CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【市民ライター】実習・課外活動 | Main
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年06月26日(Fri) 進学をあきらめないで!経済的な理由で塾などに通えない中学生・高校生のための学習会(受講生受付中/支援のお願い)


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
特定非営利活動法人キッズドアは、
ひとり親家庭、兄弟の多い家庭、被災した家庭、様々な事情で収入が少ないご家庭など、
経済状況などの理由から塾に通えず、授業についていけない子どもや、
進学をあきらめようとしている子どものために、無料学習会を行っています。

位置情報現在、下記ゼミの2020年度 受講生を受付中です。↓

タダゼミ仙台【高校受験】
家庭の経済状況などから塾などに通えず、高校受験対策に不安がある中学3年生を対象とした、ボランティアによる無料の高校受験対策講座です。

ガチゼミ仙台【大学受験】
家庭の経済状況などから塾などに通えない高校生を対象とした、高校入学後の中退予防や大学進学サポートのための、ボランティアによる無料学習会・キャリア支援を行っています。

タダゼミJr.【中1・中2】
家庭の経済状況などから塾などに通えず、学校の授業内容について行けなくなりがちな中学1・2年生を対象とした、ボランティアによる無料学習会です。

Sりびんぐ【自習室】
各学習会を受講している生徒向けに、平日週3日程度開放している自習室です。
ボランティアも常駐しているので、いつでも気軽に質問をすることができます。

かわいい詳しい情報や申込方法はHPをご覧ください。

kidsdoor1.jpg

kidsdoor4.JPG

kidsdoor2.jpg
画像提供:特定非営利活動法人キッズドア

ひらめき勉強を教えるのは、現役大学生や社会人の学習支援ボランティアです。
勉強の仕方といった初歩的なことや、受験を乗り切るためのノウハウ、
そして、進学意欲を高めるために、高校や大学とはどういったところなのか?など
ボランティアならではのサポートも行っています。

位置情報学習支援ボランティアは随時募集中! 詳しくはこちら!

kidsdoor3.jpg

ひらめきまた、新型コロナウィルスの影響により、家庭の収入がさらに減り、アルバイトも減る中で、
今まで頑張ってきた困窮家庭の高校生が大学進学をあきらめることなどが懸念されています。
そこで、勉強を続けることが困難な高校生のための奨学金の寄付への協力を呼び掛けています。
以下、概要抜粋です。
 --------------------------------------------------------------------------------
位置情報大学進学をあきらめない!受験勉強サポート奨学金にご協力をお願いします!
 --------------------------------------------------------------------------------
コロナウィルスの影響で、多くの子育て家庭の家計が急変しました。
「大学進学は無理ではないか?」と不安になる高校生がいます。
進学の前に、受験勉強を続けるのが難しいのです。
塾や予備校に通うための何十万円というお金ではなく、模擬試験や英検の受験料、問題集や
参考書の費用など、あと数万円、受験のために使えるお金があれば、受験勉強は続けられます。
大学受験をあきらめれば、その影響は一生続きます。
高校生の希望をつなぐために、ぜひあなたの協力が必要です。

一人でも多くの高校生を応援するために、ご寄付のご協力何とぞよろしくお願いいたします。
(寄付受付期間:2020年07月31日まで

かわいい寄付方法など詳しくはWEBサイトをご覧ください。
https://congrant.com/project/kdfund/1709?fbclid=IwAR2gWYptpcvxDUrR-YyRaC3_lGW4xoCs9IDOljtChrlm4zPk_K4XYwERw1k

<寄付への問い合わせ>
認定NPO法人キッズドア基金
メール fund☆kidsdoor.net(☆を@に変えて)
電 話 03-5244-9993

<学習会・ボランティアへのお問合せ>
NPO法人キッズドア 東北事業部
電 話  022-354-1157
2020年06月21日(Sun) 県庁18階「レストランぴぁ」元気に営業中!作り立て持ち帰り弁当も魅力!<食べて福祉事業所を応援しよう!>


