• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2024年06月10日(Mon) 世界のためにいまあなたができること、想像以上にたくさんあります!


icon_palette_book-7e3a0-thumbnail2-ea1d8-thumbnail2.jpg

こんにちは。スタッフの山川です。
サポセンの図書コーナーからオススメの本をご紹介します。

いまあなたにできる、50のこと 
ボランティア、最初の一歩の踏み出し方

お役立ち本差し替え.jpg

貧困、飢餓、戦争、感染症、環境問題、男女の格差、孤児、子どもの労働、、、。
日本や世界で今起こっている数えきれないほどの悲しいニュースを日常生活の中で目の当たりにして、「何かこの世界のためにアクションを起こしたい!」と思っても、その規模や問題の深刻さに圧倒されたことはありませんか?

無力感でいっぱいになったとしても、社会をよくするためのカギは、私たち一人ひとりが小さな行動を起こし続けることにあります。

本書は、その行動を起こすための第一歩を応援するために、社会問題の解決につながるアクションを具体的な団体や、機関、参加方法、応援方法などを掲示しながら50個紹介しており、社会貢献したい方が、すぐに行動を起こすためのヒントになる一冊です。

例えば、、、
30円を寄付すれば、砂漠に1本の苗木を植えることができます。
月2,000円を寄付すればアジア貧困地域の子ども1人が学校に通えるようになります。

また、服やサッカーボール、ランドセルなど、家にある不要な物を寄贈したり、売ったお金を寄付したりする方法もあります。他にも、自分の時間をボランティア活動に費やすことや、フェアトレード商品を販売・購入することも社会を変える一歩になります。

※フェアトレード
直訳すると「公正な貿易」という意味。開発途上国の原料や製品を適性価格で取引することで、立場の弱い生産者・労働者の適正な賃金の支払いや労働環境の整備につなげる貿易の仕組み。


社会の役に立つために行動するというと大それたことのように聞こえますが、何か大きな力や特別なスキルは必要なく、いつからでも、どこからでもできることはたくさんあります。
今日からさっそくはじめてみませんか?

-----------------------------------------
編者:WAVE出版
発行所:WAVE出版
-----------------------------------------
2024年06月10日(Mon) 6/21締切!<ファイザープログラム心と体のヘルスケアに関する市民活動・市民研究助成>のお知らせ

ファイザー株式会社より、助成情報のお知らせです。

ファイザー1.jpgファイザー2.jpgファイザー3.jpg

以下、概要です。

---------------------------------
ファイザープログラム
心とからだのヘルスケアに関する
市民活動・市民研究支援

---------------------------------

ファイザー株式会社は、製薬企業として、革新的な医薬品の開発、製造、販売を通じ、人々の健康で豊かな人生の実現に寄与することにより、社会に貢献したいと考えています。
しかしながら、社会には、医薬品の提供だけでは解決することのできないヘルスケアに関する様々な課題があります。
このプログラムは、ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体による、「健やかなコミュニティづくり」の試みを支援することを目的としています。

助成対象プロジェクト(重点課題)について
助成の対象となるプロジェクトは「プログラムの趣旨」に合うものとしますが、特に下記の3点を重点課題として助成しています。また、「市民研究」への取り組みも期待しています。

(1)当事者が主体となって、市民や専門家と協力して進める取り組み
患者団体や障がい者団体あるいはその他のヘルスケア上の課題をもつ当事者の団体が、広く市民の参加や協力を得ながら、当事者の充実した生き方を実現するための取り組み

(2)関係する団体等と連携し、ネットワークを強化し広げる取り組み
立場や得意分野を異にする複数の団体が、それぞれの特性を生かしながら連携してヘルスケア上の課題に取り組み、更にそのネットワークを強化したり広げたりするための取り組み

(3) 現場の視点から新たな課題を発掘し、その解決を目指す取り組み
実践を通じて現場から見えてきた、一般にはほとんど認識されておらず公的な施策もない課題に
ついて、その実態を明らかにし、その解決の方策を検討し、解決を目指す取り組み

以上の重点課題に限らず、新たな発想による独創的で試行性の強い取り組みは助成対象とします。

助成対象団体の要件について
下記の要件を満たした団体に限ります(個人は対象となりません)。
@ 民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)
A 市民や患者・障がい者が主体的に参加して活動する団体であること
B 日本国内に活動拠点があり、原則として 2 年以上の活動や研究の実績があること
C 目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていないこと

