-3129 FAX022-215-4140 
https://www.senkenhuku.com/silvercent
2020年05月16日(Sat) 市民活動サポートセンターの再開予定及び貸室の新規利用申込開始等について(5月15日更新)


お知らせ------------------------------------------------------------------------
市民活動サポートセンターの再開予定及び貸室の新規利用申込開始等について
---------------------------------------------------------------------------------


新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、
現在、臨時休館しておりますが、下記のとおり再開します(予定)。
なお、一部サービスは引き続き利用を休止します。
ご理解くださいますようお願いいたします。


1 サポートセンター再開予定について
■ 再開日
 令和2年6月1日(月曜日)
 ※開館時間は、通常どおりです
 ※貸室については、定員の半数程度での利用を要請します

■ 一部利用を休止するサービス内容
(1)フリースペース(5階交流サロンなど)の利用
(2)利用者用パソコンの使用

2 貸室の新規利用申込について
■ 再開日
 令和2年5月18日(月曜日)
 ※感染症拡大防止のため、電話での予約のみ受け付けます(5月中のみ)
 (本申込は、その後来館の上、行ってください)
 ※耳の不自由な方など、電話での会話が難しい方は、FAXでも対応可能です。

 TEL 022-212-3010
 FAX 022-268-4042


■ 利用可能日
 令和2年6月1日(月曜日)以降利用分についての申し込みを受け付けます
 ※臨時休館期間中(〜5月31日まで)の新規の貸室利用申込は受け付けません


3 使用料金の返金について
令和2年2月20日以降の貸室利用について、新型コロナウイルス感染症拡大防止を理由として、予約を取り消した場合は、
既に納付いただいた使用料を全額返金します。
詳しくは、市民活動サポートセンターまでお問い合わせください。


■ 仙台市ホームページ
市民利用施設を順次再開します
【お知らせ】市民活動サポートセンターの再開予定及び貸室の新規利用申込等について
2020年05月15日(Fri) 会計や税務、持続化給付金についてお困りの団体へ!「NPO会計道」ブログの紹介


スタッフの嶋村です。
コロナウイルス感染拡大防止による活動自粛が伴う中、
年度が変わり、総会の準備や決算に追われているNPO法人も多いのではないでしょうか。

脇坂税務会計事務所が運営するブログ「NPO会計道」は、
市民が行う自由な社会貢献活動の健全な発展に会計と税務の面から貢献することを目的に、
NPOの運営に関わる情報を発信しています。

また、昨今様々なメディアで見る持続化給付金についても、
非営利法人が申請するための手順や注意点について、わかりやすく解説しています。
※持続化給付金については、4月18日にサポセンブログで紹介しています。

会計や税務についてお困りの方、新型コロナウイルス関係で疑問点解消の糸口になるかもしれませんので、チェックしてみてください。

位置情報NPO会計道はコチラから→★★★



2020年05月15日(Fri) 動画投稿で応援!<#おうちですずめ踊り>仙台青葉まつり


こんにちは!スタッフの小田嶋です。

新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「仙台青葉まつり」では、毎年5月に開かれています。
例年ですと、たくさんの市民が仙台すずめ踊りを披露していました。
私も昨年は藤崎前でパレードを観覧したのを覚えています。
祭連(まづら)ごとに衣装や扇子、振り付けなど工夫を凝らしたすずめ踊りは、
新緑に映えて本当に華やかでした。

image0.jpeg
▲2019年の様子。東二番町通りにて。

「仙台青葉まつり」のHPはコチラ→★★★


「仙台青葉まつり」を主催する仙台青葉まつり協賛会は、
「今年はみんなで集まることはできないが、自宅ですずめ踊りを踊って欲しい」と、
HP上でダウンロードできるお囃子音源を提供。

この音源で仙台すずめ踊りはもちろん、ダンス、歌、さまざまな楽器などで楽しむ
“あなたの仙台すずめ踊り”の動画投稿を呼び掛けています。

「おうちですずめ踊り」はコチラから→★★★

#おうちですずめ踊り
#青葉まつり
をつけて、Instagram、Twitter、Facebookに動画を投稿することで
気軽にこの企画に参加できるそうです☆

また、投稿された動画を「見る」という参加の仕方もあります。
お気に入りの動画を「いいね」ボタンなどを押して応援してみてはいかがでしょうか?

