CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« サポセンからのお知らせ | Main | ボランティア情報»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年11月20日(Fri) 12/17(木)開催!<NPOのためのオンライン事業展開相談>みやぎNPOプラザ


こんにちは。スタッフの小林です。
みやぎNPOプラザより、NPOのための専門相談開催のお知らせをいただきました。

活動するなかで、行き詰ったり疑問を持ったりすることはありませんか?
専門家に相談したいけれど、誰を頼っていいか分からない…。
そんな方々に、NPOプラザがその分野の専門家をつなぐ相談会を開催します。

以下、概要です。


NPOのためのオンライン事業展開相談

コロナ禍において、これまでの活動が困難になっていませんか?
「対面での居場所作りや相談会を開催していたが、活動ができずに困っている…」
「人を集めての活動を控えているため、思うように活動ができない…」
コロナ禍でのこのような活動のお悩みに、オンラインを活用した新たな事業展開について、 相談してみませんか。

20201114132620_00001.jpg

●相談内容(例)
・オンラインを活用した新たな事業展開
・オンラインを活用して活動するときのポイント・注意点等
*オンラインを活用することで可能になる新たな事業展開のヒントをいただく相談会です。
 オンライン機器の使用方法がメインではありませんことをご了承ください。

●相談対応者:早川欣哉さん
(一級建築士事務所 早川建築研究所 代表 京都芸術大学 客員教授)
---プロフィール
京都工芸繊維大学大学院修了後、イギリス留学。2003 年に早川建築研究所を設立し、住宅やオフィス等の 設計・工事監理に携わる。2009 年に仙台に移住後は、歴史的建造物の調査や登録文化財の申請、ウェブサ イト「古民家びと」の企画・運営をはじめ、歴史的建造物の見学やまちあるきツアーもおこなっている。 2014 年〜2018 年、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)の芸術教育支援事業「こども芸術の村」プロ ジェクトの副村長(現地責任者)として、被災地の子ども向けアートワークショップ(延べ 60 回以上、 1,500 人以上)の企画・運営に携わる。 現在は、任意団体「東北工芸ことはじめ」として活動を継続中。 また、同大学の指定講座として、東北の伝統文化や工芸等を学ぶ体験型教養講座「東北くらし藝術講座」 の企画・運営もおこなっている。

●相談日時:1217日(木) 13:00〜17:00(1団体1時間程度)
●開催場所:みやぎNPOプラザ
●対象:NPO 法人及び市民活動団体の代表者、役員、メンバー等
●定員:3団体(先着順)
●参加費:1,000円(税込)/回
●申込方法:開催日の6日前(12/11 までに)、参加申込書にご記入の上、FAX、メールにてご送付下さい。電話でのお申込みもお受けします。

●主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
●企画実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

<お申込み・お問合せ> みやぎNPOプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えて)

位置情報サポセンでも、活動に関する相談を随時受け付けています。
https://sapo-sen.jp/use/consult/
お気軽にお問合せください!

2020年10月24日(Sat) 11/8申し込み締め切り<クライメート・アクティビズム・スクールに参加しよう>地球を救うためのpatagoniaの取り組み


こんにちは、スタッフの松村です。
青葉区中央にあった『patagonia(パタゴニア)仙台店』が2020年6月に、サポセンのすぐ裏、東二番丁スクエアに移転リニューアルオープンしましたね。

そんなアウトドア企業パタゴニアから、気候変動をはじめ環境や地域のテーマに関心をもち、行動してみたいけれど起こせていない全国の高校生・大学生を対象とする「クライメート・アクティビズム・スクール」開催のお知らせをいただきました。

以下、概要抜粋です。

---------------------------------------------------------------------------
クライメート・アクティビズム・スクール
気候のための行動を学ぶ。

---------------------------------------------------------------------------

オンラインによる座学と対話で学び、その後フィールドワークを実施し、これまでの経済や社会システムによって生まれている気候変動や生態系の喪失をはじめとする環境問題という現実に目を向けながらも、未来を思い描き、それぞれのテーマにおけるステークホルダーと協働し、社会の担い手として創造性をもって実践に移せるようにします。本プログラムは、パタゴニアの長年つづく、環境保護活動を成功に導くための「草の根活動家のためのツール会議」の一部でもあります。
皆さんが生きることができる安全な気候と未来のため、本スクールで学び、それぞれの学校や地域で行動を実践してみませんか。

image001.png
提供:パタゴニア日本支社

概要
開催日時:2020年1226日(土)、27日(日)10:00〜18:00
対象:全国の15歳〜24歳
   <こんなことを思っている人>
   今より人間と自然との関係がよくなっていてほしい。
   気になっている環境問題やテーマがある。
   気候変動による影響をなんとなく感じている。
   仲間とつながり、行動してみたい。
   行動するってなんだろうと思っている。