スタッフの小田嶋です。
仙台市内のレストランやカフェ、出張販売を行う福祉事業所は、新型コロナウイルスによる営業休止や客足の減少、イベント・出張販売がなくなった影響で、大きな打撃を受けています。

「社会福祉法人 仙萩の杜」が運営する「レストランぴぁ」は、県庁18階にある、誰でも利用できるレストランです。
仙台の街を眺めながら疲れを癒し、のんびり食事を楽しめます。


ぴぁ.jpg
▲写真提供:レストランぴぁ

しかし現在、新型コロナウィルスの影響により、客足は以前の3割まで落ち込んでいるそうです。
お話しをお伺いした、レストランぴぁの佐藤さんは、
「密を避けるため店内レイアウトを変更したり、持ち帰り弁当の販売を始めたりと、
工夫を凝らし営業を続けていますが、依然として客足は以前に比べ閑散としている」と話します。
そんな中でもレストランを利用する県庁職員の方たちからは励ましの言葉をかけてもらい、励みになっているとのことでした。

ひらめきここで、提供をはじめたシェフ作り立ての持ち帰り弁当の情報をご紹介します!
予約すれば15時30分までお渡し可能るんるん
以下の2種類を提供しています! ぴかぴか(新しい)

かわいいシェフの日替わり弁当(520円)
かわいいカレーライス(540円)

ぴぁ2.jpg
▲予約すればあたたかい出来立てを味わえます!

宮城県庁にお立ち寄りの際は、ゆっくり街を眺めながらレストランでのお食事か、
出来立ての味をテイクアウトで楽しんでみてはいかがでしょうか?

<お問合せ>
レストランぴぁ
営業時間:平日11:30〜16:00(土日はお休み)
電話:022-398-9311
FAX:022-398-9312
mail:peer-18☆hyper.ocn.ne.jp(☆を@に変えて)
2020年06月18日(Thu) 7/21 緊急開催<NPO法人のための持続化給付金申請ポイント講座>NPO 法人の代表者、役員、スタッフ向け


こんにちは。スタッフの小林です。

みやぎNPOプラザより、NPO法人のための持続化給付金申請ポイント講座のお知らせをいただきましたので、ご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
7/21緊急開催!!
NPO法人のための持続化給付金 申請ポイント講座
----------------------------------------------------------------------


持続化給付金申請講座.jpg

以下、概要

確定申告をしていないNPO法人でも申請できる特例があります!!
新型コロナウイルス感染症拡大の影響による事業の中止や延期等により、県内の NPO 法人にも運営面や資金面に影響がでています。このような中、事業の継続を支えるために支給される「持続化給付金」の申請が始まりました。
感染症拡大の影響により月間収入が前年同月比で50 %以上減少した場合、NPO法人でも申請できる特例があります。
しかし、寄付金や助成金、会費や非収益事業の事業収益についてどのように扱えばよいか、また、確定申告をしていない NPO 法人の場合、どのような書類を添付 すればよいのか…など、戸惑うこともあるのではないでしょうか。
申請に向けて疑問点や不明点を解消するために、是非、この機会をご活用ください

■講座内容
・持続化給付金とは
・ NPO 法人等の特例について
・支給対象、給付の要件
・支給金額計算方法
・ NPO 法人が申請する場合の必要書類
・支給された場合の給付金の会計処理
※本講座では、NPO 法人が申請する場合の基本情報を解説します。実際の申請に関しては、国等が設けている専用相談窓口にお問い合わせください。

■講座概要
・日時:7 月 21 日(火)1 4:0 0 〜 16:0 0
・会場:みやぎNPOプラザ 第 1 会議室
・7定員:15 名
・参加費:1,000 円 税込
・対象:NPO 法人の代表者、役員、スタッフなど
・持参物:筆記用具
・参加申込書をご記入の上、下記連絡先まで。
 FAX、メールにてお申し込みください 。電話での申し込みも受付いたします 。
 NPO法人のための持続化給付金申請ポイント講座 申込書.pdf

