CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年02月16日(Sun) 2月の子育て講座<テーマは発達障害・グレーゾーン>子育てサポート楽っこ


こんにちは。スタッフの松村です。
市民活動団体「子育てサポート楽っこ」から、2月の子育て講座のご案内です。
団体は、現役子育て中の5人の母親が「子育てしている人をもっと楽にしてあげたい」と、
2014年から活動しています。
メンバーのうち3人は、知的障がい者(児)施設に勤めていた経験がある保育や福祉の専門家です。
専門的な視点で、同じ子育て中の親の目線で講座を開いています。


以下、概要です。

------------☆子育て講座☆--------------
2月のテーマは、
発達障害・グレーゾーン
------------------------------------------

年に一度は取りあげたいと思っているテーマ。
よくわからないと思っている人も
もっと知りたいと思っている人も
支えたいと思っている人も
一緒になって学んでみませんか?
施設職員の経験を生かしてお話していきます。

楽っこのスタッフは子育て中のママたちです。同じ悩みを感じながらも、
日々子育てを楽にするヒントを探して、皆さんに紹介できればと思っています。
お気軽にお越しください。

20200215204834_00001.jpg

◆対象
仙台市内の乳児〜中学生までの保護者、または保育者。
お子様連れでも保護者(保育者)のみの参加でもOK。
相談中は、お子様を見ている保育士在中。

◆参加費
初回無料、2回目以降300円

☆宮城地区で2回と、水の森1回の月3回講座をしています☆
☆最寄りの場所へ☆
☆ご都合のよい日程へ☆

◆広瀬市民センター
仙台市青葉区下愛子字観音堂5
221日(金)
10:10〜11:40
和室1

◆水の森市民センター
仙台市青葉区水の森4丁目1−1
24日(火)
10:10〜11:40
和室2

◆折立市民センター
仙台市青葉区折立3丁目20-1
25日(水)
10:10〜11:40
和室2

DSC01585.JPG
▲2019年7月の子育て講座の様子

◆お問い合わせ
Mail  racconic14☆gmail.com(☆を@に変えて)
ホームページ→☆☆☆

2020年02月09日(Sun) 発行しました!市民ライターと「まちの今と未来をつくる活動者たちの実践」をまとめました


こんにちは。スタッフの松村です。
5月から、市民ライターのみなさんと1冊の冊子を編集していました。

これまでサポセンの講座に参加したり、相談に来てくださった方々のその後を追いかけ、活動の一歩を踏み出したり、活動をレベルアップさせたりした様子をご紹介するというものです。

この度、無事発行いたしました!
    ぴかぴか(新しい)

image0.jpeg
ぴかぴか(新しい)
もやもや ぐるぐる ぎゅうぎゅう きょろきょろ うずうず しているときに読む本
      ―まちの今と未来をつくる活動者たちの実践から―

本------------------------------------------------------------------------------本

です!

ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


何か地域の課題に気が付いて「何かできないか」と考えている方、
活動に行き詰っていたり、新たなチャレンジをしようと何か悩んでいる市民活動や企業の方々などの参考になるような事例を詰め込みました。

image2.jpeg
▲サポセン玄関 マチノワギャラリー

サポセンで配布の他、市内公共施設、サポセン周辺の一部店舗などにも置かせていただきます。

image1.jpeg
▲無料です!

本書を制作するにあたり、地域で活動する実践者たちを取材し光を当てたのは市民ライターのみなさんです。また、デザインにおいては「So-So-LAB.」にご協力いただき、地元クリエーターのくろさわかなさんが手がけてくれました。
ありがとうございました。

ぜひお手に取っていただき、お役立ていただければ幸いです。

位置情報これまでの活動の様子はこちらから→☆彡☆彡☆彡

2020年02月08日(Sat) 3/18〆切「せんだい豊齢学園」令和2年度入学募集


こんにちは。スタッフの小林です。

せんだい豊齢学園事務局より、令和2年度入学募集のご案内をいただきました。
高齢化社会の中で、シニア世代の地域活動と社会参加がますます必要とされています。
是非この機会に生きがいづくりの学びの場と、交流の場に応募してみませんか!