開催方式:オンラインでの開催
2021年3月には、12月の参加者の方を対象にフィールドワークを予定しています。
内容:気候危機に向き合い、新たな問いをたて、「行動する」ための学びをともにしていきます。
費用:無料 

プログラム

「座学と対話」
ビデオ会議を使ったオンラインによる開催

26日目:10:00〜18:00(アフタートーク:19:00〜20:00)
27日目:10:00〜18:00
*こまめに休憩をはさみます。
*講座と対話が交互に入ります。

「フィールドワークとアウトドア・アクティビティ」
開催日:2021年3月(日時未定)
12月「座学と対話」を受講後、気候変動に対して取り組む行動、テーマや地域を決めます。1月2月のホームワーク期間を経て、テーマと地域にあわせてプログラムを組み、漁業、林業、農業従事者をふくむ関係するステークホルダーと協働し、実践していきます。地域やテーマによって、アウトドア・アクティビティが盛り込まれます。
*宿泊をともなう場合があります。
*アウトドア・アクティビティに関しては、参加決定後に経験度合をヒヤリングいたしますのでご安心ください。


募集期間:10月8日(木)〜118日(日)
募集人数:100名 
詳細・お申し込み方法:  
クライメート・アクティビズム・スクール特設サイト
https://climate-activism-school.jp/
*応募者多数の場合には選考になります。
*事前申し込み制
*参加希望の方は応募フォームから申し込みください。

次項有選考など詳しくはこちらをご覧ください。

スクールについてのお問合せ先
クライメート・アクティビズム・スクール事務局(パタゴニア日本支社内)
E-mail: japan-climate-activism-school☆patagonia.com(☆を@に変えて)

パタゴニアのミッション・ステートメント

私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。

2020年09月30日(Wed) 10/7迄に事前相談 必須!<クリエイティブの力で仙台のまちに活気を>仙台市クリエイティブプロジェクト助成事業


仙台市経済局が取り組む公募型の助成事業「仙台市クリエイティブプロジェクト」のご案内です。
事業の運営及び事務局であるSo-So-LAB.では、事前相談として、卸町TRUNKでの対面相談のほか、Zoomでも対応中ですとのことです。
「こういったプロジェクトは対象になるの?」といった段階から、記入済みの申請書のブラッシュアップのアドバイスまで受け付けています。(平日10時〜20時、その他は応相談)

以下概要です。

20200929203220_00001.jpg

仙台市では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた仙台のまちをクリエイティブの力で活気づけるため、仙台市クリエイティブプロジェクト助成事業を実施します。 この事業は、クリエイティブ産業と他分野との連携により商品・サービスの高付加価値化を目指す取り組みや、デザインやクリエイターの創造性を活用して地域の課題解決・人材育成等に取り組む企画を募集し、最大5件のプロジェクトに助成金を交付するものです。採択されたプロジェクトには専任アドバイザーを配置し、より良いプロジェクトになるよう支援を行います。

令和2年度の募集にあたって
今年度は事業の運営及び事務局機能を、So-So-LAB.(読み:そーそーらぼ/運営:協同組合仙台卸商センター)が担います。 昨冬からの新型コロナウイルス感染拡大により、いま多くの事業者が経済的・精神的なダメージを受けています。コロナ禍による直接的な影響はもとより、かねてから先延ばしにされていた課題が前倒しで表面化したということもあるでしょう。この状況を改善するための一手となり得る、クリエイティブを基軸とした創意あふれる多くのプロジェクトの応募を願っています。
右向き三角1令和2年度 募集チラシデータ(PDF:1MB)

募集期間
2020年917日(木)〜2020年109日(金)

募集するプロジェクト
アイデアの熟度が実現できるレベルにあり、年度内に事業の立ち上げに繋がるイベントの開催や、プロトタイプのお披露目を行うことができるもの年度内に事業化まで至らないが、仙台の資源を活用しクリエイティブ産業の集積促進、他産業との連携等において効果が認められる取り組みや、新規性・独創性があり次年度以降も事業の継続性が認められるもので、実現可能性を調査・検討(リサーチ)するもの。