■講師紹介
平野由紀子さん(税理士 、行政書士、東北税理士会仙台北支部所属)
NPO会計税務専門家ネットワークのメンバー。
NPO会計において宮城県では先駆的、且つ積極的存在。介護事業などを行っている NPO のアドバイザーも務め、 NPO 会計の実務的相談にも応じている。
現在は、不動産活用としての高齢者向住宅の紹介や運営主体とのコーディネート等、「豊かな老後」「本当の幸せ」をキーワードに、社会福祉に寄与する活動を模索している。

■主催:宮城県みやぎNPO プラザ
■企画・実施:特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる

位置情報お申込み・お問合せ≫
みやぎNP Oプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
Email:npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えて)
URL:http s ://www.miyagi npo.gr.jp/

2020年06月14日(Sun) 7/20〆切<コロナで苦境の映画配給会社と映画撮影地を応援しよう!>寄付の返礼にロケ地特産品


スタッフの小田嶋です。

本日は、『「コロナ」に負けるな!緊急にJSN(正式名称:協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワーク)と映画撮影地を応援する会』の取り組みについて、ご紹介いたします。

-----------------------------------------------------------
「コロナ」に負けるな!緊急にJSNと映画撮影地を応援する会
-----------------------------------------------------------


協同組合ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(略称JSN)は映画の製作と上映を通しての「地域社会と家族の再生」を願い、全国12の配給会社が加盟する組織です。
東日本大震災の被災地である石巻を舞台に製作し、全国850ヶ所で上映された、「エクレール・お菓子放浪」をはじめ、心温まる映画を製作・配給してきました。

最新作「あの日のオルガン」も、全国の多くの支援から完成し、引きつがれた上映運動により、
今年の夏に上映のピークを迎えようとしていた最中、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全ての上映中止が決まりました。

お話しを伺った、JSNに加盟するシネマとうほく代表取締役の鳥居明夫さんは
「多くの人の賛同を得て上映までたどり着いた夢を阻まれた上、会社存続の危機にも見舞われた」と苦境に陥った状況を話します。

支援の声を上げたのは周りの人たちでした。
「社会的に意義のある活動を続けてきたJSNをつぶしてはならない」
支援の輪は広がり続けています。



その1.jpg

その2.jpg

その3.jpg

その4.jpg


※この取り組みは、寄付を募り加盟社の存続資金などに充てることに加え、
返礼品として映画ロケ地の特産品を購入し、寄付者に届けるというものです。
寄付をしてもらうだけでなく、撮影地も元気にできればという思いが込められています。


満月支援方法
一口5,000円の支援金をお願いいたします。
◆ご支援金のお礼として、それぞれの映画撮影地の特産品を4品お送りいたします。
◆ご支援いただいた団体名・個人名は、JSNホームページ上でご紹介させていただきます。
◆お礼の品の代金と、送料等を差し引いた金額は、JSNに支援金として届けます。
支援に関して詳しくはHPをご覧ください。


ご支援金お申込フォームはこちら≫≫≫


満月応募締め切り
7月20日まで


位置情報お問合せ
「コロナ」に負けるな!緊急にJSNと映画撮影地を応援する会 事務局
〒980-0014仙台市青葉区本町2-17-2ラ・セーヌビル3F シネマとうほく内
TEL 022-225-0986
支援に関する問い合わせフォームはこちら
2020年06月12日(Fri) 6/13配信!<公開取材vol.フードバンクの支援現場から>TOHOKU360


TOHOKU360からお知らせです。
地域課題の解決に取り組む人のお話を、オンラインで聞くことができます。
YouTubeの生配信ですので、視聴者の皆さんはコメントを残すこともできますよ。
以下、概要です。

