CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ボランティア情報 | Main | サポセンの事業報告»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2020年08月14日(Fri) ひとり親世帯を支援するための給付金のご案内<厚生労働省>


スタッフの小田嶋です。
新型コロナウイルス感染拡大による影響で、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が生じていることを踏まえ、厚生労働省は「ひとり親世帯臨時特別給付金」の申請を受け付けています。
以下、概要です。

------------------------------------------------------------
ひとり親のご家庭へ、大切なお知らせ
ひとり親世帯臨時特別給付金のご案内
------------------------------------------------------------

給付金のご案内.jpg 給付金の手続き.jpg

○ひとり親世帯臨時特別給付金について

■支給対象者
1.基本給付
 児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付※1
   ※1 児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象になります
  (1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
  (2)公的年金給付等※2を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が
    全額停止される方
※3
   ※2 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
   ※3 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、
     児童扶養の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が
     全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。
  (3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、
    収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

2.追加給付
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付
 上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

ひらめき支給要件確認フローチャート


■支給額
1.基本給付
  1世帯 万円
  第2子以降ひとりにつき 万円
  
2.追加給付
  1世帯 万円


■受給手続
<支給対象者1(1)に該当する方>
 ○基本給付申請不要です
  ※ご注意ください
   ・給付金を希望しない場合には、送付する届出書を返送してください。
   ・児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約するなど、
    給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、振込指定口座を変更するなどの
    手続きをお願いします。

 ○追加給付申請が必要です
  定例の現況確認時(8月)などにあわせて、収入が減少している旨の申請を行っていただきます。

<支給対象者1(2)(3)に該当する方>
 ○基本給付、追加給付(1.(2)に該当する方)ともに申請が必要です。

※ "振り込め詐欺”や個人情報の詐欺”にご注意ください。
ご自宅や職場などに都道府県・市区町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

<お問い合わせ>
厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室
HP https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html
かわいい「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター
 0120−400−903 (受付時間 平日9:00〜18:00)
 FAXによるお問い合わせはこちら

2020年08月11日(Tue) 2020年8月末締切(予定)【岩手・宮城両県の社会的孤立防止支援事業】のお知らせ


スタッフの嶋村です。
公益財団法人 地域創造基金さなぶりより、
休眠預金を活用した助成事業に関するお知らせが届きました。

以下、概要です。

----------------------------------------------
「岩手・宮城両県の社会的孤立防止支援事業」
----------------------------------------------


公益財団法人 地域創造基金さなぶりは、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(略称:JANPIA)が実施する、コロナ禍の影響により新たな支援のニーズに対応するための新型コロナウイルス対応緊急支援助成の資金分配団体に選定されました。
今後、選定された事業内容に基づく事業を実施するための実行団体の公募・選定・助成を行います。
ーーーー
公募事業(予定)
本事業では、新型コロナウィルスによって社会的・経済的に強く影響を受ける層を想定し、以下の事業テーマにそって公募を行います。
1)食事/食料支援レストラン
新型コロナウイルスの影響により、経済的・社会的に困窮・孤立状況にある家庭、個人、学生等へ、国籍、障がいの有無等を問わず食事や食材の提供を図ることを通じて、生活の援助を図る取組み
※学生等:大学、大学院、短大、専門学校等

2)相談・住居支援家
新型コロナウイルスの影響により、経済的・社会的に困窮・孤立状況(虐待やDV、性的指向等、広範に捉える)にある家庭、個人、学生等へ、国籍、障がいの有無等に関わらず相談支援と住居支援等を通じて、生活の保障と援助を図る取り組み

3)連携促進右斜め上
上記に提示をした1,2の領域において、行政と民間、民間同士の協働の促進、並びになんらかの連携・協働事業の創出を図る連携調整(コーディネート)の取組み
ーーーーー

1) 実行団体への助成総額: 総額6,000万円を目途
2) 1実行団体あたりの助成額: 250万円、500万円、1,000万円を想定
3) 助成期間(実行団体の事業実施期間):
  2020年10月1日〜2021年春まで
4) 対象となる活動地域: 岩手県、宮城県
5) 申請締切:2020年8月末を予定

