CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年09月01日(Tue) ぱれっと9月号を発行しました


こんにちは、スタッフの水原です。
ぱれっと9月号を発行しました。

ぱれっと9.JPG

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、緊急事態宣言が出され、テレワークを導入する会社も増えました。感染防止のために家で会議や講座、飲み会といった交流にもオンラインで参加するように。いまや、遠隔地からも気軽に参加できる便利な手段として一般的になりつつあります。

9月は、オンラインによる「今、私にできること」の取り組みと、「活動に+(プラス)」したくなる取り組みを紹介しています。


●今、私にできること
方法を模索しながら、まちの魅力を発信しつづける

荒町エリア発信隊が、活動2年目にスタートさせた動画プロジェクトについて取材しました。
動画プロジェクトで開催した「動画制作講座」は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて一部オンラインで講座を配信しました。荒町エリアの魅力を発信し、ファンを増やそうと活動する発信隊。1年目に発行した街歩きマップ「荒町さんぽ」発行という実績をひっさげて、次に手にしたのが動画配信スキルでした。なぜ、商店街に動画配信が必要なのか、その思いとは。

取材を担当したのは、サポセンスタッフの水原のぞみ です。


●今、私にできること
「このまちの演劇を楽しんで!」
仙台のカフェで、居酒屋で、オンラインで続けた上演


新型コロナウイルス感染拡大は、文化・芸術の場にも大きな影響を及ぼしています。
在仙の俳優が朗読劇を上演する「仙臺まちなかシアター」も、その一つです。企画・運営する、YONEZAWA GYU OFFICEが取り組んだ「仙臺まちなかシアターINおうちdeシアター」を続けた、このまちの演劇に灯をともしつづける取り組みをご紹介。

取材を担当したのは、サポセンスタッフの小田嶋くるみ です。


●活動に+(プラス)
サポートを必要としている子どもたちに届け!オンライン学習

学生ボランティア団体manacoは、宮城県、仙台市の小・中学生を対象に週1〜2日、無料で学習サポートをしています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校で、学習に不安のある子どもたちに向けて、オンラインで学習サポートをしています。オンラインを取り入れている活動の事例として紹介。

●お役立ち本
common cafe(コモンカフェ)
人と人とが出会う場の作り方をご紹介


位置情報ダウンロードはコチラから→☆☆☆

取材にご協力いただいたみなさま、ありがとうございましたexclamation

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ひらめき「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム

2020年09月01日(Tue) 9/10開催!オンライン情報交換会のご案内 <せんだい・みやぎソーシャルハブ>


こんにちは。スタッフの鈴木です。

せんだい・みやぎソーシャルハブでは、コロナ禍に見舞われた仙台や宮城の現状について、参加者それぞれの立場からの情報を共有したり、支援策を検討したりするオンライン情報交換会を定期的に開いています。

ひらめき今回は、次回開催のご案内です。
〇日時:2020年910日(木)19時からZoomにて開催します。
※どなたでも参加いただけます、グループページからご確認ください。
https://www.facebook.com/events/752169712288818/
情報交換会後、若者・学生に支援情報を届けるためのプロジェクト作戦会議も実施するそうです。

・聞くだけの参加も可能です。途中参加、途中退席も構いません。
・全体の進行によっては、発言時間の制限をお願いするかもしれません。
・批判オンリーはやめましょう
・記録メモは後日作成・公開予定です。(NG箇所は省きます)


<8月27日のオンライン情報交換会のトピック>
・困窮者の相談でコロナ関連の相談が若干減ってきている、しんどい状況が普通のことになってきているように感じる。
・障がいを持っている方の移動支援がコロナの影響で断られる事例が継続して見られる。
・子どもたちに不登校が出始めている。
・就労支援の現場の仕事が減少している。
・求人倍率が下降中。大学生がアルバイト先を求めるニーズが高くなっている。
・インターン事業をすべてリモートで行っている。


せんだい・みやぎソーシャルハブとは----------------------

仙台・宮城の市民活動支援や多セクターの協働を生み出し、
誰も取り残されない社会を創ることを目指す場です。
せんだい・みやぎソーシャルハブは、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
一般社団法人パーソナルサポートセンターNPO法人都市デザインワークス
三団体が連携して運営しています。

ソーシャルハブ.jpg

位置情報情報交換用グループページがあります
https://www.facebook.com/groups/1177363749292548
※グループページはどなたでもご覧いただけます。
------------------------------------------------------------------------


| 次へ