CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 仙台市からの情報 | Main | 【3.11】復興支援活動団体紹介シートより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年01月23日(Sat) ご自宅で眠っている「はがき」「切手」を寄付してみませんか?<国際協力NGOシャプラニール>


スタッフの小田嶋です。
お正月が過ぎ、あっという間に1月も残りわずかとなりましたが、
ご自宅であまっている年賀状や、書き損じはがき、切手はありませんか?

書き損じはがきや、未使用はがき、切手が国際協力活動への寄付になることをご存じでしょうか?
「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」では、現在、「あなたのはがきが、だれかのために。」キャンペーンを実施しています。
かわいいはがき1枚からできる国際協力に参加してみませんか?

以下、概要です。

NEW_hagaki_cam2020_banner.jpg
キャンペーン詳細はこちらからご覧ください。

---------------------------------------------------------
あなたのはがきが、だれかのために。
2020.12.26〜2021.3.31
お宅で眠っている眠い(睡眠)はがき集めています
---------------------------------------------------------

位置情報キャンペーン概要
国際協力NGOシャプラニールでは「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」を実施しています。届いたはがきは日本で換金したあと、バングラデシュで児童労働に従事する少女たちの支援などシャプラニールの支援活動に役立てます。

位置情報求めているもの(寄付になるもの)
◆未投函の郵便(官製)はがき
◆使わなかった・書き損じた年賀はがき
◆未使用・使用済み切手(1円から寄付になります)

位置情報キャンペーンに参加するには?
<送り方>
封筒などに入れて、当会までお送りください。

1、集める :未投函のはがき、未使用使用済み切手を集める。
2、まとめる:封筒、箱ににまとめて梱包する。
3、送 る :切手を貼って、ポストに投函する。

<送り先>
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2−3−1 シャプラニール
「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」係
※キャンペーン終了後もはがきは通年集めています。上記送り先住所へ送りください。


プレゼントあなたの はがきでできること
他人の家で使用人として働く少女たちが自分の力で未来をきりひらけるように。

バングラデシュには家事使用人として働く少女(18歳未満)が、数十万人以上いると言われています。 彼女たちの多くは一日中働き、学校にも行けません。
シャプラニールは少女たちを対象に、読み書き、性教育、保健衛生などの教育や、雇い主たちが積極的に支援センターに少女を通わせる動機づけとして料理、ミシン、アイロンがけなど家事トレーニングといった支援活動を行っています。 同時に、雇い主への家庭訪問、地域住民への意識啓発、政府への政策提言を行い、児童労働のない社会を目指した活動を行っています。

ひらめき例えば、不要なはがき10枚(約400円相当のご寄付)が、バングラデシュの家事使用人として働く少女たちの文字の読み書きの授業1回分相当の寄付になります。

ひらめき例えば、不要なはがき25枚(約1,000円相当のご寄付)が、バングラデシュの家事使用人として働く少女たちが新しい料理を楽しみながら覚えられる料理教室1回分相当の寄付になります。

リボン「はがき1枚」でもかまいません。どうか皆まさのご協力お願いいたします!ぴかぴか(新しい)

>>>寄付はこちらから

<お問い合わせ>
特定非営利活動法人
シャプラニール=市民による海外協力の会

〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1
TEL:03-3202-7863 / FAX:03-3202-4593
2021年01月12日(Tue) 1/16開催<ウォーキング&野鳥観察ができる!>名取市 冬の野鳥観察会


NPO法人みちのくトレイルクラブより、イベントのお知らせをいただきました。
以下、概要です。


名取市 冬の野鳥観察会

名取トレイルセンターから名取川河口まで歩いて、野鳥を観察します。
日本野鳥の会宮城県支部の方を講師に招き、野鳥について教えてもらいます。
皆で歩きながら、名取トレイルセンター周辺で見られる野鳥を観察しましょう!

魚を捕らえたミサゴ.jpg
家族で飛ぶコハクチョウ.jpg
▲当日見ることができるかもしれない野鳥(上:魚を捕らえたミサゴ 下:家族で飛ぶコハクチョウ)

