• もっと見る
« 仙台市からの情報 | Main | 【3.11】復興支援活動団体紹介シートより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2024年04月11日(Thu) 4/21開催!大切なペットと暮らす方へ〜高齢者のペット事情を学ぶ会〜


こんにちは。スタッフの大泉です。
チマホマ社より、「高齢者のペット事情を学ぶ会」のお知らせです。チマホマ社は、保護猫活動を応援しようと、SNSやHPで情報発信を行ったり、グッズ販売の売り上げを保護猫活動に取り組む個人や団体に寄付したりしています。
今回は、飼い主がペットの世話を十分に出来なくなった時に備える「ペット終活」にスポットを当て、セミナーを行います。会場参加のほか、インスタライブで視聴することもできます。
以下、概要です。

20240409134324_00001.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まる 第2回
高齢者のペット事情を学ぶ会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫まる犬
高齢者がペットと暮らす為に、将来どのような事が必要なのか、地域の人たちと連携をとるためにはどうすればいいのか。見えにくい問題を少しずつひも解いていきながら、これからの在り方を考える会です。どうぞお気軽にご参加ください。ご住職の法話もあります!

日時:2024年421日(日) 14:00〜16:00
定員:20名 参加無料
会場:徳泉寺 仙台市宮城野区榴岡3丁目10-3
    P10台あり。満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。
講師:ペット終活サポートネット宮城 齋藤まり子氏

ひらめきペット終活って?
いざという時に、預ける先がない、この子を置いていけない。と悩まなくていいように早めに備えましょう!是非、この機会にお話を聞きにいらしてください!

位置情報お申し込みはこちら
Googleフォームからのお申し込みができない方は、chimahoma★gmail.com(★を@マークに変えて)までメールにてお申し込みください

位置情報インスタLIVEを希望の方は、どちらかをフォロー
まるの会
チマホマ社
インスタグラムライブでも、視聴のみのご参加が可能です。(参加人数制限なし)
※インスタライブは事前の申し込みは不要です。

主催:チマホマ社
問合せ先:佐藤 chimahoma★gmail.com(★を@マークに変えて)
注意 保護についてのご相談はお受けできません。
2024年04月07日(Sun) 4/20開催!多様な人たちとのコミュニケーションについて学ぶ<みんなに伝わるやさしい日本語講座>


こんにちは。スタッフの玉川です。
令和5年6月末の在留外国人数は322万3,858人(前年末比14万8,645人、4.8%増加)で、過去最高を更新しているそうです。※出入国在留管理庁HP「令和5年6月末現在における在留外国人数について」参照

様々な文化的背景をもつ人たちと関わる機会が増えていくなかで、多文化共生に関する講座のお知らせをいただきましたのでご紹介します。
多様な人たちとより柔軟で円滑なコミュニケーションを築くきっかけに、講座に参加してみるのはいかがでしょうか?

以下、概要です。

やさしい日本語.jpg

みんなに伝わる やさしい日本語講座
日時:2024年420日(土)14:00~16:00
講師:仙台観光国際協会職員
会場:仙台YWCA(仙台市青葉区上杉2丁目1-10)
参加費:無料
定員:30名
申込締切:4月15日(月)

主催:シャプラニール仙台・ボンドゥの会
協力:一般社団法人仙台YWCA

かわいいやさしい日本語とは・・・「外国人等にもわかるように配慮して、簡単にした日本語のことです。
1995年の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく日本にいた多くの外国人も被害を受けました。その中には、日本語も英語も十分に理解できず、必要な情報を受け取ることができない人もいました。
そこで、そうした人達が災害発生時に適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」の始まりです。災害時のみならず、日本人と外国人が地域で共に暮らし活躍していく多文化共生社会の実現には、お互いに歩み寄りながらコミュニケーションを取る「やさしい日本語」の活用が重要です。そして、外国人だけでなく、子どもや高齢者、障がいのある人等とのコミュニケーションに非常に効果的なツールの一つとして、行政情報や生活情報、毎日のニュース発信など様々な分野で取組が広がっています。(東京都生活文化スポーツ局HPより抜粋)