6)オンライン説明会
日程@:8月13日(木)16:00〜
日程A:8月13日(木)19:30〜
日程B:8月17日(木)19:30〜

お申込:以下のアドレスから参加のお申込をお願いいたします。
https://forms.gle/JKf8seNotnDad1776

個別相談会
日程:8月17日(月)〜8月26日(水)
時間:各60分
形態:オンライン会議 ※ZOOMを想定/但し、電話での対応も可能
予約: 以下のアドレスからご希望をお知らせください。調整のうえでご返信いたします。
https://select-type.com/rsv/?id=nMHKVjymHEc
2020年08月10日(Mon) 9/25〆切!<2020年スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム>公益財団法人住友生命健康財団


こんにちは。スタッフの舞草です。
公益財団法人住友生命健康財団より、助成金のお知らせが届きました。
以下、概要です。

---------------------------------------------------------------------------------------
2020年スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム【新規助成】 
〜コミュニティスポーツにより健やかな暮らしと文化の醸成〜
---------------------------------------------------------------------------------------


住友生命健康財団では、2010年に財団設立25周年を記念し、「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム」を開始しました。
私たちは、コミュニティスポーツを「地域において様々な人々が、楽しみながら参加・交流し、スポーツを通じて一人ひとりの健やかな暮らしの実現をめざす取り組み」と捉えています。
本プログラムでは、スポーツを楽しむ文化が地域に根づき、社会の新しい価値を創り出すような取り組みを応援します。コミュニティスポーツにかかわる全国の皆さまからのご応募をお待ちしています。なお、このプログラムは、市民社会創造ファンドの企画・運営協力の元に実施します。

sumisei.jpg

〇助成対象プロジェクト
【一般】地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につながるコミュニティスポーツ
【特定】心身の障がいや長期療養などにより社会参加が困難な状況にある人と共に楽しめるコミュニティスポーツ

<助成対象プロジェクトの例>
・地域の資源(人材、自然、施設など)を活かしたコミュニティスポーツの実践
・障がい、長期療養、セクシャルマイノリティ、外国にルーツを持つ当事者や家族も共に楽しめるコミュニティスポーツの実践
・多世代がともに楽しめるコミュニティスポーツの実践
・将来世代にわたって受け継がれるようなスポーツの価値を活かした実践(国際的なスポーツ大会から生まれた市民活動や、地域の伝統とスポーツの融合など)
・新たな視点や工夫をもったコミュニティスポーツの実践
・その他、趣旨に適った独自性のあるコミュニティスポーツの実践
※助成対象プロジェクトには、実践に必要な調査・研究、およびプロジェクトの評価やその普及・発展のための「実践研究」も含みます。但し、実践を伴わない研究は含みません。


〇助成の対象となる団体
以下の要件を満たすものとします。
@日本国内に活動拠点のある民間の非営利団体(法人格の種類や有無を問わない)で、団体としての活動実績があること
※アドバンスコースでは原則として応募時点で2年以上の活動実績があること
A団体の目的や活動が政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていないこと。
※助成対象となる団体は、スポーツ分野を専門とする団体に限りません。なお、個人は対象になりません。

〇助成種別
助成対象プロジェクトは、以下の取り組みの視点によって、2種類に分けられます。

1チャレンジコース
助成期間1年 50万円以下(1年間分)15件程度
地域におけるコミュニティスポーツのチャレンジと、その後の自立・発展をめざすもの

2アドバンスコース
助成期間2年 300万円以下(2年間合計)5件程度
地域を超えたコミュニティスポーツの展開や、特定の地域におけるコミュニティスポーツの深化をめざすもの
※1年ごとの助成金額は、プロジェクトの内容に応じて50万円から250万円の間で自由に設定のうえ応募ください。


〇助成期間
助成期間は助成種別により、以下のとおりとなります。

1チャレンジコース
2021年4月1日〜2022年3月31日(1年間)
※コミュニティスポーツのチャレンジとその自立・発展に必要な場合には連続して応募することも可能です。(2年間を上限とします)

2アドバンスコース
2021年4月1日〜2023年3月31日(2年間)
※2年目の助成については、初年度の活動の進捗に問題がないこと、並びに、該当年度の当財団における予算承認が完了することが条件となります。

〇応募受付期間
2020年8月25日(火)〜925日(金)必着

〇応募方法
応募用紙に必要事項を記入した応募企画書を作成のうえ、9月25日(金)必着で、下記に記載の「応募先」に電子メール、あるいは簡易書留・宅配便などの配達記録の残る手段でお送りください。
※持参での応募は受け付けません。
※応募書類は返却いたしませんので、必ずデータを応募団体で保管ください。
※電子メールでの応募があった場合は、事務局より受付完了のメール通知をします。郵送の場合はハガキで受付通知をお送りします。10月9日(金)までに通知がない場合は、お電話で事務局までお問合せください。
※応募書類に記載の個人情報は、「公益財団法人住友生命健康財団の個人情報保護に関する基本方針」を遵守し、適切に管理します。