なお、新型コロナウイルスの感染対策として、当日体調の悪い方のご参加はお控えいただくとともに、マスク着用と手指消毒のご協力をお願いいたします。

■日時
1月16日(土)午前9時〜正午 ※小雨・小雪決行(荒天の場合は中止)
■集合場所
名取市役所正面玄関前(名取市増田柳田80、貸切バスで移動)
■観察場所
名取川河口(名取トレイルセンターから歩いて移動)
■対象
小学生以上(なお、名取市内に在住または通勤・通学している人を優先いたします。)
■定員
20名(先着順)
■参加費
無料
■持ち物
防寒着、飲み物、マスク、双眼鏡(あれば)
■申込・問合せ先
NPO法人みちのくトレイルクラブ
みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター内)※火曜・年末年始休
TEL:022-398-6181
FAX:022-398-6182
MAIL:info★m-tc.org(★を@に変換)
申込の際は、参加を希望するイベント名・氏名・年齢・お住まいの市町村名・電話番号をお知らせください。
詳しくはこちら→https://m-tc.org/news/event/2110/





2021年01月11日(Mon) 2/7開催!『発達障害者はどんな感覚で生活しているの?を知ることができるオンライン・カフェ』


こんにちは、スタッフの舞草です。
発達障害のある人たちにとって住みやすい社会の実現を目指し活動している団体フォーニュ(forneu)より、誰でも参加可能なオンラインイベントのお知らせです。

フォーニュ(forneu)とは、「ニューロダイバーシテイ(脳の多様性)のために」(for neurodiversity)という意味で、社会人や大学生による共同研究会です。

以下、概要です。
ぴかぴか(新しい)----------------目----------------------眼鏡--------------------------喫茶店
発達障害者はどんな感覚で生活しているの?
を知ることができるオンライン・カフェ
--------------ひらめき------------------------耳------------雷---------------かわいい

私たちフォーニュ(forneu)は、発達障害の当事者たちにとって快適な空間と時間を探究しています。
その空間や時間は、もしかすると、障害がない人たちにとっても素敵なものかもしれません。
今回の会合では、発達障害の方に「これが私の感覚世界だ」と伝える内容のプレゼンテーションをしていただいて、みんなで交流を行います。オンラインで開催し、会議用アプリZoomを使用します。「いつも水中にいる気がする」、「もっと細かく説明して欲しい」などの感覚世界が話題になります。
発表を希望する発達障害者の方は、メールでご連絡ください。
当日、会合に参加して試聴したい方は、以下のフォームからお名前と連絡先のメールアドレスを入力してください。

日時:2月7日(日)13時00分〜15時00分
場所:オンライン(Zoom使用)
対象:どなたでも
定員:なし
事前申込:下記フォームよりお申込み下さい
     https://forms.gle/s4DpizjbgjrrfbaF9
 
申込締切:2月4日(木) 以後の対応はできません

入室方法:Zoomへの入室方法は、申込締切ののち、開催日までにメールで連絡いたします
参加費:なし

問い合わせ先:0615mkt★gmail.com 横道誠(★を@に変えて)
公式Twitterアカウント https://twitter.com/forneu_
企画・運営 フォーニュ



2021年01月09日(Sat) 参加者募集!大学・専門学生対象<イッピンハンター>食べ歩きゲーム体験!


こんにちは。スタッフの小林です。
東北被災地の食を応援する団体 U-MY・ONE(ウマイワン)から、お知らせをいただきました。2020年の11月、イッピンハンター食べ歩きゲームで地元の食を応援するイベントに続いて、今回は、大学・専門学校生を限定とした応援プロジェクトだそうです。
以下、概要です。

---------レストランコロナ禍で疲れている大学生応援プロジェクトレストラン---------
食べ歩きゲーム体験!イッピンハンター
大学生対象、地下鉄を使って仲間と逸品探し!in仙台地下鉄東西線

行先を決めるのはサイコロです。地図とコンパスを頼りに、チームで協力しながらミッションをクリアしよう!順位に応じて景品をプレゼント!

132520815_402612274387677_1361327464574057446_n.jpg

2021年1月30日(土)※雨天決行・荒天中止
10:00 START →15:00FINISH

位置情報参加者募集
 ●先着:30名(大学・専門学校生限定)
 ●申込締切:1月28日(木)
 *お一人でも、友達やグループでの参加OKです。
 ●参加費:500円(地下鉄1日乗車券、レクリエーション損害保険料含む)
 *参加費は当日現金にて集めます。
 買物券(金券)2000円相当を贈呈いたしますので、お好きな逸品を自由に購入して下さい。

位置情報ゲームの内容:
チーム毎に仙台駅をスタートし、荒井駅で折り返し、再び仙台駅に戻ってきます。
途中、若林区の色々な地元のお店の逸品を食べ歩きし、ポイントに応じて順位を決めます。