助成の内容について
1. 助成金額と助成の対象となる費目
1 件あたり助成金額は 50 万円〜 300 万円とし、今年度の助成総額は2,500万円を予定しています。助成の対象となる費目は、プロジェクトの実施に必要な経費で、人件費や事務局諸経費も対象とします。
*団体の今年度予算における収入合計額の50%を超える金額での応募はできません。
(詳しくは、「応募企画書作成の手引き」をご確認ください)
2. 助成期間
2025年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間とします。なお、助成を受けた団体は、次年度以降も応募が可能で、過去の助成を含めて最大3回までの助成を受けられる場合があります。

選考について
詳細はコチラをご覧ください
右向き三角1https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer-program/announce

応募期間
2024年 6 10 日(月)〜 621 日(金)【必着】

応募要項・応募用紙・応募企画書作成の手引きの入手方法
ファイザー株式会社のウェブサイトからダウンロードしてご利用ください。
https://www.pfizer.co.jp/(トップページ→社会貢献活動→市民活動への支援)

応募方法
応募企画書(本紙)を作成し、直近年度の決算書とともに下記の応募フォームより送信してください。
https://business.form-mailer.jp/lp/02baef22233541
応募企画書の作成に際しては、「応募企画書作成の手引き」をご確認ください。
*ご来所、メール便、電子メール、FAX による応募は、お受けしておりません。
*応募企画書および決算書以外の書類は、選考の対象となりませんので、お送りいただく必要はありません。

問い合わせ先
応募に関するお問い合わせ先は、以下までお願いします。
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局 担当:山田・駒井
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町 1-4-3 日本橋 MI ビル 1 階
E-mail:pfp★civilfund.org(★を@に変えて)
※お問い合わせについては極力E-mailにてお願いいたします。
TEL:03-5623-5055(月曜日〜金曜日(祝祭日をのぞく)10:00 〜 17:00)

ひらめき募集要項・詳細はこちらのリンクをご覧ください。
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer-program/announce
2024年06月10日(Mon) 仙台市市民活動サポートセンター〈第26期ロッカー〉使用団体募集のお知らせ


仙台市市民活動サポートセンターでは、市民活動団体が使用できるロッカー(大・中・小)を設置しており、団体の活動に必要な書類、文具、印刷用紙などを収納するためにお使いいただけます。
今回、ロッカーの第26期(令和6年9月1日〜令和7年8月31日まで)使用団体を募集します。

DSC09687-407cd-thumbnail2-41095-thumbnail2.jpg

募集対象
ボランティア団体やNPOなど、市民活動を行っている団体(個人での活動、営利事業者を除く)

使用期間
令和6年9月1日〜令和7年8月31日

使用料
ロッカー(大) 1,200円/月額 設置数:16台
ロッカー(中)   810円/月額 設置数:28台
ロッカー(小)   400円/月額 設置数:60台

受付期間・時間
令和6年7月1日(月)〜7月16日(火)<当日消印有効>
午前9時〜午後9時まで(日・祝日は午後5時まで)

申し込みから使用までの流れ
1.申込方法
@所定の申込書、➁団体紹介シートに必要事項を記入し、団体の活動内容がわかる資料(定款、会則、事業報告書、事業計画書、総会資料等)を添付の上、サポートセンターに郵送、または直接ご提出ください。
※システム情報入力がお済みでない方、または代表者や住所・連絡担当者が変更した場合は、「システム情報入力シート」の提出が必要です。
※申込書・団体紹介シート・システム情報入力シートは、サポートセンターで配布しています。

次項有書類のダウンロードはこちら
◆ロッカー・レターケース共通申込書(WordPDF
◆団体紹介シート(WordPDF
◆システム情報入力シート(WordPDF

※郵送の場合、昨今の郵便事情により配達に時間がかかる場合がございます。余裕をもってお申込みください。

2.抽選会
申込多数の場合は、抽選により使用団体を決定します。
使用申込を行った団体の代表者の方(又はその代理の方)は、以下の日時に、必ず市民活動サポートセンターへお集まりください。

公開抽選会(予定)
 日時:令和6年7月29日(月) 午後7時より
 場所:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5

※公開抽選会に参加されない場合は、抽選の対象外となりますのでご注意ください。

3.決定
締切り後、7月22日以降に通知文を郵送いたします。
(※抽選の場合は開催案内、抽選がない場合は決定通知をお送りいたします)

