CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« サポセンからのお知らせ | Main | ボランティア情報»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年10月04日(Mon) 10/21記念イベント開催!<福祉用具の日&介護の日>これからの介護について学び考える


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
10月1日は「福祉用具の日」、11月11日は「介護の日」です。
記念日に合わせて仙台市シルバーセンターでは、先進的な介護の取り組みを紹介する講演会や脳活体験、福祉用具の展示など様々なイベントが行われます。どなたでも無料で参加することができますので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

以下、概要です。

20210926145017_00001.jpg 20210926145035_00001.jpg

--------------------------------------------
かわいい福祉用具の日&介護の日 記念イベントかわいい
--------------------------------------------
※新型コロナウイルスの状況により、
会場及び定員、時間の変更、または中止とさせていただく場合もございます。


日時:令和3年10月21日(木)10時から15時
会場:仙台市シルバーセンター


次項有イベントWebページ https://bit.ly/3ERutZQ

位置情報『介護の日』記念講演会
【時間】13時30分から15時
【会場】仙台市シルバーセンター交流ホール(1階)
【内容】
『ペットと暮らせる老人ホームから』
講師/日本で唯一、ペットと入居できる特別養護老人ホームを運営
社会福祉法人 心の会 特別養護老人ホーム「さくらの里山科」
施設長 若山 三千彦 氏 
※講師はオンラインでの講演となります。
【費用】無料
【対象】仙台市内にお住まいかお勤めの方 100名(先着)

位置情報『福祉用具の日』記念セミナー
【時間】10時30分から12時 
【会場】仙台市シルバーセンター第2研修室(6階)
【内容】
『認知症と福祉用具』
講師/株式会社バリオン代表取締役 金沢 善智 氏
※講師はオンラインでの講演となります。
【費用】無料
【対象】仙台市内にお住まいかお勤めの方 30名(先着)
※ご自宅からオンライン参加も可能です。

位置情報展示
【日時】10時から15時(2階は17時まで) 
【会場】仙台市シルバーセンター1階・2階・7階
【内容】
『福祉車両・福祉用具・介護ロボット』など
【費用】無料
【対象】どなたでも参加できます。申込不要。

位置情報介護相談
【日時】10時から15時
【会場】仙台市シルバーセンター第1研修室(7階)
【担当】花京院地域包括支援センター
【費用】無料
【対象】どなたでも相談できます。申込不要。

位置情報ふれあい製品販売・展示
【日時】10時から15時
【会場】仙台市シルバーセンター1階
【対象】どなたでも参加できます。申込不要。

ひらめき申込方法
9月6日(月)9時00分からお申し込みの受付を開始します
電話、ファクスまたはEメール
講座名・氏名・ふりがな・電話番号・Eメール(福祉用具セミナーオンライン希望の方)住所(介護の日記念講演会希望の方)を明記してお申し込みください。

【お申し込み・お問い合わせ先】
(公財)仙台市健康福祉事業団介護研修室〔仙台市シルバーセンター内〕
電話 022-215-3711
ファクス 022-215-3718
Eメール senkaigo★nifty.com(★を@に変えて)
2021年09月28日(Tue) LINEで相談してみませんか?<せんだいみやぎ子ども・子育て相談>子育て・家庭・親子関係の悩みを相談できます


こんにちは。スタッフの小林です。
長引くコロナ禍で、人との関わりが薄くなったり、家族が家にいる時間が増えたりして、いろいろな問題や悩みが現れる中、気軽に相談できる人が身近にいない方が増えていると懸念されています。
そのような社会状況下、宮城県と仙台市は9月1日より、LINEを活用した、子育て・家庭・親子関係の悩み相談窓口を開設しました。