「やさしい」には、かんたんな言葉を表す「易しい」と、相手に配慮する「優しい」気持ちで話す、といった二つの意味がこめられています。
仙台に暮らす多様な文化を持つ人々と交流する知恵をご一緒に考えませんか?
ご参加をお待ちしています。


位置情報お申込み・お問合せ
お申込みの際は、@またはAへご氏名と電話番号をお知らせください。(E-mail ★は@に変えて)
@シャプラニール仙台・ボンドゥの会(原)
TEL 090-3759-5904
E-mail yokohara0131★jcom.home.ne.jp
A一般社団法人仙台YWCA
TEL 022-222-9714
E-mail sendaiywca.event9714★gmail.com
(火・水・金10:00〜17:00 祝日を除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひらめき主催のシャプラニール仙台・ボンドゥの会は、認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会の活動を仙台から応援しながら、地球の問題から地域の課題まで、様々な学びの場を作っている団体です。
シャプラニール=市民による海外協力の会は、バングラデシュ、ネパール、インドで農村支援や働く子ども達の支援などを行っています。
2024年04月01日(Mon) 4/6・7(土日)開催!ジャンルの垣根を越えてダンス文化を盛り上げる「東北ダンスフェスティバル2024」


こんにちは。スタッフの庄司です。
よさこい、バレエ、ヒップホップ、すずめ踊りなど、多種多様な120団体のダンサー・踊り手が一同に集結するダンスの祭典「東北ダンスフェスティバル2024」が開催されます。

ジャンルの垣根を越えて、東北や仙台のダンス文化を盛り上げようと2021年からスタートしたイベントで、今年は見るだけではなく実際にダンスを体験できるレクチャーステージの企画もあるそうです。
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

以下、概要です。

ダンスフェス.jpg

-踊りの祭典-
東北ダンスフェスティバル 2024
TOHOKU DANCE FESTIVAL 2024

るんるん日 時日(土)、7日(日) 10:00〜20:00

るんるん場 所:勾当台公園市民広場、いこいの広場、野外音楽堂

るんるん入場料:無料

るんるん実施内容:
DANCE SHOWCASE
DANCEレクチャー
ブレイクダンスレクチャー
社交ダンス競技
大人のディスコタイム
その他ダンスコンテンツ様々!!!

演劇出演者数 120団体 約1200名!
第3回となる今回は、会場を勾当台公園市民広場、いこいの広場、野外音楽堂の3箇所に拡大し、第2回からさらにスケールアップしたイベントとなります。出演者は総勢120団体、約1200名を予定、伝統舞踊(花笠踊りや阿波踊りなど)、YOSAKOI、ストリートダンス、J-POP ダンス、チアダンス、社交ダンスなど、幅広いジャンルの踊りが披露されます!!

さらに、今年開催されるパリオリンピックで競技種目に採用されたブレイクダンスの東北のダンサーによるレクチャー、野外フェスでは滅多に目にすることができない社交ダンスのプロ・アマによるコンテスト、大人世代には往年の熱い時代を思い起こさせる大人のディスコタイムなど企画も満載!!

そしてスペシャルゲストとして、仙台市で結成され、世界で活躍するエンターテイメント集団「白A」が登場。何と市民広場で、海外でも高い評価を受けた演目「伊達ロマネスク」、「ONE Fusion Acrobatic Arts」が上演されます!!