〇応募用紙の入手方法
【チャレンジコース】と【アドバンスコース】では応募用紙が異なります。
各応募用紙は住友生命健康財団のURLよりダウンロードしてください。
郵送をご希望の場合は、郵便番号、住所、宛名、連絡先(電話番号)を明記し、「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム 応募用紙郵便希望」とご記入のうえ、住友生命健康財団宛にFAXにてご連絡ください。
FAX:03-3352-2021

その他、選考方法、選考の視点、助成開始後のスケジュールなどは住友生命健康財団のホームページにて募集要項をご覧ください
http://www.skzaidan.or.jp/pdf/sports_youkou_202008.pdf

〇応募先・お問い合わせ先
公益財団法人住友生命健康財団 事務局(担当:太田)
E-mail:sports☆am.sumitomolife.co.jp(☆を@に変えて)
〒160-0003
東京都新宿区四谷本塩町4-41 住友生命四谷ビル6階
TEL:03-5925-8660
FAX:03-3352-2021

2020年08月02日(Sun) 8/21〆切!コロナ禍で妊娠相談急増<2020年度妊娠SOS相談窓口の新設および拡充にかかる助成募集>日本財団


スタッフの大坪です。
日本財団によると、新型コロナウイルス感染症の影響により、一斉に学校が休校となった中、中高生からの妊娠相談が増加したそうです。
相談窓口を作るなど、十分な支援状況をつくろうと、この度、日本財団より支援のための助成が開始されましたので、お知らせいたします。

以下概要です

------------------------------------------------------------------------------------
2020年度
妊娠SOS相談窓口の新設および拡充にかかる助成募集
------------------------------------------------------------------------------------
日本財団は、2020年7月21日より、思いがけない妊娠をした女性が匿名で相談できる妊娠SOS相談窓口の新設及び既存窓口の体制強化を目的に、助成事業の募集を開始します。本助成事業を通じて、
1.虐待死の予防
2.子どもの安心・安全な養育環境の保障(特別養子縁組や里親など)
3.妊娠期からの支援による良好な親子関係の構築
4.母子の健康の保障
を目指します。

1. 対象となる団体
一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、などの法人格をもつ非営利団体。

2. 対象となる事業
妊娠SOS相談窓口の新規立ち上げ、既存の妊娠SOS相談窓口の拡充

3. 応募条件
◆妊娠SOS相談窓口体制の条件
 ・話だけでなく、SNSやメールでも匿名での相談−に応じること。
 ・必要に応じて面談や、病院・市役所等への付き添い支援を提供できること。
 ・妊娠にかかわる生活支援・社会福祉・児童福祉制度などについて説明が可能であること
  (社会的養護の制度を含む)
 ・相談員に助産師や社会福祉士などの専門職がおり、専門的なアドバイスが提供できること。
 ・行政との連携が期待できること。
 ・居場所の提供も行える場合は加点とする。
◆日本財団が企画する研修および連絡会議(年1〜2回程度を予定)に参加すること。
 また、連絡会議において、質の高い相談援助の実現を目的とする意見交換に参加し、
 可能な範囲で情報を提供すること。
◆日本財団による相談窓口の効果測定に協力すること。

4. 助成金の上限金額・補助率
2,000万円以内 補助率80%以内(10団体程度を予定)

5. 対象となる経費

対象となる経費は、助成事業の実施に必要な経費とします。申請時は、必ず各団体が通常使用する会計費目を使用してください。
助成対象はHPをご覧ください
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/happy-yurikago-sos

6. 対象となる事業の実施期間
2020年10月1日以降に開始し、2022年3月31日(事業期間約1年半)までに完了することを原則とします。
詳しくはこちら

事業期間:2020年10月〜2022年3月(1年半)
助成申請時期:2020年7月21日〜8月21日
※今回募集分

7. 申請手続き・申請受付期間
(1)申請の準備
 ・申請書に記入する内容を事前に準備する。
 ・申請書作成にあたっては、添付の様式を使用してください。
(→申請フォーマットはHPをご覧ください

