CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年06月 | Main | 2014年08月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2014年07月20日(Sun) 9/27開催<いざという時、役立つ知識を身につけておこう>災害ボランティア入門@ピースボートセンターいしのまき


ピースボート災害ボランティアセンターより、災害ボランティア入門講座のご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際はぜひご利用ください。
以下、概要です。

==============================================
自分を守る 大切な人を守る 災害ボランティア入門
学ぶこと、知ることが、いつか「誰か」を支える一歩になる

「災害ボランティア入門」とは?
個人でできる災害への備えや災害支援に関する一般知識、被災地での注意すべきケガや病気、出発前から活動後までの心構えなどについて学ぶ講座です。
誰にでも必要な知識を今から身につけておきましょう。
※全国各地で開催しています。

日時:2014年9月27日(土)13:00〜16:30
場所:ピースボートセンターいしのまき
   住所:宮城県石巻市1丁目5-21
   アクセス:石巻駅から徒歩10分
定員:20名 ※最少催行人数5名
参加費無料/予約制

プログラム内容(所要時間:約3時間30分)
<第1部>自分が被災した場合
・災害支援の一般知識
・緊急時の対応
・被災者同士の配慮
<第2部>支援する場合
・ボランティアとしての心構え/被災者への配慮
・注意すべきケガ、病気、自分たちの安全管理
・過去の事例から学ぶワークショップ
<第3部>日常からできること
・個人でできる災害への備え
・地域活動を活かす方法
・自分でできるボランティア活動

ご予約・お問い合わせはコチラ
TEL:0225-25-5602(10:00〜18:00/金曜定休)
オンラインでも受付中→http://pbv.or.jp/

主催:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター
==============================================


2014年07月19日(Sat) 南三陸の小さな漁村を追ったドキュメンタリー映画「波伝谷(はでんや)に生きる人びと」宮城県沿岸部縦断上映会開催


宮城県南三陸の海沿いにある小さな集落「波伝谷(はでんや)」。
監督の我妻和樹さんが、2008年3月から2011年3月11日まで波伝谷に生きる人々の日常を撮り続けたドキュメンタリー映画「波伝谷に生きる人びと」が、この夏宮城県沿岸部を縦断して上映されます。
震災後の今は貴重な映像となった部分もあると思います。
この機会にご覧になってみてはいかがでしょう。

==============================================
波伝谷に生きる人びと 宮城県沿岸部縦断上映会
舞台は南三陸の小さな漁村 海の恵みを一身に受け
地域と深く関わりあいながら 生きている人たちの物語

7月27日(日) 山元町 山元町中央公民館大ホール
 13:00開場 13:30開演(定員180名)

8月2日(土) 亘理町 亘理町立図書館視聴覚ホール
 13:30開場 14:00開演(定員100名)

8月3日(日) 名取市 名取市文化会館小ホール
 14:00開場 14:30開演(定員180名)

8月9日(土) 仙台市 七郷市民センター会議室
 16:30開場 17:00開演(定員100名)

8月10日(日) 塩竈市 塩竈市公民館大会議室
 13:00開場 13:30開演(定員150名)

8月16日(土) 東松島市 東松島市コミュニティセンター会議室
 15:00開場 15:30開演(定員100名)

8月17日(日) 石巻市 みやぎ生協文化会館アイトピアホール
 13:00開場 13:30開演(定員120名)

8月30日(土) 女川町 女川町総合運動場体育館柔道場
 17:30開場 18:00開演(定員100名)

8月31日(日) 登米市 迫公民館大会議室
 13:00開場 13:30開演(定員100名)

9月5日(金) 南三陸町 南三陸ポータルセンター交流館
 17:30開場 18:00開演(定員80名)

9月6日(土) 気仙沼市 リアス・アーク美術館HV ギャラリー
 1 回目 10:00開場 10:30開演(定員80名)
 2 回目 13:30開場 14:00開演(定員80名)

入場無料

<事前予約&問合せ>
主催:「波伝谷に生きる人びと」上映実行委員会(ピーストゥリー・プロダクツ内)
TEL:080-9010-8326
MAIL:hadenyani_ikiru★yahoo.co.jp(★を@に変換)
WEB:「波伝谷に生きる人びと」facebookページ
==============================================