位置情報ゲームのルール:
詳しいルールおよび集合場所等は、お申し込み後追ってお知らせいたします。

 ●持ち物:筆記用具、飲み物、軽装でご参加ください。
 ●集合場所:仙台駅西口バスプール降車場、S‐PAL本館1F前 集合時間9:15

位置情報申し込み方法:QRコードからお申し込みください。電話でのお申し込みも可能です。
*申込締切:1月28日

≪主催≫東北被災地の食を応援する団体 U-MY・ONE(ウマイワン)事務局
ブログ:https://ameblo.jp/u-myonehunter
携帯電話:080-3145-5936 LINE ID:hagagi

*感染予防対策を行った上で実施いたします。
令和2年度 仙台市若林区まちづくり活動助成事業 採択事業

2021年01月06日(Wed) 2021/1/23(土)〜1/26(火)開催<Social Impact Day2020>社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ


こんにちは。スタッフの松村です。
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブから、イベントのお知らせをいただきました。社会課題解決だけでなく課題解決活動による社会価値創造に関心のある団体のみなさまにおすすめです。
以下、概要です。


Social Impact Day2020

2021年1月23日、25日、26日の3日間に、全セッションオンラインにてSocial Impact Day2020を開催致します。各セクターの最先端を走る25名以上のゲストと共に「社会的インパクト」について考える3日間です。
登壇者は、各セクターにおいて最先端の取り組みを試行錯誤を繰り返しながら挑戦してきたトップランナーの方々。事業者(営利・非営利)、資金提供者、中間支援、行政、学術など、様々なセクターのゲストが13以上のテーマにおいて現状や課題、試行錯誤などを参加者と共有しながら、今後の展望、挑戦について語ります。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

バナー画像.png

概要
多様なセクターを超えた協働が生まれ、社会的インパクト・マネジメントの実装により社会課題解決と社会価値創造が行われている未来を目指す。

◆日時:
【プレセッション】2021年1月23日(土)17:00-19:00 プレセッション
【本セッション1日目】2021年1月25日(月)09:00-17:00 オープニング/基調講演/セッション1〜4
【本セッション2日目】2021年1月26日(火)09:00-17:00 セッション5〜9/クロージング

◆場所:オンライン(ZOOM) 
◆定員:300名
◆参加費:
・プレセッション/オープニング/基調講演:無料
・セッション1〜9/クロージング:5,000円

◆特設サイトはこちら
https://social-impact-day-2020.simi.or.jp/#Home

◆参加申し込みはこちら(チケット販売サイト「Doorkeeper」)
https://simi.doorkeeper.jp/events/115058
<キャンセルについて>
キャンセルにつきましては、2021年1月15日までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。


主催・お問合せ先
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ事務局
E-mail:info★simi.or.jp(★を@に変えて)
※お問合せはメールにてお願いします。

パートナー
SIIF(社会変革推進財団)

==================================

詳細
タイムテーブル(予定)

【プレセッション】2021年1月23日(土)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<無料>プレセッション 17:00〜19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『社会的インパクト・マネジメント入門講座』
<内容>
社会的インパクト・マネジメントをこれから学びたい方、Social Impact Dayのセッションでの学びを深めたい方へ!「社会的インパクト・マネジメント(SIM)や社会的インパクト評価という名前を聞いたことがあっても内容はいまいち良く分からない…」や「関心はあるけど実際にどのように自分の現場に活用したら良いか分からない…」という方は、まずはぜひ本セミナーにご参加ください。
本セミナーでは、社会的インパクト・マネジメントとは何かといった基礎的な内容の解説に加え、具体的な事例の紹介を行い、社会的インパクト・マネジメントや事業評価、マネジメントサイクルへの理解を深めることが出来るセッションです。
本セミナーにご参加いただくことで、Social Impact Dayで開催される各セッションの内容がより深く理解できるようになり、またそれをご自身の現場でどのように活用できるのかといった実践的な学びを持ち帰ることが出来ます。「これから社会的インパクト・マネジメントについて学びたい」方や次の日以降のSocial Impact Dayのセッションを更に有意義なものにしたい方にぜひご参加いただきたいセミナーです。(※セミナー内容はこれまでSIMIが実施してきた「社会的インパクト・マネジメント・セミナー入門編(第1回〜第6回)」と同じ内容です)
<講師>
千葉 直紀氏 
一般財団法人 社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 事務局
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役
<事例ゲスト>
・新藤 健太氏
群馬医療福祉大学社会福祉学部 助教
日本社会事業大学社会事業研究所 共同研究員
・大池 絵梨香氏
一般社団法人全国食支援活動協力会