-----------------------------------------------------------------------------
自分らしい、目標のある人生を!
「せんだい豊齢学園」令和2年度入学案内
-----------------------------------------------------------------------------


せんだい豊齢学園は、シニア世代がいくつになっても生きがいをもち、心豊かに安心して暮らしつづけることができる社会の実現を目指して開講しています。

hourei.jpg

●募集期間:令和2年2月3日(月)〜3月18日(水)[先着順ではありません]
●学園説明会:令和2年2月20日(木)・27日(木)午後1時30分〜
●公開抽選会:令和2年3月23日(月)  
 社会活動コース 午後1時30分〜  
 アクティブライフコース 午後2時30分〜
●会場:シルバーセンター(青葉区花京院1-3-2) ※いずれも予約不要、任意参加


社会活動コース
○応募資格/定員 ※既に学園を修了された方は応募できません。
50歳〜74歳/80名
※多数時抽選 仙台市内にお住まいの通学可能な方
※令和2年4月1日現在の年齢です。

○期間/開設日/時間 ※講座により曜日・時間が変更になる場合があります。
2年間/月曜日/10時15分〜14時45分

○学習日数/受講料 ※1年間の受講料です。別途、教材費・館外学習参加費が必要です。
年間30日(52講座)/年間22,000円


75歳からのアクティブライフコース
○応募資格/定員 ※既に学園を修了された方は応募できません。
75歳以上/40名
※多数時抽選 仙台市内にお住まいの通学可能な方
※令和2年4月1日現在の年齢です。

○期間/開設日/時間 ※講座により曜日・時間が変更になる場合があります。
1年間/月曜日/10時15分〜12時00分
※希望者のみ「選択科目」(13時15分〜 14時45分・有料)があります。

○学習日数/受講料 ※1年間の受講料です。別途、教材費・館外学習参加費が必要です。
年間28日(30講座)/年間12,000円

●開設場所:いずれも仙台市シルバーセンター(青葉区花京院1-3-2)
●募集期間:令和2年2月3日(月)〜18日(水)(当日消印有効)

●応募のながれ:
申込(ハガキ郵送・窓口直接)→事務局から受付のご連絡(電話)→事務局から結果の通知(郵送)
◇お申し込みは、本書類に付属のハガキに63円切手を貼付して郵送ください。シルバーセンター 5階受付窓口でも申し込みできます。(個人情報は、抽選と事務局からの連絡のみに使用します。)
◇学園説明会および公開抽選会は、予約不要・任意参加です。参加の有無は、抽選結果に影響を与えません。
◇抽選結果は、郵送で全員にお知らせいたします。


●4月のスケジュール(予定)
◇4/6(月)入学説明会(受講料振込用紙の配付)午前10時〜10時45分
◇4/27(月)入学式 午前10時〜12時/学園生活について 午後1時15分〜 2時45分

※詳細はコチラをご覧下さい!

≪お問い合わせ先≫ せんだい豊齢学園事務局
公益財団法人 仙台市健康福祉事業団 (シルバーセンターいきがい推進課)
〒980-0013仙台市青葉区花京院1-3-2 仙台市シルバーセンター5階
TEL 022-215-3129 FAX 022-215-4140
mail:ikigai☆sendai-hw.or.jp(☆を@に変えて)
2020年02月07日(Fri) 「国際協力」をやってみませんか? -仕事として、ボランティアで、普段の生活でも- 〜サポセンブックレビュー〜


みなさん、こんにちは。スタッフの于です。

サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します本
今回、ご紹介する本はコチラです本ぴかぴか(新しい)

「国際協力」をやってみませんか?
仕事として、ボランティアで、普段の生活でも

ぱれっと2.jpg

NPO法人「宇宙船地球号」を創設した、仙台出身の国際協力師・山本敏晴さんが、国際協力の世界の全貌を伝えるために著した入門書です。
初心者を相手に1対1で説明する会話形式を取りながら、国際協力についての体系的な知識と活動現場の状況を、5W1H(いつ、だれが、どこで、何を、どのように、なぜ)の順番で章を分けて解説しています。活動経験のない人が持ちがちな、現地に行かないといけないといったような誤解や、国際協力についての「きれいな」イメージなどを一掃して国際協力の世界の実像を、その「汚い」側面(例えば、先進国の途上国への援助は、なんらかのメリットがある時にだけ行うことが多い)も含めて教えています。国際協力における現実的な困難さと「汚さ」に目を向けつつ、世界を変える活動を始めていく方法も紹介しています。
さらに、付録では、「国際協力師」「社会起業家」「世界を治す医師・地球を癒す看護師」になるためのお役立ち情報をたくさんまとめており、これから国際協力に携わることをお考えの方に、ぜひお読みいただきたい一冊です。

-----------------------------------------------
著 者:山本敏晴
発行所:株式会社小学館
発行日:2012年4月16日
-----------------------------------------------

ひらめきポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
2020年02月06日(Thu) 【開催中止】2/24開催!被災地支援事業『杜の子まつり〜あそびの広場in仙台〜』ボランティア募集中!


