CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年04月 | Main | 2014年06月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2014年05月20日(Tue) <震災後、福島から仙台に来た親子対象>おしゃべりしてリフレッシュしませんか?〜ふくしまママの会 きびたん's のびすく泉中央〜


一般社団法人マザー・ウイングより、サロン開催のご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際はご利用ください。
以下、概要です。

============================
ふくしまママの会 きびたん's

震災の影響で福島県から仙台市に転入してきた親子向けのサロンを開催します。リフレッシュに、おしゃべりをしに、ママ友作りにいらしてみませんか?
仙台で子育てするママ同士つながりあいましょうるんるん

対象:東日本大震災の影響で福島県から転入してきた乳幼児親子
定員:15組(事前申込)
参加費:無料
場所:のびすく泉中央 活動室1,2
時間:10:30〜12:30
日程:6月25日(水)
   7月17日(木)
   8月27日(水)
   ※毎月開催

お申込み・お問い合わせ
仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央 指定管理者
一般社団法人マザー・ウイング
TEL:022-772-7341
  (月曜日・祝日の翌日を除く10〜17時)
============================


2014年05月19日(Mon) 5月18日シニア専門相談のご報告

こんにちは。シニア活動アドバイザーの小林です。

平成26年度最初の専門相談の実施ご報告です。
5月18日(日)に、「病院に入院されている子どもたちや、その家族へのボランティア活動に関心がある方の個別相談会」という、テーマで実施いたしました。

今回の専門相談員には、ドナルド・マクドナルド・ハウスせんだい、ハウスマネージャーの 中島康志さんにお越しいただきました。
20140518 003.JPG
▲相談員の中島康志さん

今回の参加者は女性4名でした。
@仙台に来る以前から、ボランティア活動をしている方。
A看護ヘルパーの活動をしている方。
B傾聴や、患者を支える家族の支援活動をしている方。
C児童館で子どもの支援活動をしている方。
みなさん子どもが大好きで、新たに「病院に入院している子どもたちや、その家族への支援活動」に、参加意欲のある素敵な女性たちでした。
20140518 002.JPG
▲和気藹々とした相談中の一コマ

ご相談や情報提供の結果、それぞれが日程調整のうえ「ドナルド・マクドナルド・ハウスせんだい」と、連携先である「宮城県立こども病院」のボランティア活動に見学・体験していただくことになりました。揺れるハート

当シニア専門相談の意図・目的であるところの、活動への関心や参加につながり大変うれしく思っております。本日は「青葉まつり」の中、相談員の中島さん、ご参加いただいたみなさま、大変ありがとうございました。

次回は、7月19日(土)に開催予定しております。詳細は、当ブログやご案内チラシにて、ご期待ください!
お申し込みをお待ちしております。わーい(嬉しい顔)

2014年05月18日(Sun) 震災復興支援活動記録誌 第3弾「3.11からの支援のかたち―仙台の復興支援活動2013―」発行しました


仙台における「3.11からの支援のかたち―仙台の復興支援活動2013―」が完成しました。

311支援のかたち.JPG
「はじめに」より 抜粋
今年で3年目となる復興支援報告書『3.11からの支援のかたち』。
これまで、多くの市民活動団体が活動した記録を一つひとつ丁寧に取り上げ、仙台市民はどんな活動を行ってきたのかを発信してきました。
最終となる本書では、震災からの復旧・復興支援に向けた市民の取り組みに加え、「協働」という視点から活動する市民活動団体を取り上げました。また、震災によって立ち上がる市民の力、そして復興支援報告会の事例などから、有事において市民活動団体がどのように市民や地域を巻き込み、復興のまちづくりの一端を担っているのかをまとめました。
今もなお、未来の仙台を創り続けている、仙台の市民活動団体。その活動の様子から、これからのまちづくり、地域コミュニティのありかた、そして今後市民活動はどうあるべきなのかを考える資料として、本冊子をご活用いただければ幸いです。


DSC04328.JPG
▲これで3部作が揃いました。
グリーンが一昨年発行した第1作目(在庫なしです)、
オレンジが昨年発行した第2作目です。


仙台市内の公共施設・全国のNPO支援センターなどに発送予定です(6月ごろ)。
また、サポセン館内にて配布中です。
お問い合わせはサポセンまでお願いします。
電話022-212-3010