【本セッション1日目】2021年1月25日(月)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<無料>オープニング 09:00〜10:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『なぜ、今、社会的インパクトなのか。〜グローバルな潮流からみる、社会的インパクトへの注目〜』
<内容>
国内外で格差の拡大や気候危機など課題の深刻化が進む一方、持続可能な社会づくりに向けた機運が高まり、民間セクターの役割が注目される中、なぜ社会的インパクトに注目が集まるのか。社会的インパクトを推進することでどのような経済社会が構想されるのか。現在の経済価値では測れない社会的価値をいかに可視化させていくことができるのか。世界の潮流をひもとき、Social Impact Dayを開会します。
<スピーカー>
・渋澤 健氏
コモンズ投信株式会社 取締役会長
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 評議員
・有馬 充美氏
西武鉄道株式会社 社外取締役
株式会社プリンスホテル 社外取締役
・源 由理子氏
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科 教授
<モデレーター>
・今田 克司氏
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 代表理事
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<無料>基調講演 10:10〜11:40
ーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『お金が表す価値を再考する-社会的インパクト・マネジメントがもたらす未来-(英日同時通訳付き※事前録画)』
<内容>
社会的インパクト・マネジメントやインパクト投資、ステークホルダー資本主義等、お金の価値再考と社会的インパクトに関わる新しい流れについてグローバルの動きと日米への示唆を解説します。新たな資本の動きがどのように社会変革を促進するのか、社会的インパクト・マネジメントはどのように機能するのかといった社会的インパクト・マネジメントが牽引する未来について語ります。
<スピーカー>
・Jed Emerson氏 Blended Value 創業者
・銭谷 美幸氏
第一生命ホールディングス(株)経営企画ユニット フェロー
第一生命保険(株)運用企画部 フェロー
<モデレーター>
・伊藤 健氏
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 業務執行理事
特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション1 13:00〜13:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『SDG Impact〜SDGs達成にむけた社会的インパクトの役割〜』
<内容>
達成まで残すところ9年となったSDGs。社会的インパクト・マネジメントの加速によっては持続可能な社会の達成に寄与しようと、国連開発計画(UNDP)では SDG Impact を立ち上げました。SIMI評議員の渋澤氏が運営委員として参加するSDG Impactの動きを紹介し、日本企業やソーシャルセクターがこれにいかに参画できるか議論します。
<スピーカー>
・渋澤 健氏 
コモンズ投信株式会社 取締役会長
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 評議員
<モデレーター>
・今田 克司氏
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 代表理事
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション2 14:00〜14:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『地域における社会的インパクト・マネジメント活用の可能性』
<内容>
社会的インパクト評価はこれまで主に都市部の非営利セクターによる事例が多く見られましたが、休眠預金等の開始により、日本全国の非営利セクターからの注目を集めるようになりました。しかし、その運用、活用方法については発展途上にあります。そこで本セッションでは地域で社会的インパクト評価や社会的インパクト・マネジメントに取り組み中の当事者組織をゲストに招き、地域において効果的に活用するにはどのような方法があるのか、また今後の普及発展における課題についてディスカッションを行います。
<スピーカー>
・山口 美知子氏
公益財団法人東近江三方よし基金 常務理事
<モデレーター>
・源 由理子氏
明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科 教授

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション3 15:00〜15:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『サステナビリティ情報開示を巡る国際動向 ー GRI・SASB・IIRC・CDP・CDSB整合化のゆくえ』
<内容>
企業の社会的・環境的な側面について開示する非財務情報に関しては、長い歴史の中で、国際的に多くのフレームワークや開示基準が提案されてきました。近年では、インパクトマネジメントの文脈でも、評価のmetrics(指標)として注目されています。2020年9月には、代表的なフレームワーク・基準設定機関が共同ステートメントを公表する一方、国際会計基準審議会を設置するIFRS財団が新たにサステナビリティ基準審議会の設置を提案し、11月にはIIRCとSASBが合併計画を発表するなど、大きく動き始めています。本セッションでは、これらの動向と関わりの深いこの分野の専門家を招き、非財務情報開示がどこに向かうのか、議論します。
<スピーカー>
・森 洋一氏
日本公認会計士協会 企業情報開示専門委員会 専門委員長
・冨田 秀実氏
ロイドレジスタージャパン株式会社 代表取締役
・磯貝 友紀氏
PwC Japanグループ サステナビリティ・センター・オブ・エクセレンス テクニカル・リード
PwCあらた有限責任監査法人 パートナー
<モデレーター>
・水口 剛氏
公立大学法人 高崎経済大学経済学部 教授

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション4 16:00〜17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
調整中