動画はユニークなものから、熟練の踊り子の動画まで盛りだくさんです。
たとえば…

赤ちゃんを抱きながら踊ってみたり
妖怪アマビエの格好で笛を演奏してみたり
後ろで農作業していたお母さんが急に一緒に踊りだしたり

私は親子二代で踊っている動画がとても印象的でした。
どの動画も、あふれ出る祭りへの愛と、仙台すずめ踊りを絶やしたくないという思いを感じ、胸が熱くなります。

ぜひあなたもSNSへの動画投稿や、投稿動画への応援をしてみませんか?

2020年05月15日(Fri) 市民ライター平塚さんから、これまでの活動を振り返って…<私のあしあと>ぱれっと


こんにちは。スタッフの水原です。

サポセン機関紙「ぱれっと」では、毎月ミニコーナーを4つご紹介しています。
5月号では、市民ライターの平塚千絵さんから、ぱれっとの取材・執筆しての声を投稿いただきましたので、ご紹介します。
平塚さんは、2018年に市民ライター講座を受講した後、自ら「市民ライター」の名刺をつくり、
様々なメディアで取材活動には励んでいます。

icon_palette_ashiato.jpg

------

市民ライター歴1年半で思うこと

サポセンの「ぱれっと」やローカルWebメディア「TOHOKU360」で、取材記事を書いています。
印象深かったのは、「ピースフルヨガ仙台」「一般社団法人ReRoots」といった、東日本大震災の復興支援団体の取材でした。

ピースフルヨガ取材.JPG
▲ピースフルヨガ仙台の代表に取材する平塚さん(右)

双方とも拠点を仙台市に置き、震災直後から現在まで地域密着型の活動を続けています。
東北に住む一人として、今後震災を風化させないためにも、
被災地発の震災復興に携わる取り組みを伝え続けていきたいです。

市民ライター 平塚千絵さん

------

ひらめきぱれっと5月号バックナンバーはコチラから→★★★

晴れ平塚さん他、市民ライターの皆さんの活動について→☆☆☆

ひらめき市民ライター講座2018→★★★




2020年05月14日(Thu) 年度内随時募集!コロナウイルス感染拡大防止活動の支援事業<公益財団法人JKA>


公益財団法人JKAより、コロナウイルス感染拡大防止活動に関する
補助事業のご案内が届きました。

以下、概要です。

-----------------------------------------------------------
「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」
に関する募集のお知らせ
-----------------------------------------------------------


概要
公益財団法人JKAでは、競輪とオートレースの売上の一部で社会貢献のための補助事業を行っておりますが、新型コロナウイルスが、同時に、社会に様々な課題を招き、地域社会に影を落とすことを危惧しております。
こうした状況に対し、少しでもお役に立てるよう、本年度の緊急支援事業として、「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に対する支援」を実施することといたしましたので、お知らせいたします。

1.補助の対象
下記、法人格を有する法人
(財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、特別の法律により設立された法人等)

2.募集期間
2020年5月11日(月)から2020年度内で随時募集
 ※申請後、審査は適宜実施します。
 ※但し、申請金額が、下記総額(予定額)に達した場合は、募集を中止することがあります。

3.補助の対象となる事業
『2020年度補助方針』における「緊急的な対応を必要とする事業」で定められた事業で、かつ下記に該当する事業とする。 
@新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止で命を支える支援・援護活動及び啓発事業
A新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の支援・救援・救助のための物資の整備事業
B新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の救援物資の購入、管理、輸送、供与又は貸与に関する事業

4.補助金額
申請額が100万円以内の場合は1/1(自己負担額なし)。
100万円を超える場合には、査定により、規定に基づく金額(補助率:1/2〜9/10)となる場合があります。
いずれの場合も、申請時は補助率1/1で申請をしてください。

5.補助事業の実施期間
2021年3月31日(水)までを原則とします。

詳しくはこちらをご覧ください。
募集要項ダウンロード⇒https://www.keirin-autorace.or.jp/NEWS/20200508_02.html