CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年01月 | Main | 2015年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2015年02月02日(Mon) 市民がつくる防災〜み・まもるプロジェクト〜


市民がつくる防災〜み・まもるプロジェクト〜.jpg

「命を守る踵がとれるハイヒール」
実現したら防災が身近で楽しいものになりそうだ。新しい防災のかたちが「み・まもるプロジェクト」の「デザインセッション」から生まれようとしている。

「み・まもるプロジェクト」は、2013年12月に結成。仙台市内を活動の拠点にしている。防災・減災に関心のある、地方公務員、会社員、復興支援団体の職員、デザイナーなど様々な立場とスキルをもったメンバーが集まる。皆、東日本大震災の被害状況から、行政がおこなってきた教育型の防災啓発活動が十分ではないと感じていた。新しい防災意識の定着模索する中で「デザインセッション」を生み出した。

デザインセッションでは、防災に関心のない人でもあるだけでも命を守れるモノ、サービス、社会組織などを設計、計画する「デザイン」を幅広く「セッション」する。セッションは話し合いだけをするのではない。手を使いアイデアを具現化することもおこなう。

これまでデザインセッションは、2014年9月に仙台、10月に神戸の2回開催された。大学生から60代までの幅広い年代の男女50名ほどが集まった。その中で災害時、おしゃれで走りやすい女性用の靴があったらどうだろうか?の意見が出された。意見を元に「命を守る踵がとれるハイヒール」の試作品が生み出された。

「楽しみながら防災意識を身に付けてもらいたい」。と語るメンバーのひとり会社員大澤美樹子さん(55)は,生み出されたデザインを具体的に商品化することも視野に入れており、共に実現してくれる企業との出会いに胸を膨らませる。

今後、み・まもるプロジェクトは3月に開催される第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラムに出展する予定だ。東日本大震災の経験をもとに生み出される新しい防災デザインは、世界に向け新しい防災のあり方を伝えてくれるだろう。 

(山田和佳子)
2015年02月02日(Mon) 2/21開催<あなたの想いを実現するヒントがあるかも!「何かしたい」をカタチにした人のお話を聞いてみませんか?>トークイベント マチノワストーリー〜ワクワクをカタチにする4つのお話〜


トークイベント マチノワストーリー
〜ワクワクをカタチにする4つのお話〜


マチノワストーリー3.jpg

日時:2015年2月21日(土) 19:00〜21:00(18:30開場)
場所:仙台市市民活動サポートセンター 地下1階
参加費:500円(ワンドリンク付き)

自分たちの住むまちをもっと暮らしやすくしようと、農業、街の清掃、子どもの遊び場づくりや、食、防災などをテーマに活動する人たちがいます。
活動者との対話から知った楽しさ、活動を体験することで見つけたやりがい、取材をして伝えることで気づいたまちの魅力…サポセン3つのプロジェクトを通し、「何かしたい」という思いから、活動を始めてみた人たちがいます。
これまでご紹介した活動を振り返るとともに、新たに始めた人たちの4つのお話(マチノワストーリー)を聞きながら、あなたの思いを実現するためのヒントをみつけに来ませんか?

位置情報ハジマル、フクラムプロジェクト
「自分の好きなことや得意なことを社会に活かしたい!」と、活動を始めた人のお話&自分たちのまちで仲間と「子どもの遊び場づくり」を始めた人たちのお話。

位置情報ちょっと。ボランティア
「何ができるかわからないけれど、地域や社会のために何かしたい」と、いろいろなボランティア活動に参加し始めた人の活動体験談。

位置情報市民ライター講座
「自分たちの住むまちを、文章で伝えたい!」そんな思いを持った人たちが、プロの技を学びました。書くことでまちの「すてき!」を伝える人のお話。

かわいいプログラムかわいい
19:00 オープニング
19:10 活動を始めた人たちのお話
20:00 交流会
20:55 エンディング

チラシ(PDF)→マチノワストーリーご案内.pdf

次項有参加申し込み
電話、メール、サポセン窓口にてお申し込みを受け付けています。お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
仙台市市民活動サポートセンター
TEL:022-212-3010 FAX:022-268-4042
mail:sendai★sapo-sen.jp(★を@に変換)




2015年02月02日(Mon) 第2回市民ライター講座取材記事を順次公開します


1月10、11、16の3日間、仙台市青葉区の市市民活動サポートセンターで、「河北×サポセン市民ライター講座 記者と体験 取材・執筆コトはじめU〜地元を伝えて応援しよう〜」を開きました。


参加者は9人で、学生から主婦、ライター経験者、リタイア後の人生を豊かにしたいという人まで、年代・背景ともバラエティーに富んでいます。取材執筆と、写真撮影の基礎を学び、仙台を拠点に活動する二つのNPOを取材しました。


