CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年06月 | Main | 2022年08月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2022年07月02日(Sat) 障がい者サポーターズGolazo!代表の相澤 直さんにお話しを伺いました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは、スタッフの小田嶋です。
サポセンのニューズレター「ぱれっと」では、仙台のまちをワクワクさせるような人物や、その人の取り組みを知ることで新しい気持ちが芽生えるような人物を「ワクワクビト」として紹介しています。

2022年6月号のワクワクビトは、障がい者サポーターズGolazo!代表の相澤 直さんです。
今回のブログでは、取材時の様子や、紙面では掲載しきれなかったこぼれ話などをご紹介します。

DSC07847.JPG
▲明るくパワフルな相澤さん。取材中はジョークをはさんだ回答でスタッフを笑わせてくれました。

相澤さんは、障害の有無に関わらず全ての子どもや親が一緒に体を動かして遊べるスポーツイベント「インクルーシブスポーツキャラバン」の発起人です。2021年6月からスタートし、のべ550人以上の親子などが参加してきたインクルーシブスポーツキャラバン。「次はいつやるの?」と聞いてくる子も多く、ますます発展が期待されるイベントになっています。

サッカーインクルーシブスポーツキャラバン
●最新の開催予定は下記のHPからご覧になれます。
https://shokei.jp/picup/detail.php?p=361

●2021年11月に石巻で開催した様子をまとめたスタッフブログもぜひご覧ください!
すべての人がスポーツを楽しめる場の創造を目指して!〈インクルーシブスポーツキャラバンin石巻〉の様子をレポート!

ひらめき相澤さんは障がいのある子を含む3人の子どもを育てる父親でもあります。子育てを通じて特別支援学校のPTAに関わるようになってから、特別支援学校のお祭りやPTAの飲み会などに積極的に参加し、場の雰囲気を明るく盛り上げてきました。お祭りがあると聞けば、志村けんさんが演じた「変なおじさん」のコスプレをして大人も子どもも笑わせてみたり、他の特別支援学校の保護者で5レンジャーショーをやると知れば「俺もやる!」と加わってみたり。時には宮城県内だけでなく福島県などの特別支援学校のイベントにも参加してきました。

DSC07826.JPG
▲紙面用の写真撮影の際はもちろん、志村けんさんの「アイーン」のポーズ!

障がい児を育てるたくさんの保護者と会って話すなかで「障がい児の親同士のつながりをつくりたい」「子どもたちの将来が不安だ」など、様々な声を聞いてきた相澤さん。
この経験や多くの人とのつながりが、活動の原点です。

位置情報詳しくはぜひ紙面でご確認ください!
ぱれっと6月号はこちらからダウンロードできます。
2022年07月02日(Sat) 7/25(月)締切!<居場所を失った人への緊急活動応援助成の第5回公募について>のお知らせ


社会福祉法人 中央共同募金会より、助成情報が届きました。

以下、概要です。

--------------------------------------------
居場所を失った人への緊急活動応援助成の
第5回公募について
--------------------------------------------


中央共同募金会および全国の共同募金会では、「赤い羽根 ポスト・コロナ(新型感染症)社会に向けた福祉活動応援キャンペーン」を展開しています。

新型コロナウイルス感染拡大の長期化は社会的な活動を停滞させました。感染者数は減少傾向にあるものの、いまだにその影響は強く残っており、経済状況悪化のため仕事や住まいを失った人たち、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、ストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭、国籍や言語の壁から必要な支援や情報が行き届かない人たちなど、
様々な理由から居場所を失い、孤立する人々の生活課題がさらに顕在化しています。

こうした人たちに対し、相談に乗り、必要な制度の利用を支援する、居場所を提供する、多様なツールを活用してつながりを作り孤立を防ぐ、などの緊急支援が、多様な団体・機関によって展開されていますが、いずれの団体・機関も長期的な支援活動に必要な人材や活動資金は十分ではありません。

そこで、居場所を失った人々に対する支援活動を資金面から支援し、誰もが孤立や生きづらさを感じている人の存在に気づき、支え合い、つながり続ける「誰一人取り残さない(leave no one behind)」地域・社会をつくることを目的として、本助成を実施します。

【助成概要】
助成金額・規模
○1団体あたりの助成上限は300万円
○第5回助成総額は6,000万円を予定しています

助成対象団体
○社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
○応募時点で団体が設立されており、助成対象事業の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
○特定の宗教や政治思想を広めることを目的とする団体、反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと

助成対象期間
2022年4月〜2023年3月
※2022年4月以降の活動であれば、助成決定前の活動も対象とします。

応募締切
2022年7月25日(月)23時59分必着

応募方法
※オンラインでの申請となります

第5回助成応募要項をご確認のうえ、応募書をダウンロードし、必要事項を入力してください。
そのうえで、応募締切日までにweb応募フォームから提出書類をアップロードして送信してください。(メールや郵送での応募は受け付けません)

応募書類、応募フォームや詳細についてはコチラのリンクをご覧ください。
https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-problem-solving/27969/
| 次へ