CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | NPOなどからの情報»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2021年11月18日(Thu) 11/26オンライン開催!<仙台若者アワード最終審査プレゼンテーション>配信はどなたでも視聴可能です

こんにちは。スタッフの小田嶋です。
今年で5回目となる「仙台若者アワード2021」の最終審査プレゼンテーションがオンラインで行われます。SDGsの達成やコロナ禍で顕在化した課題などに向き合う若者たちのプレゼンテーションを生配信でどなたでも視聴することができます。

以下概要です。

仙台若者アワード2021---------------------------------------------
最終審査プレゼンテーション@オンラインを開催します
-------------------------------------------------------------------------------

手(グー)若者が社会課題に向き合い、新しい生活様式に対応した活動を発表します!ぴかぴか(新しい)
本市では、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社と一般社団法人ワカツクとの協働により、若者の社会参加を一層促進することを目的として、社会課題の解決に向けて取り組む団体が行う優れた活動を表彰する「仙台若者アワード」を開催します。
5回目を迎える今年は、社会課題の解決に取り組む若者の活動結果を表彰する「表彰部門」の最終審査と、地域企業と若者団体とのコラボレーションにより、新たな活動を生み出す「協働部門」の中間発表を行います。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動が制限される中、若者団体はオンラインツールの活用や、柔軟な発想を生かし、SDGsの達成やコロナ禍で顕在化した課題にも向き合ってきました。そうした活動を可視化し、表彰を通じて応援することと、感染防止対策を両立するため、昨年に引き続き「最終審査プレゼンテーション」をオンラインで開催します。
この機会に若者の熱いプレゼンテーションをぜひご覧ください。

日時(オンライン配信)
令和3年11月26日(金曜日)18時から21時(予定)

内容
「表彰部門」のファイナリスト8団体の若者によるプレゼンテーション、審査、受賞団体の発表
「協働部門」で活動する2チームによる中間発表
SDGsに関するミニセミナー(講師:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教 高木 超 氏)

参加方法
どなたでもYouTubeの生配信で、無料でご覧いただけます。(事前申込不要)
「仙台若者アワード2021公開プレゼンテーション@オンライン」YouTube(外部サイトへリンク)

詳細
発表団体やその他詳細については、「仙台若者アワード2021」WEBサイトをご覧ください。
「仙台若者アワード2021」WEBサイト(外部サイトへリンク)

主催
仙台若者アワード実行委員会
(構成団体:仙台市、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、一般社団法人ワカツク

問い合わせ先
仙台若者アワード実行委員会事務局(一般社団法人ワカツク)
(電話)022-721-6180

■関連リンク
仙台若者アワード2021最終審査プレゼンテーション@オンラインを開催します
仙台若者アワード
2021年11月18日(Thu) 12/1最終報告会を開催<仙台まちづくり若者ラボ−みんなとつくりたい仙台がある>観覧者募集中!【11/29〆切】

こんにちは。スタッフの小田嶋です。
仙台市では、仙台市に居住または通勤・通学する18歳からおおむね30歳までの若者を対象に「自分ごと」としてまちづくりに関わることができる「仙台まちづくり若者ラボ」を開催してきました。今年7月から実施してきた2021年度活動の集大成として、参加者による最終報告会を開催します。

以下概要です。

20211118142743_00001.jpg

-------------------------------------------------------
仙台まちづくり若者ラボ 最終報告会
みんなとつくりたい仙台がある
-------------------------------------------------------

仙台市では、若者の自由な発想を仙台の活力創出につなげるため、令和2年度から「仙台まちづくり若者ラボ」を実施しています。
この事業は若者自らが「自分ごと」として関われるまちづくりに関するテーマを設定し、ワークショップやフィールドワークといった実践型プログラムを通じて、そのプロセスや成果を発信するとともに、まちづくり活動の担い手となる若者の発掘・育成を目指すものです。
今年度は、「みんなとつくりたい仙台がある」を基本コンセプトとし、若い世代の参加者が「まちの特派員」となって自らの視点で取材活動を行ってきました。
このたび、参加者がこれまでの活動を通して得られた発想やアイデア、今後継続的に取り組むアクションについて、最終報告会を開催します。また、開催にあたり観覧者の募集を行います。

1 日時
令和3年12月1日(水曜日)19時〜21時15分(18時30分開場)

2 会場
仙台市市民活動サポートセンター 地下1階 市民活動シアター
(所在地:仙台市青葉区一番町4丁目1-3)

