CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【3.11】震災復興支援活動情報サポセンかわら版 | Main | 図書コーナーより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年11月28日(Thu) 東北の発信者たちに出会う<仙台メディアフェスティバルに参加してきました>


こんにちは。スタッフの松村です。
11月23日、フォーラスの8階にあるコワーキングスペースTAGEにて、「仙台メディアフェスティバル」が開かれました。

仙台を拠点に活動するwebメディア、漫画家、小説家、ご当地キャラクター、個人メディア、ラジオ、マスメディアなどの発信者たちが集まる祭典で、活動紹介ブースやトークイベントで賑わいました。
主催は、TOHOKU360。東北のいまを東北に住むみんなの手で世界に伝える、参加型のニュースサイトを運営しています。

b.jpg
▲トークイベントにて。
杉尾宗紀様(NHKアナウンサー)が、災害時の経験からマスメディアとローカルメディアの連携の大切さをお話していました。

d.jpg
▲小説家の根本聡一郎さんと詩人の武田こうじさんの対談にて。
市民が自由に社会に発信できる時代ですが、炎上など表現に不自由を感じることがないでしょうか。
根本さんの「黙らざるを得ない状況、言葉を発しにくい状況を作っているのは、互いの言葉や発信内容を攻撃する私たち自身なのでは」というお話が印象に残りました。「使うことを抑制された言葉」が、根本さんの作品のモチーフになっているそうです。
「一人ひとりの言葉は、正しいか正しくないかだけで判断されるものばかりではないはずなのに…」という武田さんの言葉もまた刺さりました。


さて、ささやかにサポセンもブースを出展してきましたよ。
市民活動を応援したり、地域のために何か始めたいと思いを持つ方々の背中を押したりしたい!と、毎月発行している機関紙「ぱれっと」の紹介を通じて、仙台の市民活動や協働によるまちづくり事例を発信してきました。
また、普段から情報発信を一緒にしている市民ライターさんの存在をPRしてきました。

a.jpg
▲「ぱれっと」をデザインをているPEACE Inc.さんが
サポセン20周年を記念して作ってくれたポスターも一緒に展示してきました。

c.jpg

出展者同士ここぞとばかりに積極的に交流する姿に、「さすが日頃から情報収集と発信をしている人たちだ…」と感じ、負じと私もひとつひとつのブースに声をかけました。

サポセンの存在も、市民活動という言葉も知らないけれど媒体に興味をもってくださる方々がたくさんいました。もっと積極的に外に(畑違いの場所には特に)出て届けなければ〜、と感じた1日でした。






2019年11月23日(Sat) 11/23(土)24(日)グラデーションマーケット開催中!

スタッフの太田です。

街中の音楽祭としておなじみの「とっておきの音楽祭」がおくる、パフォーマンス&コミュニケーションのわくわく市場「グラデーションマーケット」がサポセンで開催中です。

DSC00396.JPG

1Fマチノワひろば、地下1F市民活動シアターでは、様々なLIVE、パフォーマンス、ワークショップが開催されています。
DSC00397.JPG
▲11/23(土)マチノワひろばで開催されたミニLIVE「荒川知子ファミリーアンサンブル」の様子

6Fセミナーホールで開かれているのは、「おしゃべりもおいしい食堂」。
作業所や施設で作られているアクセサリーやお菓子、小物などの販売ブースが出店されています。

DSC00389.JPG
▲「ぶるー・びー」さんのアクセサリー(24日も出店)

DSC00390.JPG
▲「あいの郷」さんのパンとお菓子(24日も出店)

DSC00392.JPG
▲さをり織りの商品などが並ぶ「工房すぴか」さんのブース(24日も出店)

DSC00394.JPG
▲「MOOTO」さんのブースでは体組成分析など健康チェックができます(24日も出店)

DSC00393.JPG
▲「クラフト工房なでしこ」さんの小物(残念ながら23日のみ出店)

24日はさらに3F、4Fも含めた全館イベントとなりますので、ぜひ足をお運びください。

グラデーションマーケット
主催:特定非営利活動法人とっておきの音楽祭
共催:仙台市市民活動サポートセンター
運営:とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI

詳しくはこちらをご覧ください。
http://totteokino-ongakusai.jp/gm.html
2019年09月03日(Tue) マチノワひろばに巨大いのしし出現中!