助成金額
100万円(1件)、60万円(1件)、30万円(3件)
※審査会の結果により希望する助成額から減額となる可能性があります
説明会

事務局のSo-So-LAB.より今年度の取り組みについて報告を行った後、本事業の求めるプロジェクトの例や注意点などについて説明します。

日時  2020年9月17日(木)19時〜20時 *終了しました
対象  本事業の申請を検討する中小企業およびクリエイター
費用  無料
参加方法  ウェブ会議システム「Zoom」によるオンライン開催です。
※9/17に開催した説明会の記録動画を公開中

応募条件
本事業へ申請できるのは、仙台市内に本店、支店又は事業所を有する法人又は法人以外の団体、若しくは仙台市内に住所を有する個人となります。また、助成金を申請する場合には、次の要件も満たす必要があります。
・申請者が個人の場合にあっては、仙台市の市税を滞納していないこと。申請者が個人以外の場合にあっては、法人の市民税及び事業所税に係る市長に対する申告(当該申告の義務を有する者に限る)を行い、かつ、仙台市の市税を滞納していないこと。
・本プロジェクトについて、仙台市や他の公的補助金、助成金の交付を受けていないこと、または受ける予定がないこと(令和2年度分)。
・申請者が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)でないこと。
・申請者が、自己又は第三者の不正の利益を図る目的若しくは第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用していないこと。
・申請者が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与していないこと。
・申請者が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を有していないこと。


募集スケジュール
2020年9月17日(木) 募集開始・事前相談の開始
2020年10月7日(水) 事前相談の期限
2020年10月9日(金)12時 申請書等の提出期限
2020年10月15日(木)9時〜13時
 審査会の開催ならびに結果発表 追って助成金交付・不交付決定通知送付

2020年10月19日(月)10時 キックオフミーティング(採択事業者参加必須)
2021年1月上旬 中間報告会(関係者のみ参加)
2021年3月上旬〜中旬 成果報告会(公開イベント)
2021年3月25日(木) 実施報告書等提出の最終期限

応募方法
申請書類に必要事項を記入の上、担当課まで郵送または持参してください。
応募にあたっては、必ず10月7日(水)までに事前相談を行ってください。
事前相談のない応募については、受付いたしません。 事前相談のお申し込み及び日程調整は電話、もしくはメールにてご連絡ください。

審査方法や詳細はこちらをご覧ください。

◎事前相談・提出先・お問い合わせ先
So-So-LAB. 担当:長内・磯崎
〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F TRUNK内
メール:info☆tohokuakindodesign.jp(☆を@に変えて)
電話:022-237-7232(平日10時〜18時)
2020年09月20日(Sun) 9/24オンラインで開催!災害の復興から生まれるコミュニティーデザインとは〜住み慣れた地域で暮らすヒントを探す〜


スタッフの大坪です。

復興庁が主催する「Fw:東北 Fan Meeting 東北の学びを次につなぐ」より、オンラインイベントのお知らせが届きました。

「Fw:東北 Fan Meeting」とは「新しい東北」の創造に関心のある方々の交流、情報発信、東北のファンづくりを進める活動です。被災地における復興・地域課題解決に向けた様々な活動をテーマに、ワークショップを開催していきます。

以下、概要です。
晴れ曇り雨−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[vol.8]災害の復興から生まれるコミュニティデザインとは
〜住民主体の『みんなの居場所』づくり・住み慣れた地域で暮らすには〜
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−家ビル病院


【企画趣旨】
震災や水害など、災害に遭った地域では新しいコミュニティや共助の仕組みづくりが、あらゆる人々の手で進められています。宮城県仙台市内に立地するあすと長町では、東日本大震災の避難者が集まり、仮設住宅を経て災害公営住宅に暮らしてきた居住者の人々と、支援活動を行ってきた人々の手で、新しい自治運営やコミュニティづくりが進められてきました。

災害公営住宅の住民以外の人たちともゆるやかなつながりを生むことで見えてきた、新しいコミュニティデザインとは、どのようなものなのでしょうか。あすと長町で実践を重ねてきた認定NPO法人つながりデザインセンターの新井信幸さん、宮本愛さんに、お話を伺います。