(2)メール申請
募集期間:2020年7月21日(火)11:00〜2020年821日(金)17:00
申請受付締め切り日:2020年8月21日(金)17:00まで
・収集した個人情報及び団体情報は、助成金申請に関する業務及び各種案内の通知に利用します。
・申請書送付先: yurikago☆ps.nippon-foundation.or.jp
※☆を@に変換してください

(3)受付確認メールの受信
 ・2020年8月28日(金)までに配信されますので、ご確認ください。
 ・受付確認メールの受信が確認できない場合は、2020年8月31日(月)以降に、
  お電話(080-9086-9099)にてお問い合わせください。

8. 結果の通知
2020年9月下旬までに文書をもって、採否の結果をお知らせします。それ以前の採否のお問い合わせには、お答えできませんのでご了承ください。

位置情報お問い合わせ
申請手続きに関するお問い合わせ
日本財団 国内事業開発チーム
担当:新田、神尾
・住所:〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル
・電話:080-9086-9099(平日 9:00〜17:00)
・メールアドレス:yurikago☆ps.nippon-foundation.or.jp
※☆を@に変換してください
※テレワーク実施中につき、お問い合わせはなるべくメールでお願いいたします。

2020年07月25日(Sat) 9/25〆切<令和2年度(第27回)ボランティア活動助成募集>大和証券福祉財団


大和証券福祉財団より助成金のお知らせです。
大和証券福祉財団では福祉、医療分野におけるボランティア団体の活動支援やボランティア精神の普及啓発活動等を行い、誰もがいつでもボランティア活動に参加できるよう環境整備を図ることにより、福祉の向上に資することを目的としています。

以下、概要です。
------------------------------------------------------------
令和2年度(第27回)
ボランティア活動助成募集のご案内
------------------------------------------------------------

1.応募課題
@高齢者、障がい児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動
※平成29年度以降(第24回〜26回)に当財団から助成を受けた団体は、応募資格がありません。

A地震・豪雨等による大規模自然災害の被災者支援活動
※大規模自然災害とは、「東日本大震災」「平成28年熊本地震」「平成29年7月九州北部豪雨」「大阪府北部地震」「平成30年7月豪雨」「北海道胆振東部地震」「令和元年台風15・19号10月25日からの大雨」等

2.応募資格
ボランティア活動を行っているメンバーが5名以上で、かつ営利を目的としない団体
(任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等)。
※活動実績は問いませんが、設立して間もない団体による応募は、助成対象期間の活動予定が決まっている団体に限ります。
※同時募集の「第3回子ども支援活動助成」との同時応募はできません。

3.助成金額
上限30万円(1団体あたり)
総額4,300万円

4.助成対象経費
助成対象となる経費の項目は下記のとおりです。
「交通費・旅費」「備品」「消耗品費」「通信費」「会場費」「制作費」「謝金」「その他」
詳細は、下記の【申請書記入に関する留意事項】の「9.助成金使途内訳」をご覧ください。
下記の経費は、助成の対象外となります。
(1) 記念事業(記念行事、記念誌の発行等)
(2) 他のボランティア団体への助成
(3) 団体のメンバーに対する謝金
(4) 団体の事務所の家賃・人件費・光熱費等の運営費
※なお、ボランティア活動に必要なメンバーの交通費・旅費、及び居場所等の運営に必要な家賃等の費用は助成の対象となります。

5.応募期間
令和2年81日(土)〜915日(火)(当日消印有効)

6.助成対象期間(領収書の有効日付)
令和3年1月1日(金)から1年間

7.応募方法
所定の「申請書」を当財団事務局宛にご郵送ください。
※申請書は、当財団のホームページからダウンロードできます。
申請書のコピーは、必ずお手元に保管しておいてください。
※お送りいただきました書類の返却はできませんのでご了承ください。
※申請書は、HPよりダウンロードできます。

8.選考基準
地域における活動の効果・影響力
活動予定の具体性
活動の継続性および発展性
社会福祉協議会及び行政等との連携性

9.選考結果
令和2年12月中旬、代表者のご自宅に郵送いたします。
なお、選考の過程及び内容についてはお伝えできませんので予めご了承ください。

10.助成金贈呈式
贈呈式は、大和証券の本支店にて令和2年12月下旬〜令和3年3月下旬に開催予定。
助成金は、贈呈式終了後10日前後に申請団体名義の預貯金口座へ振り込みます。