使用上の注意
◆使用できるのは市民活動サポートセンターの開館時間内です。
 平日:午前9時〜午後10時/日曜・祝日:午前9時〜午後6時
 休館日:毎月第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日) 年末年始12月29日〜1月3日
◆危険物、生鮮物等、他の利用者に迷惑を及ぼす物は入れることができません。
 また現金や貴重品はご遠慮ください。(盗難・紛失・焼失等の責任は負いかねます)
◆使用開始から6ヵ月後および使用期間終了後に「活動報告書」の提出が必要です。
 (閲覧資料として市民活動サポートセンターで公開します)
◆使用料は、使用月の前月末までに納入ください(例:10月分→9月30日までに支払)
◆使用期間を過ぎての使用はできません。一定期間過ぎて引き取りがない場合は、廃棄または適切な処分をいたします。

仕様
ロッカーの詳しい仕様などについては、こちらをご覧ください。

ひらめき申し込み・問い合わせ先
仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 青葉区一番町四丁目1-3
TEL 022-212-3010 FAX 022-268-4042
2024年06月10日(Mon) 仙台市市民活動サポートセンター〈第26期レターケース〉使用団体募集のお知らせ


仙台市市民活動サポートセンターでは、市民活動団体が使用できるレターケースを設置しており、団体宛の郵便物・FAXの一時保管や、団体同士の文書・チラシなどの連絡用ボックスとしてご使用いただけます。
今回、レターケースの第26期(令和6年9月1日〜令和7年8月31日まで)使用団体を募集します。

DSC09675-86934-thumbnail2-1a081-thumbnail2.jpg

募集対象
ボランティア・NPOなど、市民活動を行っている団体(個人での活動や営利事業者を除く)

使用期間
令和6年9月1日〜令和7年8月31日

使用料
無料(設置数168個)

用途
・郵便物やFAXの取次
・レターケースを使用している他団体への広報物等の投函
※詳細は下記「使用上の注意」をご確認ください。

受付期間・時間
令和6年7月1日(月)〜7月16日(火)<当日消印有効
(午前9時〜午後9時まで(日・祝日は午後5時まで)

サイズ
サイズ:(幅)225×(奥)330×(高)70mm
A4の書類や角3封筒を入れることができます。

レターケースの写真.jpeg

団体あて郵便物の送付先として使用できます。
ただし、市民活動サポートセンターの住所・電話番号を団体の所在地とすることはできません。

申し込みから使用までの流れ
1.申込方法
@所定の申込書、➁団体紹介シートに必要事項を記入し、団体の活動内容がわかる資料(定款、会則、事業報告書、事業計画書、総会資料等)を添付の上、サポートセンターに郵送、または直接ご提出ください。
※システム情報入力がお済みでない方、または代表者や住所、連絡担当者が変更した場合は、「システム情報入力シート」の提出が必要です。
※申込書・団体紹介シート・システム情報入力シートは、サポートセンターで配布しています。

次項有書類のダウンロードはこちら
◆ロッカー・レターケース共通申込書(WordPDF
◆団体紹介シート(WordPDF
◆システム情報入力シート(WordPDF

2.決定
先着順にて申し込みを受付し、定員に達し次第締め切ります。
使用が決定した団体には、7月22日頃に通知文を郵送いたします。

使用上の注意
◆使用できるのは市民活動サポートセンターの開館時間内です。
 平日:午前9時〜午後10時/日曜・祝日:午前9時〜午後6時
 休館日:毎月第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日) 年末年始12月29日〜1月3日

◆危険物、生鮮物等、他の利用者に迷惑を及ぼす物は入れることができません。
 また現金や貴重品はご遠慮ください。(盗難・紛失・焼失等の責任は負いかねます)

◆受領印の必要な書留や宅配便などは受け取りできません。また大量の郵便物・FAXはご遠慮願います。レターケースに収納できない大きさの郵便物(レターパック等)が送付される場合は、事前にご相談ください。
なお、郵便物やFAXが届いた際にセンターからお知らせはいたしません。

◆使用開始から6ヵ月後および使用期間終了後に「活動報告書」の提出が必要です。
 (閲覧資料として市民活動サポートセンターで公開いたします)

◆使用期間を過ぎての使用はできません。一定期間を過ぎて引き取りがない場合は、廃棄または適切な処分をいたします。

ひらめき申し込み・問い合わせ先
仙台市市民活動サポートセンター 
〒980-0811 青葉区一番町四丁目1−3
TEL 022-212-3010   FAX 022-268-4042
| 次へ