出演団体やタイムスケジュールなど
次項有詳しくはこちら
https://www.tohokudancefestival.com/

主 催:
東北ダンスフェスティバル実行委員会

連 絡 先:
東北ダンスフェスティバル実行委員会
メールアドレス:tohokudancefestival★kit-up.info(★を@に変えて)

↓ 昨年の様子(写真:団体提供)

TDF2023宣材写真2.jpg

TDF2023宣材写真1.jpg

\ 4/7まで クラウドファンディング実施中 /
東北のダンサー・踊り手が集結!ぴかぴか(新しい)
イベント「東北ダンスフェスティバル」にご支援を!

https://camp-fire.jp/projects/view/748530?utm_campaign=cp_po_share_c_msg_mypage_projects_show
皆様のご支援により、「東北ダンスフェスティバル」は2024年に第3回を迎えます。今回は勾当台公園市民広場、いこいの広場、野外音楽堂に会場を拡大し、約120団体のダンサー・踊り手が出演予定です。このイベントの開催、継続発展には引き続き皆様のご支援が必要です。何卒ご協力をよろしくお願いいたします。
2024年03月30日(Sat) 4/6(土)お花見会を開催!手話仲間をつくりたい方・手話を勉強したい方におススメ


こんにちは。スタッフの庄司です。
手話でおしゃべりを楽しみながら新しいつながりを作れるお花見イベントが開催されます。
合同で企画したのは手話サークル竹の子と、NPO法人UBUNTUです。聴覚障がいのある方をはじめ、手話を勉強したい方など、手話に関心のある方であれば誰でも参加できます。

以下、概要です。

手(チョキ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー手(パー)
手話べりしながら花見をしませんか?
手(グー)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー手(チョキ)

新しい環境で不安!やドキドキ!だからこそ、新しい繋がりを作りませんか?
東北福祉大学・宮城学院女子大学・東北大学・宮城教育大学などの学生もいます!
もちろん社会人もたくさん!!
手話という言語に触れながら、自分の中の桜を咲かせましょう。

日時46日(土) 13:30〜日暮れまで

場所:西公園櫻岡花見会場(花見広場)
※最寄り駅:地下鉄東西線大町西公園駅

内容
手話仲間を作れるお花見会

参加費
大人(中学生以上):1,000円 
子ども(小学生以下):500円

申込方法
「手話サークル竹の子 公式LINE」か「手輪プロジェクト 公式LINE」からご連絡ください。
お酒や食べ物等の準備のため、事前連絡のご協力をお願いします。

手話サークル竹の子 公式LINE
https://lin.ee/C2R4k9x

手輪プロジェクト 公式LINE
https://lin.ee/YH5kiLl

▼詳細はこちらからもご覧いただけます。
https://chouseisan.com/s?h=b3983a1b86814e96a79674f2db310924

主催:
手話サークル竹の子NPO法人UBUNTU

連絡先:
NPO法人UBUNTU
E-mail:ubuntu.sendai★gmail.com(★を@に変えて)

↓昨年実施した際の様子。老若男女問わす30人以上が集まりました。(写真:団体提供)
1.png

2.png

3.png
2024年03月26日(Tue) 3/30開催!宮城で子どもの支援に関わる方へ〜令和6年度こども関連予算勉強会〜


こんにちは。スタッフの大泉です。
子ども支援に取り組むNPOと議員らが、子どもに関する、国や市の予算について考える勉強会を開催します。保育所や児童館など子どもに関わる方、教育に関心のある方におすすめです。
以下、概要です。


令和6年度--------------------------
こども関連予算勉強会

------------------------------------
令和6年度こども家庭庁新年度予算、衆議院を通過、3月末には自然成立の運びとなります。
仙台市の新年度予算、3月31日に可決しました。

この予算が示す数字は何を目指しているのでしょう。私たちが求める支援に具体的にどう反映されるのか、関係当局のご担当から伺い、意見交換の場を設けます。

令和6年度こども関連予算勉強会チラシ_page-0001.jpg 令和6年度こども関連予算勉強会チラシ_page-0002.jpg

2024年330日(土)10:00
仙台市市民活動サポートセンター6F
(仙台市青葉区一番町四丁目1-3)