3 内容
仙台まちづくり若者ラボ参加者からのプレゼンテーション
市長による講評

4 出席者
仙台まちづくり若者ラボ参加者 6チーム 計33名
市長、市民局長 等

5 観覧者の募集について
(1)定員 先着10名
(2)申込方法
みやぎ電子申請サービスにより、11月29日(月曜日)までにお申し込みください。定員に達し次第、募集を締め切ります。
みやぎ電子申請サービス(外部サイトへリンク)
※最終報告会の様子は、後日仙台市公式動画チャンネル「せんだいTube」で配信します。

6 問い合わせ先
仙台まちづくり若者ラボ事務局(株式会社JTB仙台支店内)
電話:022-263-6712(平日9時30分〜17時30分 ※土日祝日除く)

■関連リンク
仙台まちづくり若者ラボーみんなとつくりたい仙台があるー最終報告会を開催します
仙台まちづくり若者ラボ(外部サイトへリンク)
仙台まちづくり若者ラボFacebookページ(外部サイトへリンク)
2021年10月11日(Mon) 第23期事務用ブース新規使用者追加募集のお知らせ


市民活動サポートセンターでは、NPOやボランティア団体など自発的で公益的な活動を行う団体が、事務局機能の強化を図るための簡易事務所として使用することができる「事務用ブース」を設置しています。
今回、事務用ブースの第23期使用希望者を追加募集します。(使用期間:令和4年2月1日から8月31日まで)

DSC07923-0a3af-thumbnail2-thumbnail2.jpg

募集対象
継続的に市民活動を行い、市内に専用事務所をもたない団体(事業者を除く)

使用期間
令和4年2月1日から8月31日までの期間
(最長3年まで使用可能ですが、継続にあたり毎年審査があります。)

使用料
月額 7,200円
(光熱水費を含む。使用月がひと月に満たない場合はひと月に切り上げ。)

募集数
5ブース

受付期間
令和3年10月11日(月)から11月26日(金)(ただし土日・祝日は除く)
※受付時間:午前9時から午後5時まで

申し込み
仙台市市民協働推進課または仙台市市民活動サポートセンターで配布する「仙台市市民活動サポートセンター事務用ブース応募申請書」に、必要事項をご記入のうえ、団体規約や会報、収支計算書等活動内容の分かる資料を添付して、仙台市市民協働推進課(二日町第四仮庁舎2階 TEL022-214-1089)へご持参ください。(郵送不可)

※なお、応募申請書はこちらからダウンロードできます。
◆申請書(新規団体用)(ExcelPDF
◆ブース募集要領(新規)(PDF

※仙台市ホームページからもダウンロードできます。
https://www.city.sendai.jp/kyodosuishin/kurashi/manabu/npo/support/booth2302.html

お問い合わせは
仙台市市民局 市民協働推進課

〒980-8671 仙台市青葉区二日町1番23号 二日町第四仮庁舎2階(アーバンネット勾当台ビル)
TEL 022-214-1089 FAX 022-211-5986

※応募申請書の記載にあたってのご相談や団体の活動に関するご相談は
仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目1番3号
TEL 022-212-3010 FAX 022-268-4042 

注意事項
◆応募資格並びに事務用ブースの詳細は仙台市市民活動サポートセンターならびに仙台市関係施設の配架チラシをご確認ください。
2021年10月07日(Thu) 10/31開催!「みんなのまちづくりフォーラム2021 新たな杜の都チャレンジ」仙台のまちづくりを考えてみませんか?


こんにちは。スタッフの于楽(う らく)です。
仙台市まちづくり政策局政策企画課から、イベント開催のお知らせが来ましたのでご紹介します。仙台のまちづくりを考える内容になるので、関心のある方はぜひご参加をご検討ください。

以下、概要です。

---------------------------------
みんなのまちづくりフォーラム2021
新たな杜の都へのチャレンジ
―“The Greenest City” SENDAI―の実現に向けて
---------------------------------
次項有みんなのまちづくりフォーラム2021
「新たな杜の都へのチャレンジ―“The Greenest City” SENDAI―の実現に向けて」を開催します
 

仙台市では、令和3年度を始期とする「仙台市基本計画2021-2030」を策定しました。この計画では、8つのチャレンジプロジェクトを挑戦の舞台とし、私たちが目指す未来を私たち自身の手でつくっていくことを掲げています。
そこで今回、「仙台がこんなまちになったらいいな」を実現するための自分たちができることについて、実際に活動している方と一緒に考えるオンラインイベントを開催いたします。皆さん自身ができることについて一緒に考えてみませんか。

r3_forum_1.jpg r3_forum_2.jpg

開催日時:令和3年10月31日(日)13時30分〜15時30分
     ・オンライン開催のため、WEB環境をご用意ください。
     ・接続環境が整っていない場合は、下記までお問い合わせください。
対  象:中学生以上の方
定  員:30名【事前申込制・抽選】