2014年05月17日(Sat) 見やすくなりました!〜サポセンホームページ、デザインリニューアルしました〜


すでにお気づきの方も多いとは思いますが、サポセンのホームページのデザインが新しくなりましたexclamation×2

scHP.jpg
▲ちょっとだけ(笑)。全体像はぜひhttp://sapo-sen.jp/にアクセスしてくださいるんるん

以前のホームページは文字数が多く、「どこをクリックすれば見たい情報が見られるのか、わかりづらいバッド(下向き矢印)」という状態でした。
そんな課題を解決すべく、デザインを一新することにしたのですグッド(上向き矢印)

「情報を整理し、見やすい・分かりやすいデザインにする」
という目的のため、きちんとデザイナーさんにお願いすることにしましたが、はてさてどなたにお願いしたらよいのやら…たらーっ(汗)
そこでご相談したのが、若林区卸町にあるTRUNKと、とうほくあきんどデザイン塾でした。
昨年8月にご挨拶に伺ったりしていたこともあってか(サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜若林区編〜)、快くご協力いただき、デザイナーさんとめぐり合うことができました晴れ

サポセンスタッフで情報を見直しミーティングを重ね、デザイナーさんとも何度も打ち合わせや電話・メールのやりとりをして、このたび完成いたしましたぴかぴか(新しい)

「どこにどんな情報があるか、分かりやすくなった」
「とってもオシャレでかわいい感じになったね」
「テーマカラーが明るい感じで良い」
などなど、みなさんからの声を聞くと好評なようでうれしい限りです手(チョキ)

これからサポセンのイベントも増えますので、ぜひサポセンのホームページをチェックしてみてくださいねexclamation

ビル仙台市市民活動サポートセンター→http://sapo-sen.jp/


2014年05月16日(Fri) 5/30開催<「組織を発展させたい!」と考えているNPO/NGOの方へ>NPO/NGOの組織強化のためのワークショップ


杜の伝言板ゆるるより、組織基盤強化ワークショップのご案内をいただきましたので、お知らせいたします。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際はぜひご利用ください。
以下、概要です。

============================
活躍しているNPO/NGOの秘訣は組織づくりからexclamation
NPO/NGOの組織強化のためのワークショップ


なぜNPOに基盤整備が必要なのでしょうか
組織は事業をまわしてどんどん大きくなっていくものと考えられがちですが、実はその事業を動かしている組織そのものの基盤をしっかりと固めることを疎かにしていることが原因で、事業運営に日々追われ自転車操業的な経営に陥り、なかなか持続可能な活動の発展に結びつかないというケースが少なくありません。
本ワークショップは、そんな事業ありきの状態から、長期的視野で組織を発展させたいと考えている団体のリーダーやスタッフを対象にしたプログラムです。
組織基盤強化を応援する「Panasonic NPOサポート ファンド」の2014年募集の説明も行います。
参加によって新たな発見、気づきをお土産にぜひ組織のステップアップにお役立てください。

日時:2014年5月30日(金)13:30〜17:00
会場:みやぎNPOプラザ
内容: 1)講座「組織基盤強化とは」
     (認定NPO法人日本NPOセンター代表理事 早瀬 昇 氏)
2)組織基盤の強化により組織の発展につながった事例報告
     (NPO法人銀杏の会、NPO法人グループゆう)
3)組織の課題について考えるワークショップ
4)Panasonic NPOサポートファンド 2014年募集について
定員:40名(先着順)
資料代:1,000円(※杜の伝言板ゆるる正会員800円) 

申込方法:申込フォームから申込。あるいは申込用紙をダウンロードし、メール、FAXにて申込
※お電話でお問合せの際は、「NPO/NGO組織基盤強化ワークショップの件」とお伝えください。
詳細・申込フォーム・申込用紙はこちら
http://www.yururu.com/kokuti/2014/03/npongoin.html

主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
共催:パナソニック株式会社 認定NPO法人日本NPOセンター 
連絡先:ゆるる事務局
    TEL:022-791-9323 FAX:022-791-9327
    E-mail :npo★yururu.com(★を@に変換)