102412045_1594176004072857_4726021051329649996_o.jpg
提供:TOHOKU360

TOHOKU360では地域の問題に向き合い考えるために、記者が地域課題に向き合う人を取材する過程を公開する「公開取材」番組を今年度から試験的にスタートします。

初回は新型コロナウイルスの影響でも支援ニーズが高まっている「フードバンク」の活動について、フードバンク仙台代表の小椋亘さんに支援現場の現状と課題、そして私たちができることについてお話を伺います。

番組は30分程度を予定し、YouTubeからコメントで番組に参加できます。
ぜひ小椋さんに聞きたい質問があれば一緒に「取材」しましょう!

-----------------------------------------------------------
【地域の問題をみんなで考えるオンライン配信番組】
vol.フードバンクの支援現場から
-----------------------------------------------------------
ゲスト:小椋亘(フードバンク仙台代表)
取材者:安藤歩美(TOHOKU360編集長)
日時:6/13(土)19:00〜19:30
配信:https://youtu.be/fhwZ6tmSdL4

【ゲストプロフィール】
小椋 亘(おぐら わたる)
1982年仙台市生まれ、仙台市育ち。
2007年〜県内初の障がい種別を越えたネットワーク「 みやぎアピール大行動」の事務局を担当、2013年、東日本大震災以降「被災地障がい者センターみやぎ」の事務局を担い、述べ1,500名へ支援した。 2016年4月施行の仙台市障害者差別禁止条例の制定運動団体「 条例の会仙台」の事務局を担当。2017年4月〜NPO法人 ふうどばんく東北AGAINで活動(5月に就労サポートセンターあがいんを開設)。
2020年5月〜「フードバンク仙台」を設立し代表に就任。

【聞き手】
安藤 歩美(あんどう あゆみ)
1987年千葉県生まれ。東京大学公共政策大学院修了後、産経新聞記者として宮城県で被災地の復興を取材。独立後、数々のYahoo!トピックス記事を執筆。2016年に東北に住む人みんなで東北の今を伝えるニュースサイト「TOHOKU360」を創設、代表・編集長。NHKラジオ第一「ゴジだっちゃ!」木曜パーソナリティー。※TOHOKU360サイトより

※TOHOKU360とは、東北のいまを東北に住むみんなの手で世界に伝える、参加型のニュースサイトです。

企画:TOHOKU360(tohoku360.com
協力:仙台市市民活動サポートセンター(https://sapo-sen.jp/


ひらめき詳しいイベント概要はこちらからご覧ください
2020年06月12日(Fri) 【第2版のご案内】新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック_0529版


特定非営利活動法人(認定NPO法人)全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(略称:JVOAD)は、災害時においても、すべての市民が多様性を認めあって支えあい、尊厳のある生活が守られる社会を目指し、災害時には支援者間の連携を促進し、支援の調整を行っている団体です。平時には災害に備え、多様な担い手とともに啓発・理解促進、政策提言などを行っています。


---------------------------------------------
新型コロナウイルス
避難生活お役立ちサポートブック_0529版
---------------------------------------------


避難生活お役立ちサポートブック2版.jpg


以下、概要です。

前回、サポセンブログでもご紹介した第1版(2020年5月11日発行)につづき、
JVOADの避難生活改善に関する専門委員会により、5月29日発行の第2版「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」がまとめられましたので、ご案内いたします。

このサポートブックは、避難生活を余儀なくされた場合、新型コロナウイルスを始めとする感染症の予防や蔓延防止のために、『知っていれば、誰でもできるちょっとした配慮』を分かりやすくまとめたものです。

