CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年05月04日(Tue) 5/19(水)第1回講座開催!<七北田宿ガイドボランティア養成講座>受講者募集のお知らせ


こんにちは。スタッフの小林です。七北田宿研究会主催の特別講座のお知らせをいただきました。
以下、概要です。

20210425130101_00001.jpg

「七北田宿研究会 特別講座」受講者募集
----------------------------------------------------------------
生きがい元気講座 七北田宿の開宿400年記念
「七北田お散歩ガイド〜七北田宿場めぐり〜
七北田宿ガイドボランティア養成講座」

仙台市泉区まちづくり活動助成事業
【名義後援】仙台市長・仙台市教育委員会教育長・河北新報社・
朝日新聞仙台総局・毎日新聞社仙台支局(予定)

----------------------------------------------------------------

年間6回開催
修了者「七北田宿ガイドボランティア」認定書授与!


〇伊達政宗は、仙台藩の交通政策の一環として奥州街道の「直線化・平地化」整備を行い、元和年間(1615〜1624年)に本七北田(現、野村)から今の七北田宿に駅を移し、七北田宿が元和9年(1623年)に開かれました。江戸時代の七北田は多くの旅人や荷物が行き交う宿場でした。七北田宿の開宿の経過を絵図や古文書から辿り、往時の七北田宿の姿を「七北田の街あるき」で学習しましょう。

…七北田宿開宿400年を記念して、「七北田お散歩手帖(MAP)」を1万部作成致しました。
政宗が整備した奥州街道、宿場町だった七北田宿を400年前に遡って思い起こして七北田宿をガイドしましょう。「宿場は宿駅・驛馬・町場とも呼ばれ、@荷物を継ぐための場所『駅』であり、A宿泊・休憩施設のある場所『宿』であり、B商品を売買する場所『町』であるという複数の重要な役割を担っていました。(平成13年2月4日第23回市史講座。仙台市博物館市史編纂室)」…

ぴかぴか(新しい)5月19日(水)第1回講座ぴかぴか(新しい)
午前10:00〜12:00(要申込み:先着順定員15名)

第2回:7月21日、第3回:9月15日、第4回:11月23日
第5回:1月19日、第6回 3月16日(修了式)

参加費無料
■会場:泉区中央市民センターなど(予定)泉区市名坂東裏53−1
■お申込みは、こちらへ→ (携帯)090−2566−4765 森田
■主催:「七北田宿研究会」(旧、郷土史サークル いずみのふるさと)
■協賛:シニア・ワーカーズコープ仙台(シニア・ワーカーズ) 生きがい元気講座「百歳塾」
| 次へ