※終了後、同会場にて交流会(17:15〜18:00)を予定。(有料/参加費500円)
============================

2014年05月15日(Thu) 6/13〆切<追加募集>平成26年度太白区まちづくり活動助成事業


仙台市太白区まちづくり活動助成事業追加募集のお知らせです。
募集要項と申込書はサポセンの助成金コーナーでも配架しています。
また、申込を行うにあたってのポイントなどについてのご相談も承っております。
相談時間については、事前にお問合せいただきますようお願いいたします。
以下、募集概要です。

============================
平成26年度
太白区まちづくり活動助成事業追加募集


■助成の対象となる事業
市民自らの創意工夫により自主的・自発的に取り組む機運を高め、市民力の向上により地域づくりを推進するために行うもので、次のいずれかに該当し、7月から平成27年3月までに実施予定の事業
(1)地域の課題解決を図る事業
(2)地域の自治力の向上を図る事業
(3)地域や区の特色を生かし、その魅力を高める事業
上記の活動に該当しても、次のものは助成対象になりません。
(1)仙台市の他の助成制度の補助を受けている事業または仙台市の関係団体が実施する助成制度の補助を受けている事業
(2)町内会等が行う祭りや運動会等で新規性のない事業
(3)特定の政治活動や宗教活動または営利を目的とした事業
(4)活動費用をこの助成金のみで賄おうとする事業
(5)既に3回この助成金を受けたことがある事業

■対象の団体
応募できるのは、次のすべての要件を満たしている団体(個人は不可)で、1団体につき1件の応募とします。
(1)太白区内に活動拠点があり、構成員の概ね半数以上が太白区内に住所を有しているか、通勤・通学していること
(2)特定の政治活動や宗教活動または営利を目的としていないこと
(3)応募する活動の企画、運営並びに事業完了後の実績報告まで責任を持って履行できること
(4)法人の場合は法人の市民税及び事業所税に係る申告を行い、本市の市税を滞納していないこと

■事業計画説明会
応募された団体には、次の日程で開催する事業計画説明会において、事業計画の説明をしていただき、「太白区区民協働まちづくり事業評価委員会」からの質問にお答えいただきます。
日時:平成26年7月1日(火) 18時より
会場:太白区役所4階 第2・3会議室
※事業計画説明会は公開で開催します。申込書・添付書類等(個人情報等は除く)の写しを資料として来場者に配布します。
※来庁の際は公共交通機関をご利用ください。

■お申込み・お問い合わせ
受付期間:平成26年5月14日(水)〜6月13日(金)必着
     8:30〜17:00 ※土日祝を除きます。
申込方法:「太白区まちづくり活動助成事業申込書」に必要事項をご記入の上、下記窓口までご持参ください。※会員名簿等添付書類が必要です。

〒982-8601 仙台市太白区長町南三丁目1-15
太白区まちづくり推進課地域活動係
TEL:247-1111(内線6137)
============================


2014年05月13日(Tue) 7/14〆切<まちづくり・地域づくりに取り組む方へ>活動ストーリーを応募して、成果をPRしませんか?〜あしたのまち・くらしづくり活動賞・レポート募集〜


公益財団法人あしたの日本を創る協会より、活動賞応募のご案内をいただきましたので、皆さまにもお知らせいたします。
募集案内と応募用紙はサポセン1F情報サロンに配架していますので、どうぞご利用ください。
以下、概要です。

============================
平成26年度あしたのまち・くらしづくり活動賞レポート募集
みなさんの地域づくりの”元気の素”を
ふるってご応募ください!

地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体・企業等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。震災復興のまちづくりや震災復興支援の活動もご応募ください。
◆表彰・賞状等の贈呈(予定)
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣総理大臣賞
  ……1件  賞状、副賞20万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣官房長官賞
  ……1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・総務大臣賞
  ……1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・主催者賞
  ……5件程度  賞状、副賞5万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・振興奨励賞
  ……20件程度  賞状
あしたの日本を創る協会、各都道府県新生活運動等協議会、読売新聞東京本社、NHKが共催で実施しています。入賞した団体の活動の様子は、読売新聞やNHKで紹介されます!