11.報告書の提出
「活動助成報告書」及び「助成金使途内訳表」(申請団体名の領収書添付)を助成対象期間終了後、令和4年1月31日(月)までに当財団に郵送していただきます。
「助成金使途内訳表」は、申請書の「助成金使途内訳」に沿ったものをご提出ください。

12.個人情報
申請書に記入された個人情報は厳重に管理し、助成業務のみに使用いたします。
採用された場合、当財団のホームページ等に団体名、所在地、代表者名、助成金額を公表させていただきます。
申請書記入に関する留意事項

(送付先)
〒104-0031
東京都中央区京橋1-2-1 大和八重洲ビル
公益財団法人 大和証券福祉財団 事務局
(問合せ先)
TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014
Eメール: fukushi☆daiwa.co.jp(☆を@に変えてください)

--------------------------
詳しくは大和証券福祉財団の応募要領をご覧ください。
申請における留意事項等載っておりますので必ずご確認ください。
2020年07月17日(Fri) 7/29必着!新型コロナウイルスの影響で困窮する、外国にルーツがある人々への支援活動助成受付中<三菱財団×中央共同募金会>


スタッフの大坪です。
公益財団法人三菱財団社会福祉法人中央共同募金会が共同で実施する助成事業助をご紹介します。

以下、概要です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
〜新型コロナウイルス感染下において困窮する人々を支援する〜
外国にルーツがある人々への支援活動応援助成事業受付

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■趣 旨
この助成事業は、三菱創業 150 周年記念社会貢献事業の一環として供出された公益財団法人三菱財団からの資金を原資に、公益財団法人三菱財団社会福祉法人中央共同募金会が共同で実施するものです。新型コロナウイルス感染下において、国内に在住し、生活に困窮する外国にルーツがある人々を支援する活動を、資金面から応援することを目的として実施します。

■助成金額・規模
○1 団体あたりの助成上限額は300万円とします。
○助成総額は1億円を予定しています。

■助成対象団体
○新型コロナウイルス感染下において、国内に在住し、生活に困窮する外国にルーツがある人々を支援する活動を展開する非営利団体
〇複数の団体が連携・協働して実施する活動も対象
○法人格の有無は問わないが、1 年以上団体としての活動(事業)実績があり、必要書類を提出できることを要件とする

■応募締切日
2020年29日(水)必着

■応募方法
下記から応募要項および応募書@Aをダウンロードし、応募書@とAに記入のうえ、必要書類を添付して、応募要項に記載の応募先へEmail(kikin-for☆c.akaihane.or.jp ※☆を@に変えてください)でご応募ください。
※全ての書類をEmailで送信することが難しい場合は、郵送での応募も認めます。ただし、応募書@(word形式)応募書A(Excel形式)はEmailで送信のうえ、メール本文にその他の書類は郵送する旨、記載してください。郵送の場合も応募締切日必着となります。

外国にルーツがある人への支援活動を応援する助成事業 応募要項

以下については、コチラからダウンロードしてください。
外国にルーツがある人への支援活動を応援する助成事業 応募書@(word)
外国にルーツがある人への支援活動を応援する助成事業 応募書A(Excel)


位置情報問い合わせ・応募書送付先
社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル 5 階
E-mail:kikin-for☆c.akaihane.or.jp(☆を@に変えてください)
電話:03-3581-3846 Fax:03-3581-5755

※新型コロナウイルス感染防止対策のため、本会は一部在宅勤務体制をとっております。
お問い合わせはできるだけ Email でお願いします。

2020年07月06日(Mon) 8月31日必着!宮城県共同募金会「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業募集のお知らせ



社会福祉法人 宮城県共同募金会
より助成金情報のお知らせが届きました。


以下、概要抜粋
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
社会課題解決
「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業
〜あなたの団体の活動費を共同募金会と一緒に集めませんか?〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本プロジェクトは、共同募金運動の一環として、各団体が取り組む地域の課題を解決するための活動費を共同募金会と一緒に集め、課題解決を図るものです。自らの地域課題について、自らが学び、自らが行動しその役割の一翼を担う、いわば自発と自治の時代の中で、行政が提供するサービスに加え、地域住民やNPOが主体となり、サービスをつくり、提供することで寄付者の共感や賛同を得る新たな募金の循環のしくみの構築を図って参りたいと考えます。

〇助成対象団体
県内において活動する民間の非営利団体で、下記の要件を満たした団体を対象とする。(個人は対象外)