スタッフの太田です。

サポセン1階のマチノワひろばに、巨大いのししが出現中です!

sendaiwara.JPG

こちらの「いのししわらアート」は、9月15日(日)から「せんだい農業園芸センター」で開催される「2019せんだいわらアート」(主催:仙台わらアート実行委員会 協力:一般社団法人ReRoots)を紹介するために展示されています。
せんだいわらアートは、仙台市沿岸部の津波被災地で採れたお米の稲わらを使い、復興のシンボルとして制作されています。

いのししのリアルな毛並みは、若林区の七郷小学校の児童のみなさんが育てた稲わらで作られているとのこと。作成風景などは一般社団法人ReRootsのブログで紹介されています。→こちら

サポセンでの展示が始まってから、一緒に写真を撮る方もたくさんいらっしゃいますが、この人気者の「いのしし」がサポセンにいるのは、9月10日(火)までです。
残り1週間ですが、ぜひ、見に来てくださいね。

※9月15日(日)からは、「2019せんだいわらアート」の会場で、他のわらアートたちと一緒に展示されます。




2019年09月02日(Mon) C『プラスチックごみ 編』/ワケル君バスで行く!環境施設見学ツアー


皆さん、こんにちは。
スタッフの水原です。

杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)主催の環境施設見学ツアーを全4回シリーズでお伝えしてまいりました。

おまたせしました、最終回です!
前回の、B『堆肥化センター 編』につづき、
今回は、C『プラスチックごみ 編』です。


帰路、バスの中でプラスチックごみのお話がありました。
プラスチックは石油、炭酸ガス、工業用の塩から作られているそうですが、焼却しても塩素だけは分解が出来ず、焼却灰を通って出てくる水は、しょっぱいのだそうです。埋立処理場の説明でも記載しましたが、この水は南蒲生浄水場にパイプで送られます。

また、埋立処理場の排ガス中和のために、消石灰が大量に使われているそうですが、そこからもナトリウムや塩素が出てきます。埋立地の課題はこの、ナトリウムと塩素だとのことでした。

南蒲生浄水場にパイプで送られた塩水は、海と同じ濃度となって、最後は海洋投棄されるそうです。

そして、海のプラスチックごみ問題の取り組みについても、職員の方からお話がありました。
日本はプラスチック製品の生産量が世界で3位以内に入る国です。2019年6月に大阪で開催されたG20でも、この海洋プラスチックごみ、マイクロプラスチックごみについて、主要テーマの1つとして話し合われました。

【参考】
G20 海洋プラスチックごみ対策実施枠組
https://www.g20.org/pdf/documents/jp/annex_14.pdf


◆海洋プラスチックごみとは

様々な経路で海にはプラスチックごみが流れ込んできます。
環境中に投棄、または流出したプラスチックごみは、最終的に海に流れこみますし、海に流れ込んだり投棄されたプラスチックは波や紫外線の影響を受けて、小さなプラスチック粒子となります。
こうして、直径5mm以下になったプラスチックをマイクロプラスチックといいます。マイクロプラスチックは、これ以外にも、プラスチック原料であるレジンペレット、歯磨き粉や洗顔料にスクラブ剤として使われてきたプラスチック粒子なども含まれます。このマイクロプラスチックは食物連鎖を通じて多くの生物に取り込まれています。
※マイクロプラスチックについては、人を含む生物にどのような影響を及ぼすのか、詳しいことはまだ明らかにされていません。