◆応募〆切:平成26年7月14日(月)必着

◆募集対象
(1)対象団体・活動期間
地域住民が自主的に結成し運営している地域活動団体、または、地域活動団体と積極的に連携して地域づくりに取り組む企業、商店街、学校等。くらしづくり・ひとづくり活動に2年以上取り組み、大きな成果をあげて活動している団体。
(2)活動範囲
市町村地域程度まで。

◆応募対象とする地域活動例
次に挙げるようなテーマに取り組み、大きな成果をあげた活動を対象とします。
@災害に強い地域づくり活動。住民同士の支えあい、地域コミュニティの維持をめざす活動 など。
A震災復興にむけてのまちづくり活動や震災復興支援の活動 など。
B子どもの見守りや居場所づくり活動。地域の学校との協働による子どもの健全な育成の活動 など。
C高齢者の生きがいづくりや日常生活のサポート・ケアの充実に取り組む活動 など。
D景観保全の活動。地域交通、公共施設の整備による快適な生活環境をつくり出す活動 など。
E地域文化の振興や掘り起こし、伝承する活動。地域スポーツの育成、住民の健康づくりの活動 など。
F地球温暖化防止や地域循環型社会をめざす活動 など。
G都市と農山漁村との交流をすすめる活動。地域資源を活かした地域産業を振興する活動 など。
H食育や地域に根ざした食文化を育む活動。地産地消をすすめる活動 など。
I地域防犯、地域点検などによる犯罪に強いまちづくりの活動 など。
J子育て家族の居場所づくりやサポートや「子育てネットワーク」づくり活動。世代間交流の活動 など。

応募書類の提出は、Eメール、郵送、宅配便のいずれかでお願いします。

◆応募書類の送付先・お問い合わせ
公益財団法人あしたの日本を創る協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町7-1 日本青年会館
TEL:03-5772-7201
FAX:03-5772-7202
E-mail:ashita★ashita.or.jp
(★を@に変えて送信してください)
※次の県内からの応募については下記までお問い合わせください。
埼玉県:彩の国コミュニティ協議会TEL048-830-2819
福井県:(社)あすの福井県を創る協会TEL0776-41-4220
兵庫県:あすの兵庫を創る生活運動協議会TEL078-341-7711(内2789)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.ashita.or.jp/prize/index.htm
============================


2014年05月12日(Mon) 若者の可能性を広げるボランティア/アナタの仕事や生き方を伝えて、リアルな大人を知ってもらおう!〜NPO法人ハーベスト「キャリアセミナー」高校生向け市民講師募集〜


NPO法人ハーベストより、高校生向け市民講師募集のお知らせです。
サポセン1F情報サロンにチラシ兼申込書がありますので、お立ち寄りの際はご利用ください。
以下、概要です。

============================
キャリアセミナー 高校生向け市民講師募集
〜高校生に「生き方」や「仕事」を熱く話してみませんか〜


高校生や大学生の時にもっと世の中のいろいろな仕事や生き方を知っていたら…こう思う社会人の方も多いのではないでしょうか?
これから社会に出る若者に、もっと多面的でリアルな働き方や生き方を伝える「市民講師」を募集中です。県内の高校に出向いて、高校生に対して、アナタの「仕事」や「生き方」を伝える というボランティアです。
<お話いただく内容の例>
・仕事の楽しさ、やりがい
・仕事をしていての苦労
・その仕事を選んだきっかけ
・人生で大切にしていること など

詳しくは、ハーベストのホームページをご覧ください。
http://www.heartbest.net

お問い合わせ
NPO法人ハーベスト
〒980-0014
仙台市青葉区本町2丁目10-33第二日本オフィスビル9階
TEL:022-395-4311 FAX:022-395-6432
E-mail:koushi★heartbest.net
============================



2014年05月11日(Sun) 5/30〆切<岩手・宮城・福島で復興支援事業を行う現地NPOの方へ>ジャパン・ソサエティ東日本大震災復興基金(ローズファンド)第5期助成事業


助成金公募のお知らせです。
応募要項はサポセン1F助成金コーナーでも配架していますので、どうぞご利用ください。
以下、概要です。

============================
ジャパン・ソサエティ東日本大震災復興基金
(ローズファンド)第5期助成事業


◆助成の趣旨
岩手県、宮城県、福島県で、中長期にわたって復興支援事業を実施していこうとする現地NPOを対象に助成を行い、復興支援事業の加速と事業を担う現地NPOの育成を図るものです。
第5期は、震災後に一定の活動経験を有する団体が行う復興支援事業、およびその事業の過程において申請団体が組織の基盤強化に取り組むことに対して、上限400万円の助成を行います。組織の基盤強化とは、事業に必要な専門知識の習得や、組織体制・会計基盤の整備、組織運営・資金調達手法などについての研修や先進事例の視察などを指します。