以下、概要です。

20210928134903_00001.jpg 20210928134915_00001.jpg

LINEで相談してみませんか
せんだいみやぎ子ども・子育て相談

次項有LINE相談「せんだいみやぎ子ども・子育て相談」の実施について

「わたし、ヤングケアラー※かな?」
「子育ての悩み聞いてほしいな」

ひらめき秘密は必ず守ります
ひらめき無料で相談できます

かわいいひとりで悩まないで、お気軽に相談してください!
「面談や電話では相談しにくい。」「友だちや家族には相談できない。」など、子育て・家庭・親子関係などの悩みはあるけれど相談できない人が、気軽に相談できるよう、LINEを活用した相談窓口を開設しています。

※ヤングケアラーとは、「障害や病気のある家族、幼いきょうだいなど、家族にケアを要する人がいる場合に、本来、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護などを日常的に行っている子ども」を指します。公的な福祉サービスの利用など、状況に応じた支援窓口を紹介しますので、気軽にご相談ください

●対象
県内にお住まいの子ども及びその保護者など

●相談受付、期間・時間
令和3年9月1日〜令和4年3月31日(12月29日〜1月3日の年末年始を除く)
毎週月〜土曜日 午前9時から午後8時まで

●登録方法:
Webページ又はチラシに掲載されているQRコードをLINEアプリで読み取るか、お手持ちの携帯電話、スマートフォンから下記URLへアクセスし、「せんだいみやぎ子ども・子育て相談」を友だち追加してください。

名前を名乗らずに相談できます。
相談の秘密は必ず守りますので、安心してご相談ください。
あなたの希望や同意がない限り、相談内容やあなたの情報を誰かに伝えたり、外部に公開したりすることはありません。
ただし、あなたの身体や命に危険があると判断した時は、あなたの安全を確保するため、相談内容やあなたの情報を関係機関と共有し、対応させていただきます。相談内容により、専門的な支援機関をご案内させていただくことがあります。
※QRコードは潟fンソーウェーブの登録商標です。

exclamation相談期間中は、多くの相談が入ります。
場合によっては、すぐに相談することができないことがあります。その場合は、しばらくしてから、もう一度メッセージを送るか、下記の番号に相談してください。
嘘や真実と異なる内容、スタンプの連打などのいたずらは相談したい人の迷惑になりますので、決してしないでください

位置情報電話相談は24時間365日いつでも利用できます。
位置情報相談時間外やLINE相談受付期間外は、電話相談をご利用ください。(通話料無料)

●児童相談所虐待対応ダイヤル:189
●児童相談所相談専用ダイヤル:0120-189-783


宮城県保健福祉部子ども・家庭支援課/仙台市子供未来局子供育成部子供家庭支援課
2021年09月17日(Fri) 10/13(水)〜地域づくりのためのコミュニケーション

スタッフの太田です。
仙台市生涯学習支援センターより、「地域の活動に、これから参加してみたい!関わりたい!」という方にぴったりな、地域づくりのためのコミュニケーションについて専門家から学べる無料講座のご案内をいただきました。
9月29日(水)締切ですので、お早めにお申し込みください。

学びのまち・仙台 市民カレッジ
地域づくりのためのコミュニケーション

hmmr2n000005u1kj.jpg

ひらめき日時(全5回)
■第1回 2021年10月13日(水)18:30〜20:30
「自分の強みを知ろう!〜コミュニケーションカードの活用〜」
コーチング専門会社(株)アライブ・ワン 代表取締役 後藤 美香 氏
■第2回 2021年11月10日(水)18:30〜20:30
「自分と仲良くなろう!〜セルフペップトーク〜」
日本ペップトーク普及協会認定講師 大場 充 氏
■第3回 2021年12月08日(水)18:30〜20:30
「伝えたいことを伝える〜アサーティブコミュニケーション〜」
キャリアコンサルタント 浅利 賀名衣 氏
■第4回 2022年01月12日(水)18:30〜20:30
「初対面の人・苦手な人と関わるコツ 〜第一印象アップマナー&アンガーマネジメント〜」
第一印象研究所  代表 杉浦 永子 氏
■第5回 2022年02月09日(水)
「自分の新しい可能性を広げるために〜自分トリセツづくり〜」
コーチング専門会社(株)アライブ・ワン 代表取締役 後藤 美香 氏