他地域からは豪雨水害の被害を受けた岡山県倉敷市の真備地区から、小規模多機能ホームぶどうの家真備の津田由起子さんを招き、災害発生時に人びとが支え合う仕掛けづくりについて、取組を紹介いただきます。

災害への対応力を持ったコミュニティを、地域内でいかに作り上げていくことができるのか。震災、水害に遭ったそれぞれの地域の取組から、参加者のみなさんの地域での行動に活かせるヒントを探してください。

【日時】2020年924日(木) 19:00〜21:00(開場 18:30)
 ※申し込み締め切り 9/24(開催当日 12:00締め切り)
 ※Zoomウェビナーの接続先情報を事務局から送付する関係上、
  お申し込みは開催当日の12:00までとさせていただいております。予めご了承ください。
【参加申込】申込フォームはコチラから⇒★★★
【場所】オンライン開催
    ※インターネット会議サービス「Zoomウェビナー」に接続
    ※ 接続先は、お申込みいただいた後、個別にご送付いたします。
【定員】50名
【主催】復興庁
【企画運営】NECソリューションイノベータ株式会社(受託事業者)
【関連地域】宮城県、岡山県

【参加対象者】
・災害後の地域コミュニティの構築、運営に関心のある方
・避難者の地域コミュニティへの定着に関心のある方
・災害時の地域住民の共助の仕掛けづくりに関心のある方
・災害の復旧復興から生まれるまちづくりの取り組みに関心のある方
・その他、本イベントに関心のある方 等

満月タイムテーブル
18:30-19:00 開場(参加者接続)
19:00-19:15 開会/趣旨説明/参加者意識調査/アイデア募集
19:15-19:35 新井氏:登壇者インプットトーク@
19:35-19:55 津田氏:登壇者インプットトークA
20:00-20:20 ファシリテーター、登壇者様(新井氏、宮本氏、津田氏)によるパネルディスカッションなど
20:20-20:25 参加者によるアンケート記入/Fw:東北活動紹介
20:25-20:30 復興庁あいさつ/閉会
20:30-21:00 オンライン上での交流タイム(ディスカッションの延長戦)

満月登壇者プロフィール
■登壇者
新井信幸(認定NPO法人つながりデザインセンター 副代表理事/東北工業大学 建築学部建築学科 准教授)
宮本愛(認定NPO法人つながりデザインセンター 事務局長・理事)
■他地域登壇者
津田由起子(小規模多機能ホームぶどうの家真備 代表)

------------------
位置情報詳しくはHPをご覧ください⇒★★★
2020年09月10日(Thu) 9/16スタート!たたかない、怒鳴らない、ポジティブな子育て「ポジティブ ディシプリン プログラム」連続講座<のびすく泉中央>


こんにちは。スタッフの小林です。

仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央より、「ポジディブ ディシプリン」(前向きなしつけ)連続講座の情報をいただきましたので、ご紹介します。

以下、概要です。
ぴかぴか(新しい)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分子育てをふりかえる
『ポジティブ・ディシプリン』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー黒ハート

ポジディブディシプリン.jpg

●内 容:本プログラムは、日々の子育てに向き合う親同士で集まり、自分の子育てに関する考え方についてじっくりと深めます。
日々の子育てでで困った!について、子どもと向き合いながら考えていきませんか。
※ポジディブディシプリン(前向きなしつけ)とは?
手をあげたり、怒鳴ったりではなく、でも、したい放題にさせるわけでもなく、日々の課題に同じ目線で向き合い自身とちからwのばしていく子育てです。

●日 程:令和2年916日(木)スタート!全9回
     第1回 9/16(水)、第2回 9/30(水)、第3回 10/7(水)、第4回 10/14(水)、
     第5回 10/21(水)、第6回 10/28(水)、第7回 11/11(水)、第8回 11/18(水)、
     振り返りの回 12/16(水)
●時 間:10:00〜12:00
●対 象:0〜6歳の子どもの親(養育者)
     福島から転入または福島を故郷にもつ方および仙台在住の方
●場 所:仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央
     (仙台市泉区泉中央1-8-6泉図書館・のびすく泉中央4F活動室)
●資料代:2,400円(福島避難者支援の方は無料)
     「ポジディブ・ディシプリンのすすめ:親力をのばす0歳から18歳までの
      子育てガイド」書籍代含む
●定 員:12名(先着順)
●託 児:6か月〜未就学児 6名まで(先着順・無料)
     持ち物:着替え一式、飲み物、おむつセット、タオル
     託児受付の有無については、お申込み後にこちらからご連絡をいたします。