取材した2団体は、3月14〜18日に仙台市を中心に開かれる「国連防災世界会議」に参加します。「市民協働と防災」テーマ館となるサポセンで展示発表を行う予定です。


このブログでは、ライター講座参加者の取材記事を本日夕方から4日にかけて、順次公開していきます。記事を通じて、2団体の熱心な取り組みを知っていただき、ぜひ国連防災世界会議の会場にも足を運んでもらいたいと思っています。

紹介するのは以下の2団体です。

【038(おみや)プレス】「お!宮町地域情報編集局」が2011年から年4回発行するフリーペーパーです。青葉区宮町周辺の地域情報を満載しています。編集局はイベントの企画・運営も行い、町全体を元気にしたいと励んでいます。国連防災会議の期間中、16日午後1〜5時サポセン6階セミナールームに出展します。連絡先は編集長の千葉さん090(7932)5021。

【み・まもるプロジェクト】2013年12月結成。メンバーの顔触れは地方公務員や会社員、デザイナーなど多彩です。自分や家族の身を守る商品やサービスなどのアイディアを、公の場である「デザインセッション」での発表を通じて磨き上げ、商品化・具現化を目指しています。国連防災世界会議の期間中、15日午後7〜9時、サポセン4階研修室5から情報発信します。

(矢嶋哲也@kacco)
2015年02月02日(Mon) 募集期間2/5〜19 平成27年度泉区まちづくり活動助成事業募集


仙台市泉区まちづくり活動助成事業募集のお知らせです。
募集要項と申込書はサポセンの助成金コーナーでも配架しています。
また、申込を行うにあたってのポイントなどについてのご相談も承っております。
相談時間については、事前にお問合せいただきますようお願いいたします。

以下、事業概要です。

==============================================
みなさんの「まちづくり活動」を応援します!
平成27年度 泉区まちづくり活動助成事業募集

市民のみなさんが自主的・自発的に取り組む”まちづくり活動”に助成金を交付します。地域の特色を活かした「まちづくり」を実現しませんか。

■応募資格
1団体1件の事業について応募できます。複数の事業および個人での応募はできません。
・泉区内に活動拠点がある市民団体で、構成員の概ね半数以上が泉区内にお住まいか通勤通学している団体
※いずれの団体も次のすべての条件を満たしていることが必要です。
・政治、宗教または営利を目的とする団体でないこと
・応募申込書の事業を確実に実施し、終了後所定の要件を満たす実績報告書を提出できること
・法人の場合は、市税の滞納がないこと※市税の納付状況を確認させていただきます。
・暴力団等と関係を有していないこと

■助成対象事業
自らの創意工夫により自主的・自発的に取り組むまちづくり事業で、次のいずれかに該当するもの
○地域の課題の解決を図るもの
○地域コミュニティの活性化を図るもの
○地域や区の特色を活かし、その魅力を高めるもの
※次のいずれかに該当する場合は助成対象になりません
×他の助成事業で仙台市や仙台市の関連団体から補助を受けているもの
×町内会等が行うまつり運動会等で新規性がないもの
×特定の政治活動や宗教活動または営利を目的としたもの
×この助成金以外に事業費となる財源がないもの
×その他助成対象事業とすることが適当ではないと認められるもの
※1事業につき助成できる回数は3回までです。

■募集期間・受付窓口
募集期間:平成27年2月5日(木)〜2月19日(木)
(土日祝を除く8時30分〜12時・12時45分〜17時)
受付窓口:泉区役所3階まちづくり推進課地域振興係

下記の提出書類を整え、直接お持ちください。
【提出書類】
@申込書(様式1)A事業計画書(様式2)B収支予算書(様式3)
C会員名簿D役員名簿E団体の規約・会則等
※期間中、提出書類の作成についての相談を承りますのでお気軽にお越しください。
※提出書類の@ABは泉区ホームページからダウンロードすることができます。
※提出書類のCDEは任意様式です。
泉区ホームページ→http://www.city.sendai.jp/izumi/index.html

■選考方法
助成対象事業と助成金額は「泉区区民協働まちづくり事業評価委員会」の審査を経て決定されます。審査の際「事業計画説明」を行っていただきます。
【事業計画説明会】
平成27年3月中旬頃に泉区役所にて開催する予定です。
*詳細は別途応募団体あてお知らせします。
*応募者は必ず事業計画説明会に出席してください。

■申込・問い合わせ
泉区まちづくり推進課地域振興係(泉区役所3階)
TEL:022-372-3111 内線6132
==============================================



| 次へ