2014年07月18日(Fri) <自分のまち”せんだい”を知ろう!>仙台市を深堀り!「せんだいMINING REPORT(マイニング リポート)」創刊


仙台市が、「せんだいMINING REPORT(マイニング リポート)」を創刊しました。
仙台市に関わりの深い統計データなどをできるだけわかりやすく分析し、仙台の現状や課題を広く伝えることを目的にしています。
年3〜4回発行で、次号は秋頃の予定だそうです。
仙台市ホームページから、PDF版がダウンロードできます。
http://www.city.sendai.jp/news/2014/d/1214233_2395.html

「MINING(マイニング)」とは、統計用語で「深掘り分析」という意味。
また、仙台にかかわるさまざまなデータを掘り下げることで、仙台の現状や課題を明らかにし、このまちで起きていることを一人一人が自分のこと(マイン)にしましょう、というメッセージも込められているそうです。

市民活動においても、調査は重要です。
現状は?課題は?原因は?
調査によってこれらを明らかにすることで、より効果的な事業を展開していくことができます。
自分で調査分析を行うのはなかなか大変ですが、このような他の調査結果を参考にするのもアリだと思いますよ。


2014年07月17日(Thu) 7/20〜8/10開催 多様な性にYES!虹色七夕


8月6・7・8日には、仙台七夕まつりが開催されます。

サポセン5F展示スペースでも、7月20日〜8月10日まで、願いを込めた「七夕」が飾られます。
開館時間内なら、どなたでも無料でご覧いただけますので、この機会にぜひサポセンに足をお運びください。

==============================================
七夕特別企画展示 多様な性にYES! 虹色七夕
Lesbian/Gay/Bisexual/Transgender/etc…多様な性にYES!


レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなど、多様な性の当事者たち。
なかなか存在が見えづらいですが、東北にもたくさんの当事者たちが生活しています。
本企画「多様な性にYES! 虹色七夕」では、そんな東北の当事者たちが制作した七夕飾りを展示します!
多様性を認め合い、尊重し合って暮らせる社会を願って……

期間:2014年7月20日(日)〜8月10日(日)
   9:00〜22:00(月〜土)9:00〜18:00(日・祝)
   ※7/23(水)は施設休館日
会場:仙台市市民活動サポートセンター
   5F展示スペース
入場無料
主催:♀×♀お茶っこ飲み会・仙台

詳細はこちらをご覧ください
東北レインボーSUMMER「多様な性にYES! 虹色七夕」

共催:東北HIVコミュニケーションズ/Anego/やろっこ/SMILE/東北DEアソビ隊/東北大学セクマイサークル虹色みとこん/東北福祉大学LGBTサークルBLENDA/東北芸術工科大学LGBTサークルstArt
協賛:青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル/スクランブルエッグ/レイプクライシス・ネットワーク/Osora ni Niji wo Kake Mashita/性と人権ネットワークESTO/岩手大学公認セクマイサークル pPoï/てんでん宮城/レインボーアーカイブ東北/宮城大学LGBTサークルLicht/みどり虹色茶会/ほか
==============================================


2014年07月16日(Wed) 募集〆切9/16 第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(関連事業)事業募集


2015年3月14日〜18日まで、ここ仙台市で開催される、第3回国連防災世界会議のパブリック・フォーラム(関連事業)事業募集がはじまりました。
募集概要は以下の通りです。

==============================================
第3回国連防災世界会議 パブリック・フォーラム(関連事業)事業募集

パブリック・フォーラムの実施目的
パブリック・フォーラムは、国連防災世界会議の開催意義である災害に強い国やコミュニティづくりに寄与するため、広く防災に関する関心を高めることを目的に実施するものとします。
あわせて、未曽有の被害をもたらした東日本大震災の被災地である仙台・東北を会場とすることから、震災から得られた教訓や復旧・復興に向けた取り組みを共有するとともに日本をはじめ世界の防災に関する最新の知見を集約し、世界の防災文化の発展に寄与することを目的とします。

募集概要
1.募集する事業の実施期間
平成27(2015)年3月14日(土)〜18日(水) (本体会議の開催期間中)

2.募集する事業の種類 と内容
@ シンポジウム、セミナー、フォーラム、報告会・発表会など会議形式のイベント
A 防災・復興に関する展示(ブース出展)
B ポスター展示等
(事業の内容)
 次のいずれかに該当するもの
 ・東日本大震災の経験から得られた復旧・復興にかかる知見の共有を含む、防災に関する先駆的な優良事例を内容とするもの。
 ・国際的な防災・減災の指針である兵庫行動枠組(HFA)に関連するもの。
 ※パブリック・フォーラムは第3回国連防災世界会議の関連事業であり、外国からの参加者も見込まれます。事業の実施にあたっては、外国人にも英語で内容が理解できるようなご配慮をお願いします。