【説明者】
こども家庭庁成育局成育環境課長 山口正行氏
仙台市こども若者局子ども家庭部長 佐藤 諭氏

【呼びかけ人】
特定非営利活動法人せんだいファミリーサポートネットワークミヤギユースセンター国見・千代田のより処日向ぼっこ/衆議院議員 岡本あき子

【申込みフォーム】
https://docs.google.com/forms/d/1t9S53xvuTVH8IEVKYENTDdgYPKqCBJhwr6LVt-J68ps/viewform?edit_requested=true

【問合せ先】
佐藤わか子
090−1060−1254
wakakos★beige.ocn.ne.jp(★を@マークに変えて)

2024年03月16日(Sat) 3/23開催!みんなで楽しむコンサート<おはなし×クラシック×身体表現>


こんにちは。スタッフの小田嶋です。
「どなたでも」気兼ねなく音楽を楽しんでほしいという思いから開催されるコンサートのご案内です。

主催するのは音楽グループ「La boite a jouets(ラ ボワット ア ジュウエ)―音楽の、おもちゃ箱―」。現在、多くのメンバーが子育て中です。一般的なクラシックコンサートでは、乳幼児の入場制限があることや、制限を設けていないコンサートでも、いざ子どもがぐずった時に、なんとなく退室しなければいけない雰囲気を感じてしまうこと。また、障がいのある子どもの場合、ふいに声を出してしまったり、身体を揺らしてしまったりすることなどから、子連れでコンサートに行きたくても行きづらい課題を身近で感じてきました。

「コンサートを楽しめない人がいる状況を変えたい」ぴかぴか(新しい)という思いから、年齢や障がいの有無に関わらずみんなで楽しめる工夫を凝らし、コンサートを開催します。

以下、概要です。

おはなしクラシック3.jpg おはなしクラシック裏.jpg

おはなしクラシック3
ようこそ!「ふしぎな動物園」へ コンサートるんるん

【日時】
2024年323日(土)
開場13:30/開演14:00

【会場】
宮城野区文化センター パトナシアター
住所:〒983-0842 仙台市宮城野区五輪2-12-70
電話:022-257-1213

【演奏曲目】
サン=サーンス作曲「動物の謝肉祭」より
序奏〜師子王の行進〜メンドリとオンドリ〜ロバ〜亀〜象〜カンガルー〜水族館〜耳の長い登場人物〜森の奥に住むカッコウ〜鳥〜ピアニスト〜化石〜白鳥〜終曲

【演奏】
La boite a jouets(ラ ボワット ア ジュウエ)―音楽の、おもちゃ箱―
宮城学院女子大学音楽科を卒業したメンバーで構成する、音楽グループです。
所属メンバーより大橋 端月(朗読)、榎本 未来(ピアノ)、渡部 寛菜(ピアノ)、遠藤 真梨子(ピアノ)、今野 佳奈(ピアノ)が出演します。

【身体表現パフォーマンス】
クラウンユニット「くみとさっこ」
劇団仲間だった二人(片倉 久美子・宿利 左紀子)が、2016年に結成したユニットです。普段は児童館などでクラウンショーを行っていますが、今回は初めてコンサートに出演!さて、どんなことになるのやら…!?

かわいいどなたでもコンサートって?
「どなたでも」気軽に鑑賞でき、一緒に楽しむことを目標としたコンサートです。
“お互い様”の精神で、ゆったりとした心を持ち、舞台をお楽しみください。

▼「どなたでも」楽しく鑑賞できるための工夫手(グー)
・全席自由席です。
・車椅子、バギーのままで鑑賞できるスペースがあります。
・0歳から入場可能です。
・客席は常に薄明るい状態です。
・上演中の入退室が可能です。足元には十分お気を付けください。
・イヤーマフを着用したままの鑑賞が可能です。
・駐車場、多目的トイレのある会場です。
・休憩室があり、舞台の様子を休憩室へ同時中継しています。
・朗読の日本語字幕がついたイラストをスクリーンで表示します。
・補助犬の同伴が可能です。