【本セッション2日目】2021年1月26日(火)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション5 09:00〜10:20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『社会的インパクト・マネジメントにおけるステークホルダー・エンゲージメント(※英日同時通訳付き)』
<内容>
金融、特にインパクト投資の世界の中で台頭してきた社会的インパクト・マネジメント。グローバルな動きの中では、考えが進化するにつれて、ステークホルダーの巻き込み(エンゲージメント)の重要性に焦点が当たっています。本セッションでは、海外ゲスト2名を交え、投資におけるステークホルダー・エンゲージメントの実像と将来について議論します。
<スピーカー>
・Karim Harji氏
Oxford Impact Measurement Programme (Said Business School, Oxford University)プログラムディレクター
・Sara Olsen氏
Social Value US - SVT Group (Social Venture Technology Group)創業者兼CEO
<モデレーター>
・今田 克司
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 代表理事
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション6 10:30〜11:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『指標メトリクス・データベースの国際的潮流(※英日同時通訳付き)』
<内容>
社会的インパクトについての情報のコミュニケーションのためには、指標メトリクス・データベースが重要な役割を果たします。この領域でグローバルに主導的な役割を果たしてきたGIIN(米国)がIRISをアップデートする形で2018年に発表したIRIS+について、GIINの責任部署のスピーカーをお招きし、導入へのキーポイントや、今後の同領域の動向等についてお話を伺います。
<スピーカー>
・GIIN(米国)
<モデレーター>
・伊藤 健
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 業務執行理事
特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション7 13:00〜13:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『【事例共有】事業者(営利/非営利)のための社会的インパクト・マネジメント実践事例』
<内容>
国内における社会的インパクト・マネジメントの実践事例を紹介します。 NPO含む事業者が社会的インパクト・マネジメントを実践するために必要な要素を理解し、自らの現場で実行するイメージを持つことができます。
<スピーカー>
調整中
<モデレーター>
・高木 麻美
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 理事
Stem for Leaves 代表

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション8 14:00〜14:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『社会的インパクト×行政 〜神奈川県と丸亀市による社会的インパクト・マネジメントを軸にした挑戦〜』
<内容>
行政にも広がりつつある社会的インパクト・マネジメントを活用した挑戦的な実践事例を取り上げます。特に行政がどのような狙いで活用しているのか、どのような課題をどう乗り越え、何が見えてきたのか等、神奈川県のSDGs×社会的インパクト・マネジメント×金融のエコシステム形成、丸亀市の「みんなの劇場」建設への導入事例を通して、他の行政や行政と協働する関係者にとって参考となる取り組みを紹介します。
<スピーカー>
・山口 健太郎氏
神奈川県理事(いのち・SDGs担当)
・村尾 剛志氏
丸亀市産業文化部文化課市民会館建設準備室長
<モデレーター>
・幸地 正樹
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 理事
ケイスリー株式会社 代表取締役CEO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】セッション9 15:00〜15:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『企業における社会的インパクト・マネジメント活用の可能性』
<内容>
本セッションでは、企業CSRが取り組む社会的インパクト・マネジメントの事例を取り上げます。近年、企業CSRにおける社会的インパクト・マネジメントの注目が高まっています。本セッションでその先進事例を取り上げ、事業者や資金提供者(企業CSR)の協働を促進し、更に高い社会的価値を創出していくためにどのようなことが必要なのか、議論します。
<スピーカー>
・東郷 琴子氏
パナソニック株式会社 ブランド戦略本部CSR・社会文化部 主幹
・松山 亜紀氏
株式会社セールスフォース・ドットコム Salesforce.org(社会貢献部門)ディレクター
<モデレーター>
・鴨崎 貴泰
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 専務理事
日本ファンドレイジング協会 常務理事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【有料】クロージング 16:00〜17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<テーマ>
『総括的ディスカッション〜社会的インパクト・マネジメントの未来〜』
<内容>
調整中
<ゲストコメンテーター>
・青 光昌
一般財団法人社会変革推進財団 専務理事
<スピーカー>
・伊藤 健
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 業務執行理事
特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事
・今田 克司
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 代表理事
株式会社ブルー・マーブル・ジャパン 代表取締役
・幸地 正樹
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 理事
ケイスリー株式会社 代表取締役CEO
・高木 麻美
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 理事
Stem for Leaves 代表
<モデレーター>
・鴨崎 貴泰
一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ 専務理事
日本ファンドレイジング協会 常務理事

皆さまのご参加を心よりお待ちしております!


2020年12月27日(Sun) 2/14研修会開催「自死を減らすための依存症対策」医療従事者・支援者必見!