プログラム:
・前半:まちづくりの実践者による活動紹介―仙台市基本計画と私のチャレンジプロジェクト―
    出演者による仙台市基本計画のチャレンジプロジェクトに関連した実践例を紹介します。
・後半:グループワーク(定員30名)―実践者と考える、私にできること―
    10名程度のグループに分かれて、「仙台がこんなまちになったらいいな」を実現するための自分自身ができることなどについて出演者と一緒に考えます。

出演者:
 遠藤 智栄さん(地域社会デザイン・ラボ代表)
 榊原 進さん(特定非営利活動法人 都市デザインワークス代表理事)
 佐藤 美嶺さん(防災士/西公園プレーパークの会理事)

申込方法:
下記のリンク先から入力するか、チラシ裏面の「参加希望票」により郵送で令和3年10月15日(金曜日)までにお申し込みください。
https://www.shinsei.elg-front.jp/miyagi2/uketsuke/form.do?id=1632726662633
お申し込みいただいた方には、参加の可否を10月下旬にお知らせします。

※搭載しているOSがiOS、Androidの場合、「スマートフォン版」のボタンをクリックし、申請へお進みください。
それ以外のOSを搭載している場合は、「パソコン版」のボタンをクリックし、申請へお進みください。
電子申請サービスのご利用に必要な動作環境については、以下のリンクよりご確認をお願いします。
電子申請サービスの動作環境のご確認はこちら(外部サイトへリンク)


留意事項:
・当日は仙台市の広報や報告書作成のため、写真や動画の撮影を行います。また、報道機関による取材が入り、報道される場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・お申し込みの際にいただいた個人情報は、本イベントの事務連絡に使用します。また、仙台市から基本計画に関するイベント等の情報をお送りする場合があります。

<お問い合わせ>
まちづくり政策局政策企画課
〒980−8671 仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階
電話番号:022-214-1245 ファクス:022-268-4311
Eメール:mac001620_01★city.sendai.jp(★を@に変えて)
2021年09月13日(Mon) 市民活動サポートセンターの利用を再開します


0913_ウィジェットまん延防止対応.png

宮城県が緊急事態措置を実施すべき区域でなくなることから、市民活動サポートセンターの利用を再開します。
〔利用開始日〕令和3年9月13日(月曜日)
※停止していた9月分の新規予約は、13日午前9時から受付を再開します。

なお、まん延防止等重点措置を実施すべき区域に本市が指定されている期間(令和3年9月13日〜9月30日)における市民活動サポートセンターの取り扱いを次のとおりとします。

1 開館時間
次のとおり閉館時間を繰り上げます。(日曜祝日を除く)
9時〜20時(日曜、祝日〜18時)

●施設にける感染防止策
本市ガイドライン記載の〈催物開催の目安〉に即した利用を要請します。
飛沫感染等による感染リスクが高いと考えられる活動(カラオケ等)の利用自粛を求めるとともに、チェックリストや巡視等により感染防止策の徹底を行います。

2 使用料金の返金について
新型コロナウイルス感染症拡大防止を理由として、令和3年9月30日(木曜日)までの貸室利用分の予約を取り消した場合は、すでに納付いただいた使用料を全額返金します。
詳しくは、仙台市市民活動サポートセンターまでお問合せください。
また、市民活動シアターの使用料につきましては、これまでの取り扱いと同様です。

▽仙台市ホームページ
http://www.city.sendai.jp/kyodosuishin/kurashi/manabu/npo/support/katsudo.html
2021年09月09日(Thu) 市民活動シアターの使用料を減額します(2021年9月9日更新)


0909_シアター減額更新.png

新型コロナウイルス感染症の影響により、屋内イベントには収容率50%以内の制限が設けられ、開催が難しい状況が続いています。

そのため、市民活動サポートセンター内市民活動シアターについて、使用料の減額を行い、感染拡大防止に配慮したイベントの再開を促進します。

※減額期間を令和3年9月30日までとしておりましたが、新型コロナウイルス感染症の状況をふまえ、令和4年3月31日まで延長しました(なお、国の催物開催制限が緩和された場合には、一定の周知期間の後、申請の新規受付を停止する場合があります)。