次項有詳細は下記リンクよりご覧ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02fw5brbs2f31.html

【チケット・料金について】
全席自由席でチケット種別は以下の三種類
@一般前売り券=2,000円
A一般ペア券 =3,000円
B18歳未満入場整理券

<チケットプレイガイド>
位置情報窓口販売
カワイ仙台店・1階プレイガイド
住 所 :仙台市青葉区一番町4-3-28(河合ビル)
営業時間:10:30〜18:00
定休日 :月曜日定休(祝日も含む)
電話番号:022-261-2851

位置情報Web販売
Yahoo! JAPANの電子チケット販売サービスである『PassMarket(パスマーケット)』
※販売ページはこちら

【整理券について】
整理券がある場合、18歳未満の方は無料で鑑賞いただけます。
より多くのお客様に鑑賞機会をお届けするため、整理券の配布にはルールを設定しています。
Webページ内容をよくご確認いただき、お求めください。

おはなしクラシック3(ブログ).jpg
▲リハーサルの様子をちょっとだけご紹介♪(写真:団体提供)

おはなしクラシック3_2(ブログ).jpg
▲モニターには、おはなしをイラスト字幕付きで投影します。(写真:団体提供)
2024年03月15日(Fri) 「森の案内人養成講座」受講生募集中!<3月末締切>


こんにちは。スタッフの庄司です。
森育みやぎ(緑を守り育てる宮城県連絡会議)から「森の案内人養成講座」のお知らせです。

講座には、宮城の森林の植生や、高山植物、海岸の植物、野鳥、地形など様々な内容のカリキュラムがあります。内容にひとつでも興味ががある方は、受講してみてはいかがでしょうか。

以下、概要です。

20240315214054_00001.jpg 20240315214108_00001.jpg

「森の案内人養成講座」2024年度(第24期)

森の魅力や不思議を多くの方々に伝える“森の案内人”の養成講座です。
どなたでも受講できます。
・講座内容、日程はチラシ裏面に記載しています。
 都合により今年度受講できなかった科目については、担当する科目を次年度に受講できます。
・集合場所までの交通手段の確保が難しい方は事務局へご相談ください。

募集人数:20名
募集期間:2024/3月末(定員になり次第締切ります)
受講料(12回講座):20,000円(テキスト代も含む) 一括前納をお願いします

●森から学ぶ
・森林の成り立ち
・森林と生きものの関係
・森林と人との関わり

●森を知る
・植物−樹木・草本
・生物−動物・野鳥・昆虫
・地形−山・河川・海岸

●森を活かす
・林業実習
・ネイチャークラフト
・山菜・きのこ

●森を楽しむ
・冬芽観察
・スノートレッキング
・アニマルトラッキング

主催:森育みやぎ(緑を守り育てる宮城県連絡会議)・仙台市認定録の活動団体
HP https://midori2021.sakura.ne.jp/
ブログ http://midorisodateru.blog.fc2.com/

後援(予定):林野庁東北森林管理局 仙台森林管理署

◇◆◇森の樹、花、動物たちが待っているよ!!◇◆◇
「森の案内人養成講座」は、今年で24年目を迎えます。現在までに460名以上の方が受講しています。

位置情報第24期(2024年度)森の案内人養成講座カリキュラム・日程など詳細はチラシをご覧ください。

・講師(予定)
菅原 亀悦  岩手大学名誉教授
平吹 喜彦  東北学院大学教授
西谷 理恵  宮城県森林インストラクター
黒川 周子  仙台市青葉の森レンジャー
佐藤 修   森育みやぎ(緑を守り育てる宮城県連絡会議)・事務局長