【団体より開催中止のお知らせがありました】
コロナウィルスによる新型肺炎の発症が日本国内であることから、
開催を中止することになりました。
新型肺炎が一日も早く終息することを願っています。
皆様も健康に気遣い日々お過ごしください。

特定非営利活動法人 せんだい杜の子ども劇場
--------------------------------

こんにちは。スタッフの小林です。
ぱれっと2月号コトハジメ欄で紹介した、NPO法人せんだい杜の子ども劇場からのご案内です。
現在、イベントに向けて準備真っ最中だそうです。
多くのボランティアの方々のご協力をお待ちしております!

猫カラオケ-----------------------------------------アートひらめき
ボランティア募集!『杜の子まつりin仙台』
カチンコかわいい-----------------------------------------サッカーぴかぴか(新しい)

DSC05143.JPG

NPO法人せんだい杜の子ども劇場は、子どもや大人の感性に働きかける様々な事業を通じて、子どもの健やかな成長を支援しています。
今回はイベント運営のボランティアを募集中。内容は、おもちゃのリユース遊び「かえっこバザール」、工作やワークショップ、舞台鑑賞などのお手伝いです。

●活動日時:2月24日(月・祝日) ボランティア時間帯9:00〜19:00
●活動場所:日立システムズホール仙台 
●昼食・交通費:1,000円支給
●申込締切:定員になり次第終了



<お問合せ・お申込み> NPO法人せんだい杜の子ども劇場
〒981-3133 仙台市泉区泉中央4-17-1 TEL / FAX:022-375-3548 
E-mail:office☆senmori.org(☆を@に変えて)

2020年02月05日(Wed) 2/18〆切<車両を必要としている福祉施設・福祉団体、NPOへ>NHK歳末たすけあい車両配分


仙台市共同募金委員会から、令和元年度「NHK歳末たすけあい」車両配分申請についてのご案内をいただきました。
以下、概要です。

車(セダン)車(セダン) ダッシュ(走り出すさま) 車(RV)車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
-----------------------------------------------------------------------------
令和元年度NHK歳末たすけあい車両配分要領 -----------------------------------------------------------------------------

1. 配分対象
車両を必要としている福祉施設・福祉団体(NPO法人も含む)において、下記条件を満たす団体へ配分するものとします。

@ 1 法人1 施設の申請
A地域福祉活動を行っている施設・団体で、将来の維持経営が確実であること
B駐車場の確保が確実にできること
C車両の所有者が個人又は行政でないこと
D車両の使用が介護保険事業に係らないこと
E過去 10 年間で共同募金一般配分の車両整備又は、NHK歳末たすけあい号を受けた施設・団体は除く

2. 配分額
1 法人 1 施設の申請。限度額 150 万円とする。(助成総額 300 万円を予定)

※申請額は、万円単位での決定とします。限度額を超える場合や限度額内であっても千円以下の端数は自己資金となります。
※標準の付属品(AM/FMラジオ、フロアマット、ナンバーフレーム、サイドバイザー)は、お見積りに含めていただいて構いませんが、オプション(ナビゲーションシステム、冬用スタッドレスタイヤ等)については、自己負担となります。
※車両には、「施設・団体名」「本会ロゴマーク」「NHKロゴマーク」「たすけあい号」の表示シールをお願いしております。申請額に、表示シールの金額(税込 30,000 円)を計上して下さい。配分決定後、業者を斡旋いたします。

3. 申請方法
申請書類に必要事項を記入し、所在地の共同募金委員会を通じて応募すること。
 必要書類
 @車両配分申請書
 仙台市共同募金委員会ホームページからもダウンロードができます。
https://www.akaihane-sendai.net
 A平成 30 年度決算書
 B施設・団体の活動がわかる資料
 C申請車両の見積書とカタログを添付

4. 受付期間
令和 2 年 2 月 3 日(月)から令和 2 年 2 18 日(火)まで

5. 選考方法
本事業については、多数の申請が予想されます。審査の際は、必要性が高いこと、より緊急であることが重要なポイントとなります。従って、車両の更新等に関しての特別な配慮は行いませんのでご了承下さい。また、申請書の記入漏れや必要書類の不備は審査対象から外れますのでご注意下さい。

6. 配分決定及び配分金交付
2 月 25 日(火)開催の本会配分委員会での審議を経て配分決定します。配分金は、配分金決定通知後、各市町村共同募金委員会を通して交付します。

7. 贈呈式について
納車に合わせて、NHK仙台放送局において贈呈式を行います。配分が決定となった施設・団体の代表者にご出席をいただきますので宜しくお願いします。

