CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年01月 | Main | 2014年03月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2014年02月28日(Fri) 3/16開催!仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「じゃあ、これからどうする?」話してみよう。〜伝える学校の学級会〜


市民一人一人が東日本大震災で経験したことを伝え続けていくための場「伝える学校」。
この1年の講義を振り返るとともに、「これからの伝え方」についてみんなで考える「伝える学校の学級会」が開催されます。関連企画もありますよ!
サポセン1F情報サロンにリーフレットがありますので、お立ち寄りの際はご利用ください。
以下、概要です。

============================
仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト
じゃあ、これからどうする?話してみよう。
伝える学校学級会

震災を経験したこのまちのこと。わたしたちのこと。
長く、ずっと、誰かに伝わっていくように。
伝えることについて、あらためて考えてみませんか。

東日本大震災からの時間を過ごしていく中で、私たちはたくさんのものを見て、たくさんの言葉を交わし、たくさんのことを思い、考えてきました。震災からの時間が長くなるにつれて記憶の風化が懸念される一方で、ふとした時にあの時のことを思い出して考えてしまうのは、誰もが「震災を経験した」当事者だからではないでしょうか。
「伝える学校」では、「市民ひとりひとりが発信できる”震災メモリアル”のあり方」を市民の皆さんと一緒に考えるために、これまでにさまざまな震災を伝える視点を学んできました。伝える視点の多様さを目の当たりにし、市民発の「伝え方」の可能性を大いに感じることができた1年でした。
今回の「伝える学校の学級会」では、この1年の講義を振り返るとともに、身近で「伝えること」を考えながら活動している方々を囲みながら「これからの伝え方」について皆さんと話したいと考えています。ぜひご参加ください。

日時:2014年3月16日(日)14:00〜16:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター
   B1F 市民活動シアター
入場無料・申込不要

<プログラム>
14:00〜イントロダクション
    これまでの講義の振り返り
14:30〜身近な「伝える」事例の紹介
    それぞれの視点で「伝えること」を実践するゲスト
    をお招きし、活動をご紹介いただきます。
〜わたしたちは伝えます。〜
次項有人の繋がりが生む強い力を伝えます。
 澤野正樹さん(役者、ARCT代表)
 西塔亜利夫さん(役者、ARCT理事)
次項有子どもたちの経験と気づきを伝えます。
 太田倫子さん(一般社団法人キッズ・メディア・ステーション代表理事)
次項有語り部さんの想いを伝えます。
 藤間千尋さん(一般社団法人みらいサポート石巻渉外広報室)
次項有記憶が記録になるように伝えます。
 片岡理恵さん(有限会社BORIS代表取締役)
次項有覚悟を持って生きる人のこころを伝えます。
 矢尾研二さん(若林区まちづくり協議会会員)
次項有若林区の魅力と農村復興を伝えます。
 伊藤嘉秋さん(一般社団法人ReRootsコミュニティチーム)
15:00〜テーマごとに話し合い
    「伝える学校」専任講師陣が話し合いのテーマを設
    定しています。ご興味のあるテーマのテーブルにつ
    いて、耳を傾けてみてください。
次項有表現で伝える
 一般社団法人MMIX Lab
次項有3.11のキヲクを伝える
 NPO法人20世紀アーカイブ仙台
次項有暮らしを伝える
 RE:プロジェクト
16:00〜まとめの時間

お問い合わせ:仙台市市民局市民協働推進課
仙台市青葉区二日町1-23 アーバンネット勾当台ビル2階
TEL:022-214-8002(平日9〜17時)
FAX:022-211-5986
E-mail:sim004100★city.sendai.jp
(★を@に変えて送信してください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伝える学校Special Live!
3組のアーティストが登場。
それぞれが考える「伝える」とは?
金曜の夜、表現の中にある物語をなぞりながら、ゆっくりした時間をどうぞ。

日時:2014年3月14日(金)19:00〜20:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター
   B1F 市民活動シアター
入場無料/申込不要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「伝える学校」関連企画 サポセンで開催
これまで実施した「伝える学校」の講義内容を展示します。また、「伝える学校」運営団体の取り組みについてもご紹介します。

会場:仙台市市民活動サポートセンター
   5F 展示スペース
期間:2014年3月8日(土)〜16日(日)
※開館時間:9:00〜22:00(日曜のみ9:00〜18:00)
※3月12日(水)は休館日
============================


2014年02月28日(Fri) 3/4開催!私たちの協働指針をつくろう!〜せんだい市民カフェ〜


仙台市から「せんだい市民カフェ」開催のお知らせです。
「せんだい市民カフェ」は、仙台のまちづくりについて、多くの皆さんと語り合い、それぞれ“何ができるか”を考える場です。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、ご来館の際はお手にとってみてください。
以下、概要です。

============================
―対話をとおして、このまちの未来を考える―
せんだい市民カフェ


1999年の「仙台市市民公益活動の促進に関する条例」の施行(4月)、「仙台市市民活動サポートセンター」の開設(6月)から十数年が経ちました。
これまで、たくさんの市民が地域活動やボランティアに参加し、地域課題の解決に力を発揮してきました。
とりわけ、2011年3月の東日本大震災の後は、様々な市民活動団体の活躍により、市民生活の復旧・復興が推進されています。
今、市民同士の協働や市民と行政の協働による新たな課題解決手法が求められる中、これからの市民協働はどのように進めるべきか、市民や行政はどのような役割を担うのかなどについて、協働の主体それぞれが認識を深め、また、共有していくことが非常に大切です。
このため、本年度から来年度にかけて市民カフェを重ねて、皆さんのご意見をうかがいながら、「新たな市民協働指針」を策定することを目指しています。
2013年11月から2014年2月にかけて市民カフェ「私たちの協働指針をつくろう!」を6回にわたり開催し、「新たな市民協働指針」づくりを進めてきました。今回は、これまでの市民カフェでいただいた意見を踏まえ、「市民協働指針策定ワーキンググループ」が作成した市民協働指針(骨子案)について、参加いただいた皆様と一緒に考えながら、さらに深めていきます。

2014年3月4日(火)14:00〜16:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター
   地下1階 市民活動シアター
入場無料。直接会場にお越しください。
※事前にご連絡いただける方は下記までお願いします。
<プログラム>
14:00 開会
◆趣旨説明「市民協働指針の作成にあたって」
「市民協働指針策定ワーキンググループ」より、これまでの市民カフェの報告と、市民協働指針(骨子案)の作成にあたっての考え方や、その内容について説明します。
◆テーブルトーク「私たちの協働指針をつくろう!」
参加された皆様とワーキンググループが作成した市民協働指針について意見を交わしながら、これからの市民協働に必要な環境づくりや支援策などを考えていきます。
16:00 閉会

お詫び(市民カフェの日程変更について)
前回(2月12日)開催の市民カフェのちらしにおきまして、今回の市民カフェの日程を
「2014年3月5日(水)14:00〜16:00」
とご案内しておりましたが、諸事情により日程を「3月4日(火)」に変更いたしました。市民カフェ参加に向け、日程を調整していただいた皆様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

お問い合わせ:仙台市市民局市民協働推進課
仙台市青葉区二日町1-23 アーバンネット勾当台ビル2階
TEL:022-214-8002(平日9〜17時)
FAX:022-211-5986
E-mail:sim004100★city.sendai.jp
(★を@に変えて送信してください)
============================



| 次へ