NPO法人仙台グリーフケア研究会から、研修会開催のお知らせをいただきましたので、ご紹介します。

仙台グリーフケア研究会は、大切な人を亡くした方を、グリーフ(喪失に伴う様々な反応)の語りを通して支援する団体です。定期的に「わかちあいの会」を開き、ご遺族同士に、喪失による悲しみ、辛いお気持ちを静かに語り合える場所を提供しています。そのほか、今回ご紹介する講習会のような、自死未遂者に対する際のノウハウを学ぶセミナーも行っています。

コロナ禍で家族同士、友人同士が会う機会も減り、苦悩を共有できず自死を選ぼうとしている方も多いのではないでしょうか。その状況をどう改善するか、研修会に参加して一緒に考えてみませんか。


自死を減らすための依存症対策
自死と依存症〜依存症の正しい知識と依存症回復者〜
高知東生さんと渡邊洋次郎さんのお話し
-------------------------------------------------------

医療現場のみならず関心がある方が誰でも参加可能なセミナーとして、2021年2月14日に『自死を減らすための依存症対策』を開催致します。

●概要
開催日時:2021年214日(日) 13時〜17時
開催方式:リモート+対面研修
場  所:仙台市医師会館5階 第5研修室(〒984-0806 仙台市若林区舟丁64-12)
     地下南北線「河原町駅」北1出口、徒歩3分
対  象:医療従事者、その他支援者
     ※その他、関心のある方ならどなたでも参加できます。
参 加 費:無料
定  員:50名(事前申込)

●講師
・公益社団法人宮城県精神保健福祉協会、みやぎ心のケアセンター精神科認定看護師 
 内田 朋子 氏
・東北会病院 作業療法士 
 渡邊 純一 氏
・依存症回復施設職員 
 渡邊 洋次郎 氏
・俳優、ASK認定依存症予防教育アドバイザー 
 高知 東生 氏

●企画・ファシリテーター
・武蔵野大学人間科学部教授、ASK認定依存症予防教育アドバイザー 
 稗田 里香 氏
・同志社大学社会学部准教授、ASK認定依存症予防教育アドバイザー 
 野村 裕美 氏
・北里大学病院トータルサポートセンターソーシャルワーク室係長、
 ASK認定依存症予防教育アドバイザー 
 左右田 哲 氏

●研修内容
・一般医療機関や地域に潜在する依存症(アルコール・薬物)の問題の構造を理解する
・自死を含む依存症関連死をいかに予防するか回復者の語りから理解する
・回復者とつながる支援を回復者ご本人の語りから学ぶ

〜アルコール依存症は、慢性で進行性の病〜
適切な支援をしなければ、自死、健康問題、貧困、家庭不和、虐待、ドメスティックバイオレンス(DV)、介護、犯罪、飲酒運転などの社会問題が深刻化する可能性が高くなる。特に、自死の問題は依存症と深く結びつく深刻な社会問題となっている。

アルコール依存_2020.png

●申込方法
TEL:070-5548-2186
E-mail:griefoffice★gmail.com(★を@に変えて)
「会場」または「リモート」のどちらかをお選びください。
リモートの申し込みについては、宮城県内の方を優先とします。
※メールで申込みする際は、件名に【2/14研修会申し込み】、本文に【氏名、所属、電話番号】を明記の上、送信してください。

申込み〆切:2021年2月10日

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会 
共催:佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)申込方法・お問い合わせ先:
 お問い合わせ:
 NPO法人 仙台グリーフケア研究会 事務局
 電話:070-5548-2186 E-mail:griefoffice@gmail.com
2020年12月26日(Sat) 県内のこども食堂に関わる方々へ<みやぎこども食堂ネットワーク相談窓口開設!>NPO法人せんだいこども食堂


こんにちは。スタッフの松村です。
10月3日に配信した「いづいっちゃんねる」に出演いただいた、NPO法人せんだいこども食堂の方々が、宮城県の委託を受け、みやぎ生活協同組合と「みやぎこども食堂ネットワーク相談窓口」を開設しました。

いづいっちゃんねるでも、コロナ禍の教訓から、子ども食堂をしている人たちをつなぎ、助け合うことで目の前の子どもたちや地域の人たちを支えたいというお話がありました。
団体同士の交流や連携の大切さを改めて教えていただきました。
以下、相談窓口の概要です。

かわいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
みやぎこども食堂ネットワーク相談窓口
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜かわいい

電話番号:080-4928-6261
相談時間:平日10:00-16:00


上記相談時間以外は、メールにてご対応させていただきます。
miyagikodosyoku★gmail.com(★を@に変えて)