8. 配分事業完了報告書の提出
配分金の交付を受けた団体は、事業完了後「完了報告書」に必要事項を記入し、速やかに提出下さい。

9. 配分事業の広報
配分決定を受けた団体は、事業の実施にあたっては、NHK歳末たすけあいの配分金であることを広報誌等で広く周知すること。

お申込み及びお問い合わせ先
仙台市共同募金委員会(担当:赤間、芦名)
〒980-0022 仙台市青葉区五橋二丁目12-2 仙台市福祉プラザ6階
TEL:022-223-2142 FAX:022-262-1948

※多数の申請が予想されますが、審査の際は、必要性が高いこと、より緊急であることが重要なポイントとなります。また、申請書の記入漏れや必要書類の不備は審査対象から外れますので、ご了承下さい。

2020年02月04日(Tue) 荒町商店街マップ配布中!「荒町さんぽ」/荒町エリア発信隊


こんにちは、スタッフの水原です。
2月4日は立春。これから春がやってきますね。

さて、「荒町エリア発信隊」から、暖かくなってくるシーズンにピッタリの成果物が届きましたので、皆さんにもご紹介しますぴかぴか(新しい)


荒町さんぽ−名物店主に会いに行こう!荒町商店街MAP−

荒町さんぽMAP..jpg

--------
荒町さんぽ2020新春(令和元年度若林区まちづくり活動助成事業)
発行・編集:荒町エリア発信隊
協力:東北学院大学、荒町商店街の皆様
表紙のイラスト:笑顔絵師こたろ/地図のイラスト:名取茉央
コーディネーター:谷津智里/デザイン:鈴木若子
印刷:ハリウコミュニケーションズ株式会社
--------

荒町を愛する「荒町エリア発信隊」が、若林区荒町の魅力を伝えるフリーペーパーを作成し発行しました。見て楽しい、歩いて楽しい、荒町商店街の魅力がギュッと詰まったマップになっています。
発信隊のメンバーの中には、市民ライターに阿部哲也さんの姿も!「ぱれっと」2月号のワクワクビトでも取材・執筆を担当してくれました

表紙のイラストは、荒町の毘沙門天堂です。
さて、絵の男の子のモデルは誰でしょう?
正解は、荒町を訪れて、名物店主たちに聞いてみてくださいね。

限られた部数のなか、サポセンにも少し置かせていただいています!
まち歩きがお好きな方、まちづくりに興味のある方は、ぜひ、お手に取ってご覧ください。
お持ちいただくのは、お一人様1部ずつでお願いしますひらめき

位置情報荒町エリア発信隊のFacebookはコチラから
2020年02月04日(Tue) ぱれっと2月号発行しました!


こんにちは。スタッフの松村です。
ぱれっと2月号発行しました!

image0.jpeg

●今月のワクワクビト
河原町マルシェ実行委員会 実行委員長
橋 理武さん

河原町商店街の若手メンバーが中心となって結成された、河原町マルシェ実行委員会のキーパーソンを直撃しました!生まれも育ちも河原町っ子、老舗寿司店後継ぎの地域への熱い思いとは?!

演劇 取材を担当したのは、市民ライターの阿部哲也さんです。
取材の様子はこちらから→河原町マルシェ実行委員長 橋さんにお話しを伺いました


●特集
つながりと役割があるまちづくり
Open Villageノキシタ


仙台市北東部に位置する田子地区に、今年オープンした「Open Villageノキシタ」を訪ねました。子ども、高齢者、障がい者、地域の人たちが混ざり合い交流する複合型施設です。企業やNPOなどが協働で運営することでどんなストーリーが生まれているのでしょう?

カメラ 取材を担当したのは、スタッフの鈴木美紀です。
取材の様子はこちらから→役割を担い交流しながら作り出す地域共生の取り組み


●市民活動 突撃レポート!
「医療的ケアが必要な重度障がい児について理解を広めたい」

重度障がい児(者)を支援する会ファーシル

重度障がいがあるお子さんのお母さんが2019年に立ち上げた会です。
最近、サポセンに来館され貸室や相談サービスを活用いただいています。
重度障がい児(者)とその家族のために「居場所」をつくろうと奮闘中です。

目 取材を担当したのは、スタッフの水原のぞみです。
取材の様子はこちらから→互いを知る機会に!<重度障がい児(者)を支援する会ファーシル>にお話しを伺いました

●他にも
サポセンで貸し出ししている書籍の中から、国際協力を仕事やボランティアでやってみたい人への手ほどき書、こども向けイベントのボランティア情報も掲載!