ひらめき申込方法:
ポジディブディシプリン申込用紙.pdfに記入の上、電話、またはFAXにてお申込みください。
仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央
TEL:022-772-7341(10時〜17時・月曜休館)
FAX:022-375-0681

位置情報主 催:
仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央
ふくしま子ども支援センター
一般社団法人マザー・ウィング

位置情報共 催:
きづくkids-ku/ポジティブ・ディシプリン日本事務局

2020年09月08日(Tue) 10/3,4開催!音楽はきっと、チカラをくれる。『クラシックエール仙台』で音楽に触れて元気になろう!!


こんにちは。スタッフの小林です。
公益財団法人 仙台市市民文化事業団からイベントのお知らせが届きましたのでご紹介します。

「せんくら」の愛称で、毎年この時期に開催されてきた仙台クラシックフェスティバルですが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け中止となりました。仙台からクラシック音楽文化の灯を絶やしたくないという思いから、今年だけの特別企画「クラシックエール仙台」が開催されるそうです。

音楽好きの私も、さっそくチケットを購入しようと思っていますが、すでに一部、予定枚数が完売している公演も出ているようです。先ずは、公式サイトで確認することをおすすめしますexclamation


以下、概要です。
演劇かわいいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぴかぴか(新しい)
音楽はきっと、チカラをくれる
『クラシックエール仙台』開催!
ぴかぴか(新しい)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーるんるんるんるん

クラシックエール仙台.jpg

満月開催日:2020年103日(土)、4日(日)

満月会場:日立システムズホール仙台(青年文化センター) ※座席数は会場の定員の50%
・コンサートホール(393席・全席指定)
・シアターホール(247席・全席指定)
・パフォーマンス広場(101席・全席指定)
※地下鉄南北線:旭ヶ丘駅下車、徒歩3分(東1番出口)
※バス:バス停「地下鉄旭ヶ丘駅」より徒歩2分

満月入場料金:
・45分公演:一般 1,300円、U-18 700円
・60分公演:一般 1,800円、U-18 1,000円
・120分公演:一般 3,000円、U-18 1,700円(休憩20分含む)
※U-18の対象は3歳以上18歳以下
※当日券の販売なし

満月購入方法はコチラからご確認ください次項有チケットについて

満月入場年齢制限
3歳以上入場可能公演、就学児以上入場可能公演があります。

満月コンセプト
1みんなが安心して楽しめるコンサートを目指します。
コンサートに出かけることの楽しさ、音楽を聴きに集うことの豊かさを再び感じられる機会となるよう、アーティスト、スタッフ一同、新型コロナウイルス感染症の対策を徹底し、お客様にもご協力いただき、みんなが安心できる環境づくりに努めます。

2仙台がクラシック音楽と「エール」にあふれる2日間にします。
「クラシックエール仙台」には、このたびの新型コロナウイルス感染症の影響により活動自粛を余儀なくされたアーティストや舞台芸術に携わるスタッフへのエール、仙台の文化・芸術に関わる市民のみなさまへのエールの気持ちが込められています。集う人々が心の潤いを感じられるひとときを提供します。

3生誕250周年!ベートーヴェンの魅力あふれるプログラムをお届けします。
誰もがその名を耳にしたことのある音楽家ベートーヴェン。今年は生誕250周年のメモリアル・イヤーにあたります。数々の苦悩や葛藤を抱えながらも、最期まで創作に向き合い続けた楽聖ベートーヴェンが生み出した数々の魅力あふれる作品と、彼の存在に大きく影響を受けた作曲家たちの作品を交えたプログラムをお届けします。

4みんなで楽しめるクラシックコンサートです。
公演時間は45分、60分、120分(休憩20分含む)の3種類。オーケストラ、室内楽、ソロ演奏までバラエティに富んだラインナップ。コンサート初心者から、クラシック音楽好きのみなさんまで、それぞれの楽しみ方が可能です。また、3歳以上のお子様も楽しめるプログラムもご用意し、ご家族も楽しめるコンサートもあります。お気軽にお出かけください。

※安心してコンサートをお楽しみいただくために
お客様へ、新型コロナウイルス感染症対策のお願いがあります。
詳しくはコチラからご確認ください→次項有新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み

ひらめき詳しくは「クラシックエール仙台」公式サイトからご確認ください。

位置情報お問合せ先
クラシックエール仙台事務局:公益財団法人 仙台市市民文化事業団
公演についてのお問合せ:TEL 022-727-1872(平日9:00〜17:00)

2020年06月15日(Mon) 7/31必着!気候変動への功績者をたたえる「気候変動アクション環境大臣表彰」募集中!