ひらめき会場
仙台市生涯学習支援センター

ひらめき対象
仙台市内にお住まいの方、もしくは、通勤通学なさっている18歳以上の方。

ひらめき定員
40人(抽選)

ひらめき受講料
無料

ひらめき申込み
FAX、往復はがき、または電子申請にて9月29日(水)まで。
詳しくはこちらのPDFをご覧ください
https://www.sendai-shimincenter.jp/miyagino/syogaigakusyu/kouza/annai/hmmr2n000005u1id-att/hmmr2n000005u1lr.pdf

ひらめき問合せ・主催
仙台市生涯学習支援センター
仙台市宮城野区榴岡4-1-8
TEL 022-295-0403 FAX 022-295-0810
2021年07月08日(Thu) 7/31締切!被災地の課題解決に挑戦する優れた取組を顕彰する【令和3年度「新しい東北」復興・創生の星顕彰】


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
「新しい東北」官民連携推進協議会から、被災地の課題解決に挑戦する、個人や団体の優れた取組を顕彰する、令和3年度「新しい東北」復興・創生の星顕彰の推薦要項が届きましたので、ご紹介します。

以下、概要抜粋です。

---------------------------------------------------------
令和3年度
「新しい東北」復興・創生の星顕彰
 推薦要項

---------------------------------------------------------

●「新しい東北」復興・創生の星顕彰の趣旨
被災地の課題解決に挑戦する個人や団体の優れた取組を復興大臣が顕彰します。
復興庁では、復興を単なる原状復帰にとどめるのではなく、これを契機として、震災前から被災地が抱えてきた課題を克服し、地方創生のモデルとなる「新しい東北」※を創造すべく、民間の人材・ノウハウ等を最大限活用しながら、様々な取組を進めています。
このため、「新しい東北」の創造に向けた取組について、大きな貢献をされている個人及び団体に光を当てることにより、こうした個人・団体の活動を広く情報発信し、被災地内外への普及・展開を図ることを目的として、平成28年度から顕彰を行ってきました。

●推薦対象
推薦対象は、「新しい東北」の創造に向けて、被災地の地域課題(震災の記憶と教訓の伝承、移住・定住の促進、地域コミュニティの形成、関係人口拡大、産業復興・雇用の創出等)を克服するために取り組んでいる個人・団体とします※。

被災地の地域課題を解決する取組(例)
・震災時の記憶と教訓を生かし、貴重な防災ノウハウとして地域内外に広く情報を発信する取組
・移住・定住につながる取組、魅力的なビジネスモデルや研修制度のPR
・災害公営住宅等でのコミュニティの構築支援や、地元と外部人材をつなげるコーディネーターの育成
・住民等が中心となってリピーターの呼び込みにつながる地域の魅力をPRするコンテンツの企画・開発への取組
・ICT活用・環境配慮等による産業の転換・新しい市場・価値の創造への取組や、事業・ソーシャルビジネス等を通じて生業・雇用の創出や若者の就業・後継者育成を推進する取組

※応募者が法令違反の容疑により逮捕され、又は逮捕を経ないで公訴を提起された場合などの不正又は不誠実な行為があった場合は表彰の対象としないことがあります。また、暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年 法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。)の者が関与している取組、暴力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する取組は、審査対象から除外します。またその旨の連絡もしませんので御了承ください。

●推薦期間
令和3年6月10日(木)9時00分〜7月31日(土)23時59分
(資料を郵送される場合、7月31日(土)までに事務局必着とします)

●応募条件
(1)推薦する個人・団体は、次の事項を満たしている必要があります。
@個人・団体は、少なくとも直近1年間(令和2年9月〜令和3年6月)において、課題に取り組むべく活動を行っており、今後も継続して活動していく予定にしていること。
Aある取組に対し、複数の個人・団体が関与している場合、当該取組において、推薦する個人・団体が中心的役割を果たしていること。
B個人・団体は、過去に復興庁が主催する表彰・顕彰(「新しい東北」復興・創生顕彰、「新しい東北」復興ビジネスコンテスト、「産業復興事例」顕彰等)により、表彰・顕彰されていないこと。
C個人・団体は、国・地方公共団体及びその職員ではないこと。