3.応募手続
申込は、受付期間中に第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会事務局のホームページからご応募ください。
※応募にあたっては、英語と日本語を併記することとします。
※必要に応じ、事務局より追加書類の提出等をお願いする場合があります。

4.スケジュール
募集開始:平成26(2014)年7月上旬
募集締切:平成26(2014)年9月16日(火)17時 [日本時間]
採否通知:平成26(2014)年10月31日(金)

5.お問い合わせ
メールにてお問い合わせください。
第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会事務局:info★hostcity-sendai.jp(★をに変換)
ホームページ:

公募要項ダウンロード・申込はこちらから

==============================================

2014年07月14日(Mon) 「7.9南陽市豪雨災害ボランティアセンター」と「南木曽町災害ボランティアセンター」が活動中


台風第8号及び梅雨前線の影響に伴う7月6日からの大雨等により被害をうけた山形県南陽市・長野県南木曽町で、災害ボランティアセンターが設置され、ボランティアを受け付けています。

7.9南陽市豪雨災害ボランティアセンター
南陽市の赤湯地区を中心に床上床下浸水の被害が出ている南陽市では、次のとおり災害ボランティアセンターが開設されました。ボランティア活動希望の方はお電話で事前に申し込みをお願いします。また、混乱を避けるため、可能な方は、団体・個人に関わらず「ボランティア事前受付簿」に事前に記入の上、当日受付にお持ちください。
南陽市社会福祉協議会HP→http://www.nanyoshishakyo.or.jp
・問い合わせ
 ボランティア活動受付専用ダイヤル 080-5070-9876(8:00~18:00)
 その他のお問い合わせ TEL:080-5070-9535(8:00~18:00)
 メール:0709nanyovc★gmail.com(★を@に変換)
・受付 9:00〜15:00(活動終了)
Facebook→https://www.facebook.com/nanyoshi7.9vc
twitter→https://twitter.com/79nanyovc

南木曽町災害ボランティアセンター
現在、町内、近隣市町村の方を対象に、ボランティアの募集を行っています。泥の片付けなどができる服装、長靴、タオル、帽子、軍手、昼食など用意の上、南木曽会館までお越しください。
南木曽町社会福祉協議会HP→http://www.nagisosyakyo.or.jp/
・問い合わせ TEL:0264-57-3808
・ボランティア受付時間:8:30〜13:00頃まで
・ボランティアセンター開設時間:8:30〜17:00



2014年07月13日(Sun) <事務局業務の軽減や、広報力UPに役立つ!>ついに「Google for Nonprofits 」が日本上陸!〜Google社のNPO向けプログラム〜


7月10日、米英で運用されているGoogle社のNPO向けプログラムが日本上陸しました。
事務局業務の軽減や、広報力UPに役立つ、とても魅力的なプログラムですよ。
プログラムの概要を、5つのポイントにまとめてみました。

@You Tube 画像に団体へのリンクが自由に貼れる
 You Tubeに自分の団体の動画をUPしている方、いませんか?
 その魅力的な活動動画から団体ホームページへのリンクが設定できます。
 (キャンペーンページや寄付画面など、自由に設定できます。)
 映像を見て共感した人が、スグにイベントに参加する・会員になる・寄付するなどのアクションをとりやすくなりますよ。
AYou Tube上に団体の特設ページが作成できる
 You Tubeにいろいろ動画をUPしている方、動画をまとめて紹介できたらいいですよね!
 団体を象徴するトップの写真と団体名を示したページに、自団体の活動動画をまとめて一覧できるようになります。このページを紹介すれば、動画ごとにリンクで紹介する必要がなくなります。
BYou Tube Space Tokyoを活用できる
 一定数以上の閲覧数を獲得できれば、六本木ヒルズにあるYouTube Space Tokyoで行われる映像撮影、編集の研修プログラムに参加できたり、このスタジオでの撮影や編集をできるようになります。
Cビジネス向けGoogle Appsが無料で使える
 有料サービスのビジネス向けGoogle Appsが、無料で使えます。
 これによって、セキュリティ管理や共有設定などが、組織全体で一括管理できるようになり、事務局業務(ロジ)がIT化されて、とっても便利になります。
 Sales forceのNPO無料版との連動も可能です。
DGoogle Earth Proが無料で使える
 Google Earth Proとは、衛星からみた画像に自由に書き込んだり、色つけたりして活用できる機能です。  
 被災地域の活動団体などは超便利になる気がします。被災地ツアーの企画の際などに良さそうですね。ほかにも、国際協力系や環境団体、アウトドアイベントをやる団体も活用できそうです。