・申し込み先
森育みやぎ(緑を守り育てる宮城県連絡会議) 宛
〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-1-3
仙台市市民活動サポートセンター内「レターケース45番」
(※)「レターケース45番」と必ず記入してください
(※)なお、受講料振り込み後、受講生の都合により受講を休止あるいは中止された場合は、受講料の払い戻しはできませんのでご了承ください。

・問合せ先 
森育みやぎ(緑を守り育てる宮城県連絡会議) 
事務局・佐藤事務局長
携帯電話 080-1832-0956
2024年03月12日(Tue) 3/20開催!「ライファーズ 終身刑を超えて」上映会<にしぴりかの美術館>


こんにちは、スタッフの庄司です。
にしぴりかの美術館よりお知らせが届きました。

にしぴりかの美術館は、アウトサイダーアートを中心とした作品を常設展示している県内初の美術館です。生きているから表現する。表現するから生きている。 そんな根源的な自己表現を企画展示しています。

お近くにお住まいの方、美術館の展示内容や上映される映画に関心をお持ちの方は、参加してみてはいかがでしょうか?

以下、団体から届いたお知らせを転載します。
---
今回のイベントは、「にしぴりかの美術館」で開催している展覧会の関連イベントです。展覧会では、それぞれの事情で死刑を待つ人、冤罪を訴える人など「死をリアルに見詰めざるを得ない人」の表現せざるをえないものの展覧会「命みつめて2」を開催しています。
関連イベントとしては、死刑ではありませんが関連した状況を知っていただくために、坂上香監督が米国の終身刑・無期刑受刑者に取材した「Lifersライファーズ 終身刑を超えて」を上映します。


日時:320日(水・祝)13:3015:00
上映作品名:「Lifersライファーズ 終身刑を超えて」(監督:坂上香)
2004年ニューヨーク国際インディペンデント映画祭<海外ドキュメンタリー部門>最優秀賞作品
上映会場:にしぴりかの美術館(黒川郡大和町吉岡字館下47)
※詳細はコチラをご覧ください ⇒ にしぴりかの美術館 「命みつめて2」サイト
鑑賞費用:無料

位置情報お問い合わせ
電話 070-5011-0028(小野田)
メール info★nisipirica.com(★を@に変えてください)
詳細案内:https://m-kissa.com(特定非営利活動法人黒川こころの応援団HP)
にしぴりかの美術館URL:https://m-kissa.com/museum/
2024年03月07日(Thu) 仙台で宇宙に触れあえる!3/20開催<仙台コズミックフェスタ 杜から宙へ>


こんにちは。スタッフの山川です。
2024年3月20日(水・祝)に、宇宙イベント「仙台コズミックフェスタ 〜杜から宙へ〜」が開催されます。宇宙が好きな人、新しいことを学びたい人、宇宙を身近に感じたい人などにオススメで、子どもから大人まで楽しめるイベントとなっています。

以下、概要です。

チラシ表面.jpg チラシ裏面.jpg
※チラシ修正内容のお知らせはこちらから

仙台で気軽に宇宙に触れることのできるイベント
「仙台コズミックフェスタから宙へ〜」を開催します!

イベントでは、探査機「はやぶさ2」と「MMX探査機」の大型模型の展示や、体験型ワークショップ、さらに専門家の皆さんによる講演会など盛りだくさんの内容で開催します!!

ひらめき詳細についてはチラシ、HP、インスタグラム等で随時紹介していきます!!
HP: https://tsctohoku.editorx.io/tohokuspacecommunity/cosmicfesta
インスタグラム:https://www.instagram.com/tohoku_space_community/

開催日時:2024年320日(水・祝)
時間:10:00〜21:00
場所:せんだいメディアテーク
予約・入場料不要

お問い合わせ先:morisora.official★gmail.com(★を@に変えて)

位置情報このイベントは、仙台市が実施する「令和5年度 ユースチャレンジ!コラボプロジェクト」にも採択されています。

イベント主催団体「杜宙実行委員会」とは?
学生団体「Tohoku Space Community」、「東北大学天文同好会」、「FROM THE EARTH」の有志のメンバーからなる任意団体です。