1 対象期間
令和2年6月19日〜令和4年3月31日まで

2 内容
使用料の5割を減額します

〇留意事項
・利用目的は問わず、収容率50%以内で開催することを条件とします。
・準備に使用する場合の使用料も対象とします。
・附帯設備の使用料は、対象外とします。
・新型コロナウイルス感染症の感染状況が悪化したことにより本市から施設利用者に対して施設利用の自粛要請を行うこととなった場合、当該期間中の減額申請の新規受付を停止することとします(令和3年8月30日より、この取り扱いを適用します)。

3 減額適用手順
詳しくは、市民活動サポートセンターへお問い合わせください。

4 その他
催物開催制限の基準に合わせて減額の割合を変更する場合があります。

5 令和2年9月19日以降の取り扱いについて
「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う仙台市の事業及び施設等の取り扱いに係るガイドライン」における<催物開催の目安>を踏まえ、令和2年9月19日以降の市民活動シアター利用に係る使用料減額の取り扱いは以下のとおりとします。

〇開催制限の緩和の概要
(A)大声での歓声、声援等が想定されないもの
収容基準:収容定員の100%以内

(B)大声での歓声、声援等が想定されるもの
収容基準:収容定員の50%以内 ※異なるグループ間では座席を1席設け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくともよい。すなわち、収容定員の50%を超えることがある。

〇市民活動シアター利用に係る使用料減額の取り扱い
従前より、定員の半数以下の人数での利用に対し減額を行っておりましたが、開催制限緩和後につきましても、定員の半数以下の人数で利用する場合は減額対象となります。
加えて、令和2年9月19日以降の利用については、収容定員の50%以内を基本とし、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けないことによって収容定員の50%を超えた場合についても、減額対象とします(減額申請時に、そのような収容方法で市民活動シアターを利用する旨を申告してください)。
※(A)(B)どちらの催物であっても、同様の取り扱いとします。

6 イベント中止時の使用料返還について
中止時の負担を軽減することでイベント開催を促進する観点から、令和4年3月31日までの利用分について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を主な理由として市民活動シアターの利用を取りやめる場合には、使用料を全額返還します。

※市民活動シアター以外の貸室については、 仙台市市民活動サポートセンターホームページから最新の情報をご覧ください。

▽仙台市ホームページ
市民活動シアターの使用料を減額します
仙台市施設使用料の減免を実施します
2021年08月27日(Fri) 【お知らせ】市民活動サポートセンターの利用を休止します


0826_緊急事態宣言ウィジェット.png

令和3年8月25日(水曜日)新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態措置を実施すべき区域に宮城県が指定されました。

こうした事態を受け、市民活動サポートセンターの取り扱いを次のとおりといたします。

1 利用休止について
本市ガイドラインの改訂(二十三訂版)に伴い、次のとおりといたします。
なお、令和3年8月29日(日曜日)までは、9時から20時まで(日曜日は18時まで)に時間を短縮して開館いたします。

利用休止期間
令和3年8月30日(月曜日)から9月12日(日曜日)まで
※すでに利用休止期間の利用申込をされている場合は、利用の中止をお願いいたします
※令和3年8月30日(月曜日)から9月30日(木曜日)利用分までの新規の貸室利用申込は受け付けません

一部継続するサービス内容
1.窓口業務(市民活動などの相談、使用料還付手続き、各種使用料等収納など)

2.事務ブース、ロッカー、レターケースの利用
※なお、継続するサービスは毎日17時まで行います(定期の全館休館日を除く)

2 使用料金の返金について
新型コロナウイルス感染症拡大防止を理由として、令和3年9月12日(日曜日)までの貸室利用分の予約を取り消した場合は、すでに納付いただいた使用料を全額返金します。

詳しくは、市民活動サポートセンターまでお問い合わせください。
また、市民活動シアターの使用料につきましては、これまでの取り扱いと同様です。


▽仙台市ホームページ
【お知らせ】市民活動サポートセンターの利用を休止します
2021年08月19日(Thu) 【お知らせ】まん延防止等重点措置期間中の開館について(2021年8月19日更新)


0819_まん防20時閉館_アイコン.jpg

まん延防止等重点措置を実施すべき区域に本市が指定されている期間における市民活動サポートセンターの取り扱いを次のとおりとします。【令和3年8月19日更新】

1 開館時間
次のとおり閉館時間を繰り上げます。(日曜祝日を除く)
9時〜20時(日曜、祝日〜18時)