こんにちは。スタッフの水原です。

環境省では、このたび気候変動の緩和及び気候変動への適応に顕著な功績のあった方々の功績をたたえる「気候変動アクション環境大臣表彰」の応募を開始しましたので、皆さまにもご紹介いたします。
我こそは!という個人、団体の皆さま。
栄えある初代受賞者を目指してみませんか?

以下、概要抜粋です。

晴れ---------------------------------------------------曇り
令和2年度
気候変動 アクション 環境大臣表彰
雪---------------------------------------------------
台風

環境省地球温暖化対策課では、例年、地球温暖化対策推進の一環として、
地球温暖化防止に関し顕著な功績のあった方々に対し、その功績をたたえるため「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を行ってきました。

今年度より実施内容を引き継ぎ、
昨今の社会における気候変動対策の動向等を踏まえ、
「気候変動アクション環境大臣表彰」にリニューアルしました。

【目的】
気候変動の緩和及び気候変動への適応に関し顕著な功績のあった個人又は団体(自治体、企業、NPO/NGO、学校等。共同実施も含む。 )に対し、その功績をたたえるため、表彰を行う。
※気候変動の緩和とは、温室効果ガスの排出削減と吸収の対策を行うことを指す。省エネの取組や、再生可能エネルギーなどの低炭素エネルギー、CCSの普及、植物によるCO2の吸収源対策などが例として挙げられる。
※気候変動の適応とは、既に起こりつつある気候変動影響による被害への回避・軽減のための備えと、新しい気候条件の利用を行うことを指す。豪雨、小雨や熱波などの異常気象への対策やサプライチェーンも含めた気候変動リスク管理などが例として挙げられる。

【対象部門】
1.開発・製品化部門
2.先進導入・積極実践部門
3.普及・促進部門

【応募について】
731日(金)[必着]
自薦・他薦問いません。
※新型コロナウイルス感染症に係る状況により、応募締切を延長する場合があります。
詳しくは公式WEBでご確認ください。
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/min_action_award/about.html


〇申請方法及び締切
応募の申請は所定の様式に必要事項を記入し、
令和2年731日(金)(必着)までに下記事務局に郵送してください。
なお、様式の電子ファイルについても併せて電子メールに添付して送付をお願いします(書類及び電子ファイルともに必着)。
各書式は以下からダウンロードしてください。
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/min_action_award/application.html

※実施要領及び記入例を必ずご一読ください。
※自薦・他薦で応募申請書が異なりますので、ご留意ください。


○開催までのスケジュール
・応募の締切・・・・・令和2年7月31日(金)必着
・審査結果発表・・・・令和2年9月下旬頃
・表彰式・・・・・・・令和2年11月28日(土)
表彰式及び受賞者フォーラムは、エコプロ2020 {(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社主催)}と同時期に東京ビッグサイトにて開催する。

○申請書提出先及びお問い合わせ先
令和2年度気候変動アクション環境大臣表彰 運営事務局
(株式会社JTBコミュニケーションデザイン コンベンション1局内)
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビル13階
担当:早川・内藤・角田
E-mail: climateaction☆jtbcom.co.jp(☆を@に変えて)
TEL:03-5657-0833 / FAX:03-3452-8526
※対応時間:10時〜18時(土・日・祝日を除く)



2020年05月31日(Sun) 第4期 6/17〆切!<子ども食堂助成団体を募集>仙台市内で子ども食堂の運営を行っている、行う予定の団体へ

みなさん、こんにちは。

仙台市社会福祉協議会より、子ども食堂助成金助成団体募集のお知らせです。

--------------------------------------------------------------------------
令和2年度子ども食堂助成金助成団体を募集します
社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会
--------------------------------------------------------------------------


以下、概要です。
--------
■目的
仙台市内において地域団体等が、「子ども食堂」を実施する場合に、これに要する経費を助成することにより、子どもが地域とつながり、健やかに育つ環境整備を促進することを目的とします。