(2)推薦する個人・団体の取組は、次の事項を満たしている必要があります。
@東日本大震災または東京電力福島第一原発事故をきっかけとして発生した課題を克服するための取組であること。
A施設整備等のいわゆるハード面の取組でないこと。

●推薦手続き
(1)推薦方法
推薦は、自薦・他薦を問いません。他薦の場合は、推薦する個人・団体の同意を得るものとします。「推薦期間」中に、専用ホームページ内の「推薦・登録」から登録をお願いします。

(2)提出書類等
応募に当たっては、候補者推薦フォーム内の必要事項を御記入の上、事業報告書、パンフレット等の取組の内容・状況が把握できる資料を併せて御提出ください。候補者推薦フォームから資料をアップロードしていただくか、資料を事務局(送付先は「問い合わせ先(資料送付先)参照」)へ7月31日(土)必着で郵送してください。

位置情報詳しくは、HPサイトをご覧ください。

位置情報問い合わせ先(資料送付先)
「新しい東北」復興・創生の星顕彰運営事務局
(ハリウコミュニケーションズ株式会社内)
HP https://www.newtohoku.org/kenshou/index.html
〒984-0011 宮城県仙台市若林区六丁の目西町2番12号
TEL:022-288-5011 FAX:022-288-7600
MAIL:newtohoku☆zundanet.co.jp(☆を@に変えて)
2021年04月05日(Mon) ご利用ください<NPOが発行した本の販売をお手伝いします>広く市民に発信!


こんにちは。スタッフの伊藤です。
「思いの詰まった本を、どうしたらたくさんの方に読んでいただけるのか?」と、
これまでの活動の成果や調査結果を書籍にまとめ、販売している団体はいませんか?
また、「団体運営で困ったときの参考になる本はないかな?」などお困りの方はいませんか?

そんな皆さんをお手伝いするサービスを紹介します。
みやぎNPOプラザでは、NPOで発行した図書を広く市民の方に紹介するために、
図書の委託販売をしています。

以下、概要を一部抜粋いたします。


NPOが発行する図書の販売をお手伝いします


20210330161145_00001.jpg 20210330161153_00001.jpg

本 図書を販売したい方 
募集要項および実施要項をお読みの上、
「図書委託販売申込書」
「団体の概要シート(みやぎNPOプラザ指定書式)」
「覚書(2通)」
「見本1冊(閲覧用)」
「団体の規約や定款」
を持参し、窓口にご提出ください。
※ 遠隔地の場合は、郵送等も可能です。(要相談)
※ 募集要項・各書式は、窓口・みやぎNPO情報ネットからダウンロード可能です。

○来館以外の購入方法・・・電話・メール等で在庫をお問合せください。
送料を含んだ合計金額をお振込み頂くと、入金確認後1週間以内に発送になります。
(振込手数料は、お客様負担になります。)

---

ひらめき活動中に方向けに、会計や団体運営チェックリストなど活動に役立つ本の販売もしています。
ひらめき青葉山の自然観察ガイドブックや暮らしに役立つ防災本など、一般の方にもお役立ていただける本もあるので、ぜひ一度ご覧ください。
詳細はこちら→→https://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/tosyo_itiran.htm

位置情報お問合せ
みやぎNPOプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX022-256-0533
mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えて)

2021年02月20日(Sat) 申込締切延長!令和2年度「新しい東北」交流会 〜広げよう、東北の力〜


こんにちは。スタッフの松村です。
「新しい東北」官民連携推進協議会(復興庁)から、オンラインイベントのご案内です。
申込締切を延長し、滑り込み歓迎とのこと。

「新しい東北」官民連携推進協議会では、被災地で事業展開されている多様な主体(企業・大学・NPO等)による取組について、情報の共有・交換を進め、様々な連携を推進しています。