主催:杜宙実行委員会
共催:仙台市、仙台市教育委員会
協力:株式会社アストロコネクト、株式会社うちゅう、株式会社ElevationSpace、JAMSS(有人宇宙システム株式会社)、GIGASTAR、仙台市天文台
サポーター:株式会社菅原工業

【関連サポセンブログ】
11/30までクラウドファンディング実施中!〈杜宙実行委員会〉
「杜の都宇宙塾」に行ってきました!<Tohoku Space Community>ぱれっと取材日誌
2024年03月06日(Wed) 3/9開催!<森のようちえん>開園記念講演会「新しい時代を生きる子どもに必要な力とは?」


こんにちは。スタッフの玉川です。
空の下のようちえん どんぐりこより、開園記念講演会のお知らせをいただきました。
これまで同団体では、子どもたちへ自然体験の機会を提供しようと週末に「空の下のおやこ広場 どんぐりこ」を開催してきました。2024年4月からは、日常預かり型の「森のようちえん」を仙台市太白区茂庭に開園するそうです。

自然体験活動を基軸にした「森のようちえん」の保育理念にひかれる方、子育て中の方、新しい教育のあり方に関心をお持ちの方はこの機会に参加してみてはいかがでしょうか?

以下、概要です。

20240305181231_00001.jpg

空の下のようちえん どんぐりこ
開園記念講演 野村直子氏 講演会

新しい時代を生きる子どもに必要な力とは?
―森のようちえんでのびのび育つ 子どもの個性と力―


様々な社会問題を抱えている昨今。
その新しい時代を創っていく今の子どもたちに、私たち大人ができることとは?
国内外の保育園・幼稚園研修、講演会などを通して、新しい保育・教育の視点を提案し、「地球の未来を創る人材(リーダー)が育つ場」を提供している野村氏をお招きして、お話しをうかがいます。
幼児教育や育児世代、自然保育に関心のある方、ぜひお越しください!

◎日時 日(土)10:00〜12:00(受付開始9:45)

◎場所 茂庭台市民センター2階 和室
(〒982-0252 太白区茂庭台4丁目1番10号)

◎対象
・乳幼児の保護者の方
・森のようちえんや外遊び・自然育児に関心のある方ならどなたでも

◎料金 500円

◎定員 30名→50名に増席しました

◎内容
・10年後、20年後に社会に出る子供たちに必要な力とは
・外遊びや森のようちえん(自然保育)で思いっきり遊ぶことで育つ子供の個性と力について

◎託児 500円 定員10名(要事前申込)
→託児定員となりましたので締め切ります。

講師プロフィール
一般社団法人new education Little Tree
代表 野村直子
「子ども」と「自然」をキーワードに、国内外での保育と自然体験活動などの経験を重ねる。自然学校にてディレクターや小規模の保育施設園長などを務めてきた経験を生かし、保育アドバイザーとして活動。保育園・幼稚園等の園内研修、講演会などを通して、新しい保育・教育の視点を提案・提供している。
著書「小さな木 あるがままに子育て」雷鳥社

位置情報申込みフォームはこちら、もしくはチラシQRから

主催:空の下のようちえん どんぐりこ
【保育理念】
●一人ひとりのありのままを大切に
●自然の中でたくさん遊び、遊びこみ、遊びきる
●地球は自分の一部だと感じる
●大人も自分を大切に
2024年4月から日常預かり型の森のようちえんを開園。
仙台市太白区茂庭の昔の良き時間が流れる古民家の里山で「遊び」と「暮らし」を大切に過ごします。

お問い合わせ:sorasita.donguriko★gmail.com(★を@に変えて)

応援団:えがおのはなさくみんなのほいくえん/自然あそび保育モリノネ/食と森のこども園美里/空っこひろばここ/森の寺子屋/やろっこひなっこ/わだつみ保育園
| 次へ