CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年11月 | Main | 2018年01月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年12月28日(Thu) 2017年もサポセンをご利用いただき、ありがとうございました。<年末のご挨拶と、年末年始休館日のお知らせ>

2017年も残すところ、3日となりました。
今年は7月に「マチノワ縁日」というイベントがあり、様々な方との縁がうまれました。多くの方にサポセンをご利用いただき、まことに感謝しております。

サポセンは12月29日(金)から1月3日(水)まで年末年始のお休みをいただきます。
新年は1月4日(木)午前9時から開館いたします。

<<<新年の事業案内>>>
お申込みお待ちしております。

1月11日開催 未来の仙台について対話・研究する場
-------------------------------------------------
チビラボ
未来のまちを考える対話と交流の場 VOL.2
-------------------------------------------------

日時:2018年1月11日(木) 18:30〜20:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター 1階
参加費:無料・申込不要


1月14日 開催 NPO法人や市民活動団体のための活動力強化講座
-------------------------------------------------
緊急開催! 
市民活動団体の「かゆいところに手が届く講座」
-------------------------------------------------

内容:
@活動資金を集めるには 10:00〜12:30
A効果的なインターネット活用術 13:30〜15:30

講師:堤 大介さん
株式会社PubliCo コンサルタント・NPO法人Make It Better共同代表

会 場:仙台市市民活動サポートセンター
定 員:30名
参加費:無料
詳しい情報、申し込みはコチラ→☆☆☆


1月27日開催 市民活動初心者のための講座
-------------------------------------------------
はじめての○○講座
-------------------------------------------------

内容:
「はじめてのミニイベント 運営・人材育成編」 10:00〜11:00
「はじめてのミニイベント 会計編」 11:10〜12:10

日時:2018年1月27日(土)
会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
定員:15名(先着順)
参加費:無料
受付開始日:1月4日(木)


新年には、また元気なみなさまとお会いできますことを楽しみにしております。
よいお年をお過ごしください。
2017年12月28日(Thu) 市民ライター✕地域メディア<学んだことを、まちの力に>市民ライター課外活動スタート!


こんにちは。スタッフの松村です。
師走の仙台。光のページェントで賑わうまちにも雪が降り始めました雪ぴかぴか(新しい)
さて、サポセンではこれまで、地元紙・河北新報社の協力のもと、プロの記者から取材と執筆のいろはを学ぶ市民ライター講座を実施してきました。
今年も10月から開催し、14人の方々が連続講座を修了しました。

12月17日(日)、受講生の皆さんに講座で学んだことを地域で活かしてもらおうと、地域メディア団体との交流会を開きました。題して「市民ライター課外活動キックオフミーティング」。対象は、2014年〜2017年の市民ライター講座修了生です。

この日は、「自分の情報発信活動の参考に」「講座をいっしょに受けた仲間と久々に会いたくて」「地域メディアに興味があって」などざまざまな思いで、9人の卒業生がサポセン市民活動シアター集まりました。

DSC07101 (800x533).jpg
△それぞれの個性豊かな自己紹介で盛り上がりましたかわいい


情報提供と、市民ライターの活動参加を呼びかけてくれたのは、あらっEプロジェクト、TOHOKU360、SEN.の3団体です。最後にサポセンニュースレター「ぱれっと」も紹介しました。

DSC07114 (800x533).jpg
△安藤さん
お楽しみの一つは、TOHOKU360編集長安藤歩美さんによるミニ講座。
TOHOKU360とは、東北各地で、自分の住む街や地元の情報を、各現場に暮らす通信員と連携し、世界に発信するウェブニュースサイトです。
市民ライター講座では、新聞記者を講師に取材、執筆のきほんの「き」を習いました。
それに対して今回は、「ネットニュースの書き方のコツ」を学びました。
「ウェブは、画像も動画もVR動画も使える。あらゆる手段で伝えることに向き合える」と、伝え方の視野を広げてくださいました。

DSC07135 (800x533).jpg
△あらっEプロジェクトの畠山茂陽さん
七郷・荒井地区で生活する住民に、地域の魅力を伝えるフリーペーパーを発行。
発行は、河北新報社です。マスメディアの役割を果たしながら、一方で特定のニーズに対して情報を届けるのは難しい。「狭いエリアにもしっかり届ける『ここだけメディア』が大事なんです」と畠山さん。そこには、市民ライターという市民目線の書き手が欠かせません。2015年7月の創刊以降、住民から「自分の短歌を載せてほしい」「うちの店も取材してくれ」など、ミニコミ誌を通じた新たなつながりについても教えて下さいました。

DSC07151 (800x497).jpg
△SEN.の野明子さん
SEN.は、仙台のアートや デザイン、衣食住、街の景観などを通じて「仙台らしさ」を掘り起こし、発信しています。ウェブメディア、ワーク ショップ、イベントなどさまざまな媒体を活用しています。
「単なるグルメやイベント情報でなく、誰かのストーリーと一緒に届けたい」と野さん。市民ライターがエッセイのように馴染みのお店の魅力を伝えたり、個人的に一目惚れした「仙台グッズ」を紹介したりするのが特徴です。

DSC07167 (800x533).jpg
△サポセンニュースレター「ぱれっと」編集チームの宮ア
紙面のなかで、仙台を面白くする「ワクワクビト」の紹介コーナー、市民活動団体の活動紹介コーナーの取材執筆を市民ライターのみなさんにお願いしています。
「講座で学んだこと試してみようかな!」という方にもおすすめです。

DSC07172 (800x533).jpg

みなさんからは、「今まで知らなかった世界に触れて、興味がわいた」という感想や、「なぜ情報を発信するのか」という問い、「自分の発信メディアを持つには?」などの相談など、さまざまな意見、情報交換をすることができました。

市民ライターと地域メディアがつながることで、さらに情報発信が活発になりそうです。
地域メディア、市民ライターの活躍が、地域や社会をどう変えていくのか…。今後が楽しみですね。

市民ライター講座2017年受講生の記事はこちら→★★★





2017年12月28日(Thu) 踊るジャグリングで大道芸体験!坂部認さんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの宮崎です。
11月20日、サポセンにてぱれっと2018年1月号の表紙、ワクワクビトの取材をしました。
今回は、仙台で活動する大道芸人。ぼたもち堂の坂部認さんを紹介します。
取材を担当したのは、市民ライターの櫻井光雄さんです。

坂部さんは、ジャグリングパフォーマーとして仙台を中心に活動しています。
イベント等でのパフォーマンスのほか、幼稚園や児童館でワークショップの開催もします。
学校教育以外の環境で子どもの育成に関わっています。

DSC06769.JPG
▲ジャグリングに使う道具を紹介する坂部さん(左)と取材を行う櫻井さん(右)

タイの舞踊や合気道の動き方を取り入れた「踊るジャグリング」が持ち味の坂部さん。
ボール一個でも魅せるジャグリングは、子どもも大人も魅了します。
子ども達の持つ未知の可能性を、より多くのことに興味を持ってもらうことで引き出そうとする坂部さん。
「学校の勉強も大事だけれど、本当に好きなことを見つけて仲間を作ることも大切」と子どもに向けるメッセージを語っていました。

櫻井さんはどんな記事を書くのでしょうか。
ぱれっと2018年1月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはこちら→☆☆☆
| 次へ