DSC00312 (800x600).jpg
右向き三角1学生系環境団体 海辺のたからもの (2019年9月ぱれっと掲載)からご提供いただいた、海洋プラスチックごみのサンプル。左は、クッションなどに入っているマイクロビーズのサンプル。真ん中は、仙台市若林区荒浜海岸で大量に採取されたマイクロプラスチック、右はプラスチック製品の元になるペレット。
〈2019/10/7追記:真ん中のマイクロプラスチックと思われた粒子は、プラスチックでは無いと判明、何の物質か今のところ不明〉

【参考】
海辺のたからもので拡散している、荒浜海岸のマイクロプラスチックごみの様子
https://twitter.com/umibenotakaramo/status/1146011933142732801


今回、環境施設見学ツアーに参加してみて、一言で、「ごみ」といっても、資源物になる、紙、缶・ビン・ペットボトル、プラスチック、堆肥になる生ごみ、焼却される家庭ごみ等があり様々です。
私達は、毎日の生活の中で、この分別と付き合っています。先ずは、生活の中で出来ることを改めて見直す。食品ロス削減のため、買い物の仕方を気をつけたり、冷蔵庫をチェックしたり、生ごみの水気を切ったり。家庭ごみの中に資源ごみを混ぜてしまわないように気をつけたり。ごみのことを改めて考える機会になります。

仙台市には、様々な環境施設見学ツアーがあります。
皆さんも、参加してみてはいかがでしょうか?

位置情報ワケルネット・環境学習支援ページ
https://www.gomi100.com/3r/ecoevent/000510.php


image4.jpeg
右向き三角1帰ってゆくワケル君バス。ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
2019年08月31日(Sat) B『堆肥化センター 編』/ワケル君バスで行く!環境施設見学ツアー


最近、度々登場しております、スタッフの水原です。

杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)主催の環境施設見学ツアーを、全4回のシリーズで掲載しております。

前回のA『埋立処理場 編』につづきまして、
今回は、B『堆肥化センター 編』です!


石積埋立処理場隣接の、仙台市堆肥化センターを見学しました。

image7.jpeg
右向き三角1仙台市堆肥化センターの建物

仙台市内の小・中学校から、1日3tもの給食の残飯が運ばれてくるそうです。人気のある給食メニューの時は残飯が少ないのだとか。

image8.jpeg
右向き三角1職員の方から説明を受けました

image9.jpeg
右向き三角1100mのベルトコンベアーで、生ごみを乾燥させます。

カラッカラに乾燥させた生ごみを粉砕し粉にします。そこに、水分調整のため、仙台市内の公園で出た間伐木材をチップにして混ぜます。

また、仙台市内には汲取式トイレが3%あり、そこから出た屎尿は一旦、南蒲生浄化センターで泥状にしてから、堆肥センターに運び込まれ乾燥させ、堆肥に混ぜられます。

image10.jpeg
右向き三角1お土産に堆肥を1袋いただきました♪

この堆肥は、販売はしていません。仙台市内の公園の保全に使われたり、申込みがあれば町内会に配られたり、区民まつり等で無料で配られたりしています。

image1.jpeg
右向き三角1堆肥センター前の花壇には、しそ、ネギ、明日葉、ひまわり等が植えられていました。この花壇の植物たちにも、センターの堆肥が使われていたそうですが、あまりに大きくなるため、いまは堆肥投入はお休みしているそうです。


次回は、C『プラスチックごみ 編』をお伝えして、最終回となります☆
お見逃しなく!