第1版との違いが分かるように、表紙の色が水色からスカイブルーに変更されました。
主に第1版から変更や追加された項目については、こちらからご確認ください。

新型コロナウイルス_避難生活お役立ちサポートブック_0529版

ひらめき今後も随時更新予定です。
本サイトの『ガイドライン』に常時掲載されておりますので、
ぜひご活用ください。


位置情報特定非営利活動法人(認定NPO法人) 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル267-B
TEL:080-5961-9213
問合せフォームはこちら
2020年06月12日(Fri) 6/17参加表明〆切<子供たちの心身の健全な発達のための子どもの自然体験活動推進事業>文部科学省


文部科学省より小学生や中学生を対象とした自然の中での体験活動などを行う団体へ委託団体募集のお知らせが届きました。
以下、概要を抜粋します。

--------------------------------------------------------------
子供たちの心身の健全な発達のための
子供の自然体験活動推進事業

--------------------------------------------------------------


<事業趣旨>
今般の新型コロナウイルス感染症の影響による屋外での活動の減少や未知の感染症に対する不安感などは、子供たちの成長にとって良くない影響を及ぼす恐れがある。
よって、本事業において、各地域の感染状況及び感染防止に十分留意した上で、自然の中での体験活動を充実する取組を全国的に展開することで、子供たちを取り巻く環境に生じている閉塞感を打破するとともに、子供たちの元気を取り戻し健やかな成長を図る。

<事業の内容>
「子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業」委託要項に基づき、以下の事業を実施する。
(1)実施時期等
子供たちが参加しやすい時期(例:学校の長期休業期間、土・日曜日、祝日)に事業を実施するものとする。なお、当該地域で学校の再開が見込まれている時期であることが望ましい。
(2)実施頻度について
多くの子供たちが本事業に参加することができるように、複数回の開催を行うこととする。

<委託対象となる事業>
近隣地域の自然(屋外)環境を有するエリア(例:山岳・山麓・河川・湖・海浜・公園(自然環境を有する)等)を中心としたプログラムを行うこととする。
【参考プログラム例】
●登山 ●ハイキング ●カヤック ●シュノーケリング ●野外炊事 ●図鑑を使った星空・動植物観察 ●農山漁村地域の特性を活かした体験活動 など

(参加対象者)
全国の小学生、中学生とする。なお、事業実施の際には、会員に限定せず、広く募集を行うよう留意すること。


<委託団体>
自然体験活動実施のノウハウや指導者等を有し、全国規模又は地域規模の取組を企画、実施できる団体を委託先とする。
なお、全国組織を持つ団体については、中央組織が一括で委託することが望ましい。

(1)法人格を有する団体
公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人、特定非営利活動法人 等

(2)法人格を有しないが、次の@からCまでの要件を全て満たす任意団体
@定款、寄付行為又はこれらに類する規約等を有すること
A団体等の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
B自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
C団体等の本拠としての事務所を有すること
なお、関係者による協議会を立ち上げ、当該協議会を任意団体とすることを妨げないものとする。
例)青少年教育関係者、学校教育関係者、自治体関係者、青少年教育に関する有識者等によって構成される協議会

<委託期間>
本事業の委託期間は、委託を受けた日から同年度の3月末日までとする。
なお、規定する日が祝休日の場合は直前の平日とする。

<委託費>
文部科学省は、事業計画の規模、内容等を勘案し、予算の範囲内で事業に要する経費(諸謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、借損料、会議費、人件費、雑役務費、保険料、一般管理費)を委託費として支出する。

<詳細について>
委託に関する詳細は「子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業」より「委託要項」「公募要項」をご覧ください。
※各項目をクリックするとファイルがダウンロードされることがあります。

<応募方法(参加表明の提出)>
令和2年617日(水)17時までに担当までFAXまたはEmailなどにより申し込みを行う。必要な公募要領等はこちらからダウンロード
FAX:03-6734-3718
E-mail:seisyone-jigyou☆mext.go.jp(☆を@に変えて)