NPO法人ファンドレイジング協会のホームページでは、「NPOのファンドレイジングにいろいろと活かせるその機能、その主な魅力」として、もう少し詳しく紹介されているので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。
http://jfra.jp/2014/07/10/google_for_nonprofits/


最後に、申込について
以下の3要件を満たした団体は、Google for Nonprofitsのページから申込みするだけです。
@ 特定非営利活動法人、公益法人、社会福祉法人のいずれかの法人格を有していること
A 政府機関、病院・医療機関、学校・学術機関、保育施設でないこと
B TechSoup Japanに団体登録されていること

申込みはこちらから
Google for Nonprofitsのページ→http://www.google.co.jp/nonprofits/


2014年07月12日(Sat) 募集〆切8/10<ボランティアをしながら、気仙沼本吉の魅力も体感できる>小泉自然楽校 夏の減災キャンプ ボランティアスタッフ大募集


東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城より、「夏の減災キャンプ」ボランティアスタッフ募集のお知らせをいただきました。
(昨年夏、サポセンスタッフが「減災交流キャンプ」の様子を取材した記事はこちら→
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、ご利用ください。
以下、概要です。

==============================================
あなたのチカラが復興の力になる
小泉自然楽校 夏の減災キャンプ ボランティアスタッフ大募集


◆ボランティア期間:2014年7月19日〜2014年8月31日
◆募集期間:2014年6月1日〜2014年8月10日
◆活動内容:自然体験・減災体験キャンプ・合宿サポートボランティア
小泉自然楽校での自然体験、減災キャンプ活動の中で、ドームハウス避難所体験、野外炊飯体験、薪風呂体験、水汲み体験、仮設トイレ体験やボランティアとしては、仮設海の家の家設置設営、プライベートビーチ清掃整備、畑での夏野菜管理収穫を円滑に行うためのサポートスタッフとして入って頂きます。
※気候(警報発令時)等、危険を避けるためボランティア活動を中断・中止する場合もあります。
※ご希望の日時で定員に達した場合は、ご予約を受け付けられない場合があります。
※当日の現場状況により、予定の作業場所を急きょ変更することもあります。
※ゴミは各自でお持ち帰りください。
◆対象者
 ・平成26年6月現在、満12歳以上(中学生以上)の方で心身ともに健康な方
  ※中学生・高校生は未成年保護者承諾書が必要です
 ・現地集合、現地解散ができる方 ※最寄駅からの有料送迎も可能です
 ・自己管理、自己責任において減災体験活動、避難所体験活動ができる方
 ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方
◆定員:男性20名 女性20名
 ※中学校、高校、大学のPTA会、健全育成会、部活動、サークル、ゼミ等のグループ参加も可能
◆滞在施設場所:宮城県気仙沼市本吉町小浜自然楽校
 ※小泉自然楽校のブログ→http://ameblo.jp/koizumishizengakkou/
◆現場事務所住所:宮城県気仙沼市本吉町平貝8-3
◆最寄駅:陸前小泉駅(BRTバス)
 ※事務所まで徒歩1分、小泉自然楽校まで徒歩10分
◆申込み
「2014夏休み小泉自然楽校減災体験ボランティア参加者募集の件」と件名に記載し、名前、電話番号、Wordを受信できるアドレスを本文に記載の上、
koizumisizengakukou★gmail.com(★を@に変換)
までメールでお申込みください。こちらから登録シートを添付しますので、必要事項を記入欄に記載して返送いただき登録完了となります。
◆ボランティア事務局:東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
◆ボランティア問合せ:TEL 080-4764-6535(担当:井谷)
◆現地問合せ緊急電話:TEL 070-5058-1023
==============================================


2014年07月10日(Thu) 展示期間8/2〜9/28 2011.3.11大津波に襲われた沿岸集落で、かつて聞いた≪いいつたえ、むかしばなし、はなし≫


みやぎ民話の会「民話 声の図書室」プロジェクトチームより、パネル展示のご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、ご利用ください。
以下、概要です。

==============================================
2011.3.11大津波に襲われた沿岸集落で、かつて聞いた
≪いいつたえ、むかしばなし、はなし≫


