CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年01月 | Main | 2019年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年02月01日(Fri) ぱれっと2月号発行しました!


こんにちは。スタッフの松村です。
ぱれっと2月号発行しました!

a.jpg
▲かわいい娘さんと一緒に表紙を飾ってくれましたかわいい

●今月のワクワクビト
「自分ごとが地元を支える力へ」

NU Edition Products株式会社 代表取締役
佐藤 夏美さん
佐藤さんは、福島と仙台で起業し、子育てにも励むお母さんです。
仙台では、社内の一部を託児スペースとして、シッターさんを雇い入れることで社会復帰したいママが安心して働ける環境を提供し雇用も積極的にしています。

カメラ 取材、執筆を担当したのは、市民ライターの安藤真代さんです!
ご自身も子育て中のママ。どんな記事を書いたのかぜひご覧ください。
取材の様子はこちらから→☆☆☆


●特集
「遊びを通じて子どもたちの生きる力を身につける」
「自然とあそぶ・学ぶ。五感で感じる・あじわう。IN 登米鱒淵」事業

子どもたちは、「遊び」を通じて人との関係の作り方や体の動かし方を学びます。創意工夫する体験を通じて、自分の心や考えを表現する機会を得ます。しかし今、子どもたちの遊ぶ空間の制限や時間の減少が課題となっています。それは仲間とコミュニケーションをとる機会の創出にも繋がっています。仙台市の児童館らと宮城県登米市の住民による協働の取り組みをご紹介します。
※「NPOどんどこプロジェクト」を活用した協働事業です。


●仙台で活動中の市民活動団体をご紹介!
「学生の想像力と大人の行動力で起こす化学変化」

OGIRI's(オーギリーズ)
「どもたちの発想やアイデアが世の中を豊かにする!そんな社会を実現させたい」と、
子どもと社会の架け橋となる様々なプラットフォームを作っています。
最近新たにチャレンジしているのは、「笑い」で子どもたちと社会をつなぐこと。
学校を訪問し大喜利ワークショップを開催し、「自分たちで考えたネタが誰かが笑顔にする」。そんな機会を作っています。

カメラ 取材・執筆を担当したのは、市民ライターの小野恵子さんです。
取材の様子はこちらから→☆☆☆

<市民ライターとは>
 サポセンが2014年から河北新報社と共催で開いてきた、
 「市民ライター講座2014・2015・2016・2017・2018」を受講し、
 取材・執筆のノウハウを学んだ市民の方々です。
 これまでの活動、市民ライターの記事はこちらから→市民ライター講座のこれまで


●他にも!
活動に役立つ本の紹介や、「仙台スポーツ鬼ごっこ愛好会」の紹介などなど情報盛りだくさんです! 
サポセン館内や市内公共施設、お店などでも配布中!ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。

ひらめきぱれっとは、サポセンホームページからダウンロードいただけます。
ダウンロードはこちらから→☆☆☆

取材にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

るんるん「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム






2019年02月01日(Fri) OGIRI’Sさんにお話をお伺いしました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの鎌田です。
『ぱれっと2月号』の取材で、OGIRI’S代表中田敦夫さんにお話を伺ってきました。
取材を担当したのは、市民ライターの小野恵子さんです。
OGIRI’Sはお笑いによって子どもたちの自尊心を育てようと大喜利を子どもたちに出題し、集まった回答を組み合わせてコントにする活動をしています。

「子どもたちには自分に自信を持ってもらいたい」。
放課後学童保育で働く中田さんは日頃から「子どもたちの発想は斬新で独創性があり驚きと感嘆に満ちている」と感じていました。

その一方で自分に自信がない子どもが多く見受けられたことが気になっていました。
「自分のアイディアが採用されれば自信もつくだろう。子どもたちには笑顔になってもらいたい」と中田さんは話します。

1_DSC00349.jpg

まだ、活動は始まったばかりでこれから可能性の幅が広がっていくOGIRI’S。
今回の取材内容は『ぱれっと2月号』中面に団体紹介の記事として掲載しています。
『ぱれっと2月号』をぜひご覧ください!
ぱれっとバックナンバーはコチラ
| 次へ