2019年08月30日(Fri) A『埋立処理場 編』/ワケル君バスで行く!環境施設見学ツアー


皆さん、こんにちは。
サポセンスタッフの水原です。

杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)主催の環境施設見学ツアーを、全4回のシリーズとしてブログに掲載しております。

前回の、@『ごみの分別 編』につづきまして、

いよいよ石積埋立処分場に到着です!!

image12.jpeg
右向き三角1職員の方から石積埋立処理場の説明を受けました

image4.jpeg
右向き三角1石積埋立処理場のジオラマ

ごみから出た汚水が地下水に流れ込まないように、土の上にゴムシートを貼り、その上に砂、そして焼却され灰となったごみ、と交互に埋め立てていきます。埋立地から出た水は、埋立地の底からパイプを通って、一旦、貯水池に貯められ、南蒲生浄化センターにパイプを伸ばして送られています。

image5.jpeg
右向き三角1実際の埋立処理場を上から見た様子。埋立処理場を上から見下ろせるように、バスでぐるりと周遊できるのです。

現在、使っている埋立場所は、あと5年で埋立が完了となるそうで、次に埋立処理が始まる場所をまっさらの状態で見学することが出来ました。すり鉢状で、野球場のようです。下から1ブロックが5m、それが5つあるので深さは25mあります。

image6.jpeg
右向き三角1ごみから出てくるガスを逃がすための、排ガスパイプが出ています

この埋立場が一杯になるまでに約20年かかります。この施設があと2つ作られる予定なので、埋立場が一杯になるまでは後60年。60年もある、なのか、60年しか無い、なのか…。

東京都では、もう埋立処理場は作らないことが決まっているそう。ごみを焼却して出た灰を圧縮して固めて、セメントに混ぜたり、道路に混ぜたりしているのだそうです。

次は、石積埋立処理場と隣接している仙台市堆肥化センターを見学します。
堆肥化センターって、何をしているところなのでしょうか…。


環境施設見学ツアーは、全4回のシリーズでお伝えしています。
次回、B『堆肥化センター 編』へとつづきます☆

2019年08月29日(Thu) ジャズフェスのパンフレット配布中です!


こんにちは。サポセンスタッフの松村です。
熱くなったり、涼しくなったりの仙台、体調管理が難しい今日このごろです…

さて、もうすぐ定禅寺ストリートジャズフェスティバルです!
9月7日(土)・8日(日)は仙台の街中が音楽で溢れます。
本日サポセンにも、パンフレットが届きました!
1階でゲットできますので、どうぞご利用下さいませ。

image1.jpeg

市民手作りの市民が主役の祭典です。
今年も楽しみましょうるんるん
2019年08月29日(Thu) @『ごみの分別 編』/ワケル君バスで行く!環境施設見学ツアー


皆さん、こんにちは。
スタッフの水原です。

8月22日、杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)主催の環境施設見学ツアーに参加してきました。

市内の町内会、子ども会、社会学級などの学習グループ等、ごみ減量・リサイクルに関心のある市民を対象に、ごみ減量・リサイクルについていっしょに考えてもらう機会を作ろうと企画されています。
参加人数は約20人。夏休み中ということもあって、小さなお子さんもの参加も多かったです。



◆ツアー行程 ===================
13:00 仙台市役所前を出発
    〜石積埋立処分場・仙台市堆肥化センターを見学〜
15:30 仙台市役所前到着
15:30 解散
================================

image1.jpeg
右向き三角1先ずは、仙台市役所前からワケル君バスに皆で乗車。

image3.jpeg
右向き三角1施設到着まで、紙ごみ、生ごみの分別や処理のコツなど、DVDを見ながら移動します。勿論、解説はワケル君をはじめ、ワケルファミリーの皆さんでしたよ。

仙台市では、市民1人あたり1日30gのごみの減量を目指しています。30gは、卵1個分の重さです。ごみ減量の具体的な方法として、例えば、生ごみの水気をきると約30g減ります。また、今まで、もし再生紙を家庭ごみに入れて捨てていた、牛乳などの紙パックがありましたら、紙パック1g分が30g。これを再生紙として分別すれば、1日分のごみ減量になります。

また、食品ロスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
食品ロスとは、食べられるのに、捨てられてしまう食品のことを言います。
生ごみは、6割が食べ残しだそうです。
「使いきる」「食べきる」「ごみの水気をきる」。この3つの「きる」で生ごみを減量しようとワケルファミリー。
具体的には、買い物をする前に、冷蔵庫の中身を確認して必要なものだけ買うようにしよう、野菜の皮も食べる為にレシピの紹介もありました。