<企画提案書の提出>
企画提案書の提出期限等
提出期限:令和2年624日(水)15時必着※郵送等は当日必着
提出書類はこちらからダウンロード。

提 出 先:〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3−2−2
文部科学省総合教育政策局地域学習推進課青少年教育室 担当 山本・鈴木

【本件担当、連絡先】
住 所:〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3−2−2
担 当:文部科学省総合教育政策局地域学習推進課青少年教育室 担当 山本・鈴木
電 話:03-5253-4111(代)(内線2971)
FAX:03-6734-3718
E-mail:seisyone-jigyou☆mext.go.jp(☆を@に変えて)
2020年06月09日(Tue) 「今の気持ちを吐き出そう」子育てサポート楽っこが活動を再開しました!


こんにちは、スタッフの松村です。
子育てサポート楽っこが、6月から活動を再開しました。
子育てサポート楽っこは、現役子育て中の母親たちが「子育てしている人をもっと楽にしたい」と活動しています。市内3カ所の公共施設で、子育て講座や少人数での相談会を実施しています。
メンバーの中には、知的障がい者(児)施設に勤めていたことがある福祉や保育の専門家もいますよ。
「うちの子、言うことを聞いてくれないし、待てない…」
「周囲の子と比べておとなし過ぎるんじゃないか」
「授業中落ち着かない」
「ちょっとみんなと違う。発達障害かしら…」
様々な悩みに寄り添います。

a.jpg
▲2019年の様子

新型コロナウイルス感染拡大以降、マスクの無料配布や販売、オンラインによる相談など新しいカタチを模索しながら、子育てに悩む親たちを応援する活動を継続しています。

以下、ご案内です。


晴れ6月の子育て講座

テーマは「今の気持ちを吐き出そう」

誰にとっても初めてとなった外出自粛。
いろんな気持ちが溜まっていることと思います。
気持ちを外に出してこころを軽くしていきましょう!

※6月の講座は状況によって、変更・中止になる可能性があることをご了承ください。
※6月は申し込み制にいたします。日程の下の注意事項をよくお読みになってご参加ください。
1
日時:6/16(火) 10:10〜11:40
(申し込み締め切り 6/14, 14:00)
会場:落合市民センター  和室2
2
日時:6/24(水) 10:10〜11:40
会場:広瀬市民センター  和室1

対象:乳児から中学生までの保護者、または保育者
参加費:初回無料 2回目以降 300円

注意事項:申込み制です。
前日(前日が月曜日の場合は前々日の日曜日)の14:00までに公式LINEアカウント、
または、直接メールにてお申し込みください。

参加の旨と、お子様連れかどうかをご連絡ください。
キャンセルも前日14:00までにお願いします。
詳しくはブログをご覧ください

かわいい6月のマーブル
1
日時:6月10日(水)10:00∼12:00
会場:水の森市民センター 和室2
2
日時:6月26日(金)10:00∼12:00
会場:落合市民センター 和室2

※お好きな日にお越しください。月に何度でもOK。

参加費:1回につき500円
※申し込みが必要です。
※申し込み多数の場合は人数制限する場合もあります。

定員:各日3名程度までを予定しています。
※しばらくの間、お子様連れは各日先着1組までとさせていただきます。
(託児スタッフの確保が難しいため)

内容:マーブルは、少人数でじっくりお話していただける場となっています。
なんだか子育てしんどいな、どこから手をつけたらいいんだろう、
子どものことどう受け止めたらいいんだろう、生きづらい自分がいるな、等々、
悩みに大きいも小さいもないので、どんなことでも一人で抱えないで
お話ししてくださいね。