〇対象となる事業
各団体が取り組む社会課題解決事業

〇助成対象費用
対象事業の目的達成のために必要となる経費を原則とします。

〇募金活動と対象事業の実施について
募金活動期間:令和2年12月1日(火)から令和3年2月28日(日)まで

〇助成額について
1団体あたり助成申請額は10万円以上とします。
助成額は、団体に寄せられた募金額に加算額を加えた額とします。

〇応募方法
別紙様式に必要事項を記入の上、本会へ提出してください。
社会解決課題「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業
エントリー応募用紙

〇募集期間
令和2年8月3日(月)〜831日(月)必着

〇エントリー団体(助成対象団体)の決定について
団体からの申請については、本会による審査を経て決定します。
決定時期は、令和2年9月下旬を予定しております。

ひらめき詳しくは「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業募集要項をご覧ください


位置情報問い合わせ先
社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051 仙台市若林区新寺一丁目4-28
TEL 022-292-5001 FAX 022-292-5002
Mail:post☆akaihane-miyagi.or.jp(☆を@に変えて)
HP:http://www.akaihane-miyagi.or.jp


2020年06月07日(Sun) 7/3〆切!レポート募集<あしたのまち・くらしづくり活動賞>地域活動の経験をお寄せください!


こんにちは、スタッフの宮アです。

地域活動団体の体験や活動の様子をレポートとして募集し、表彰をするコンテストが開催されます。
みなさんの活動が評価されるかもしれません。

以下、企画概要です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
令和2年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞 レポート募集
かわいいみなさんの地域づくりの“元気の素”をふるってご応募ください!かわいい
---------------------------------------------------------------------------------------------


公益財団法人あしたの日本を創る協会は、くらしづくりや地域づくりに取り組む人たちを応援します。
あしたの日本を創る協会、各都道府県新生活運動等協議会、読売新聞東京本社、NHKが共催して実施しています。
入賞した団体の活動の様子は、読売新聞やNHKで紹介されます!

地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。

◆募集の対象
(1)対象団体・活動期間
 地域住民が自主的に結成し運営している地域活動団体、または、地域活動団体と積極的に連携して地域づくりに取り組む企業、商店街、学校等。活動に2年以上取り組み、大きな成果をあげて活動している団体。
(2)活動範囲
 市区町村地域程度まで。

◆表彰・賞状等の贈呈(予定)
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣総理大臣賞……1件  賞状、副賞20万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣官房長官賞……1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・総務大臣賞…………1件  賞状、副賞10万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・主催者賞……………5件  賞状、副賞 5万円
 ●あしたのまち・くらしづくり活動賞・振興奨励賞………20件  賞状

◆応募の締切 令和2年日(金)

◆応募の方法
1.応募に必要な書類
(1)応募用紙
 応募用紙のダウンロード Word形式/PDF形式(右クリックをし、「対象をファイルに保存」を選び、任意の場所に保存してください。)
 ダウンロードできない方はメールでお問い合わせください。
(2)応募レポート
 活動内容と現在までの成果等を、2,000字程度でお書きください。
(3)写真
 キャプションをつけて、5〜6枚程度添付してください。
(4)その他(任意)
 上記以外に、活動内容を補足する文書、実施記録等がある場合には添付してお送りください。

2.応募書類の提出方法
(1)原則としてEメール(ashita★ashita.or.jp ※★を@に変えて送信してください)でご提出ください。郵送、宅配便も可です。
(2)応募書類の送付先は、あしたの日本を創る協会まで。
 ただし、兵庫県内からの応募については、別途県協議会までお問い合わせください。
兵庫県:あすの兵庫を創る生活運動協議会TEL078-341-7711(内2737)

詳しくはコチラからご確認ください→★★★

位置情報応募書類の送付先・お問い合わせ
公益財団法人あしたの日本を創る協会
〒113-0033:東京都文京区本郷2−4−7 大成堂ビル4階
TEL:03-6240-0778 FAX:03-6240-0779
Eメール:ashita★ashita.or.jp(★を@に変えて送信してください)
*応募書類の提出は、原則としてEメールでお送りください。郵送、宅配便も可です。
*次の県内からの応募については下記までお問い合わせください。
兵庫県:あすの兵庫を創る生活運動協議会TEL:078-341-7711(内2737)

2020年06月04日(Thu) 6月19日〆切!感動する心を育てる「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」第2回(2021年度)募集開始