東日本大震災から10年を迎えようとしています。
幅広い担い手が、互いの取組に関する情報を共有し、連携できる体制づくりについて振り返り、今後の東北の持続的な活力に結び付けようと模索する場に参加してみませんか。

令和2年度「新しい東北」交流会 〜広げよう、東北の力〜

日時:2021年 2月22日(月)13:00〜18:00(12:30開場)
交流会をオンライン開催に変更します。
※現地会場(仙台サンプラザ)でのご参加はできません。

開催方法:ZOOMによるオンライン配信
申込方法:以下URLよりお願いいたします
https://www.newtohoku.org/networkmeeting/index.html
※2月22日10時までお申し込みいただけます

main.pic.png

満月プログラム詳細
基調講演、セミナー、展示ブース、交流会など様々なプログラムがあります
https://www.newtohoku.org/networkmeeting/index.html

満月タイムテーブル等(パンフレット)
https://www.newtohoku.org/networkmeeting/files/program.pdf
2021年02月05日(Fri) ビザ・在留資格の相談ができる!<外国人のための無料専門相談会>毎月開催中!


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
年度末が近づいて、日本に住んでいる多くの外国人の方がビザ・在留資格の更新や切り替えを行う時期に差し掛かっています。
更新できる期間はどのぐらい?
どんなビザ・在留資格に変更できる?
手続きをするときに何の書類が必要?
わからないことが多くて頭を抱えてしまう方がいると思います。

そのように困った方にお勧めするのは、仙台多文化共生センターで定期的に開かれている専門相談会です。宮城県行政書士会や仙台出入国在留管理局などの専門機関による無料の相談会ですので、ぜひ気軽にご利用ください。


ビザ・在留資格について相談できる専門相談会として、
以下の、行政書士による専門相談会と、出入国在留管理局による専門相談会をご紹介します。

1行政書士による専門相談会
ビザ、在留資格、行政手続きなどの相談に宮城県行政書士会の行政書士が対応します。

<相談例>
・母国から家族を呼び寄せるにはどうしたらよいか
・永住権を取得するにはどうしたらよいか

日時:2021年26日(土)/36日(土)13時〜16時
場所:仙台多文化共生センター(仙台国際センター1階)
チラシ:PDFダウンロード(多言語)


2出入国在留管理局による専門相談会
入国手続きや在留手続きについての相談に、仙台出入国在留管理局の職員が対応します。

<相談例>
・転職した場合、在留資格はどうなるのか
・「日本人の配偶者等」の在留資格をもっているが、離婚することになった。在留資格はどうなるのか

日時:2021年226日(金)/326日(金)13時〜16時
場所:仙台多文化共生センター(仙台国際センター1階)
チラシ:PDFダウンロード(多言語)

12の申込先:
Tel: (022)224-1919
Email: tabunka☆sentia-sendai.jp(☆を@に変えて)

●相談したい人は、つぎのことを教えてください:
1.名前
2.連絡先(電話番号、email アドレス)
3.在留資格
4.相談したいこと(困っていること)
5.通訳が必要かどうか
※必要に応じて、通訳の手伝いをします。(英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語など)

また、多文化共生センターでは、ビザ・在留資格以外のことも相談できます。弁護士による専門相談会や、労働局による専門相談会、税理士による専門相談会も毎月開いています。詳しくは、多文化共生センターのホームページをご覧ください。



ひらめき仙台市多文化共生センターとは
国際センター内にあり、外国人住民の暮らしに役立つ情報を多言語で提供しています。
また、外国人住民の生活相談や、多文化共生の地域づくりに関する相談に応じています。
仙台多文化共生センターは、仙台市からの委託を受け、SenTIAが運営しています。
ぱれっと2019年10月号には、多文化共生センターへの取材記事を載せていますので、
そちらもぜひご覧ください。
次項有外国人と日本人が地域で共に暮らしていくために(ぱれっと特集「協働のまちづくり」)