●施設における感染防止策
本市ガイドライン記載の〈催物開催の目安〉に即した利用を要請します。
飛沫感染等による感染リスクが高いと考えられる活動(カラオケ等)の利用自粛を求めるとともに、チェックリストや巡視等により感染防止策の徹底を行います。


2 使用料金の返金について
新型コロナウイルス感染症拡大防止を理由として、令和3年9月12日(日曜日)までの貸室利用分の予約を取り消した場合は、すでに納付いただいた使用料を全額返金します。
詳しくは、市民活動サポートセンターまでお問い合わせください。
また、市民活動シアターの使用料につきましては、これまでの取り扱いと同様です。


▽仙台市ホームページ
まん延防止等重点措置を実施すべき区域に本市が指定されている期間中における市民活動サポートセンターの取り扱いについて
仙台市の事業及び施設等の取り扱いに係るガイドラインについて
2021年07月30日(Fri) 9/27(月)17時必着!地域の身近な課題に仙台市と協働で取り組む<市民協働事業提案制度>令和4年度事業を募集中!


仙台市より、令和4年度の市民協働事業提案制度事業募集のお知らせです。
以下、概要です。

-------------------------------------------
市民協働事業提案制度
令和4年度事業を募集します
ぴかぴか(新しい)
-------------------------------------------

ひらめき市民協働事業提案制度とは
仙台市では平成24年度から、地域の身近な課題について、市民活動団体等からの提案をもとに市との協働で解決に取り組む「仙台市市民協働事業提案制度」を実施しています。

このたび、令和4年度に実施する協働事業提案を募集します。団体が持つ専門性やネットワークを生かし、行政とともに取り組むことで、地域が抱える課題や地域のニーズに応えることができると見込まれる事業をご提案ください。なお、採択された事業にかかる経費は、1事業あたり300万円を上限として負担します。

※応募に際しては、「事前相談会」への参加、担当課との事前打ち合わせ(情報交換)が必要です。
※募集要項をご確認のうえご申請ください。

●募集要項
令和4年度仙台市市民協働事業提案制度募集要項(PDF:559KB)

1 募集について
●募集事業
位置情報自由提案型
テーマや分野は問いません。

位置情報テーマ設定型
・「データを利活用した地域課題解決」(担当課:まちづくり政策局デジタル戦略推進室)
・「仙台市バスのリアルタイムデータの利活用」(担当課:交通局自動車部輸送課)
※テーマ設定型とは、仙台市が解決したいと考えているテーマを設定し、そのテーマに基づいた事業提案を募集するものです。

●事業提案書等提出期限
令和3年9月27日(月曜日)17時 市民協働推進課必着

●対象団体の主な要件
・仙台市内に事務所及び活動場所を有すること
・5名以上で構成される組織であること
・1年以上継続して活動していること など
※その他の要件は、募集要項をご確認ください。

2 事前相談会について
仙台市市民活動サポートセンタースタッフと市民協働推進課(必要に応じて提案内容に関係する担当課)の職員が相談を受け付けます。

●日時
令和3年8月4日(水曜日)〜9月3日(金曜日)の設定日時
※設定日時は、募集要項をご確認ください。

●会場
仙台市市民活動サポートセンター
(所在地:仙台市青葉区一番町四丁目1-3)

●内容
・事業内容や事業提案書の助言・相談
・調査先となる担当部署の紹介 など

●申し込み方法
希望日の2日前(土日を除く)までに、「相談予約票」に必要事項を記入の上、市民協働推進課へファクスまたはEメールでお申し込みください。
ファクス:022-211-5986
Eメール:sim004100☆city.sendai.jp(☆を@に変えて)

「相談予約票」はこちらからダウンロードしてください。
※事業提案には「事前相談会」への参加が必要です。やむを得ない事情により参加できない場合は、市民協働推進課までお問い合わせください。

3 担当課との事前打ち合わせ(情報交換)について
事業提案書等の提出前に、提案内容について担当課と打ち合わせ・情報交換を必ず行ってください。
事前相談会への参加前でも結構です。担当課が不明な場合は、市民協働推進課より紹介いたします。

4 事業提案書等の提出について
事前相談会への参加、担当課との事前打ち合わせ(情報交換)の後に、下記様式の事業提案書等を市民協働推進課まで提出してください。(持参又は郵送)

●様式等
令和4年度 市民協働事業提案制度のウェブページよりダウンロードしてください。

●締め切り
令和3年9月27日(月曜日)17時(必着)
(受付時間:9時〜17時(土曜日・日曜日・祝日は除く))

