CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年11月03日(Tue) 『私たちにできることは何だろう?!』第3回いづいっちゃんねる<「宮城のLGBT今とこれから」をLive配信しました>


スタッフの大坪です。
第3回いづいっちゃんねる「宮城のLGBT 今とこれから」をご覧いただきましてありがとうございました。

番組1.jpg

ゲストとしてお話をいただきました内田有美さん性と人権ネットワークESTO)、小野寺真さんにじいろCANVAS)、インタビューアを務めていただいたTOHOKU360通信員の前川 雅尚さんありがとうございました。

また、番組のはじまりにトラブルがあり、広報でお伝えしていたURLとは別の場所で配信が始まってしまいました。番組をご覧いただくために待機していてくださった方、最初の部分を見ることができなかったと思います。大変申し訳ございませんでした。

番組動画URLはコチラです次項有https://youtu.be/yAzhslK9nDY

11月サムネイル3.jpg


■ゲストのお二人が所属する団体をご紹介

にじいろCANVAS
小野寺真さんが共同代表つとめています。

宮城県をキャンバスに、にじいろの人の繋がりを描きたい!
『誰もが自分らしく暮らせる地域』を目指し多様な性を生きる者として主体的に活動しています。

 Twitter→https://twitter.com/2416canvas
 Facebook→https://www.facebook.com/2416canvas/


性と人権ネットワークESTO
内田有美さんが所属されています。

セクシュアリティの尊重とジェンダーの平等をめざして活動しています。
 
 HP→http://estonet.info/


■私たちにできることは何だろう…

ひらめきアライ(ALLY)になる
※アライとは、LGBTsに理解があり「活動を支援する人」という意味で使用される言葉です。

LGBTを表す6色の何かを身につけているとアライを表明することになり、応援の一つにもなります。

バッジ.jpg

小野寺さんはトランスジェンダーですが、それ以外のセクシュアルマイノリティ―の人が、どんな悩みを持っているかは知らなかったそうです。セクシュアルマイノリティ―のアライでもありたいと、胸には「I'm ALLY」と書かれたレインボーのバッジをつけていました。

ひらめきイベントに参加してみよう!
小野寺さんが所属する、にじいろCANVASが企画運営するイベント

『多様な性を発信
にじキャス!サテライト放送局』


日時:2020年11月15日(日) 13:30〜16:30
場所:エル・パーク仙台 ギャラリーホール
https://m.facebook.com/2416canvas/photos/pb.100229121568011.-2207520000../175131140744475/?type=3

サポセンブログでも紹介しています
11/15放送!オンラインラジオ<多様な性を発信>ニジキャス!

『宮城県でも制服を選べるようにしてください』
オンライン署名はこちら

小野寺さんが発信者となっている活動です。
番組内でも、「らしさ」を強要されると苦しい、選べることは尊厳だというお話がありました。スカートかズボンかを子どもたちが選べるということは、性別だけではなく、宗教、健康状態、民族的なバックグラウンド、多様性を生きることを選ぶ、という一つの変化になるのではではないかというメッセージも込められています。

サポセンブログでも紹介しています。
オンライン署名で参加しよう<宮城県でも制服を選べるようにしてください>自分”らしさ”を選択できる社会へ

小野寺さんと「にじいろCANVAS」で活動している
レインボー・アドボケイツ東北」代表の小浜耕治さんが、
「パートナーシップ宣誓証明制度の創設を」と、仙台市市議会に陳述書を提出しています。

河北新報 2020年10月22日 木曜日 掲載
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/202010/20201022_11015.html

また、小浜さんからは、番組に「にじのひろば もよろしく」とコメントをいただいておりました。
コミュニティースペース「にじのひろば」は、自身のセクシュアリティに関わらず、安心して過ごせるコミュニティスペースです。

コミュニティースペース「にじのひろば」
開催日時は、仙台市のHPからご確認ください。
https://www.city.sendai.jp/danjo-kikaku/kurashi/manabu/danjo/torikumi/tayounaseinoarikata.html


ひらめきセクシュアルマイノリティーの被災地での困難を知る
ゲストの内田さんがまとめられた報告書がサポセンの蔵書にあります。

DSC05054.JPG
「東日本大震災におけるセクシュアルマイノリティ当事者の被災状況およびニーズ・課題に関する調査」報告書 発行日 2015年3月9日 性と人権ネットワークESTO 内田有美