●お問い合わせ
仙台多文化共生センター(仙台国際センター会議棟 1 階 )
TEL:(022)224-1919、(022)265-2471
Email:tabunka☆sentia-sendai.jp(☆を@に変えて)
2020年11月20日(Fri) 12/17(木)開催!<NPOのためのオンライン事業展開相談>みやぎNPOプラザ


こんにちは。スタッフの小林です。
みやぎNPOプラザより、NPOのための専門相談開催のお知らせをいただきました。

活動するなかで、行き詰ったり疑問を持ったりすることはありませんか?
専門家に相談したいけれど、誰を頼っていいか分からない…。
そんな方々に、NPOプラザがその分野の専門家をつなぐ相談会を開催します。

以下、概要です。


NPOのためのオンライン事業展開相談

コロナ禍において、これまでの活動が困難になっていませんか?
「対面での居場所作りや相談会を開催していたが、活動ができずに困っている…」
「人を集めての活動を控えているため、思うように活動ができない…」
コロナ禍でのこのような活動のお悩みに、オンラインを活用した新たな事業展開について、 相談してみませんか。

20201114132620_00001.jpg

●相談内容(例)
・オンラインを活用した新たな事業展開
・オンラインを活用して活動するときのポイント・注意点等
*オンラインを活用することで可能になる新たな事業展開のヒントをいただく相談会です。
 オンライン機器の使用方法がメインではありませんことをご了承ください。

●相談対応者:早川欣哉さん
(一級建築士事務所 早川建築研究所 代表 京都芸術大学 客員教授)
---プロフィール
京都工芸繊維大学大学院修了後、イギリス留学。2003 年に早川建築研究所を設立し、住宅やオフィス等の 設計・工事監理に携わる。2009 年に仙台に移住後は、歴史的建造物の調査や登録文化財の申請、ウェブサ イト「古民家びと」の企画・運営をはじめ、歴史的建造物の見学やまちあるきツアーもおこなっている。 2014 年〜2018 年、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)の芸術教育支援事業「こども芸術の村」プロ ジェクトの副村長(現地責任者)として、被災地の子ども向けアートワークショップ(延べ 60 回以上、 1,500 人以上)の企画・運営に携わる。 現在は、任意団体「東北工芸ことはじめ」として活動を継続中。 また、同大学の指定講座として、東北の伝統文化や工芸等を学ぶ体験型教養講座「東北くらし藝術講座」 の企画・運営もおこなっている。

●相談日時:1217日(木) 13:00〜17:00(1団体1時間程度)
●開催場所:みやぎNPOプラザ
●対象:NPO 法人及び市民活動団体の代表者、役員、メンバー等
●定員:3団体(先着順)
●参加費:1,000円(税込)/回
●申込方法:開催日の6日前(12/11 までに)、参加申込書にご記入の上、FAX、メールにてご送付下さい。電話でのお申込みもお受けします。

●主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
●企画実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

<お申込み・お問合せ> みやぎNPOプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えて)

位置情報サポセンでも、活動に関する相談を随時受け付けています。
https://sapo-sen.jp/use/consult/
お気軽にお問合せください!

2020年10月24日(Sat) 11/8申し込み締め切り<クライメート・アクティビズム・スクールに参加しよう>地球を救うためのpatagoniaの取り組み


こんにちは、スタッフの松村です。
青葉区中央にあった『patagonia(パタゴニア)仙台店』が2020年6月に、サポセンのすぐ裏、東二番丁スクエアに移転リニューアルオープンしましたね。

そんなアウトドア企業パタゴニアから、気候変動をはじめ環境や地域のテーマに関心をもち、行動してみたいけれど起こせていない全国の高校生・大学生を対象とする「クライメート・アクティビズム・スクール」開催のお知らせをいただきました。

