CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年06月17日(Thu) 西多賀市民センターで開催された西多賀まちづくり推進委員会による「THE 三神峯展」の様子をレポート!


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
住民有志による西多賀まちづくり推進委員会が企画した「THE 三神峯展 in 西多賀市民センター」が、2021年6月5日、6日の2日間にわたり開催されました。桜咲く三神峯公園の風景をテーマにした写真コンテストの作品展示や、三神峯公園に関する展示、クイズ、DVDの上映など盛りだくさんのイベントです。

イベントはもともと、2021年4月にサポセンで開催を予定していたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となった経緯がありました。サポセンでのイベント中止後も、西多賀まちづくり推進委員会の皆さんの努力と工夫により、写真コンテストが実施され、このたびあらためてイベントが開催されました。

私はあいにく参加することができませんでしたが、スタッフの矢野がイベントに足を運び、写真を撮ってきてくれました。今回はその様子などをレポートします!

かわいい2021年6月5日・6日開催------------------------------
THE 三神峯展 in 西多賀市民センターぴかぴか(新しい)
「桜」で遊んでいってけさいん!!
-----------------------------------------------------------

IMG_8029.JPG A2CE2BC7-0DEE-4F02-AB40-CBA45FEAEC9D (1).jpeg
▲(左)写真コンテストに応募された57点もの作品/(右)出迎えてくれたイベント看板

ひらめき今回のイベントは、西多賀まちづくり推進委員会や地域の皆さんによる3つの成果を記念するイベントでもあります。
1「桜樹名板」制作完了記念
令和元年10月〜令和3年2月にかけて、地域の小中学生などと一緒につくってきた、桜の「樹名板」の設置が完了したそうです。樹名板は全部で44品種・180枚もあるとのこと!

2仙台市市政だより4月号掲載記念
仙台市市政だより2021年4月号の表紙に、三神峯公園の桜をバックにした、西多賀まちづくり推進委員会の皆さんと、樹名板の制作に関わった小中学生が掲載されました。

3市民記念植樹
これからも長く桜を楽しみ続けることができる公園づくりのために、募金活動で寄付金を集め、10年ぶりに桜の幼木を6本植樹しました。

27B409B6-1D48-4155-A354-A1E9F46FE85420(1).jpeg
▲参加者はクイズなどを楽しみながら、三神峯公園の桜や、三神峯公園の歴史などについて知ることができます。

3496DFA7-845C-4E91-8B3B-92746A7D8ABE (1).jpeg 
▲三神峯公園にある桜の名前や情報を、QRコードをかざして知ることができるコーナー

↓三神峯公園の桜に実際に設置されているQRコードをスタッフが読み取ってみた時のブログはこちら!
地域の人に愛されている太白区の三神峯公園に、遅咲きの桜を見に行ってきました!

ぴかぴか(新しい)三神峯公園は、仙台で一番桜の品種・本数が多く、様々な桜を長い期間楽しむことができます。今回のイベントサブタイトル「桜」で遊んでいってけさいん!!の通り、イベントでは三神峯公園の桜を余すことなく楽しむことができるようになっていました。

001DEDA9-67DE-41C2-ADB6-8FF3539F7CB1 (1).jpeg
▲展示では、縄文時代から三神峯に集落があったことなど、三神峯の歴史も知ることができます。

8D89C5DC-D083-4751-B3B9-550833DB0832 (1).jpeg
▲地域の小中学生たちと制作してきた樹名板について紹介するコーナー

ぴかぴか(新しい)なお、お家でもつくれる「樹名板制作キット」のプレゼントも行ったとのこと。また、樹名板に使われている木材は、西多賀まちづくり推進委員会の活動を聞きつけ賛同した方からの寄付なのだそうです!

**********
ちなみにスタッフの小田嶋は、イベント前日に西多賀市民センターにお邪魔し、一足先に写真コンテストの作品展示を見てきました。
その際、西多賀まちづくり推進委員会の椎野さん、大久さんから、このたびのイベントに関する様々なお話しをお聞きすることができましたのでご紹介します。

●感染予防から投票に使用したのは「爪楊枝」exclamation&question
写真コンテストでは、4月20日〜5月13日にかけて、応募された写真を太白区役所1階ロビーに展示し、市民に好きな写真を投票してもらうことも選考に取り入れたそうです。この時もまだ、新型コロナウィルスが猛威をふるっていたことから、たどり着いた方法が、なんと「爪楊枝」。好きな写真を選んだら、その番号の紙が貼られている爪楊枝を取り、投票箱に入れる仕組みでした。西多賀まちづくり推進委員会の大久さんは「ありがたいことに490票もの投票があった」と、嬉しそうにお話ししてくださいました。今年度の写真コンテストは、応募者がプリントした作品を西多賀市民センターに届ける応募方式のほかに、メールでも応募もできるようにするなど工夫したことで、去年応募総数20点を上回る57点の応募がありました。

766804EC-715B-4DE7-8CF0-596F3A68AAAD (2).jpeg
▲爪楊枝投票の時の様子

●愛され続ける三神峯公園へるんるん
今回のイベントは、新型コロナウィルスの影響によって何度も中止や変更が余儀なくされました。そんな中でも、写真コンテストやイベントを開催したことで、多くの市民が三神峯公園の魅力について触れることができました。西多賀まちづくり推進委員会の椎野さんは、「西多賀近辺地域の人だけではなく、もっと多くの仙台市民に足を運んでもらえるような”みんなの公園”にしたい」と、抱負を語っていました。

7A3E9AD5-FA92-4444-B6C0-F83C7B2045EA (1).jpeg
▲椎野さんが編集し、イベントでも上映・プレゼントした三神峯公園の美しい風景をおさめたDVD

かわいい2021年は飲食を伴う花見が禁止されていたことから、三神峯公園でも、じっくりと桜そのものの美しさを楽しむ方が多かったそうです。その際、樹名板や、桜の情報が知れるQRコードが大活躍したそうですよ。桜への関心が高まったことから、桜の幼木への募金も例年以上に集まったのだとか!
来年の桜の季節はもちろん、それ以外の季節も、三神峯公園に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?
| 次へ