◆対象団体
復興支援事業を行う非営利組織で、以下の要件を満たす団体を対象とします。
・復興の担い手として活動していこうとする意思のある団体
・法人格を有する団体
・活動実績が1年以上ある団体
・助成金の出納を管理・記録し、証拠証書の管理・保管を的確にできる団体
・岩手県、宮城県、福島県のいずれかに主たる事務所を置く団体
・岩手県、宮城県、福島県のいずれかで主な事業を実施している団体
・助成金交付が決定した際に、団体の活動に関する様々な情報を継続的に広く社会に発信していくことができる団体
・政治、宗教活動を目的としない団体

◆募集締切り
2014年5月30日(金)消印有効

◆応募方法
必ず募集要項をご確認いただいた上で、応募に必要な書類一式を、下記の申請書提出先にお送りください。なお、お送りいただいた書類は返却いたしませんので予めご了承ください。※直接のお持込は受付けておりません。
詳細・申請書ダウンロードはこちらから
http://www.sanaburifund.org/info_rose/2014/04/30/11475/

◆提出先・問合せ
ジャパン・ソサエティ東日本大震災復興基金(ローズファンド)事務局
一般社団法人地域創造基金みやぎ(さなぶりファンド)
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町1-2-23 桜大町ビル303
TEL:022-748-7283 FAX:022-748-7284
HP:http://www.sanaburifund.org/
E-mail:rose★sanaburifund.org(★を@に変換)
============================



2014年05月10日(Sat) 5/22〆切<環境NPO・サークルの方へ>杜々かんきょうレスキュー隊 環境学習プログラム作成団体募集〜FEEL Sendai〜


杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)より、環境学習プログラム作成団体募集のお知らせです。
サポセン1F情報サロンに募集要項と応募用紙がありますので、お立ち寄りの際はご利用ください。
以下、概要です。

============================
杜々かんきょうレスキュー隊
環境学習プログラム作成団体募集


仙台市内の特色ある自然環境や都市環境をフィールドに、地域の素材を活用した体験型の環境学習プログラムを作成し、学校等で実践する団体(環境NPO、学校の先生方の自主グループ、サークルなど)を募集します。
応募締切:平成26年5月22日(木)

作成プログラムのテーマ:「地域の環境と防災」
震災をきっかけとして、人々の中でエネルギーや自然、地域の環境などに対しての意識が高まりました。そしてその意識の先の一つには、防災があります。「環境(地域・自然)を知る」防災、「環境を活かす」防災、そうした考えは、環境と共存できる、持続可能なまちづくりへもつながっていきます。
来年には、仙台で「国連防災世界会議」の開催も予定され、市民の中でも防災への意識は高まる一方です。そんな今年度は、防災をテーマとした、体験型の環境学習プログラムを募集します。

<応募要件>
次のすべてを満たすことが必要です。
●仙台市内及び周辺地域を主な活動エリアとしている団体であり、政治活動や宗教活動を目的とした団体でないこと。
●非営利活動としてプログラム作成を受託できること。
●子供向けのプログラムは、学校等授業で教材として活用されることを前提に、対象とする学年と教科を想定して作成すること。
●プログラム作成の過程で、学校・団体等の協力を得るなどし、試行的に実践すること。
●プログラム作成後も学校・地域などで継続的に実践・指導できること。
 ※FEEL Sendaiから、1件3万円程度で学校等での実践をお願いする場合があります。
●FEEL Sendaiへの中間報告会(平成26年11月〜12月頃開催予定)と、事業報告会(平成27年2〜3月頃開催予定)に参加できること。

<申し込み方法>
所定の申込書に記入して、5月22日(木)までに下記の申し込み先へ郵送または持参等で提出してください。
ひらめき応募要項・申込書ダウンロードはこちらから
FEEL Sendaiホームページ

<申込み・問合せ先>
FEEL Sendai(杜の都の市民環境教育・学習推進会議)事務局
(仙台市環境局環境都市推進課内)
〒980-0811
仙台市青葉区一番町四丁目7−17 小田急仙台ビル9階
電話:022−214−0007 FAX:022−214−0580
============================