CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2015年07月24日(Fri) 人の繋がりが防災の一歩になる


人の繋がりが防災の一歩になる.jpg
▲「人の繋がりが、防災の礎になる」と語る佐藤さん



「人の人との繋がりが防災時の役に立つと思うんです」と語るのは「女性防災リーダーネットワーク」代表 佐藤亜矢子さん(48) 泉区高森在住。1995年阪神大震災、2011年東日本大震災を経験し、そこから得た教訓を地域住民に伝えている。

女性防災リーダーネットワークでは講座で集まった受講生達が地域の防災に関しての情報交換や活動における課題の共有、相談をしている。子供や妊婦、高齢者に向けてのケアを女性の視点で考え、弱者の視点に立ち、ものが言えるようにと活動している。

NPO法人「イコールネットワーク仙台」から「女性のための防災リーダー養成講座」開講のプロジェクトチームに誘われた。以前から防災に対しての意見を言えるポジションに女性の必要性を感じていた佐藤さんは参加した。講座終了後も交流会を重ね、お互いの情報交換などの大切さを感じ、ネットワークを立ち上げた。

講座を終えてからは防災に関わるワークショップを精力的に行い、災害時に有益な情報を地域の人々に伝えている。非常時に炊飯器が無かった時に袋でお米を炊く方法や日頃から保存食として買い置きしているものを循環備蓄するなど、地域住民の防災の知識の提供に尽力している。

「楽しいと思える地域づくりをすることが防災への一歩になる」と佐藤さんは言う。一貫している思いは人と人との繋がりだ。今後のワークショップでは子供から高齢者まで参加し、防災の知識のみならず人の交流も図っていくことも大切だと考え活動している。2度の震災の経験から、人と人の絆が、災害時の命綱になると佐藤さんは考え、これからも人を繋ぎ続ける。

(今北甚也 仙台市青葉区)
2015年07月24日(Fri) 無理なく続ける支援の形


「わたしにもできる復興支援」と冊子は2015年3月発行の最新号。見開き4ページの表紙に切り絵の装飾が施される。親しみ深く、手に取りやすい。2011年12月発行の初回からこの最新号が七号目となる。

紙面では東日本大震災で被災した人たちの支援につながる商品を紹介する。寄付先の説明が詳細に書かれていることも特徴だ。日常的に復興支援を続けられる工夫が要所に施される。

冊子の発行者は「ままふあ会」。2011年冬に「子育てをしながらでも続けられる復興支援をしたい」と、女性7人で結成した。

代表の荒澤けい子さん(48歳)は津波被害の大きかった石巻市大川地区の出身で、宮城野区在住の主婦。現在8歳になる長女が乳児の時から、育児と同時進行で育児支援に繋がる市民活動を続けてきた。娘の成長に合わせ、活動のスタンスが変化していった。

幼子を抱えた身で現地に足を運びボランティア活動を行うのは困難だ。歯がゆさを感じていたのは自分一人ではなかった。震災前から活動していた「のびすく仙台」のママボランティア仲間等と共にままふあ会を結成した。

結成後3か月で作成した創刊号は、手のひらサイズの冊子にこだわった。ズボンのポケットに入る大きさで、持ち歩いていつでも参考にできるように配慮した。「買う支援」が広がる。

書き込み式の「防災マップ」も取り入れ、自ら防災を考えるきっかけもつくる。

この4年間で出来上がった7冊の冊子は大きさも紙面構成も同じものがない。情報はすべて人づてで収集し、掲載する。生の声を聴き、刻々と変化する現場を知っている、だからこその臨場感あふれる多様な紙面となっている。

県内外に在住する7名のメンバーはすべて女性。「無理のない範囲で新たな仲間を増やしながら活動を続けていきたい」と語る荒澤さん。―わたしにもできる。という支援の形は続いてゆく。

(砂子啓子 仙台市泉区)


子どもにつなげたい防災・たすけあいの心.jpg
▲手がけた冊子を手に語る荒澤さん
| 次へ