次項有 関連リンク
過去の実施状況はこちらから→市民協働事業提案制度

<お問い合わせ>
市民局市民協働推進課
仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階
電話番号:022-214-8002 ファクス:022-211-5986
2021年07月27日(Tue) 地域の課題解決に取り組むプロボノ募集中<自身の専門知識や経験を生かして社会貢献活動を行うボランティア>


仙台市市民局市民協働推進課より、専門知識や経験を生かして社会貢献活動を行うボランティア「プロボノ」募集のお知らせです。社会人、学生、セカンドライフ、育休中の方等、ご自身のスキルや経験を地域のために活かしてみませんか?

以下、概要です。

-------------------------------------------------------------------------------
地域の方々と一緒に、まちの課題解決に取り組む
ぴかぴか(新しい) プロボノを募集します!

-------------------------------------------------------------------------------
次項有 地域課題解決プロボノ活用事業 地域の課題解決に取り組むプロボノを募集します

地域課題が複雑化、多様化し、担い手不足が顕在化する中、地域活動に取り組む地域団体等では、課題に十分に対応できていない現状があります。こうした状況を踏まえ、本市では今年度から、課題を抱える地域団体等と専門的なノウハウや各種スキルを持つプロボノ※をつなぎ、両者の協働による課題解決を併走サポートする地域課題解決プロボノ活用事業を実施します。

新型コロナウイルス感染症の影響によるテレワークの普及など職場以外での活動時間が増える中、自らのスキルや専門性を地域のために役立てたいと考える市民の方にプロボノとして携わっていただくことで、実効性のある課題解決を目指します。本事業を通して、個人や企業の地域活動や社会貢献活動への参画を後押しするとともに、市民のノウハウやスキルを地域団体等の支援につなげる仕組みを構築し、多様な主体による協働を推進します。

今年度はモデル事業として2地区で実施することとし、このたび、地域の課題解決に取り組むプロボノを募集します。

プロボノ…自身が持つ専門知識や経験を生かして社会貢献活動を行うボランティア


事業概要
プロボノ募集地域(若林区遠見塚)
受け入れ団体:南小泉南地区社会福祉協議会・第5ブロック
テーマ:安心安全なまちづくりに向けた持続可能なしくみ・人づくり
内 容:コミュニティ活性化のプラン作り、サロン活動の見直し、新たな参加者や子育て世代を巻き込むための広報の強化、等


●プロボノ募集地域(泉区住吉台)

受け入れ団体:住吉台地区社会福祉協議会
テーマ:今後の超高齢社会に備えた、笑顔あふれるまちづくり
内 容:将来の生活の不安やニーズに関するアンケート設計・調査・分析、ニーズに応えるための実行プランの企画、等

活動期間
8月下旬〜令和4年1月(約5カ月間)

活動内容
・月に2、3回(平日夜や土曜日・日曜日等の1.5時間〜2時間程度)の打ち合わせ(Zoomによるオンライン形式または担当地域での対面形式)
・打ち合わせに向けた情報収集、資料作成などの個別ワーク

申し込み等
募集期間
7月16日(金曜日)〜8月17日(火曜日)

対象者
次の事項を遵守し、専門知識や経験を生かして積極的に活動することができる18歳以上の方 
※居住地は問いません
「地域課題解決プロボノ活用事業」プロボノ遵守事項(PDF:122KB)

募集人数
地域毎に3〜7名程度

申し込み方法
下記申し込みフォーム(みやぎ電子申請サービス)からお申し込みください。
プロボノ申し込みはこちら(外部サイトへリンク)

その他
・スキルやこれまでに経験などを基に、受け入れ団体とのマッチングを行います。
原則として、説明会参加後にお申し込みください。

説明会
日時
・令和3年8月6日(金曜日)19時00分から20時30分まで
・令和3年8月12日(木曜日)19時00分から20時30分まで

開催方法
Zoomによるオンライン形式

申し込み方法
下記申し込みフォーム(みやぎ電子申請サービス)から、参加希望日の前日までにお申し込みください。
説明会申し込みはこちら(外部サイトへリンク)

その他
説明会への参加が難しい場合は個別対応も可能ですので、下記事務局までご相談ください。

位置情報事務局
地域課題解決プロボノ活用事業事務局(特定非営利活動法人COLLAWAKE
(電話)022-791-1036

216275776_1446391729032045_7640902442176265822_n.jpg
| 次へ