■制度概要
〇助成対象
仙台市内において子ども食堂の運営を行っている、または行う予定の団体

〇助成額
申請通算1・2回目の団体は事業費の5分の4以下、3回目の団体は事業費の3分の2以下
(新規団体は上限30万円、既存団体は上限20万円)

〇助成対象期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日

■申請方法
〇受付期間
第4期受付日:令和2年6月17日(月)15時まで
※予算の範囲内で助成を行うため、予算がなくなり次第、受付期間中でも募集を終了することがあります。

〇受付窓口
子ども食堂を実施する場所を所管する仙台市社会福祉協議会各区・支部事務所

〇申請方法
所定の様式により受付窓口に提出

〇申請関係様式等
@(様式第1号)申請書
A(様式第1-1号)事業計画書
B(様式1-2号)収支予算書

※記載例や添付書類、申請書関係様式などはコチラからご確認ください→

※助成金の詳細や第4期以降の受付期間については募集要項をご覧ください。

位置情報お問合せ先
仙台市社会福祉協議会 地域福祉課ボランティア協働係(仙台市ボランティアセンター)
TEL:022-262-7294  FAX:022-216-0140

2020年04月24日(Fri) 6/1〆切<幼稚園・保育園・こども園等の皆様へ>太陽光発電設備を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」


NPO法人そらべあ基金より、第73基「そらべあスマイルプロジェクト」公募開始のお知らせです!
以下、概要です。


NPO法人そらべあ基金は、活動に賛同する協賛企業様の寄付金をもとに、全国の幼稚園・保育園、こども園などへ太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」を実施しています。

本プロジェクトは、そらべあ基金の活動目的である地球温暖化を抑制するために、再生可能エネルギーの普及・啓発に向けた実践的な取り組みとして2008年から始まりました。これまでに、全国68ヶ所以上の幼稚園・保育園舎の屋根に「そらべあ発電所」を設置しています。この活動を通じて、未来を担う子どもたちへ環境の大切さを伝えながら、CO2排出が少ない再生可能エネルギーの創出・普及に向けて、皆さまと共に取り組んでおります。

第73基目となる今回は、ソニー生命保険株式会社の協賛をいただき、1基の太陽光発電設備(3㎾相当)を寄贈します。なお、同社の寄付で寄贈される太陽光発電設備は今回の寄贈で12基目となります。
幼稚園・保育園のみなさま、そらべあスマイルプロジェクトへの参加を是非ご検討ください。

晴れ---------------------------------------------------------雷-------------------
第73基そらべあスマイルプロジェクト募集要項
----------------------雨------------------------------------------------------曇り
1. 応募資格
全国の小学校就学以前の児童向け教育・保育施設であること
設立、管理、運営主体は公立、私立いずれも可
現在、太陽光発電設備が未設置であること
下記の応募条件確認表の応募条件を満たしていること
※太陽光発電設備の設置場所を独自に確保できない集合住宅内施設などは対応できない場合があります

2. 寄贈内容
太陽光発電設備(3Kw相当品、設置環境により変更あり)1基
太陽光パネル、パワーコンディショナー、室内モニター、工事費用一式

特別な場合(設置場所の補強など)を除き、取り付けに必要な工事費用は全て無償です
また、寄贈園にはそらべあ物語の紙芝居、園児の皆さんには「そらべあ絵本」をプレゼントします
※太陽光発電設備の寄贈後にかかる設備維持の費用については実費をご負担ください

3. プロジェクト協賛企業
ソニー生命保険株式会社
※今回の寄贈により、ソニー生命保険株式会社様による これまでの「そらべあ発電所」の寄贈数は12基目となります。

4. 実施スケジュール
●募集期間:2020年4月6日(月) 〜 2020年61日(月)
●応募締切:2020年6月1日(月) 書類必着
●選考結果の発表:2020年9月予定
●選考結果のお知らせ方法:
当選園を決定後、全ての応募園様に登録メールアドレス宛に結果をご連絡いたします
なお、審査評価に関する個別照会は行っておりませんのでご了承ください
●寄贈時期:2021年2月予定
●寄贈までの流れ:こちら

5. 応募方法
(1)応募条件
太陽光発電設備の寄贈にあたり、応募条件確認表をダウンロードして必要項目をご確認
ください
応募条件を満たしていることが応募の前提条件となります
1-1 応募条件確認表(様式1) Excelデータ・PDF ダウンロードはこちらから