仙台市職員の方や、ワケルファミリーからのごみの啓発講義を受けた後、いよいよ石積埋立処分場に到着です…。
さてどうなっているのでしょう。

【参考】
●ワケルネット 仙台市ごみ減量・リサイクル情報総合サイト
https://www.gomi100.com/

●ワケルネット YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCupwyVDO0sUWzkKrMJecvYQ


環境施設見学ツアーは、全4回のシリーズでお伝えします。
次回、A『埋立処分場 編』へとつづきます☆
2019年07月19日(Fri) 8/8まで<サポセンでも七夕飾り>仙台に夜間中学をつくり育てる会


こんにちは、スタッフの于楽(う らく)です。
今年も、8月6・7・8日に「仙台七夕まつり」が開催されますぴかぴか(新しい)

中国で育って、子どものときから織姫と彦星の伝説を耳にしていた私には、
とても馴染みのあるお祭りです。
特に、仙台では旧暦の7月7日に近い8月の初頭で開催するので、旧暦で祝う母国の七夕を思い出させてくれて、懐かしいです。

ただ、中国では日本のように七夕の飾りを飾らないし、花火も打ち上げません。
この時期になると、花火や吹き流しで美しく彩られる仙台の街を見ることが楽しみになります。今年もあと数週間で七夕まつりを迎えると思うと、とてもわくわくしています。


a.jpg

サポセンでも、1階マチノワひろばに小さな七夕飾りをしていまするんるん
いつもサポセンを利用している「仙台に夜間中学をつくり育てる会」のみなさんが作ってくれたもので、笹に吹き流しなど様々な飾りや、願い事を書いた短冊をつるしています。
七夕まつりの最終日・8月8日まで置きます。

みなさんも、サポセンに来館した際、ぜひ願い事を書いてくださいねひらめき
お待ちしております!
2019年07月11日(Thu) せんだいレインボーDay2019開催!〜にじいろのまちづくり〜マチノワギャラリー


こんにちは。スタッフの鎌田です。
マチノワギャラリーはサポセン正面玄関にある、市民活動やボランティア活動など、
団体の活動をPRできる展示スペースですぴかぴか(新しい)
通りがかりの人やサポセン来館者に皆さんの活動について発信することができます。
今回の展示はこちらです。

----------------------------------------るんるん
せんだいレインボーDay2019開催!
にじいろのまちづくり
るんるん-------------------------------------

多様な性のあり方は、社会に徐々に浸透し社会的にも認知されはじめ、
性的マイノリティ当事者の活動も活性化してきています。
しかし、具体的な施策が展開されたり社会が受容するには市民へのさらなる認知や理解が必要です。
にじいろキャンバスSENDAIは、仙台市と東北HIVコミュニケーションズを中心に構成されています。

せんだいレインボーDay開催をはじめ、にじのたねの発行、にじのひろばの開催、にじいろスピーカー派遣と4つの取り組みから行政や地域の活動を促し、市民の一人ひとりが「多様な性」を自分事としてとらえられるよう活動を行っています。

DSC01590A.jpg
▲絶賛展示中!

展示期間
7月1日(月)〜7月31日(水)
※7月10日(水)、7月24日(水)は休館日ですのでお気をつけください。

出 展 者
にじいろキャンバスSENDAI

ぜひ見に来てください!

かわいい次回の展示内容かわいい
『仙台若者アワード2019』を予定しております。

ひらめき展示団体募集
サポセンではマチノワギャラリーで展示をしてみたい団体さんを募集しています。
ギャラリー貸出期間は1か月単位。
その間搬入出日は自由にご指定いただけます(要事前打ち合わせ)。
お気軽にお問合せください。

電話仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
開館時間 9:00-22:00(月-土) / 9:00-18:00(日・祝日)
TEL 022-212-3010 / FAX 022-268-4042
| 次へ