CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年01月12日(Sat) 仙台市の未来を若者目線で!「仙台未来会議」が開催されました。


こんにちは。スタッフの太田です。
1月12日(土)サポセンの市民活動シアターを会場に、
「仙台未来会議〜仙台市の未来を市民・若者目線で描くイベント〜」が開催されました。
(主催:市民活動団体せんだい未来会議 共催:仙台市市民活動サポートセンター、一般社団法人ワカツク)

これは、仙台市の高校生・学生・社会人を対象に、仙台市のまちづくりについて考えるイベントで、28名が参加しました。
若い皆さんが5つのチームに分かれ2030年の仙台市の「ビジョン」と達成に向けた政策を考え、発表するワークショップをしました。

まず、ワークショップに先立ち、ゲストによるパネルディスカッションで、これまでの仙台のまちづくりについて話題提供がありました。

DSC09911.jpg
左から、主催の市民活動団体せんだい未来会議代表佐藤柊さん、
ゲストの株式会社都市設計ディレクター岩間友希さん、
特定非営利活動法人都市デザインワークス代表理事榊原進さん、
一般社団法人ワカツク代表理事渡辺一馬さん


チームごとで昼食休憩を取った後は、Ideaplant代表の石井力重さん進行によりワークショップ。

DSC09923.jpg

「仙台市の良いところ、悪いところ」をブレストで出し合い、仙台市らしいビジョンづくりの準備をしました。

DSC09919.jpg

その後は各グループで1時間半を超える議論を重ね、2030年の仙台市の「ビジョン」とその達成に向けた政策を考えました。

DSC09927.jpg

最後のプラン発表では、各グループともに、若者ならではの視点や、仙台市出身の人・市外出身の人それぞれの意見から導いた視点などを取り入れながら、ビジョンと政策を発表していました。

2030年、今20代の若者たちは30代。
10年後の自分たちが暮らす仙台について真剣に考える参加者の皆さんの姿に、明るい未来を感じました。
| 次へ