満月宮城県内でこども食堂を運営しているみなさま
コロナ禍での活動継続・再開、「宮城県子どもの食緊急支援事業費助成金」申請、そのほか団体運営について等、ご相談ください。

満月宮城県内でこども食堂開設やこどもへの食支援を始めたいと考えているみなさま
ご希望を伺いながら、また、現在宮城県内で行われているこども食堂の状況やこどもへの食支援の状況等をお伝えしながら、開設・支援活動開始についてサポートします。

満月宮城県内のこども食堂を応援したいみなさま
ご希望を伺いながら、応援を必要としている宮城県内のこども食堂をご紹介させていただきます。また、応援の形についてもご相談を承ります。

満月宮城県内のこども食堂を利用したいみなさま
県内のこども食堂の情報を提供させていただきます(コロナ禍のため、通常の「こども食堂活動」が難しい団体が多く、お食事の提供ができない場合が多いことをご了承ください)。
2020年12月26日(Sat) 1/20開催<コロナ時代の地域の居場所のつくり方>くるめオンライン公民館の事例から


スタッフの大坪です。
東京ボランティアセンターよりお知らせが届きました。
地域住民やボランティア、市民活動団体とともに地域づくりをすすめる組織の新任の方や中堅のスタッフ向けに、今回の新型コロナウイルス禍のように「会えない」ときの「居場所」作りに関する講座が行われます。
以下概要です。

晴れ---------------------------------------------------------
地域をつなぐコーディネーターのための講座
コロナ時代の地域の居場所の作り方
〜オンライン公民館ってなぁに?〜

------------------------------------------------------------晴れ

2021年1 月 20 日(水)10 時 30 分〜正午 *オンライン開催
終了後、ランチ会を予定しています。出入り自由。こちらもぜひご参加ください!

新型コロナウイルスの感染が拡がり、人びとが一緒に過ごす場がまちから姿を消しました。身近かな居場所の活動も例外ではなく、9 割を超える居場所が活動の縮小をよぎなくされました。(4月 TVAC 調べ)。そんななか、オンライン上に開設された居場所があります。

福岡県久留米市発の「くるめオンライン公民館」。毎週日曜、朝から始まる多彩なメニューには、まちの人たちが集い交わる場がうまれています。講座では、主宰者のおきなまさひとさんをお招きし、ねほりはほり、お聞きしたいと思います。
進行はアップ塾でおなじみの坂本文武さんです。
リアルな居場所の活動が再開しつつある今、もうひとつの居場所について、語り合ってみませんか?

20201225144159_00001.jpg
(PDF)

■ゲスト:おきな まさひと さん
まちびと会社 visionAreal 共同代表
「好きなことを、好きなまちで、大切な人たちと」の暮らしを選ぶ人々を「まちびと」と呼び、まちなかの広場、コミュニティカフェ、シェアオフィスの「あったらいいな」を企画や運営を通じて、中核市クラスのコーディネート役として各地に関わる。コロナ下における集いの場くるめオンライン公民館の館長でもある。

■コーディネーター:坂本 文武 さん
一般社団法人Medical Studio代表理事。
「米国大学院にて非営利経営学修士課程修了。NPOの経営や企業の社会的責任を基軸とする組織変革ほか企業の広報コンサルティングを行う。NPO等への講師・講演活動に活躍中。


■受講料:2,000円
■定 員:40名(先着順)
■受講対象:地域住民やボランティア、市民活動団体とともに地域づくりをすすめる組織の新任や中堅のスタッフ
■申込方法:Web サイトにて、詳細を確認のうえ、お申込みください。
*お申込み受付後、受講通知をお送りします。当日の ZoomID は開催日直前にお知らせします。

■お問合せ先: 東京ボランティア・市民活動センター(支援力アップ塾担当)
Tel:03-3235-1171
Fax:03-3235-0050
E-mail:im☆tvac.or.jp(☆を@に変えてください)

■支援力アップ塾とは 〜 悩みや知恵を持ち寄り、ともに解決の糸口を考えよう 〜
地域で活動する市民活動を支え、ともに課題解決を目指す、中間支援組織スタッフの皆さんの出会いと学びの場として、2012 年に開講しました。


2020年12月24日(Thu) 1/23開催<仙台の昔を伝える紙芝居作りから上演まで>学びと実践


こんにちは。スタッフの小林です。
仙台の昔を伝える紙芝居作り・上演実行委員会からイベントのお知らせをいただきました。
この団体は、平成14年の仙台開府400年を契機に、仙台のひとや歴史・民話など、次世代に伝えていきたいことを題材に紙芝居を製作・上演している団体です。

以下、概要です。

紙芝居上演体験
手(チョキ)仙台の昔を伝える紙芝居作り・上演実行委員会手(パー)
--------------------------------------------------------

日時:2021年123日(土) 13:00〜16:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター6階 セミナーホール
定員:20名(先着)
参加料:500円


●こんな人にオススメ!
・紙芝居に興味がある人
・仙台が大好きな人
・仙台の新発見をしたい人
*それ以外の方でも大歓迎!紙芝居経験の有無は問いません!

