CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main | 2018年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年02月18日(Sun) まいぷろかべしんぶん部〜今年度の成果発表会に行ってきました〜


こんにちは。スタッフの松村です。
1月21日、「子ども若者住民参画事業成果報告会」がせんだいメディアテークで実施されました。
仙台の各区中央市民センター・地区市民センターでは、平成22年度から若者、平成23年度から子どもや地域住民の社会参画事業に取り組んでいます。
成果発表会では、子どもから大人までの事業参加者がそれぞれの成果を発表しました。

D2.jpg

若者社会参画型学習推進事業は、若者が地域の様々な人と交流しながら、「地域づくり」に関わり、学びや成長の機会にすることを目的に、各区中央市民センターで実施している事業です。

宮城野区中央市民センターが実施した「まいぷろかべしんぶん部」では、市内の大学生・高校生が、八幡町商店街や原町商店街、水族館を取材し、壁新聞を作って地域の魅力や課題を発信しました。
サポセンは、企画や商店街とのマッチングなどで関わり、宮城野区中央市民センター職員の皆さんと共に、部員の活躍を見てきました。
他にも、部員の力になろうと、サポセンスタッフがノウハウを紙面づくりや原稿執筆の場面でお手伝いしに伺いました。

D1.jpg

発表では、商店街の取材を通じて、地域の現状に触れて「なんとかしたい!」と奮起したこと、課題を知って憤ったこと、熱い大人に出会って感動したこと。水族館への取材でワクワクしたことなどの話が印象的でした。学校を飛び出し、心揺さぶられた体験は部員たちにとって大きな宝物になったようです。

そのすべてを詰め込んだ壁新聞は、マチノワWEEKの企画の一部としてサポセンでご覧いただけます。お見逃しなく!

2/21-2/27展示------------------------------------------------------
<壁新聞が地域を変える!?まいぷろかべしんぶん部>マチノワWEEK
----------------------------------------------------------------------
期間:2月21日(水)〜27日(火)
会場:1階(21日・22日・23日・26日・27日)/5階(24日・25日)
参加費:無料 どなたもご自由にご覧いただけます。
詳しくは、こちら→☆☆☆


2018年02月18日(Sun) 2月24日・25日開催<マチノワブース>出展団体を紹介しますL


マチノワWEEKの企画の一部として開催する2月24日・25日に開催するマチノワブースは、自分たちの街や社会、暮らしの中から出てくる課題や問題に対して活動を行なっている、さまざまな分野の団体が出展します。仙台で活動している方のお話を聞いたり、雑貨の販売や展示、ワークショップなど、実際に活動体験や交流ができます。

このマチノワブースに出展する団体をピックアップして紹介します。

海辺の図書館

海辺の図書館.jpg

活動内容
津波によって住むことができなくなった荒浜への想いを起点に、失われた生活や文化が消えないよう、訪れる方の体験の入口になる砂浜での写真展や演奏会、情報発信をしています。

出展情報
まだまだ『行けないのではないか』と思われている荒浜のイメージを変えてもらえるよう、2017年の活動や景色などの映像を流しながら、チラシや物販でたっぷり紹介します。
ものづくりを得意とする方々にご協力いただき、荒浜の木の実や植物などを使い海辺の図書館や里海荒浜ロッジをイメージして作成してもらう「ハーバリウム(植物標本)」、荒浜を訪れた方に様々なブレンドコーヒーを試飲してもらい、投票で一番人気になった荒浜ブレンド(珈琲豆)、荒浜の風景を写したポストカードなどを販売します。



ぼーだれすアートくらぶBACせんだい

ボーダレスアート.jpg

活動内容
障がいがある人のアート活動の支援(ワークショップ開催など)。展示会を開催しアート作品を定期的に発表。アート作品を使用した商品を製作し、イベントなどで販売をしています。

出展情報
これまでに当団体が製作したカレンダー(使用済み)を利用した手作りノート、ポストカード、封筒などの販売。団体メンバーが、障がいがあるお子さんの作品を使用して製作したバックなどの販売を行います。障がいがある人の制作したアート作品そのものの面白さと、作品を利用し日常の中で使用できる事の楽しさをお伝えできればいいなと思います。      

※本企画は、マチノワWEEK〜もっとつながる、もっとひろがる、まちづくりの輪〜 の一部です。2月21日(水)〜27日(木)にかけて様々なイベントを行います。ぜひご参加ください。

week_l_72.jpg

お問い合わせ先
仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
TEL:022-212-3010 FAX:022-268-4042
開館時間:月−土 9:00-22:00/日・祝 9:00-18:00
休館日:第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日)
| 次へ