CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年01月 | Main | 2015年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2015年02月26日(Thu) ワクワクをカタチにする4つのお話「マチノワストーリー」開催しました

こんにちは。スタッフのかさいです。

2月21日(土)19時〜21時 サポセン地下1階市民活動シアターで開催された、
ワクワクをカタチにする4つのお話「マチノワストーリー」の様子をお知らせします。

今年度サポセンで行われてきた「ハジマル、フクラムプロジェクト」「ちょっと。ボランティア」「市民ライター講座2014」の3つのプロジェクト。
これらのプロジェクトを通して、新たな活動を始めた人たちのお話を聞くトークイベントを行いました。

DSC06436_マチノワトーク全体.jpg



マチノワストーリーまず1つめのお話は、「多賀城プレーパーク」のみなさん。
きっかけは、2014年9月に行われた「ハジマル、フクラムプロジェクト」に参加したこと、そこで、偶然、いや必然に、プレーパークが大好きな5人の仲間に出会ったことでした。
そしてなんとさっそく、2014年11月には仙台港緩衝緑地公園で、「多賀城プレーパークの会」を開催してしまったのです。
「何か始めたいと思ったら、ぜひ気になる場所にでかけ、自分の思いを笑顔で語ってみてください」と、多賀プレ流のハジメル秘訣を直伝していただきました。

DSC06411_多賀プレ.jpg

▲多賀城プレーパークのみなさん。左から、もんちゃん のんたん みくちん


2つめのお話は、シニア世代の佐々木俊一さんのお話。
今年度3回行われた「ちょっと。ボランティア」、すべてに参加し皆勤賞の佐々木さん。。
時間の余裕ができ、誰かのために何かしたいなあとモヤモヤしていたとき、ボランティアの体験ができることに惹かれて参加したんだそうです。
佐々木さんは、シニア世代の方々に向けて「ボランティア活動に参加することは、豊かな暮らしの糧になるので、ぜひ体験して欲しい」と話してくださいました。

3つめのお話は、市民ライター講座を受講した水沼幸三さん
「市民ライター講座2014」に参加したことがきっかけで、仙台駅の東側青葉区宮町地区でつくる地域情報誌「038PRESS(おみやぷれす)」の編集委員として活動中。
書くことで何か役に立ちたいと思っている人へ「書くことを続けることが上達のコツです。躊躇せずに一歩を踏み出すことで、おもしろい世界が拡がりますよ」とアドバイスしてくださいました。

4つめのお話は、子どもの学習支援をしている団体のボランティアをしている千田さん。
自分の思いを整理する方法として、千田さんが実践している「わたし会議」について教えてくださいました。
白い紙と好きなペンを用意し、その紙に考えていることを書き出します。出来ること出来ないことを見える化し明確にすることで、自分がやりたいテーマがあぶり出されてくるといいます。
「仕事がある平日は活動をしない。気が向かないことは無理して受けない」と、「マイルール」を作ることも大切なんだそうです。

ゲストDSC06443_.jpg

▲左から、佐々木さん 水沼さん 千田さん


最後に、3つのプロジェクトをまとめた事業実施レポート『ちいさなマチノワストーリー』がお披露目されました。


DSCN8064_ちいさなマチノワストリー.JPG

DSC06511_市民ライター.jpg

▲冊子の取材・原稿執筆などの作成にご協力いただいた、市民ライター講座受講者のみなさんです。


何かしたい!というモヤモヤを、ワクワクする活動へとカタチにした「4つのマチノワストーリー」。
会場に集まったみなさんも、興味深く聞き入っていました。
活動を始めた方々のお話を伺って、サポセンで行った3つのプロジェクトが、それぞれの活動を始めるきっかけとなり、仲間づくりの場になったことを嬉しく思いました。

まちづくり、地域づくりは、私たち一人ひとりの思いと行動からハジマルもの。
サポセンはこれからも、始めの一歩踏み出せないでモヤモヤしている方の思いを、しっかり行動につなげていくお手伝いをしていきたいと思っています。


何かを始めたいあなたを応援するヒントが詰まった冊子
ちいさなマチノワストーリーは、サポセンで配布しています。
ご希望の方は、窓口スタッフにお声掛けください。






| 次へ