CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年09月27日(Sun) オンライン開催<NPOの資金調達 まるわかりセミナー>自分たちの団体に適したカタチとは?


こんにちは。スタッフの松村です。
NPO法人エコネット近畿からご案内をいただきました。
オンラインセミナーなので、全国どこからでも参加できます。
以下、概要です。

--------------環境市民活動助成金セミナー--------------
NPOの資金調達 まるわかりセミナー
----------------------------------------------------------

多様な活動を支援する助成制度や新しい資金調達法を1日で知るチャンス。
自分の団体の未来の活動のカタチにし継続するために、自分達の団体に適した制度を見つけて一歩前へ踏み出しましょう!

日時:2020年104日(日)10:00〜16:30 部分参加可能
対象:全国どこからでも参加可能(環境活動に取り組む団体や個人)
締切:9月27日(日)
 申込フォーム
 https://jyoseikinseminar20201004.peatix.com/

定員:先着250人
参加費:一般1,000円/主催団体会員500円
※録画視聴のみの参加も可能です。(参加費は同額)

目的:
多様な「資金調達法」についての最新情報を得て理解を深める。
「助成金の活用事例」から、助成財団と協働の進め方を学ぶ。
持続経営のために、個々の団体に適した「資金調達法」を見出す機会とする。

詳しくはこちらをご覧ください
★FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/708450369885305/

20200927140333_00001.jpg

20200927140343_00001.jpg
助成金セミナー2020チラシ.pdf

主催:NPO法人エコネット近畿NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」NPO法人地域の未来・志援センター
協賛:一般財団法人セブン-イレブン記念財団
後援:ESD 活動支援センター、北海道地方 ESD 活動支援センター、東北地方 ESD 活動支援センター、関東地方 ESD 活動支援センター、中部地方 ESD 活動支援センター、近畿地方 ESD 活動支援センター、中国地方 ESD 活動支援センター、四国地方 ESD 活動支援センター、九州地方 ESD 活動支援センター

2020年09月27日(Sun) 「マチナカ マチノワ ラウンジ」を開催しました!ジャンボ浮き輪でソーシャルディスタンス


スタッフの太田です。
9月25日(金)19時よりサポセン1階のマチノワひろばにて、「マチナカ マチノワ ラウンジ」を開催しました。

DSC04515T.jpg

「マチナカ マチノワ ラウンジ」は、昨年度実施した定期交流会「サポセン フライデー」の継承企画です。
「サポセン フライデー」を実施してみて
・お1人様での参加が多い。
・すでに活動している人だけでなく、これから何か始めてみたい人も参加。
・「話をする」だけではない交流がたくさん生まれた。
(例:囲碁を通したコミュニケーションやペープサートのお披露目などもありました)

といったことがわかってきたので、

・お1人様でも参加しやすく
・活動していなくてもOK
・話下手でもOK

そんな企画に練り直し、名称もサポセンのある街中で、まちづくりの輪が生まれるくつろぎ空間になるよう「マチナカ マチノワ ラウンジ」に改称しました。


本来は、5月から隔月開催の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、5月・7月の開催を見送り、やっと開催することができました。

あいにく、少々強めの雨が降る悪天候でしたが、参加者3名+スタッフで、ボードゲーム『すべてが登米になる』を体験。
ボードゲームの体験のアイディアは、昨年度の「サポセン フライデー」参加者からのご意見を参考に取り入れました。
その狙い通り、「『すべてが登米になる』を体験してみたくて参加しました」という方もいらっしゃいました。
ボードゲームをしながら、登米にまつわる思い出話や、登米市議会のお話、登米など県北の名産である「油麩」にまつわるエピソードなど、自然に会話が弾みました。
ゲームが終わるころには、登米市の地名や位置関係に詳しくなってしまっているから不思議です。

今回は、新型コロナウイルス対策の一環として、ソーシャルディスタンスを保つため、ジャンボ浮き輪をつけていただく試みも。
恥ずかしがって拒否されるかなぁとも思っていましたが
「浮き輪を付けるとワクワクしますね」
「こんな遊び心がある工夫はどなたのアイディアなんですか?」
など、みなさんすんなり受け入れてくださり、最初から最後まで浮き輪を付けて、名刺交換をしたり、ボードゲームをしたり楽しんでいただきました。

DSC04523T.jpg

最後に参加者のみなさんから、ご自身の活動内容など情報提供もいただき、あっという間かつ中身の濃い90分でした。(開催予定は60分でしたが、気づけば30分以上超過していました)

ひらめき次回は、1127日(金)19時〜を予定しております。
※新型コロナウイルス感染症の流行状況などにより、開催を見合わせる場合があります。サポセンブログやサポートセンターのホームページでご確認ください。
| 次へ