CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年10月05日(Tue) 環境問題への関心からはじめの一歩〜高校生が海岸清掃ボランティアに参加!<深沼ビーチクリーン>


こんにちは。スタッフの伊藤です。
市民活動サポートセンター(サポセン)は、ボランティアや市民活動に関する幅広いお問合せや相談を受け付けています。今回は、サポセンへの相談から、ボランティア参加につながった高校生を紹介したいと思います。

「ボランティアをしたいけれど、あまりに活動が多くて何をすべきかわからないので相談をしたい」とサポセンを訪れた市内在住の高校生、藤原さん。将来は進学して、地球環境分野を専攻したいとゴミ拾いのボランティアを検討していました。話を聞くうちに、海洋ブラスチックに興味があると言うので、海岸清掃の「深沼ビーチクリーン」を紹介しました。
藤原さんは部活が忙しかったそうなのですが、都合の良い日に参加する事が出来、先日「ビーチクリーンに参加してきました!」とうれしい報告をいただきました。

ひらめき深沼ビーチクリーンとは
毎月第2日曜日、仙台市若林区荒浜の「深沼海水浴場」付近の清掃活動をしています。
「深沼海水浴場」は、東日本大震災以前、仙台市唯一の海水浴場でした。震災以降、荒浜地区は人が住むことができなくなりましたが、豊かな自然が広がる場所として、休日を楽しみに訪れる方も増えてきました。海岸清掃には、荒浜地区を訪れる人々に安心して過ごしてもらいたいという思いが込められています。

2021年度_深沼ビーチクリーンチラシ_配布用 - コピー.jpg

↓ボランティアに参加してみた藤原さんの感想ですぴかぴか(新しい)
ボランティアにずっと行きたかった理由は、様々なメディアで取り上げられている海洋プラスチックゴミの問題を現場で見てみたかったからです。
YouTubeで、クジラが海に漂流したプラスチックを誤飲したことが原因で、死んでしまったという動画を見て、自分にも何か出来ることはないかと思いました。
参加してみての感想は、沢山のプラスチックが落ちていて、びっくりしました。
想像より多くの人が参加していて、ボランティアに積極的な人が多くて感心し刺激を受けました。現場に行けて良かったです。また来月も行こうと思います。
地球環境問題を考える活動をもっと広めて行けるように、尽力して行けたらなと思います。


藤原ビーチ5 - コピー.jpg
▲海岸で拾ったプラスチック片(藤原さん撮影)

次項有深沼ビーチクリーンの詳しい情報は、こちら
https://www.facebook.com/fukanumabeach/

ビーチ12 - コピー.JPG
写真提供:深沼ビーチクリーン

ビーチ16 - コピー.JPG
写真提供:深沼ビーチクリーン

かわいい活動のタイミングが合わなくても毎月開催されているので、藤原さんのように自分のタイミングでボランティアに参加する事が出来ます。

演劇次回のビーチクリーンは、10月10日(日)10:30〜です。
集合場所:海岸公園センターハウス
申込不要、軍手持参、動きやすい服装でご参加ください。

興味の湧いた方は、藤原さんのように、はじめの一歩を踏み出してみませんか?
| 次へ