CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年06月28日(Mon) 6/28開催!<オンライン情報交換会のご案内>せんだい・みやぎソーシャルハブ


せんだい・みやぎソーシャルハブでは、コロナ禍に見舞われた仙台や宮城の現状について、参加者それぞれの立場からの情報を共有したり、支援策を検討したりするオンライン情報交換会を定期的に開いています。皆様の近況やちょっとした相談、今後の活動など、自由にお話ください。

位置情報テーマ:生理用品配布をきっかけに「頼れる先を知ってもらう」
      多賀城の試みVol.2


位置情報日 時:6月28日(月)19:00〜20:15

前回、多賀城市生活支援課の柴田課長をお招きし、企業からの寄付で多賀城市内の小中学校に生理用品を配布したお話しをしていただきました。
多賀城市の取り組みは、単に生理用品を配布することを目的にはしておらず、生活に困窮している方々を行政の制度や地域のサポートに繋げることを目的としています。
今回は、他の自治体の生理の貧困に関する取り組みや多賀城のモデルを他の自治体でやるなら?などについて皆さまと考えていきたいと思っています。
前回参加できなかったけれども、生理の貧困について興味がある人、多賀城のモデルに関心のある人、他の自治体の取り組みについてお話いただける人など、みなさまと情報交換、アイデアを共有していきます。 皆さまのアイデアをお待ちしています!

位置情報会 場:ZOOM

zoomアドレス:
https://zoom.us/j/94346763006?pwd=d1JCYjljZzdEdllsQXVkcmNWYnhCQT09
ミーティングID: 943 4676 3006
パスコード: 712926

※どなたでも参加いただけます。詳しくは下記のFacebookページをご覧ください。
https://fb.me/e/29b7SjAHp

・聞くだけの参加も可能です。途中参加、途中退席も構いません。
・全体の進行によっては、発言時間の制限をお願いするかもしれません。
・批判オンリーはやめましょう
・記録メモは後日作成・公開予定です。(NG箇所は省きます)

ひらめきこれまでのアーカイブは、以下よりご覧いただけます。
【レポート公開】せんだい・みやぎソーシャルハブ オンライン情報交換会

ひらめきせんだい・みやぎソーシャルハブとは
仙台・宮城の市民活動支援や多セクターの協働を生み出し、誰も取り残されない社会を創ることを目指す場です。
せんだい・みやぎソーシャルハブは、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター一般社団法人パーソナルサポートセンターNPO法人都市デザインワークスの三団体が連携して運営しています。

E382BDE383BCE382B7E383A3E383ABE3838FE38396.jpg
2021年06月28日(Mon) 7/17生配信!「心のもやもやを受け止める現場から」いづいっちゃんねる


「いづいっちゃんねる」は、ローカルニュースサイトTOHOKU360とサポセンが協働で行うインターネット配信番組です。毎回ひとつの社会課題をテーマに、仙台市を中心に県内で課題解決に取り組んでいる団体をゲストに、現場で活動する人たちの生の声をお届けします。「しっくりこない」「居心地が悪い」「モヤモヤする」など、社会のちょっと「いづい」ことにみんなで気づいて、解決に向けた小さな行動を起こすきっかけを見つけられる番組です。
これまでの配信⇒https://sapo-sen.jp/event/8752/

第7回目の今回は、公益社団法人 日本駆け込み寺仙台支部(通称:仙台駆け込み寺)支部長の織笠英二さんと広報担当の遠藤明子さん、相談員の納田ほのかさん、小川泰佑さんをお招きし、DV、人間関係、生活や仕事など、お悩み相談の現場からお話を伺い、私たちができることを考えます。

駆け込み寺サムネ.jpg

今回のテーマ
「心のもやもやを受け止める現場から」

日時 2021年7月17日(土) 19:00〜20:00(生配信)
配信 TOHOKU360のYouTubeチャンネルからご覧いただけます。
https://www.youtube.com/c/TOHOKU360/featured

ゲスト
公益社団法人 日本駆け込み寺仙台支部の皆さん

ゲスト集合.png

写真上から、 支部長 織笠英二さん、中央が広報担当 遠藤明子さん、手前右側は相談員 納田ほのかさん、そして手前左側が相談員 小川泰佑さん

2012年、東京でよろず相談支援を行う公益社団法人「日本駆け込み寺」の仙台支部として設立しました。「たった一人のあなたを救う」ことをモットーとした無料でなんでも相談できるボランティア団体です。仙台市青葉区一番町いろは横丁にて、相談員総勢75名(2021年6月現在)が電話・対面での悩み相談に応じます。これまで、家庭内暴力、人間関係、生活や仕事の悩みなどを聴いてきました。専門的な立場から相談対応するのではなく、気軽に話をすることができる場所です。