以下、概要抜粋です。

---------------------------------------------------------------------------
クライメート・アクティビズム・スクール
気候のための行動を学ぶ。

---------------------------------------------------------------------------

オンラインによる座学と対話で学び、その後フィールドワークを実施し、これまでの経済や社会システムによって生まれている気候変動や生態系の喪失をはじめとする環境問題という現実に目を向けながらも、未来を思い描き、それぞれのテーマにおけるステークホルダーと協働し、社会の担い手として創造性をもって実践に移せるようにします。本プログラムは、パタゴニアの長年つづく、環境保護活動を成功に導くための「草の根活動家のためのツール会議」の一部でもあります。
皆さんが生きることができる安全な気候と未来のため、本スクールで学び、それぞれの学校や地域で行動を実践してみませんか。

image001.png
提供:パタゴニア日本支社

概要
開催日時:2020年1226日(土)、27日(日)10:00〜18:00
対象:全国の15歳〜24歳
   <こんなことを思っている人>
   今より人間と自然との関係がよくなっていてほしい。
   気になっている環境問題やテーマがある。
   気候変動による影響をなんとなく感じている。
   仲間とつながり、行動してみたい。
   行動するってなんだろうと思っている。

開催方式:オンラインでの開催
2021年3月には、12月の参加者の方を対象にフィールドワークを予定しています。
内容:気候危機に向き合い、新たな問いをたて、「行動する」ための学びをともにしていきます。
費用:無料 

プログラム

「座学と対話」
ビデオ会議を使ったオンラインによる開催

26日目:10:00〜18:00(アフタートーク:19:00〜20:00)
27日目:10:00〜18:00
*こまめに休憩をはさみます。
*講座と対話が交互に入ります。

「フィールドワークとアウトドア・アクティビティ」
開催日:2021年3月(日時未定)
12月「座学と対話」を受講後、気候変動に対して取り組む行動、テーマや地域を決めます。1月2月のホームワーク期間を経て、テーマと地域にあわせてプログラムを組み、漁業、林業、農業従事者をふくむ関係するステークホルダーと協働し、実践していきます。地域やテーマによって、アウトドア・アクティビティが盛り込まれます。
*宿泊をともなう場合があります。
*アウトドア・アクティビティに関しては、参加決定後に経験度合をヒヤリングいたしますのでご安心ください。


募集期間:10月8日(木)〜118日(日)
募集人数:100名 
詳細・お申し込み方法:  
クライメート・アクティビズム・スクール特設サイト
https://climate-activism-school.jp/
*応募者多数の場合には選考になります。
*事前申し込み制
*参加希望の方は応募フォームから申し込みください。

次項有選考など詳しくはこちらをご覧ください。

スクールについてのお問合せ先
クライメート・アクティビズム・スクール事務局(パタゴニア日本支社内)
E-mail: japan-climate-activism-school☆patagonia.com(☆を@に変えて)

パタゴニアのミッション・ステートメント

私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。

2020年09月30日(Wed) 10/7迄に事前相談 必須!<クリエイティブの力で仙台のまちに活気を>仙台市クリエイティブプロジェクト助成事業


仙台市経済局が取り組む公募型の助成事業「仙台市クリエイティブプロジェクト」のご案内です。
事業の運営及び事務局であるSo-So-LAB.では、事前相談として、卸町TRUNKでの対面相談のほか、Zoomでも対応中ですとのことです。
「こういったプロジェクトは対象になるの?」といった段階から、記入済みの申請書のブラッシュアップのアドバイスまで受け付けています。(平日10時〜20時、その他は応相談)

以下概要です。

20200929203220_00001.jpg

仙台市では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた仙台のまちをクリエイティブの力で活気づけるため、仙台市クリエイティブプロジェクト助成事業を実施します。 この事業は、クリエイティブ産業と他分野との連携により商品・サービスの高付加価値化を目指す取り組みや、デザインやクリエイターの創造性を活用して地域の課題解決・人材育成等に取り組む企画を募集し、最大5件のプロジェクトに助成金を交付するものです。採択されたプロジェクトには専任アドバイザーを配置し、より良いプロジェクトになるよう支援を行います。