スタッフの舞草です。
公益財団法人ソニー音楽財団から、感性豊かな子どもたちが音楽芸術に触れることで、感動する心を育てることを目的とした「ソニー音楽財団子ども音楽基金」の第2回(2021年度)募集開始のお知らせが届きました。

---------------------------------------------------------------------------------------
「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」第2回(2021年)募集開始
感動する心を育てる―ソニー音楽財団は、子どもの音楽活動を支援します。
---------------------------------------------------------------------------------------


以下、概要抜粋。

ソニー音楽財団では、子どもたちが豊かな感性・すこやかに生きる力をはぐくむためには、音楽を通じた体験や活動が重要であると考えております。
先進国でも相対性貧困などに起因する教育格差が社会問題となるなか、地域・環境・経済状況などに左右されることなく音楽に触れることのできる社会であることを目指し、当財団は、2019年(令和元年)に「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」を設立いたしました。当基金では、子どもたちへの教育を目的とした音楽活動に取り組んでいる団体の活動を支援し、助成を行うことで、子どもたちが心豊かに暮らすことのできる環境づくりをサポートいたします。

20200604145615_00001.jpg

〇助成の目的
子どもたちの音楽を通じた体験や活動によって、豊かな感性、創造性や好奇心をはぐくむ。すこやかに生きる力をそだて、将来への意欲や関心を高める。子どもの育成を地域社会から活性化させ、子どもの孤立を防ぐ。

〇対象となる団体・活動
・日本国内の18歳未満の子どもを対象に、音楽を通じた教育活動に取り組んでいる国内の団体およびその活動。
・法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動するための体制が整っている団体およびその活動
※クラシック音楽およびそれに準するものを原則とします。

〇助成金額
1団体につき、10万円〜300万円/年度
・活動内容や活動規模および申請額に基づき金額を決定します。
・助成対象となる経費など、詳細はウェブサイトにてご確認ください。

〇助成対象期間
2021年度:2021年4月1日〜2022年3月31日
※原則として期間は1年間としますが、活動が複数年にわたる場合は、継続して助成を行う場合があります。その場合は、年度毎に再度応募書類をご提出いただいた上で、助成継続可否の審査を行います。

〇選考方法、選考基準について
詳細は、ウェブサイトからご確認ください。

〇募集要項・応募用紙入手方法
「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」ウェブサイトよりダウンロードしてください。
・郵送をご希望の場合は、送付先の郵便番号・住所・団体名・担当者氏名・電話番号を明記のうえ、Eメールにて、件名を「子ども音楽基金 書類郵送希望」としてご請求ください。

〇応募方法
Eメールにてご応募ください。
・作成した必要書類を全てPDF化して添付の上、Eメール(kok★sonymusic.co.jp ★を@に変えてください)にて、お送りください。
・ファックス・お持ち込みによる応募は受付できません
・Eメールでの応募が難しい場合は、作成した応募用紙・添付書類を印刷の上、ソニー音楽財団宛にご郵送ください。

〇応募締め切り
2020年619日(金)必着

〇ご応募にあたり
・応募の前に、「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」ウェブサイトにて詳細をご確認ください。
・一度応募された書類の差し替えは、受付できません。
・書類受付時や選考中に、必要に応じて当財団より電話・メールなどでヒアリングをさせていただく場合があります。
・採択団体は、助成金額をはじめ団体名・代表者・所在地・活動内容を公表させていただきます。
・採択結果に関するお問合せにはお答えしかねます。

るんるん応募・お問合わせ先るんるん
〒102-8353
東京都千代田区六番町4-5 SME六番町ビル
公益財団法人ソニー音楽財団「子ども音楽基金」係
Eメール:kok★sonymusic.co.jp(★を@に変えてください)
※お問合せはEメールでのみ受け付けします。

2020年03月21日(Sat) 3/31〆切!2020年度(第18回)ドコモ市民活動団体助成事業


NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(事務局)から助成事業のご案内です。
以下、概要です。

----------------------------------------------------------------------------
2020年度(第18回)ドコモ市民活動団体助成事業の募集開始について
―よりよい未来のために頑張る仲間を応援します―

----------------------------------------------------------------------------
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(以下:MCF)では、2003年度より『ドコモ市民活動団体助成事業』を開始し、将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援する活動に取り組む全国の市民活動団体の皆様に対して、助成金による活動支援を実施してきました。