(2)応募書類
(1)の応募条件確認表の応募条件を満たしていることを確認の上、応募に必要な書類をダウンロードして必要事項を記入してください

(3)応募先
応募に必要なすべての書類をご確認の上、応募締切日までにメールまたは郵送にてご応募ください
●メール
送信先:info☆solarbear.jp(@を☆に変えて)
件名:「第73基そらべあスマイルプロジェクト」応募書類
●郵送
〒105-0004 東京都港区新橋2-5-6大村ビル8階 NPO法人そらべあ基金
「第73基そらべあスマイルプロジェクト」応募書類在中 締切日必着

*スマイルプロジェクト検索→https://www.solarbear.jp/news/smileproject/1702/

≪お問い合わせ≫
NPO法人そらべあ基金 
〒105-0004 東京都港区新橋2-5-6大村ビル8階(平日 10時〜18時)
TEL:03-3504-8166 FAX:03-5157-3178(24時間受付)
担当:矢名葉(やなば)下川(しもかわ)
2020年04月12日(Sun) 5/29〆切!東日本大震災および令和元年台風第19号による二重被災世帯への「児童学習支援」を実施します


昨日は、東日本大震災の月命日。
公益財団法人東日本大震災復興支援財団より、助成事業のお知らせです。
以下、概要です。

-----------------------------------------------------
東日本大震災および令和元年度第19号による
二重被災世帯への「児童学習支援」募集
-----------------------------------------------------


2011年3月に発生した東日本大震災で被災し、さらに2019年10月に発生した令和元年度台風第19号で二重被災された世帯の中学生以下の児童を対象に、困難な中においても継続した学習や教育活動ができる環境を支援する目的で、奨学金を給付します。

〇募集期間 2020年4月6日(月)〜5月29日(金)※当日消印有効
※注意:締切日を過ぎての応募は受付できません
〇支援概要
支援金額:(児童1人につき)5万円
※ご兄弟が複数人いる場合は、応募資格に該当する人数分を支給します。例・・兄弟3人中2人が応募資格を満たす場合は、5万円×2人分として10万円支給

応募資格:
・2005年4月2日から2020年3月31日までの間に生まれた15歳以下の児童であること
・応募者本人、または家計を同一にする家族が「東日本大震災」で被災したこと(罹災証明書または被災証明書があること)
・応募者本人、または家計を同一にする家族が「令和元年度台風19号」で被災したこと(罹災証明書または被災証明書があること)
・家計を同一にする18歳以上(2020年4月1日時点)の家族の「平成31年度(令和元年度)所得証明書(平成30年1月〜12月分)」の所得合計が700万円を下回っていること
・家計を同一する家族の中に、当財団が支援する「まなべる基金受給者を対象とした『令和元年度台風第19号による被災世帯への追加奨学金』」を受給した奨学生がいないこと
(※「家計を同一にする家族」とは、2020年4月1日時点での家族構成とします)

提出書類:
@ 申込書(指定書式)
A 東日本大震災による罹災証明書または被災証明書
B 令和元年度台風第19号による罹災証明書または被災証明書
C 住民票の写し※原本
・家族全員分が記載されていること
・「戸籍筆頭者」「世帯主」の記載があり、マイナンバーの記載がない2020年4月1日以降発行のもの
D 平成31年度(令和元年度)所得証明書(平成30年1月〜12月分)
・2020年4月1日時点において、応募者本人と家計を同一にする18歳以上の家族全員分を提出のこと
・源泉徴収票、給与証明書、納税通知書は受付不可
E 振込口座確認書(指定書式)
F 振込口座の通帳コピー

〇応募方法・書類送付先
募集要項・申込書(指定書式)を財団ホームページよりダウンロードし、応募者(世帯)より、以下の宛先までご郵送ください。(郵便以外は受付できません)
〒105-8799 日本郵便芝郵便局留
公益財団法人東日本大震災復興支援財団『児童学習支援制度』応募書類担当行

〇問い合わせ先
公益財団法人東日本大震災復興支援財団「児童学習支援」事務局
TEL:090-4282-4842 受付時間12:00〜17:00(平日のみ)
お問い合わせフォーム:http://forms.gle/vmzLsmdTZB3fG2pN7
※急ぎの場合はお電話にて問い合わせください

■詳細は以下よりご確認ください■
http://minnade-ganbaro.jp/katsudou/project/childrenlearning/20200406.html
東日本大震災および令和元年度台風第19号による二重被災世帯への「児童学習支援」募集要項
| 次へ