●講座の内容
当実行委員会で制作している「仙台の昔を伝える紙芝居」全35作品を使用して行います。

・昔ながらの紙芝居の上演体験をしてみよう
紙芝居の他に舞台や太鼓、拍子木など、実際に使用する道具に触れて、紙芝居を上演しましょう。
・上演のコツをレクチャー
どうすれば上手に演じることができるか経験豊富な実行委員会メンバーがアドバイスを行います。
・今後の上演会で演じてみよう
地底の森ミュージアム等様々な上演会に演者として参加してみましょう。

●仙台の昔を伝える紙芝居作り・上演実行委員会とは
仙台の歴史、民話など、次世代に伝えていきたいことを題材とした紙芝居を制作し、仙台七夕まつりや青葉区民まつりなど、様々な機会や場所において、仙台の昔を伝える紙芝居を上演しています。

20201221174507_00001.jpg

[参加に係る特記事項]
・手指消毒やマスク着用、咳エチケットの励行にご協力をお願いいたします。
・会場内は換気を行う他、座席の間隔も一定の距離を確保します。
*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下の事項に該当する方は、参加をご遠慮いただきます。
・発熱やのどの痛み、咳が長引く(1週間前後)
・息苦しさ、強いだるさ、味覚・嗅覚に異常などの症状がある方
・2週間以内に海外(感染流行国)または国内の感染流行地域(クラスター発生場所等)へ旅行、出張した方

*1月6日9時受付開始!電話、FAX、メールにて受付け
メール・FAXの場合は、1住所 2名前 3電話番号を記入の上、題名に「紙芝居参加希望」と入れてご応募ください。
電話連絡先
仙台の昔を伝える紙芝居作り・上演実行委員会 事務局(青葉区役所まちづくり推進課内)
電話:022-225-7211(内6137)
FAX:022-222-7119
メール:aob012020☆city.sendai.jp(☆を@に変えて)
2020年12月22日(Tue) 来年1/18まで<食品ロスの削減に向けて「名取市フードドライブ」実施中!>ふうどばんく東北AGAIN


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
名取市では、まだ食べることができるにもかかわらず捨てられてしまう「食品ロス」を削減するため、ご家庭などで眠っている食品を持ち寄りフードバンク団体へ寄付する「フードドライブ」を実施しています。回収した食品は、NPO法人ふうどばんく東北AGAINを通じて、必要としている方々にお届けします。
ふうどばんく東北AGAINは日頃より、食べられない状況にある生活困窮者の方に、緊急な食糧支援を行い、その背後にある様々な課題や問題を解決すべく適切な支援機関につないでいくことで、困っている方への包括的サポートをしています。同団体が12月16日に開催する「クリスマス食堂」もブログでご紹介していますので、そちらもぜひご覧になってください。
ひらめき12月26日<Jina食堂〜みんなあがいん〜>クリスマスのスペシャルなお弁当配布&フードパントリー予約受付中!

名取市フードドライブ詳細については、以下の通りです。

---------------------------------------------------------------
食品ロスの削減に向けて
「名取市フードドライブ」を実施します
---------------------------------------------------------------

回収期間
令和2年12月18日(金)〜令和3年1月18日(月)       
※各施設の閉庁・閉館・休業日を除きます。

○回収拠点
市役所1階市民ホール、館腰公民館、那智が丘公民館、イオンモー ル名取、イトーチェーンフーズガーデンゆりあげ食彩館

○回収品目
レトルト食品・カップ麺・スナック菓子など、賞味期限が1か月以上ある常温保存ができる食品
※肉・魚・野菜などの生鮮食品は除きます。

○回収方法
各拠点に設置している回収ボックスに食品を入れてください。
※回収時間は、各施設の開庁・開館・営業時間となります。

_1_medium.png
詳細

問い合わせ先
名取市クリーン対策課クリーン対策係
名取市増田字柳田80本庁舎5階
TEL:022−724-7161
| 次へ