当時、セクシュアルマイノリティーも被災しました。その事実は、あまり報道されてきませんでしたが、そこに、どのような不安や困難があったのか、内田さんは当事者への聞き取り調査も実施されています。

事前打ち合わせでは、内田さんから震災時のセクシュアルマイノリティーの状況を伺いました。
それまで、自身のセクシュアリティーを隠して生活してきたのに、避難所に行くことで、それが脅かされるくらいなら、避難所に行かない、という人が多かったのだそうです。お風呂に入らず、消臭剤を髪にふって生活していたという人もいたというお話もうかがいました。

内田さんは、番組内でご自身の夢を話してくださいました。
「壮大な夢ですが… どういうセクシュアリティーであっても、その人がそのままで生きていける社会、その人らしくいられる社会になれば、そういう日が来たら一番良い」。


現在、内田さんがまとめられた報告書は、入口からすぐの図書コーナーで関連図書とともに展示中です。貸出不可の図書ですが、館内でご覧いただくことは可能です。
ぜひ、お手にとってご覧ください。

DSC05059.JPG


■番組の中で出た用語など
○SOGI
Sexual Orientation(性的指向)
Gender Identity(性自認、性同一性)
※性の多様性を表す言葉

○セクシュアリティ
「人々があるモノ・コトを性的と感じている有様そのもの」を指す言葉
・生物的な性別・性自認

「性自認」自分の性別をどう感じるかということ
「性的指向」どのような対象に性的に惹かれるかを表す。

○セクシュアルマイノリティ
・性的少数者

○カミングアウト
秘密にしていたことを告白すること。

○クローゼット
自分がマイノリティであることを「言えない」「言わない」で生活している人たちの状態。

○アウティング
本人の了解を得ずに、その人の秘密にしていることを他の人に話すこと。




■いづいっちゃんねる動画について
今回放送いたしましたいづいっちゃんねるのアーカイブはTOHOKU360のYouTubeページより第1回の放送からご覧いただけます。
見逃した方、一部聞き逃したという方、また今回からいづいっちゃんねるを知ったという方は過去の放送を含めぜひご覧ください。

〇いづいっちゃんねる動画再生リスト
https://www.youtube.com/c/TOHOKU360


番組中に小野寺さんが面白いことを言って、みんな良い笑顔の写真をお届けします。

番組2.jpg

ご出演いただきました皆さま、ご覧いただきました皆さま、誠にありがとうございましたexclamation


2020年11月03日(Tue) 11/14は「世界糖尿病デー」仙台のまちをブルーにライトアップする糖尿病予防キャンペーン実施!


こんにちは、スタッフの水原です。
宮城県世界糖尿病デー実行委員会から、「世界糖尿病デー」のお知らせをいただきましたので、ご紹介します。

本来であれば、毎年、糖尿病抑制に向けたキャンペーンとして糖尿病予防の勉強会を開催しているそうですが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったそうです。
しかし、今年も多くの人に糖尿病について考え、予防にむけた一歩を踏み出して欲しいという希望を込めて、日本各地でも有名な建造物を、糖尿病デーのシンボルカラーであるブルーにライトアップして啓発活動を実施します。
仙台のまちでも3箇所の建造物がライトアップされます。

以下、詳細です。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
11月14日は、世界糖尿病デー
世界糖尿病デーin宮城
ブルーライトアップ開催
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


ブルーライトアップ.jpg

糖尿病もコロナも予防が大事!
糖尿病のことをよく知って、健康的な生活を送ろう!

期間:2020年11月11日(水)〜11月17日(火)
時間:18:00〜23:00
場所:仙台放送テレビ塔(大年寺山)
   伊達政宗公騎馬像(青葉城跡)
   仙台城大手門隅櫓(青葉山公園)

主催:宮城県世界糖尿病デー実行委員会
共催:宮城県糖尿病対策推進会議、宮城県糖尿病協会、宮城県歯科医師会
後援:宮城県、仙台市、宮城県医師会、東北大学病院糖尿病代謝科、
   東北医科薬科大学病院糖尿病代謝内科
事務局:東北医科薬科大学病院 糖尿病代謝内科 022-259-1221

| 次へ