CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«記録誌『忘れない伝えようつながろう東日本大震災の記録宮城』 | Main | 九州北部豪雨支援情報コーナーを設置しました。»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
https://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2012年07月19日(Thu) 理事の代表権の制限に関する登記の研修会を行いました

こんにちは。なんばです。

7月17日、18日に、サポセンにて「NPO法人の理事の代表権の制限に関する登記の研修会」を開催しました。
NPO法の改正に関する研修会は、4月に続いて2回目の開催です。
今回は、4月の研修会でもご質問が多かった「理事の代表権の制限に関する登記」について、仙台法務局法人登記部門より講師をお招きし、詳しくご説明いただきました。

まず、仙台市市民協働推進課栗原さんより、「理事の代表権の制限に関する登記」の概要の説明をしていただきました。
登記研修会1.JPG

平成24年4月1日からのNPO法及び組合等登記例等の一部改正により、定款に下記の(1)(2)のような定めがある場合は、平成24年10月1日までに「理事の代表権の制限に関する登記」手続きを行う必要があります。

(1)特定の理事を代表者と定めている定款例
「第○条 理事長は、この法人を代表し、その業務を総理する。」など
 ⇒上記のような定款の定めがある法人は、
  @法人を代表する特定の理事(理事長や代表理事など)のみの登記に変更する。

(2)一部の理事について代表権の範囲を定めている定款例
「第○条 専務理事は、何県何市何番地の従たる事務所の業務についてのみこの法人を代表する。」など
 ⇒上記のような定款の定めがある法人は、
  A代表権の範囲の制限に関する定款の定めを登記する。

特に(1)については多くのNPO法人に当てはまります。
その場合は、平成24年10月1日までに登記手続きを行う必要があります。

次に、仙台法務局法人登記部門統括登記官近藤さんより、登記の手続きについてご説明いただきました。

登記研修会2.JPG

申請書や添付書類の書式例は、法務省のホームページからダウンロードができます。
こちら http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-1.html

仙台法務局法人登記部門では、登記手続きに関する相談を受け付けています。
○相談受付時間 平日9:00〜16:30(正午から午後1時までを除く)
○相談場所 仙台法務局法人登記部門
      仙台市青葉区春日町7番25号仙台第三法務総合庁舎4階
○持参書類 @登記事項証明書 A定款 B総会・理事会の議事録(理事や理事長等の選任に関するもの)C就任承諾書等

なお、定款変更などNPO法人の認証手続きに関してのお問い合わせ・ご相談には、仙台市市民局市民協働推進課NPO認証係が応じています。
○相談窓口 仙台市市民局市民協働推進課NPO認証係
○相談場所 仙台市青葉区二日町1番23号
      二日町第四仮庁舎2階(アーバンネット勾当台ビル)
○電話   022−214−1080(直通)

平成24年4月1日のNPO法改正に伴い、NPO法人が行うべき手続きがあります。
NPO法の改正点について、再度ご確認ください。
改正点については、こちら(仙台市HP)からもご確認いただけます。
コメントする
コメント