CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年11月08日(Mon) 「まいぷろ」の取材に同行しました!〜宮城野区のカフェCAFE DE MERCI〜


こんにちは。スタッフの大坪です。
宮城野区中央市民センター若者社会参画型学習推進事業「まいぷろ」では、大学生や高校生の若者が、地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を創っています。今年も市内の大学生・高校生がまいぷろメンバーとなり、宮城野区を中心にまちの魅力を取材して、Web記事などにまとめ情報発信します。サポセンも、昨年に引き続き、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いしています。
今年は、新型コロナウイルスの影響で、スケジュールの変更や遅れがありましたが、徐々にチームごとの取材が進んでいます。

10月24日(日)は、高校生4名で宮城野区福室のカフェCAFE DE MERCI(カフェドメルシー)を取材しました!「CAFE DE MERCI」はJR仙石線陸前高砂駅から徒歩5分の所にあり、パスタやピザなどの料理やドリンクを楽しむことができます。

ペン今回、取材を行ったチームは宮城野区内の特に沿岸部に近い地域にある魅力的なお店の発信をテーマにしています。
取材を行った高校生たちはカフェに興味を持っており、宮城野区のカフェ「CAFE DE MERCI」を見つけ「取材したい!」という思いから今回の取材を行いました。

まいぷろカフェ.png
▲今回取材に行った「CAFE DE MERCI」の店長さん(左)とまいぷろメンバー(右)

目店の名前の由来や歴史、提供する料理に対するこだわりだけではなく、コロナ禍での営業のほか、地域とのつながりや常連さんの獲得の方法など、自分たちの興味・関心から聞きたいと思ったことを取材していました。
まいぷろメンバーは、はじめは緊張した様子でしたが、少しずつ緊張が解けていき、記事にするために店長さんの話を掘り下げ、曖昧さを残さないように質問をしていました。

まいぷろカフェ2.png
▲取材後は、早速その場で聞いた話をまとめる作業に取り掛かるメンバーたち

わーい(嬉しい顔) 一通り質問を終えた後、実際にお店で出している料理の味も取材するために注文しました。

まいぷろカフェ3.png
▲最後はナポリタンや窯焼きマルゲリータを実食!

ひらめき今回、高校生たちが取材した内容がどう情報発信されるのか楽しみです。
今後もサポセンブログで「まいぷろ」の活動の様子をお伝えしますので、ぜひご覧ください。
これまでの活動はこちらから→☆☆☆
2021年11月08日(Mon) コロナ禍の今こそ「笑い」を大切に。講師陣が元気を届けます!11/13開催<日本笑い学会東北支部 第25回大会>


こんにちは。スタッフの平井です。
全国的に新型コロナウイルスの感染状況は落ち着きつつありますが、手洗い・マスク・3密回避を心がける日々はまだ続きそうです。そんな中でも暮らしを楽しむことは忘れずにいたいですよね。
今回は長引く自粛生活でたまったストレスを開放してくれそうなイベントの紹介ですぴかぴか(新しい)

かわいい「日本笑い学会」は、笑いとユーモアを総合的に研究し、笑いの文化的発展に寄与することを目的に設立された市民参加型の学会。東北支部ではステージ公演や講話を通して笑いの効能や大切さを広める活動をおこなっています。
そんな日本笑い学会東北支部の大会が、11月に開催されることになりました。腹話術や漫談、寄席などの演目を笑いの講師陣がお届けします。

自分が笑うことで、周りにも明るさと健康をもたらすことができる。そう信じて活動をされている方々の思いがいっぱいのステージです。コロナ禍の今だからこそ、笑いのパワーを感じてみませんか。

以下、概要です。

20211105210103_00001.jpg

わーい(嬉しい顔) 日本笑い学会 わーい(嬉しい顔)
東北支部 第25回大会


★コロナ感染状況によっては中止となる場合があります。11月10日(水)になったら、開催の有無を下記の事務局に問い合せ下さい。


◆とき:令和3年11月13日(土)13:00〜14:30

◆ところ:せんだいメディアテーク 7Fスタジオシアター
 〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1 Tel.022-713-3171
 定禅寺通り/東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)を1丁ほど西へ。

◆演目・演者
@もごもご健康法…スマイリー・チバ
A生きてるだけでめっけ物…円 満太郎
B糖尿だよおっかさん…高桑夫妻
C皿屋敷…寿々家 朝助
D日本一バナナの叩き売り…こうきさん

◆資料代:一般¥500、会員¥300 3.11大震災ほかの災害被災者は無料
※このイベント終了の後日、体調に異常を感じた方は、速やかに主催者窓口に連絡をお願いします。

演劇 次回のイベント<第87回新春笑学校>
・令和4年1月22日(土)13:00〜14:30
・せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
・資料代 一般¥500、会員は無料

◆主催:日本笑い学会東北支部
連絡先:事務局/坂本 宏一 
〒981-1244 宮城県名取市那智が丘4-1-16
Tel.&Fax.:022-386-3517 
Keitai:090-7328-6982
E-mail:nati.skm★f8.dion.ne.jp(★を@に変えて)
支部URL:http://blog.goo.ne.jp/waraimiti/ 
本部URL:http://www.nwgk.jp/
| 次へ