ホームページ https://sendaikakekomidera.amebaownd.com/


インタビュアー

maekawa-234x234.jpg

TOHOKU360 通信員 前川雅尚さん

1985年生まれ。宮城県仙台市出身。会社員として2社の企業を渡り歩き、異なる業界で企画、社員育成、採用から規則・制度設計まで人事業務の多岐に携わる。会社員時代に培ったスキルを活かし、2019年より東北のベンチャーや中小企業の人事支援を目的として事業「hito-koto」を立ち上げる。2020年に大手・東北企業の若手社員と共に「東北で楽しく働く仲間がいる」を執筆。生まれ育った東北のまだ知られていない魅力と働くひとを発信していきます。

hito-koto : https://www.hito-koto.com/

主催 TOHOKU360
仙台市市民活動サポートセンター

お問合せ 仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目1-3
TEL:022-212-3010/FAX:022-268-4042

ビジュアルデザイン 株式会社KUNK 濱田直樹さん
いづいロゴ.png
2021年06月28日(Mon) 7/31締切!障がいのある人や支える人の体験作文を募集中!<第56回NHK障害福祉賞>


こんにちは。スタッフの大泉です。
NHK放送と連携した社会福祉事業に取り組むNHK厚生文化事業団より、「第56回 NHK障害福祉賞」のお知らせです。
NHK障害福祉賞では、障害のある本人、または、障害のある人とともに歩んでいる人の実体験を綴った作文を募集しています。今年で56回目を迎え、これまでに1万3000を超える作品が寄せられてきました。

以下、概要です。

20210623120325_00001.jpg 20210623120338_00001.jpg

---------------------------------
第56回 NHK障害福祉賞
障害のある人と支える人の体験作文の募集
---------------------------------

「NHK障害福祉賞」では、障害福祉への関心や理解を広げるため、障害のある人や支える人の体験作文を募集します。みなさんの思いを込めた作品をお待ちしております。

ひらめき応募締切 2021年7月31日(土) 消印有効

ひらめき募集部門と内容 2つの部門で、体験作文を募集します。
第1部門 障害のあるご本人の部門
学校や施設での生活、自立や就労への挑戦、自分の生きてきた道など、ご自身の体験や思いをお寄せください。

第2部門 障害のある人とともに歩んでいる人の部門
教育・支援の実践、家族の成長や変化の記録、仕事や余暇活動での交流など、ともに生きてきた体験記をお寄せください。

ひらめき応募規定
・自作の未発表の作品に限ります。
・字数は8,000字以内。点字の場合は32マス×450行以内。
自分で書くことが難しい場合、代筆(清書、口述筆記など)でも構いません。代筆者名を書き添えてください。
・応募要項記載の応募票を記入のうえ、作品に添付してください。
・著作を職業としている方の応募はご遠慮ください。
・応募作品は返却しません。また、選考過程に関する問い合わせにはお答えできません。
※入選作品の著作権は、主催者に帰属します。入選作品はNHKの番組で放送される場合があります。
※入選発表の際は、名前、障害名(障害者との関係)、年齢、居住地を作品とあわせて公表します。ご了承のうえご応募ください。
※応募者の個人情報は適正に管理し、賞に関する連絡のために利用します。


ひらめき賞(2部門を通じて)
最優秀…1編(賞金50万円)
優秀 …3編(賞金20万円)
佳作 …若干(賞金5万円)
矢野賞…1編(賞金20万円)
※矢野賞は、NHK厚生文化事業団初代理事長の矢野一郎氏の功績を記念して設けられた、長年にわたる体験記に贈る賞です。

ひらめき選考委員(予定、五十音順 敬称略)
鈴木 ひとみ(人権啓発講師)
玉井 邦夫(大正大学教授)
柳田 邦男(ノンフィクション作家)
NHK制作局長
NHK厚生文化事業団 理事長

ひらめき入選・作品発表
・11月に全応募者に結果を通知します。
・12月に入選作品集を発行し、入選者(最優秀・優秀・矢野賞)への表彰式を行います。
(状況により変更・中止する場合があります。予めご了承ください。)
※昨年の入賞作品をNHK厚生文化事業団のホームページに掲載しています。音声版(デイジーCD)、点字版入選作品集ご希望の方はお問い合わせください。

位置情報作品の送り先・問い合わせ先
NHK厚生文化事業団「障害福祉賞」係
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1 第七共同ビル
TEL 03-3476-5955(平日10時〜17時)
FAX 03-3476-5956
ホームページ https://www.npwo.or.jp
応募締切 7/31(土)消印有効
※作品は郵送か、ホームページ内の応募フォームからご応募ください。ファックスは問い合わせのみ応じます。

主催
NHK、NHK厚生文化事業団

後援
厚生労働省、文部科学省、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構、社会福祉法人全国社会福祉協議会、公益社団法人全国精神保健福祉会連合会、一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会、全日本特別支援教育研究連盟、社会福祉法人日本肢体不自由児協会、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会、公益財団法人日本知的障害者福祉協会、日本発達障害学会、一般社団法人日本発達障害ネットワーク

協力
一般社団法人電子情報技術産業協会
| 次へ