CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2012年07月04日(Wed) 「ろうきん地域貢献ファンド」助成金応募のご案内

助成金募集のお知らせです。
募集要項はサポセンの助成金コーナーでも配架しています。
また、応募するにあたってのポイントなどについてのご相談も承っております。
相談時間については、事前にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

======================================
2012年 ろうきん地域貢献ファンド
ろうきんは、地域社会の課題解決に大きな役割を果たすNPOを応援します!


助成プログラム:以下の2プログラム。応募は1団体1企画まで。
 Aコース=事業助成(10〜20万円)
 Bコース=備品購入助成(上限10万円)

助成対象団体
宮城県内を主たる活動の場としているボランティアグループやNPO。
ただし、Bコースの備品購入助成については、活動を始めて1年以上が経過し、
一定の社会的成果を生んでいること。

応募条件
@「みやぎNPO情報ライブラリー(以下、ライブラリー)」に未登録の場合、
助成金申請と合わせてライブラリー登録手続きを行うこと。
また、ライブラリーを通し、活動の情報を積極的に公開すること。
みやぎNPO情報ライブラリー
Aすでにライブラリーに登録している団体については、登録情報を最新のものに更新すること。
B所定の事業報告書を、Aコースは2013年4月末日まで、Bコースは2012年12月末までに提出できること。
C今回応募される事業の実施費用の一部に対し、他の助成金・補助金が決定している場合でも、当プログラムへの応募は可能です。

応募期間:2012年7月1日(日)〜7月31日(火)当日消印有効

応募方法
必要事項を記入した申請書を「みやぎNPO情報ライブラリー」提出書類とともに
2012年7月31日(火)(当日消印有効)までにお送りください。

「申請書」の入手方法:以下のいずれかの方法により入手できます。
@ウェブサイトからダウンロード
A郵便での入手をご希望の場合は、送付先の住所・宛名を記入した封筒
<140円切手貼付・A4サイズ(角2サイズ)>を同封の上、下記の送付先まで
お送りください。

応募書類送付先・問い合わせ先
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
応募にあたってご不明な点がございましたら、随時事務局までお問い合わせください。
ろうきん地域貢献ファンド事務局
担当:伊藤
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル4F
TEL:022-264-1281(平日 9:30〜18:30)
FAX:022-264-1209
E-mail:minmin★minmin.org
※★を@に変えてご送信ください。
=======================================




2012年07月04日(Wed) シニア専門相談を行います

こんにちは。かさいです。


本日は、シニア活動支援センターで行っている事業のお知らせです。


『高齢者や障害者の生活支援活動や仮設住宅でのボランティア活動に
参加してみたい方への個別相談会』を開催します。


シニア世代が活動に参加している事例を知りたい。
活動の内容や、参加の仕方、情報を知りたい。
そんな皆さんに、専門の相談員をお呼びして相談会です。


●専門相談員:NPO法人市民福祉団体全国協議会
       復興支援仙台事務所 藤田佐和子さん
●と き:7月14日(土)
●じかん:午前10時〜午後4時の間で、1名50分程度
●ところ:仙台市市民活動サポートセンター 3階
●参加費:無料
●定員:5名(個別相談、グループ相談も可)
※7月6日から申し込みを受け付け、定員になり次第締め切ります。


チラシと申込書はコチラから
2012年7月14日専門相談チラシ.pdf

お問合せは、
仙台市シニア活動支援センター
担 当 小林、葛西
電 話 022−217−3983
FAX 022−217−3984


ぜひ、この機会をご活用ください。




| 次へ