まずは気持ちを言葉にすること。涙もいっぱい流すこと。
どんな気持ちもスタッフが耳を傾け、受け止めます。
安心してお越しください。


マーブル茶話会
マーブル参加者が交流できる茶話会です。
・6月11日(木) 折立市民センター 和室2 10:00∼12:00


オンラインマーブル(ZOOM)
・6月21日(日) 10:30∼11:50

詳しくはブログをご覧ください

ひらめきご注意ください
・6月はお子様連れは各回、先着1組までとなります。
(子守りボランティアが確保できないためが難しいため)
・参加の旨と、お子様連れかどうかをご連絡ください。
 キャンセルも前日14:00までにお願いします。
・マスクの着用(手作りでもOK)をお願いします。
 マスクが無い方には手作り布マスクをお配りします。
 申し込みの際、マスクが欲しい旨をお伝えください。
・お飲み物・筆記用具は各自持参をお願いします。
・市民センター出入りの際は、手指を消毒してください。
・体調が悪い場合は参加はご遠慮ください。 
※こまめに換気をしながら行います。

スタッフも検温し体調を整えて臨みたいと思います。

るんるんお申込み
racconic14☆gmail.com(☆を@に変えて)
LINE公式アカウント
ホームページ

2020年06月06日(Sat) 弁護士によるDV・離婚・ハラスメント無料電話相談を実施中<仙台弁護士会>


スタッフの小田嶋です。

新型コロナウイルスの影響で、日常の行動が制限されたり、休業要請による収入減や失業が増えているといった状況の中で、パートナー間でのDV(ドメスティック・バイオレンス)やハラスメントなどに関する問題が増えています。
仙台弁護士会は、これらの問題を受けて、無料の電話相談を受け付けています。


以下、概要です。
-------------------------------------------------------
弁護士による無料電話相談
DV・離婚・ハラスメント ホットライン開設のお知らせ
-------------------------------------------------------


DV(ドメスティック・バイオレンス)や離婚問題、ハラスメント問題に詳しい弁護士が、対処の方法や正しい法律知識を提供し、適切なアドバイスを行います。

●開設日時:毎週木曜日,午前10時から午後2時まで
●電  話:022-263-3806
●相 談 料 : 無料(電話料金のみご負担ください)

DVホットライン.jpg

位置情報お問い合せ
仙台弁護士会
仙台市青葉区一番町二丁目9 番18 号
TEL:022-223-1001

2020年06月05日(Fri) 6/7(日)特別番組放送!「ラジオDEとっておきの音楽祭〜今だからこそ 音楽のチカラ〜」


スタッフの菅野です。
毎年6月の第1日曜日に開催されている「とっておきの音楽祭」。
障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。

今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、残念ながら中止となりました。
寂しいな、と思っていたところに、実行委員会さんからお知らせをいただきましたので、みなさまにもお知らせいたします。

今年の音楽祭当日であった6月7日(日)に、宮城県内のコミュニティラジオの協力により

特別番組
ラジオDEとっておきの音楽祭
〜今だからこそ 音楽のチカラ〜


が放送されるとのことです。

「とっておきの音楽祭」は、心のバリアだけではなく建物のバリアも取り払い、商店街、公園、ビル前など街の中にステージが点在しています。
この番組では、コミュニティラジオ各局をステージに見立てて、街中のステージを巡るように局を行き来して楽しむことができます。
全国のコミュニティFMをネット配信する「ListenRadio(リスラジ)」で「ラジオ3」を聴くことができますので、宮城県以外の方もぜひ「とっておきの音楽祭」を楽しんでください。

詳細やタイムテーブルは「とっておきの音楽祭」のホームページで確認できます。
とっておきの音楽祭

今年はラジオで楽しみましょう!
そして、来年はまた街中に音楽と笑顔があふれますように。


特別番組
ラジオDEとっておきの音楽祭〜今だからこそ 音楽のチカラ〜

放送日 :2020年6月7日(日)
放送時間:12:30〜15:30
タイムテーブルなど詳細は「とっておきの音楽祭」ホームページをご確認ください

写真2_19totte0602_6480.jpg
▲昨年の「とっておきの音楽祭」フィナーレの様子(とっておきの音楽祭実行委員会提供)

| 次へ