2020年度におきましても、子どもを取り巻く様々な社会課題に取り組む市民活動団体の皆様が、これまでの活動を充実・発展させるため、また、新たな社会課題にチャレンジするための活動支援を積極的に実施します。

◆助成対象活動
活動テーマ1:子どもの健全な育成を支援する次のような活動
1.不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、
  復学・社会的自立を支援する活動(フリースクール、カウンセリングなど)
2.児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、
  性暴力などの被害児童・生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援及び虐待防止啓発活動(※)
3.非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動
4.子どもの居場所づくり
  (安心・安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)
5.障がい(身体障がい・発達障がいなど)のある子どもや難病の子どもを支援する活動
  (療育活動、保護者のピアサポート活動など)
6.マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBTなど)の子どもを支援する活動
7. 地震・台風などの自然災害で被災した子どもを支援する活動
8.上記1〜7以外で「子どもの健全な育成」を目的とした活動
※児童虐待防止啓発活動については、MCFの特定課題と位置づけ、採択率を高めに設定します。

特定課題について
全国各地で相次ぐ死亡事件など、児童を対象とした深刻な虐待事件が継続的に発生し、また、児童虐待に関する相談対応件数も年々増加しています。こうした状況を踏まえ、2018年度から「児童虐待防止活動」をMCFの特定課題として位置づけ、助成団体と連携し、虐待防止の啓発活動について積極的に取り組んできましたが、2020年度においても、本活動をさらに充実し継続的に取り組みます。

活動テーマ2:経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動
1.学習支援活動:放課後学習サポート、訪問学習支援、学習能力に合わせた個別ケアなど
2. 生活支援活動:子育てサロン、子ども食堂、シングルマザーへの支援、
  フードバンク、居場所の提供など
3.就労支援活動:職業体験、社会的養護退所者の就労支援など
4.上記1〜3以外で「経済的困難を抱える子どもの支援」を目的とした活動


◆助成対象団体

1.日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体。
  なお、活動実績が2年以上であること(基準日:2020年3月1日)。
2. 複数の団体が連携した協働事業の場合は、代表申請団体が上記1の要件を満たしている
  ことを条件とします。
3. 任意団体については、5人以上のメンバーで構成され、活動状況についてホームぺージ、
  SNS(ブログ、フェイスブック等)による活動状況の発信や団体情報の開示を行っている
  団体。また、会則、規約又はそれに相当する文書を有し、適正な事業計画書、予算・決算書
  が整備されており、応募団体が活動する地域の中間支援組織
  (NPO支援センターなど活動支援団体)からの推薦があることを条件とします。
4.助成決定後、申請事業の活動計画に基づいた目標設定、四半期ごとの経過報告、効果検証、
  活動成果の作成・公表等について、実施していただける団体。
  (「応募にあたっての注意点」をご確認ください。)
5.申請事業の活動状況について、団体のホームぺージやSNS(ブログ、フェイスブック等)に
  よる定期的な情報発信を実践していただける団体。

※1 反社会的勢力とは一切関わっていないこと、また、活動内容が政治、宗教、思想に偏っていないことを要件とします。
※2 1団体1申請に限ります。

◆応募受付期間
2020年2月10日(月)〜331日(火)必着

◆助成金額
助成総額:3,500万円上限
1.子どもの健全な育成を支援する活動
  1団体あたり上限70万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。
  なお、2019年度の助成決定団体からの応募については、1団体あたり上限100万円までの
  応募を可能とします。
2.経済的困難を抱える子どもを支援する活動
  1団体あたり上限100万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。

◆助成対象期間
2020年9月1日〜2021年8月31日の期間に実施する1年間の活動を対象とします。

◆応募方法
当ホームページからダウンロードした申請書に必要事項を記入・押印のうえ、MCF事務局宛に、簡易書留、宅配便など必ず配達記録が残る手段で送付してください。
併せて、申請書の電子ファイル(Excel版・押印不要)を添付してEメールにて「info★mcfund.or.jp」に送信してください。(★を@に変えて)
配達記録が残らない手段で送付された場合、紛失の責任は負いません。
※MCF事務局への持ち込み、ファクスやEメールのみによる申請は受け付けません。
申請書等はこちらからダウンロードください。

◆申請書送付先
〒100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F 
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局
Eメール:info★mcfund.or.jp(★を@に変えて)

2020_18-thumb-autox200-2316.png

詳しくは、リーフレットホームページをご覧ください。
| 次へ