みやぎ民話の会「民話 声の図書室」プロジェクトチームでは、「みやぎ民話の会」が40年にわたって記録してきた、宮城を中心とする民話語りの映像・音声をデジタル化し、「民話 声の図書室」として公開していくための活動を行っています。
今回は、2011年3月11日の大津波によって、大きな被害をこうむった県内沿岸集落で、かつて聞きとった話を、地域ごとにパネルで展示いたします。今回は南三陸町戸倉と石巻市雄勝町周辺の浜で聞いた話を紹介いたします。

【第一期】
期間:2014年8月2日(土)〜8月8日(金)
時間:9:00〜22:00(※最終日は17:00まで)
会場:せんだいメディアテーク 1fオープンスクエア

【第二期】
期間:2014年8月9日(土)〜9月28日(日)
時間:9:00〜22:00
会場:せんだいメディアテーク 7fラウンジ
※8月28日、9月25日は休館日

主催:みやぎ民話の会「民話 声の図書室」プロジェクトチーム/せんだいメディアテーク
お問い合わせ:せんだいメディアテーク 企画・活動支援室
       TEL:022−713−4483 FAX:022−713−4482
==============================================


2014年07月08日(Tue) 7/18〆切<日頃の練習の成果を発表して、市民の皆さんにも楽しんでもらいましょう>仙台クラシックフェスティバル2014地下鉄駅コンサート出演者募集


「せんくら」の愛称で親しまれている「仙台クラシックフェスティバル」。(「せんくら」について→
仙台駅・旭ヶ丘駅構内で開催するプログラム「地下鉄駅コンサート」の出演者を募集中です。
サポセン1F情報サロンに募集要項と申込書がありますので、お立ち寄りの際はご利用ください。

==============================================
仙台クラシックフェスティバル2014
地下鉄駅コンサート出演者募集

今秋開催する「地下鉄駅コンサート」の出演者を募集しています!
市民の皆さんが気軽に立ち寄れるコンサートで、日頃の練習の成果を発表してみませんか?

◆開催日・会場
 2014年9月27日(土)・28日(日) →仙台市地下鉄 仙台駅
 2014年10月4日(土)・5日(日) →仙台市地下鉄 仙台駅・旭ヶ丘駅
◆スケジュール
 11:00〜16:00実施予定です。1団体あたりの演奏時間(MC等も含む)は30分です。
◆演奏ジャンル・演奏形態など
 クラシック(童謡・唱歌も可)。独唱、重唱、合唱、ピアノ又は弦楽器、管楽器、打楽器(いずれもソロまたはアンサンブル)
◆参加料:無料
◆応募資格
 コンサート実施日に参加が可能な個人または団体で、原則として仙台市内および周辺地域に活動拠点があること。プロ・アマは問いません。
 営利、宗教、政治を主な目的とする団体は対象となりません。
◆選考について
 公演数に限りがありますので、駅で演奏するものとしてふさわしいか、多くの方になじみのあるプログラムか、出演可能な日程かなどを総合的に検討し、出演していただく団体(個人)を決定いたします。
 選考は、書類のみで行います。
◆当日の準備物
 楽器、譜面台、その他演奏に必要な機材、小物類などをご準備ください。
 服装は自由です。
【会場に設置されるもの ※主催者準備物】
 団体名・演奏曲目の掲示版
 仙台駅:クラビノーバ、トーク用マイク、演奏を拡声する音響機材
 旭ヶ丘駅:グランドピアノ、トーク用マイク
◆その他
 出演日程と場所は、主催者が指定いたします。
 会場でのリハーサルはありません。
 駐車場はありません。
 会場ごとに控室をご用意いたします。
 事前説明会はありません。出演団体には、後日資料をお送りいたします。
 この地下鉄駅コンサートには、応募のあった中から選ばれた個人や団体のほかに、主催者が別に選定する団体も参加する場合があります。
◆申込締切:2014年7月18日(金)必着
せんくらウェブサイトの他、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)、イズミティ21などの公共ホール、仙台市市役所1階市民のへや、各区役所総合案内などに設置の申込用紙でもお申込みいただけます。
せんくらウェブサイト→http://sencla.com/index.php
◆問い合わせ・申込先
(公財)仙台市市民文化事業団 事業課事業企画係
 〒981-0904
 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台内
 TEL:022-301-7405(平日9〜17時) FAX:022-727-1874 
==============================================