CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年03月02日(Mon) 伊達忍者「一の草」の蒼月さんにお話を伺いました!〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
3月号から「ぱれっと」編集チームに加わりました!

さて、サポセン機関紙「ぱれっと」では、毎月仙台市で活動する市民活動団体を紹介しています。
ぱれっと3月号では、伊達政宗お抱えの忍者集団「黒脛巾(くろはばき)組」を現代に伝える活動を行う、伊達忍者「一の草」代表の蒼月さんにお話を伺いました三日月
今回、取材・執筆を担当したのは、私です!

伊達政宗が組織したとされるエリート忍者集団「黒脛巾(くろはばき)組」ですが、
これまで正確な文献が少なく、「幻の存在のように扱われてきた」と蒼月さんは話します。
ですが近年、新しい資料が発見されてきており、その存在が少しずつ明らかになっているそうです。

取材の様子.JPG
▲「ここに黒脛巾組について書いてあるんです!」と持参された本を指して教えてくださった蒼月さん。(左)歴史好きな私(右)もテンションが上がります!

ちなみに「黒脛巾組」の名前の由来は、おそろいの黒の脛当て(プロテクター)を
付けていたことからだそうですよ。

さらに蒼月さんはこう話します。
「忍者は子どもから外国人まで誰もが知っていますが、
ほとんどの方は実際どんなことをしていたか知らないのは、もったいない!」

たしかに「実際の忍者って何してたの?」と聞かれても、
実際はよくわからず、困ってしまう人も多いのではないでしょうか?

主催する勉強会や子ども向けの忍者教室では、
現代人でも使えるような忍術を紹介しているそうです。
ほんの一例を挙げると
「忍者の記憶術」
「音を立てない歩き方」
「朝早く起きる術」等

もっと詳しく聞いてみたくなるようなユニークな忍術ばかりでした!
気になる方はFacebookをチェックして、勉強会に参加してみてはいかがでしょうか!
位置情報伊達忍者「一の草」Facebook:https://www.facebook.com/DateNinja

ミーティング風景.png
▲ユニークな忍びたちがあなたを待っていますよ!(^^)
 忍者衣装を着て撮影に応じてくださいました。

「今後は宮城県を訪れる外国人の方にも、その魅力を発信していけたら」
と意気込みを語った蒼月さん。

その存在を伝えていくことはもちろん、楽しく忍者文化を体験してもらうことで、
新たな観光資源としてまちを盛り上げていきたいそうです。
忍者にワクワクする気持ちは子どもも外国人も同じですもんね。

そんな伊達忍者「一の草」蒼月さんへの取材記事が載っている
ぱれっと3月号!忍者に関する面白知識も盛りだくさんです!
ぜひご覧ください♪
位置情報ダウンロードはこちらから
| 次へ