かわいいダウンロードはこちらから→→☆☆彡☆☆彡

取材にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム
2020年02月03日(Mon) 展示「まちをワクワクさせてくれる人、“ワクワクビト”大集合!」 開催中☆


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
現在サポセン1階、マチノワひろばにおきまして
「まちをワクワクさせてくれる人、”ワクワクビト″大集合!」 と題した展示を開催中です。

写真1_マチノワひろば_ぱれっと展示.JPG

題材は、サポセン機関紙「ぱれっと」です。
表紙の「ワクワクビト」というコーナーでは、まちをワクワクさせてくれる活動を行っている人を紹介しています。
「ぱれっと」は、普段からマチノワひろばのチラシラックに配架し、
ご自由にお持ちいただけるようになっていますが、
「より多くの人に興味を持って手に取ってもらいたい!!」という
スタッフの切実な願いにより、奥のフロアにドーンと大きく展開してみました!

写真2_マチノワひろば_ぱれっと展示.JPG
▲今回は特に「ワクワクビト」の活動がわかるような、見出しイラストをつけてみました。

「ワクワクビト」のどの方も、地域の身近な人たちばかりです。
どんな方も、「こうしたらもっとまちが良くなるかな?」とか「少しでも誰かの役に立てたら」というちょっとした思いから活動を始めています。

ぜひ「ぱれっと」を手に取ってお読みいただき、
気になった活動や団体があれば、お気軽にサポセンスタッフまでご質問ください♪

-------------------------------------------------------------------------
展示期間:2020年131日(金)〜229日(土)
展示場所:仙台市市民活動サポートセンター1階 マチノワひろば
展示している「ぱれっと」はご自由にお持ち帰りいただけます。

-------------------------------------------------------------------------
ご来館をお待ちしております!!

2020年02月02日(Sun) 第5回「サポセンフライデー」を開催しました!&次回予告


こんにちは。スタッフの松田です。

サポセンには、地域の課題解決や地域の魅力向上に取り組む人たち、そしてそれを支える市民の皆さんが多数来館しています。 そんなサポセンユーザー(来館者)の皆さんが、気軽に集まり、交流できる場が「サポセンフライデー」です。奇数月の最終金曜日の夜に、サポセン1階マチノワひろばで開催しています。

1月31日(金)に開催したフライデーは新年会として開催。
当たり年である「子年」「丑年」の方々を中心に、老若男女問わず22名の方々が集まりました。当たり年に該当しない方も参加できるサポセンフライデーには、リピーターも多く、家庭(第一)でも職場(第二)でもない第三の場所として好評をいただいています。

参加者の中には、フライデーを通じて意気投合しプライベートでも交流を行っている方や、サポセン主催の他のイベントや市民活動に参加する方も増えています。
フライデーの一番の楽しみは、ソフトドリンク飲み放題・駄菓子食べ放題です。
駄菓子をいただきながら、昭和生まれと平成生まれの大学生との間にはジェネレーションギャップが発生し、多様な会話が繰り広げられていました。

DSC00443..JPG
▲囲碁を通じて交流の輪が広がっていました。ボランティア団体、碁ランティアの先生(写真左)に教わろうと、対戦相手はひっきりなし。

人形劇やウクレレを披露する方も参加。
みなさん思い思いのスタイルで気楽に楽しんでいました。

DSC00447..JPG
▲(写真左)子ども病院や小学校で、人形劇をボランティアでやっている方です。季節柄、「節分」の昔話を披露してくれましたよ。おもしろかった〜!
※ぜひ、ボランティアに来て欲しい!という方は、サポセンまでご連絡ください。お繋ぎいたします。

DSC00446..JPG
▲今回はネパールからの留学生が参加。そこに、普段外国人に日本語を教えている方が偶然参加していて活発に交流していました。

次項有次項有3月のサポセンフライデーのお知らせ------------------------------------
■日 時:327日(金)19:00〜20:00 (18:45開場・入退場自由・申込不要)
※当たり年「寅年」「卯年」
■会 場:仙台市市民活動サポートセンター1Fマチノワひろば
■参加費:無料(ソフトドリンク飲み放題・駄菓子食べ放題)

※注意事項
●宗教や政党またはそれに類似した団体等への勧誘、商品の販売、ネットワークビジネスの勧誘等は禁止です。そのような行為を見かけた方は、スタッフまでお知らせください。
●当日の様子は、サポセン発行の「ぱれっと」やブログなどで発信する予定です。 写真に写りたくない方は受付時にお申し出ください。撮影NGの表示札をお配りします。
●参加者の皆さんの撮影・発信も自由としますが、撮影NGの表示札をお持ちの方へご配慮をお願いします。また、個人のお名前や発言内容を発信する際は、ご本人の許可を得るようにしてください。