CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年10月31日(Thu) 【支援情報10/30更新】2019年10月台風19号 情報まとめ


台風19号により、被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

「何か力になりたい」とお考えの方もおられることと思います。
支援の際は、現地の最新情報をご確認の上、現地からの声を尊重していただきますようお願いします。(随時更新していきます)


DSC02366 (800x533).jpg
右向き三角1サポセン1階マチノワひろばで掲示中の災害支援情報

【ボランティア】
◆台風19号災害ボランティ情報[特設サイト]

<10/30公開>災害ボランティアバスが運行されます

全国各地の災害ボランティア募集状況(by支援P)

◆宮城県災害ボランティア情報ポータル
「宮城県災害ボランティアセンターからのお知らせ」


【募金】
寄付金の使用用途を確認して、ご自分の想いに合ったところを選びましょう。
支援金と義援金の違い(日本財団webサイト)
義援金→被災者の方々へ届けられる
支援金→支援活動(ボランティア活動)を運営するために使われる
ふるさと納税→自治体が地域を復興するために使われる

◆ふるさと納税
ふるさとチョイス
令和元年台風19号

さとふる
令和元年台風19号被害緊急支援募金

yahoo!基金
災害復興未来募金
令和元年台風19号緊急災害支援募金
【令和元年台風19号被災地支援】被災された方々と犬猫達のために(日本レスキュー協会)

◆赤い羽根共同募金会
台風19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ・台風19号)へのご寄付のお願い

Readyfor
【台風19号】緊急支援プログラム

◆公益財団法人 地域創造基金さなぶり
台風19号による宮城県内の被災者支援を支援するプロジェクト

◆一般財団法人ふくしま百年基金
ふくしま台風19号災害支援基金

◆国際NGO ADRA Japan
2019年台風15号および台風19号の被災者の方々に対する支援

◆NPO法人人と動物の共生センター
台風19号における被災動物救援活動への支援金募集

◆JPF加盟NGO 災害人道医療支援会(HuMA)
令和元年台風被災者支援(台風15号、台風19号)(寄付受付中)

◆セーブ・ザ・チルドレン
令和元年 台風19号 子どもたちへの緊急支援にご協力ください


【物資支援】
◆一般社団法人日本カーシェアリング協会
台風19号支援活動のための車の寄付募集


---------------

【お役立ち情報】
◆浸水被害からの生活再建の手引き(冊子版)
『水がいにあった時に』震災がつなぐ全国ネットワーク・編

◆たすけあいセンター「JUNTOS」
認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ
『豪雨災害に備えるガイドブック災害発生時、避難生活、生活再建 常総市の被災者の取り組みから』

2019年10月31日(Thu) フラワーデモ仙台発起人益子実香さんにお話を伺いました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの水原です。

サポセン機関紙「ぱれっと」表紙では毎月、仙台のまちをワクワクさせる人物を紹介しています。
ぱれっと11月号では、フラワーデモ仙台の発起人、東北大学2年生の益子実香さんが登場します。

DSC02213 (800x533).jpg
▲撮影は、フラワーデモ仙台の活動が度々行われている、勾当台公園にて。

現在、フラワーデモは、全国各都市で毎月11日に開催されています。
SNSで指定された場所に集い、「私たちは性暴力を許さない」「性暴力を無くそう」と、社会に向けて声を上げています。

また、デモ会場に来られない人や、性暴力被害者であることを誰にも言えずに一人抱え苦しんでいる人たちに向けて、「私もそうだよ」という、「Me Too」や、「あなたは一人じゃない」との気持ちを込めた、「With You」というプラカードを掲げメッセージを送ります。
花を贈るときのように優しい気持ちで寄り添いたいとの思いから、フラワーデモという名前がつきました。参加者は、花束を持ったり、花柄の服を着たり、花をモチーフにして集います。

image1.jpeg
▲フラワーデモ仙台の旗かわいい


仙台でも、益子さんの呼びかけにより2019年6月11日から仙台市の勾当台公園や、錦町公園、仙台駅前のペデストリアンデッキなどでデモをしています。
集合場所は、都度SNSにて発信しています。時には声を出し、時にはサイレントスタンディングで、性暴力撲滅を目指しています。

デモ活動を始めたことで、様々な意見が益子さんに寄せられりようになりました。
「頑張ってね」と声を掛けられたり、男女問わず「性暴力をなくしたいね」と背中を押されたり。一方で、デモ活動を見た男性から「自分は何も悪いことはしていないのに、悪いことをしているみたいな気持ちになる」と、言われることもありました。
その場で多様な意見や感じ方が生まれるは、一人ひとりが「性暴力」について考えた証です。
益子さんは、「そうかもしれない」と男性の意見を受け止め考えます。

被害者や加害者の問題ではなく、性犯罪がある社会に生きる人みんなで考える問題です。
「皆んなで一緒に社会を変えていきたい」と話してくれました。

益子さんは、なぜフラワーデモ仙台の発起人になったのでしょうか。
ぜひ、ぱれっと11月号を読んでご確認ください。

----お知らせ---------------------------------------
1110日(日)
『One Voice フェス!』
が開催されます。
一般社団法人Spring、フラワーデモとで開催される、全国一斉室内イベントです。
詳しくはコチラをご覧ください→One Voice フェス! in 仙台

位置情報注意:11月11日のフラワーデモ仙台の開催はありません。
フラワーデモ仙台の活動詳細については、下記SNSからご確認ください
facebook:facebook@フラワーデモ仙台
Twitter:twitter@フラワーデモ仙台
| 次へ