CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年05月23日(Sun) 古紙回収の売上金で地域活動を応援<東北工業大学環境サークルたんぽぽ×SKホールディングス>〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは、スタッフの水原です。
ぱれっと5月号では、資源循環型社会の実現を目標に掲げる大学生と企業による協働の取り組みを、まちづくりの事例として紹介しています。

2021年3月21日〜4月3日、仙台市太白区の みやぎ生協太子堂店の敷地内で古紙回収イベントが開催されました。主催したのは、リサイクル推進・ごみ減量啓発活動に取り組んでいる、東北工業大学環境サークルたんぽぽ(以下、たんぽぽ)と、古紙回収事業などを行っている株式会社SKホールディングス(SKホールディングス)です。

写真@.JPG
▲取材にご協力いただいた、たんぽぽ前代表の松峯快成さん(写真中央)と、SKホールディングスの須貝祐美さん(写真左)


回収した古紙の売上金の一部は、仙台市太白区長町の地域食堂「おりざの家」に寄付されます。
「おりざの家」に寄付しようと提案したのは たんぽぽでした。東北工業大学と同じ太白区内で、地域活動をつづけている「おりざの家」に着目し、活動内容や状況を知るために事前に取材を行いました。お話の中で、食材は寄付でまかなえているが、人件費は捻出できていない現状を知り、支援を申し出ました。


写真B.JPG
▲古紙回収ボックスに集められた雑誌・雑がみなど
みやぎ生協太子堂店の敷地内には、SKホールディングスが運営している、古紙回収ボックスがあり、雑がみやダンボールなどを集めると、ポイントが貯まるカードを発行できます。貯まったポイントは、みやぎ生協で使えるお買い物券に交換できるそうです。


写真C.JPG
▲持ち込まれた古紙を回収ボックスに誘導する、たんぽぽメンバー
イベント前日の3月20日は、宮城県で最大震度5強の地震が発生し、地下鉄もJRも運転が再開していない中で、仲間同士で呼びかけ合って、イベントPRのために会場に駆けつけていました。


SKホールディングスは、若者との連携事業は今回がはじめて。たんぽぽも、企業との連携事業がはじめてということで、お互いの印象を伺ってみました。

たんぽぽの松峯さんは、「企業との連携は、はじめてで緊張したが意見を言いやすい場をつくってくれた。自分たちの提案もどんどん取り入れてくれて驚いた」と話していました。
SKホールディングスの須貝さんは、「たんぽぽとは半年間ミーティングを続けてきた。おかげで、若者ならではの考えに触れることができたし、広報もSNSで積極的に活用してくれた。何より一生懸命な姿に励まされた」と話してくれました。

たんぽぽと、SKホールディングスの皆さんは、イベントの間もずっと仲良くお話をしたり情報交換をしたりする様子から、長い時間をかけて良い関係を築いてきたことが感じられました。

かわいい演劇ぜひ、ぱれっと5月号の紙面で両者の取り組みをご覧ください。

足ぱれっとバックナンバーはこちらから⇒★★★


| 次へ