令和2年度の募集にあたって
今年度は事業の運営及び事務局機能を、So-So-LAB.(読み:そーそーらぼ/運営:協同組合仙台卸商センター)が担います。 昨冬からの新型コロナウイルス感染拡大により、いま多くの事業者が経済的・精神的なダメージを受けています。コロナ禍による直接的な影響はもとより、かねてから先延ばしにされていた課題が前倒しで表面化したということもあるでしょう。この状況を改善するための一手となり得る、クリエイティブを基軸とした創意あふれる多くのプロジェクトの応募を願っています。
右向き三角1令和2年度 募集チラシデータ(PDF:1MB)

募集期間
2020年917日(木)〜2020年109日(金)

募集するプロジェクト
アイデアの熟度が実現できるレベルにあり、年度内に事業の立ち上げに繋がるイベントの開催や、プロトタイプのお披露目を行うことができるもの年度内に事業化まで至らないが、仙台の資源を活用しクリエイティブ産業の集積促進、他産業との連携等において効果が認められる取り組みや、新規性・独創性があり次年度以降も事業の継続性が認められるもので、実現可能性を調査・検討(リサーチ)するもの。

助成金額
100万円(1件)、60万円(1件)、30万円(3件)
※審査会の結果により希望する助成額から減額となる可能性があります
説明会

事務局のSo-So-LAB.より今年度の取り組みについて報告を行った後、本事業の求めるプロジェクトの例や注意点などについて説明します。

日時  2020年9月17日(木)19時〜20時 *終了しました
対象  本事業の申請を検討する中小企業およびクリエイター
費用  無料
参加方法  ウェブ会議システム「Zoom」によるオンライン開催です。
※9/17に開催した説明会の記録動画を公開中

応募条件
本事業へ申請できるのは、仙台市内に本店、支店又は事業所を有する法人又は法人以外の団体、若しくは仙台市内に住所を有する個人となります。また、助成金を申請する場合には、次の要件も満たす必要があります。
・申請者が個人の場合にあっては、仙台市の市税を滞納していないこと。申請者が個人以外の場合にあっては、法人の市民税及び事業所税に係る市長に対する申告(当該申告の義務を有する者に限る)を行い、かつ、仙台市の市税を滞納していないこと。
・本プロジェクトについて、仙台市や他の公的補助金、助成金の交付を受けていないこと、または受ける予定がないこと(令和2年度分)。
・申請者が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)でないこと。
・申請者が、自己又は第三者の不正の利益を図る目的若しくは第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用していないこと。
・申請者が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与していないこと。
・申請者が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれと社会的に非難されるべき関係を有していないこと。


募集スケジュール
2020年9月17日(木) 募集開始・事前相談の開始
2020年10月7日(水) 事前相談の期限
2020年10月9日(金)12時 申請書等の提出期限
2020年10月15日(木)9時〜13時
 審査会の開催ならびに結果発表 追って助成金交付・不交付決定通知送付

2020年10月19日(月)10時 キックオフミーティング(採択事業者参加必須)
2021年1月上旬 中間報告会(関係者のみ参加)
2021年3月上旬〜中旬 成果報告会(公開イベント)
2021年3月25日(木) 実施報告書等提出の最終期限

応募方法
申請書類に必要事項を記入の上、担当課まで郵送または持参してください。
応募にあたっては、必ず10月7日(水)までに事前相談を行ってください。
事前相談のない応募については、受付いたしません。 事前相談のお申し込み及び日程調整は電話、もしくはメールにてご連絡ください。

審査方法や詳細はこちらをご覧ください。

◎事前相談・提出先・お問い合わせ先
So-So-LAB. 担当:長内・磯崎
〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F TRUNK内
メール:info☆tohokuakindodesign.jp(☆を@に変えて)
電話:022-237-7232(平日10時〜18時)
| 次へ